【過労】働きすぎで会社に殺されそう!?クソ会社を脱出する5つのステップ

Mediamodifier / Pixabay

  • 労働時間が長すぎて会社に殺されそう!

  • 毎日理不尽な要求ばかりしてきて本気で死にそう!

  • 何で会社に人生を捧げなくちゃいけないの!?

という悩みをお持ちの、会社に殺されそうな会社員の方のためのページです。

最近はブラック企業が多いですから、あなたのような方も珍しくはないのかもしれません。

過労死とか過労自殺って未だに減りませんからね…。

しかし、このまま今の会社にいたら、本当に殺されてしまう可能性があります。

「でもなかなか辞められない…。」「辞めてどうするんだ…。」と思いとどまり、辞められない方も多いでしょう。

クソ会社を脱出するための5ステップをまとめましたので、会社を辞めたい方は参考にしてください。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

はじめに とにかく逃げること

殺されそうな会社なんて、まともな会社ではありません。

最近はそういう会社多いですが…。

というかおかしいですよ。

お金のために、生活のために働いているわけですよね?

それなのに殺されそうになっている、命を落としそうになっているって意味不明です。

死んだらお金なんて使えないし、生きてないから生活なんて無いです。

そんな人生になるくらいなら、私ならフリーターでもしてたほうがマシです。

さっさと辞めるべきだと思いますよ。

icon-exclamation-circle

しかし、そんな会社では悠長に転職活動してる暇はないでしょう。

不本意ですが、基本は辞めてから探す感じになると思います。

本来は在職中に見つけるのが理想なのですが。

そんな悠長なことを言っている場合ではないでしょう。

もたもたしていたら本当に過労死してしまう可能性もあります。

とにかく逃げることを優先すること。

でないといつまでたっても逃げられません。

転職活動は早めに始めておく

とはいえ、遅かれ早かれ仕事を探すことになると思います。

今は仕事は多いのですが、「転職したい!」と思ってもすぐに転職できるわけではありません。

大手転職サイトの統計によると、実際に転職するまでには平均2~3か月かかる!というデータもありますし。

会社を辞める!と決めているのであれば、今すぐに転職活動を始めたほうが良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

貯金を用意する

tevenet / Pixabay

まずは貯金を用意しましょう。

最低3ヶ月は生活できる貯金はほしいです。

退職したら失業給付が貰えますが、自己都合退職だとすぐに失業保険は貰えません。

最低三ヶ月は暮らせるだけのお金が必要です。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

 icon-exclamation-circle 

転職活動には平均2~3ヶ月かかると言われています。

当然、これ以上かかる可能性もあります。

生活費を試算しておこう

重要なのは、ちゃんと生活費を試算しておくことです。

「3ヶ月生活できるつもりだったが実は足りなかった」となると命に関わるので。

シビアに計算しといたほうがいいです。

急な出費もあると思いますので。

 icon-exclamation-circle 

住宅ローンとか組んでたらさらに貯金が必要です。

それが怖いから今住宅ローンなんて組まない人が増えてます。

人によって一ヶ月の生活費は異なります。

こういう時に生活レベルを上げてしまっていた人は身動きが取れないので不利です。

⇒【返済】仕事辞めたいがローンがあり辞められない!対処法6選

副業してでも貯金すべき

今の給料では厳しいようなら、副業してでも貯めましょう。

残念ですがお金がないと生き残れません。

休みの日に1日だけ単発バイトするんでもいいです。

幸い最近はバイトなんて特に人手不足ですから、そういった単発バイトなども増えてきていますし。

あとは最近ではネットで稼ぐ方法もあります。

こっちのほうがパソコンやスマホでもできますし、体力的にはいいかもしれません。

とにかく今頑張っておかないとずっとこのままです。

今は色々お金を稼ぐ方法がありますので、それである程度貯金を作ってから辞めたほうが良いかもしれません。

辞めるつもりであれば、副業禁止などは気にしなくて大丈夫ですからね。

こちらで会社員にお勧めの副業などを紹介していますので、参考にしてください。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

家族を説得する

独身なら気楽なんですけどね…。

あなたが既婚男性であれば、家族に反対される可能性があります。

最近は嫁が転職を妨害してくる嫁ブロックが流行っていますので…。

 icon-exclamation-circle 

ただ、仮に反対されたとしたら、会社に殺されそうなのに反対してくるって絶対おかしいと思います。

あなたのこと考えてない気がしますし、嫁さんは自分の生活のことしか考えてないのかもしれません。

こういう状況になってしまうから、一人の人間に家計を依存してしまうのは危険なのですが。

最悪離婚も覚悟するくらいじゃないと駄目かもしれませんね…。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

貯金があれば説得しやすい

この時に有利になるのが、貯金です。

反対される理由は「辞めて生活できるのか?」ってのが大きいので。

ちゃんとたっぷり貯金をしておけば、「これだけ貯金があるから大丈夫」と説得することができます。

まあ、世間体に異常にこだわる奥さんだと、金があっても反対してきますけどね…。

「大企業社員のあなただから結婚したのよ!」とか言ってくる人もいるようですし。

そういう奥さんの場合、付き合いを本気で考え直したほうがいいかもしれません…。

最近は熟年離婚なども増えていますし…。

まぁよく話し合った方が良いでしょうね…。

強引にでも辞める

geralt / Pixabay

今すぐにでも辞めて困らないくらいの貯金ができれば、少々強引にでも辞めたほうがいいです。

一応最初は、普通に退職届を出してもいいです。

『次が決まったのでやめます』とか適当なことを言って辞めるように仕向けましょう。

 icon-exclamation-circle 

とにかく可及的速やかに強引にやめたいので、二週間~一ヵ月後くらいを退職日に設定しましょう。

民法の規定では、2週間前に退職の意志を伝えれば辞められるとされています。

最低二週間あればいいでしょう。

⇒今すぐ仕事をやめたい!会社を確実に辞める方法2つと5つの注意点

引継ぎなんて考えなくていい

こういうとき、絶対意味不明な責任感をもった奴が『引き継ぎしろ。無責任』とか言ってきます。

ですがそんなクソみたいな文句は全力で無視してください。

あなたは現に今会社に殺されそうになってるんだから。

できることなら今すぐバックレてやめたほうがいいくらいです。

辞めさせてくれない場合…

退職の意志を表明しているのに、辞めさせてくれない場合。

労働基準監督署に相談するか、バックレを決行しましょう。

残念ですけど、断られたらそこまでしないと辞められないと思います。

もうそんなクソ会社に情けも未練もかける必要ありません。

何かを変えるには捨てる覚悟が必要です。

こういうときに常識に縛られたり、無駄な責任感を感じると逃げられません。

糞会社といえど大なり小なり愛着もあるでしょう。

しかし、心を鬼にして無視するしかありません。

失業保険を貰いながら仕事を探す

geralt / Pixabay

なんとか辞めることに成功したら、失業保険を貰いながら次の仕事を探しましょう。

自己都合退職になるので三ヶ月は貰えませんが、貯金があれば乗り切れると思います。

職業訓練を受ければ失業保険の受給期間を延長することも可能なので、一年くらいはなんとかなると思います。

まあ、ゆっくり探すのもアリです。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

しかし、失業給付を受けるには、離職表が必要です。

強引な辞め方をすると離職表が貰えない可能性もあります。

離職表が貰えない場合

会社を強引に辞めた場合、離職票を貰えない場合があります。

離職票がないと失業保険がもらえません。

完全にイヤガラセですけど…。

ですが、離職表を発行するのは会社の義務です。

ハローワークに相談すれば、会社に指導がいきます。

会社も発行せざるを得ません。

こんな場合も離職票を貰えない可能性が

私の体験談ですが。

『次が決まったのでやめます』とウソついてやめたのですが。

この場合、会社が離職表は必要ないと判断して、送ってこない可能性があります。

すぐ次の会社で働くなら、失業保険の手続きも何もいらないですからね…。

実際会社は離職表送ってきませんでした。

すぐ次が見つかったので事なきを得ましたが…。

会社に連絡せず離職票を貰う方法

辞めた会社に連絡するなんてイヤですよね…。

ブラック企業で、半ば強引に辞めたなら尚更。

私自身はやったことがありませんが、会社に連絡せずに離職表を入手する方法があるようなので参考までに紹介します。

会社が離職の手続きをハローワークでしていれば、ハローワークで『離職表を紛失した』と言えば貰えるようです。

まず勤めてた会社の退職手続きがされてるか、ハローワークの窓口で聞きます。

されてるようなら『紛失した』といえばいけるようです。

辞めた会社に連絡したくない場合、試してみるといいでしょう。

仮にしばらく経っても退職の手続きがされていなかったら、違法なのでハローワークが催促してくれます。

まともな会社に当たるまで仕事を探し続ける

422737 / Pixabay

後はまともな会社を探すだけです。

ですが仮に次の仕事が決まっても油断しないほうがいいです。

会社なんて入ってみないとわからないからです。

入社後、「最初の話と違った!」なんてことはよくあります。

最近は求人票にウソを書くという、ブラック企業が多いからです。

会社なんて入ってみないとわからない

本当に!会社なんて実際入って働いてみないとわかりません。

現に、あなたは今殺されそうな会社で働いています。

入社前にこんな酷い会社だということが見抜けましたか?

見抜けなかったはずです。

 icon-exclamation-circle 

内定もらえると喜ぶ人は多いですが、手放しでは喜べません。

最近はブラック企業が増えてるから特に。

大企業ですら過労死寸前で働かされている社員が多いですから、もはや何が正解なのかわかりません。

『会社に入って調査する権利が与えられた』程度に思わないとダメです。

今、ブラックで魂すり減らして働いてる人も、みんな内定もらった時は喜んでいました。

ダメなら即刻辞める勇気も必要

入社してみてダメだと思ったり、条件と違ってたら速攻辞める勇気も必要です。

さすがにあなたが今勤めている会社のように、殺されそうになる会社は少ないとは思いますが。

求人票の虚偽記載を行っている会社なんてたくさんありますので。

 icon-exclamation-circle 

試用期間中なら職歴になりません。

社会保険に加入していなければ、履歴が残らないので大丈夫です。

試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

ただすぐに社会保険入れる会社もあります。

まあ最近はバイトでも社会保険に入れる会社が増えているので、「バイトをすぐ辞めた」って体にしてもバレないですが。

一日とか数日で見分けられるにこしたことはありません。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は人手不足に陥っている会社が多いですし、比較的労働環境の良い会社にも転職しやすくなってきています。

クソ会社を脱出して良い会社に行きたいのであれば、このチャンスを逃さずに動いていったほうが良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

世の中には、本当に酷い会社も多いです。

その証拠に、我が国ではたくさんの働き盛りの男性が自殺していますし…。

過労死なども、案外身近にあったりしますからね。

比較的余裕のある今のうちに手を打ちましょう。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんあります。

正社員の有効求人倍率も1倍を超えて、「正社員が不足している」と回答した企業も半数以上に上りますし。

今なら比較的良い会社にも転職しやすくなってきていますから、今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

そんなクソ会社にしがみつくと足元を見られる可能性もありますので、やるなら早い方が良いでしょうね。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする