【息苦しい】イエスマンばかりの会社の特徴6つ!と具体的対策3選!

Fotomek / Pixabay

  • 会社にイエスマンしかいない!

  • 社長の腰巾着みたいな社員しかいない…

  • こんな会社に勤めていて大丈夫なの!?

とお悩みの、今勤めている会社にはイエスマンしかいない方のためのページです。

そういう会社想像以上に多いような気がしますが…。

イエスマンになっていれば楽だからというのがあるのかもしれません。

ですが、それでは会社は発展していきません。

そんな会社に勤め続けるのは不安になる気持ちも分かります。

イエスマンばかりの会社の特徴と、最適な対応策をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

同族ワンマン経営

こういう会社って大抵、同族企業でワンマン経営です。

社長の息子が専務をやっていて、次期社長というパターンだったり。

社長に意見するだけで、それだけで嫌われる会社も多いかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

こういう会社ですと、ワンマン社長の意に沿わない社員は次々と辞めていきます。

というか嫌がらせされたり、辞めるように仕向けられたりもします。

以前、こんな感じの同族ワンマン企業に勤めていたことがありますが。

社長に意見した先輩社員が、ボーナスを減額させられてました。

こういう会社は社長が絶大な権力を持つので、よく北朝鮮と揶揄されます。

同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

誰も責任を取らない

イエスマンばかりの会社というのは、誰も責任を取らない傾向にあります。

というか、責任を取るような事態になるとワンマン社長に何か言われるので責任逃れをします。

イエスマンなんて要は、「誰かの意見に乗っかっとけばいいや」という考えです。

会社が悪いからそうなってしまっている面もあるのですが。

 icon-exclamation-circle 

イエスマンって無責任な人が多いです。

要は、事なかれ主義と言えるかもしれません。

彼らはいつも通りの仕事をいつも通りにこなして、ただただ給料さえもらえれば構わないと思っています。

責任を取るなんてもってのほかです。

→責任感のない上司への対応は!?上手く上司と付き合う5つのポイント

社員の裏表が激しい

こういう会社は、社員の裏表が激しいです。

表向きは、社長を尊敬している風に振る舞いますが…。

社長が見ていないところでは、悪口ばかり言っていたりします。

 icon-exclamation-circle 

イエスマンほど、裏では何を考えているかわかったものではありません。

かなりストレスが溜まっているでしょうし。

怒ると別人のようになったりします。

表向きは、社長に忠誠を誓う優秀な社員みたいな感じですが…。

裏では、水面下で転職活動を進めていたりします。

→職場の人間が信用できない!?人間不信になる前に試す7ポイント

堂々と意見を言う人がいない

こういう会社では、堂々と意見を言う人がいません。

というか、社員の積極性に欠けます。

中途採用で転職してきた社員も、しばらくすればそれに染まっていきます。

イエスマンになってしまい、自分から意見を言わなくなります。

 icon-exclamation-circle 

なぜならそういう環境にいると、自分から堂々と意見を言う積極性のある社員に仕事が集中してしまうから。

こういう会社では、積極性を発揮してしまうとなにかにつけて仕事を押し付けられてしまいます。

イエスマンばかりの会社では、出る杭になると損なのです。

損どころか、叩き潰されかねないのでみんな大人しくしてます。

しかし逆に言えば、出世しやすいとも言えます。

こういう会社では、みんな出世なんてしたがりません。

自ら手を上げるだけで出世できたりします、マジで。

こういう会社の社員は、会議になるとみんな下を向いてます。

目立つと意見を言わなくてはいけないからです。

何年たっても悪い点が改善されない

こういう会社は、何年経っても悪い点が改善されません。

なぜならみんな社長のイエスマンですから。

社長に意見を言う人間がいないんです。

というか、昔はいたのかもしれませんが。

こういう会社では、意見を言う社員は居心地が悪くなって辞めさせられる流れになります。

なので誰も何も言いません。

→社長がワンマンで理不尽だから会社を辞めたい!辞めるべきか?

残る社員は、会社を変えようなんて意欲はないです。

というか、そういう人しか残らないです。

「誰かがなんとかやってくれるだろう」という感じです。

離職率が高い

こういう会社は、ほぼ例外なく離職率が高いです。

というか、みんな何を言っても会社が変わらない、言っても無駄だからイエスマンになっているだけです。

なので水面下で転職活動している人も多いです。

逆らうと辞めさせられる会社が多いのか、残っている人は割り切って働いている人が多いです。

朝礼とか会議の場では、みんな下を向いてますけど。

転職する

やはりそういう会社ですと、結構息苦しいと思います。

イエスマンにならないと生きていけません。

であれば、さっさと転職してしまったほうがいいかもしれません。

脱北しましょう。

社長に気に入られれば、働きやすくはあるのですが…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

メリットに目を向けて頑張る

或いは、メリットに目を向けて頑張るのもアリです。

こういう会社は、出世はしやすいです。

みんな積極的に手をあげようとはしないですから。

 icon-exclamation-circle 

なのでそのメリットに目を向けて頑張るという方法もあります。

社長もバカではありませんので、イエスマンばかりってのは当然ですが気付いています。

「本気でみんなが頑張ってくれない」ということを気にしてもいます。

なので、ちょっと頑張れば出世できるんです。

社長などの経営陣とは、良い関係を築く必要がありますが。

労働基準法違反の証拠を揃えて会社を脅す

イエスマンばかりの会社というのは大抵ブラックです。

労働基準法違反何でバリバリやっていたりします。

なので、労働基準法違反の証拠を揃えて会社を脅すという手もあります。

残業代が適正に支払われていないのであれば、労働時間をメモしておいたりとか。

 icon-exclamation-circle 

セクハラやパワハラなども横行しているかもしれません。

その証拠も録音したりしておきましょう。

会社を脅せば会社都合退職にできるかもしれませんし、お金を踏んだくれるかもしれません。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

まとめ

イエスマンばかりの会社というのは息苦しいですよ本当に。

yesしか言えない同調圧力が働いているという事ですから。

かなりストレスがたまると思います。

人によっては、「楽でいいや」って人もいると思いますが。

合わないのであれば、よく考えた方がいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする