仕事の何が嫌なのかわからない!なんとなく仕事に嫌気がさす8つのパターンはこれ

StockSnap / Pixabay

 

  • 仕事が突然嫌になった!
  • 何が嫌なのか分からない!

そんな悩みをお持ちの方も今のご時世珍しくないと思います。

 

なんとなく不自由なく働けてはいるものの、なんとなく仕事が嫌になってしまうというのも珍しくありません。

特に仕事が忙しいとなかなか自分の内面と向き合う機会もなく、何が嫌なのかも分からないまま何となく嫌な気持ちを抱えて仕事に臨む羽目になってしまいます。

ただそういった気持ちは抱えたままですと、いつか爆発してしまう可能性もありますね…。

 

この記事では仕事の何が嫌なのか分からないときに、なんとなく仕事に嫌気がさすパターンについてまとめてみました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

仕事の何が嫌なのかわからない!なぜ?

自分の好きな仕事を出来ている人の方が少ないと思いますので、なんとなく嫌な思いを抱えながら働いている人は多いと思います。

ただ何が嫌なのか分かっている場合は対処することもできますが、無意識になんとなく嫌だと思っている場合は何もすることができませんからね。

何とか原因を究明して対策を取って行った方がいいと思います。

この記事では仕事の何が嫌なのか分からない時のために、よくある嫌になる理由やパターンについてまとめてみました。

人間関係が嫌になった

職場の人間関係が悪かったり人間関係が悪化してしまうと、仕事自体が嫌になってしまうというのはよくあるパターンです。

仕事である以上周りの人と協力して一緒にやっていく必要がありますが、人間関係が悪化してしまうとうまく協力してやっていくことも難しくなってきてしまいます。

特に最近は人手不足の会社も増えてきていますので、職場全体が負担が増えてギスギスしているなんていうケースも珍しくありません。

一気に退職ラッシュなどが起こって状況が悪化するのであればまだ分かりやすいですが、一人また一人と抜けていく状況ですと、ゆでガエルのようになかなか気づきにくい傾向にありますね。

やりたいことが変わった

あとは最初はその仕事をやりたい仕事だと思っていたが、徐々にやりたい仕事が変わってきたということもあります。

人間の心というのは気まぐれですから、それまではやりたい仕事だったとしても飽きてしまい、なんとなく嫌になってしまうなんていうケースも珍しくありません。

この場合は部署異動を検討したり転職を検討するなどして、今やってる仕事を変えていく方向で考えていく必要があると思います。

なかなか1度離れた心が戻るのは難しいですからね。

長時間労働を我慢している

あとは長時間労働を我慢して働いている場合も何となく仕事が嫌になってしまう傾向にあります。

待遇や人間関係が良かったりすると、口では「こんないい会社に勤められて自分は恵まれている」なんて言ってしまう傾向にあります。

ただやはりいくら環境が良くて給料が良くても、労働時間が長いと嫌になってきてしまいますし、無意識に心を押さえつけている可能性があります。

特に日本人なんて真面目で不満を口にしない傾向にありますから、こういった長時間労働でも我慢してしまう傾向にあります。

人手不足で徐々に負担が増えている

仕事の何が嫌なのか分からないという状況は、徐々に状況が悪化しているのにまだ気付けていない可能性があります。

無意識に「このままだと先細りだ」ということが分かっているのに忙しくてそのことに気付けないパターンです。

特に最近は人手不足の会社が多いので徐々に負担が増えていっている人が多いのではないでしょうか?

以前に比べて働きにくくなっているので、当然ながら徐々に仕事に対して嫌気が差してきてしまうんです。

給料が上がらず先が見えない

最近は税金や社会保険料も値上がりしてきており、企業もなかなか余裕がなくなってきています。

最低賃金も上がってきていますからね。

なかなか給料を上げたくても売上や利益が無くていないと給料を上げていくことは難しいです。

そんな状況で働いていると先も見えませんし、今から良くなっていくという見込みもありません。

将来に希望が見えないとなんとなく仕事が嫌になってしまうというのは、よくあるパターンです。

職場が遠すぎる

何気に大きなストレスになるのが、職場が遠すぎて通勤時間かかかってしまうパターンです。

職場が遠すぎるといかにやりたい仕事で待遇の良い会社だったとしても、無意識にストレスが蓄積されていきます。

特に通勤時間が長い人ほど幸福度が低いという統計結果もありますからね。

これは何気にかなり深刻でなかなか気付きにくい仕事が嫌になる要素だと思います。

そもそも仕事自体が嫌い

あとはそもそも仕事自体が嫌い、働くことに向いていないという可能性もあります。

特に怠け者な人ほど毎日働くということにはあまり向いていない傾向にありますし。

いくら労働環境の良い会社だったとしても結局週40時間ぐらいは働く必要がありますからね。

世間的には残業も休日出勤もない会社はホワイト企業ですが、それにしたって毎日会社に通う必要があります。

日本人は甘えるなという思想が強い傾向にありますので、無意識に抑えつけて何が嫌なのかわからない状況になりがちです。

誰の役に立っている仕事なのかわからない

どんなに待遇も労働環境もいい仕事でも、誰の役に立っているのかわからない仕事であれば嫌になってしまう傾向にあります。

やはりお金の為だけに働くというわけでもありませんし、誰かの役に立つことで充実感を感じることができます。

 

こういうことを言うと綺麗事だと言われる傾向にありますが、金銭的に満たされると自然と誰かの役に立ちたいとか社会貢献を考える傾向にありますね。

こういった社会や誰かのためという心が満たされないとなんとなく嫌になってしまいます。

仕事が嫌になったなら転職を検討するのも手

まだ仕事が嫌になった原因を気付けていない場合、何が嫌なのか分からないという状況になり、なんとなく仕事が嫌という状況にありがちです。

ただそのまま放置しておくと爆発してしまう可能性がありますし、正直あまりいい状態ではないと思いますね…。

 

もし今の仕事が何か違うなと考えているのであれば、早めに転職を検討するというのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にありますし。

今のうちにもう少し自分に合った仕事を探しておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【doda】

転職サイトdodaで求人探し

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

 

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

仕事をやめるべきか
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。