職場で怒らせてはいけない人の特徴は?怒らせてしまった時の対処法など

3dman_eu / Pixabay

  • 職場で怒らせたら怖そうな人がいる…

  • 怒らせたら嫌だから、特徴が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方も、今のご時世多いかもしれません。

職場には色々な人がいますし、怒らせたら怖い人も紛れていますからね…。

そういった方は普段は温厚ですが、キレると面倒です。

普段温厚な分鬱憤が溜まっていることも多く、猛烈に爆発するケースが多いですからね…。

この記事では、そんな怒らせてはいけない人の特徴をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

怒らせてはいけない人は、普段は温厚で大人しい!

怒らせてはいけない人と言うのは、普段は温厚で大人しいことが多いです。

  • ちょっとしたことは大目に見てくれる

  • 面倒見が良く優しい

  • 聞けば割と仕事を教えてくれやすい

  • あまり自分から話すタイプではない

などなど。

怒る前は、そんな怒らせてはいけないタイプだなんてわからないことが多いです。

 icon-exclamation-circle 

ですが、一度怒ると豹変するタイプが多いですね。

なまじ普段は温厚なだけに、ギャップがひどいです。

普段から怖い人だったら、怒って怖いのは当たり前なんですが。

普段温厚でおとなしいだけに、キレた時の落差が怖いです。

切れる時に普段見せないような恐ろしい顔で怒るので、本気で恐れられていたりします。

あまり怒らせない方が良いでしょう。

怒らせてはいけない人は、嫌われると修復が難しい!

そういった怒らせてはいけない人と言うのは、一度嫌われてしまうと厄介です。

普段あまり怒らない分、一度嫌われるとトコトン嫌われてしまうことが多いです。

  • 謝っても許してくれない

  • 怒らせて以降距離を置かれる

  • 「信頼できないヤツ」と見做される

  • 最悪の場合、無視されることも

などなど。

 icon-exclamation-circle 

こういった人は、普段人を信頼して広い心で許していることが多いです。

その信頼を裏切ったのですから、なかなか許してくれないのは当然かもしれません。

こういうタイプは怒らせると、本気で根に持たれる可能性がありますね。

後々までネチネチ言われる可能性があります。

仏の顔も三度までと言いますが、それ以降は見放されてしまうのです。

あまり怒らせない方が良いでしょう。

怒らせてはいけない人は、仕事ができることが多い!

そういった怒らせてはいけない人と言うのは、仕事ができる人のことも多いです。

仕事ができない人だったら、別に関係がこじれても影響は薄いですからね。

最悪それ以降無視しても、仕事は滞りなく進むでしょうし。

しかし仕事ができるからこそ、怒らせると厄介なのです…。

 icon-exclamation-circle 

仕事ができるタイプの怒らせてはいけない人を怒らせてしまうと、

  • 仕事を教えてもらえない

  • 困っても助けてくれない

  • 最悪陥れられる恐れも

などのデメリットがあります。

それ以降のサポートが期待できないことが多いんですね。

仕事ができるタイプの人ですと、出世していることも多いです。

あまり怒らせない方が良いでしょう。

怒らせてはいけない人は、役職者のことも!

そういった怒らせてはいけない人と言うのは、職場で役職者のこともあります。

これが一番、怒らせてはいけない人の特徴かもしれませんね…。

上司を怒らせたら、最悪クビになったり、かなり働きにくくなることは確実ですし。

左遷される恐れもあります。

 icon-exclamation-circle 

役職がついていると、人によっては責任感からか一見大目に見てくれることも多いですが。

内心黙って見捨てられるパターンもありますし、これまでのことが溜まっていると大変なことになる可能性もあります。

権力を持っている人は、敵に回すと面倒なのです。

こういった人を怒らせてしまったら、早く謝った方がいいでしょうね。

誠意をもって謝れば許してくれるかもしれませんし。

怒らせてしまったら、即刻誠意を持って謝るべき!

怒らせてはいけない人の特徴を知ったところで、結局人間相手のことですからね…。

確実なことはありませんし、怒らせてしまう可能性もあります。

普段温厚な人でも、虫の居所が悪いとどこで怒るか分かったものではありませんし。

人の気持ちなんてなかなかわからないものですから、怒らせてはいけない人でも怒らせてしまうこともあります。

 icon-exclamation-circle 

その場合は、とにかく速攻誠意をもって謝りましょう。

対応が早ければそのぶん許してもらえる可能性も上がります。

逆に、謝るのが遅れると

  • 「何でもっと早く謝らなかったんだ」

  • 「反省していないじゃないか」

  • 「人をバカにしている」

などと判断されてしまう可能性があります。

こういった人は普段は些細なことは大目に見てくれるのですが、そのぶん鬱憤が溜まっていることも多いですし。

対応が遅れると、もう許してくれない可能性もあります。

くれぐれも早めに謝るようにしましょう。

怒らせてしまったら、我慢せず泣いてみるのも手

怒らせてはいけない人を怒らせてしまった場合、普段とのギャップで猛烈に怖いことが多いです。

突然豹変して、ビックリするでしょうし。

正直、泣きたくなるくらい怖い人もいますね…。

 icon-exclamation-circle 

その場合は、本当に泣いてしまっても構わないかもしれません。

そうすれば「やりすぎたか」とその人も攻撃の手を緩める可能性が高いですし。

こういった人は普段があまり起こらないので、本当は優しい人のことが多いですからね。

まあ本気でキレた場合、「泣けば許されると思ってるのか!」などと言いがかりをつけられる可能性もありますが…。

まああなたが無様に泣いているところを見れば、相手の気も少しは済むかもしれません。

本音で喧嘩しあうことで、分かり合えることもあるが…

あとは、そういった怒らせてはいけない人と言うのは、普段は本音を隠していることが多いです。

というか、「本音は隠して、みんなのために職場の人間関係を円滑にすべき」みたいな正義感を持っていたりします。

だからこそ、そこを犯してきた不届き者に対しては猛烈に怒るのです。

 icon-exclamation-circle 

いい機会ですので、本音をぶつけあって喧嘩してみるのも手段の一つです。

まぁあんまり喧嘩腰になるとヤバいことになりかねませんが、職場を良くするためのことなら相手も悪い印象は持たないと思います。

やはり、言わないとわからないこともありますからね。

そういった怒らせてはいけない人というのは、普段は本音を言わないので何ともやりづらいです。

本音をぶつけ合うことで分かり合えるかもしれませんし。

まあ言葉遣いには気をつける必要ありますけどね…。

やってみるのもいいかもしれません。

人間関係が悪い会社からは転職も検討すべき

怒らせてはいけない人がいる職場と言うのも、多いとは思いますが…。

単純に人間関係が悪いとかはないですか?

ギスギスしている職場ほど、そういったことになりがちだと思うんですが…。

もしあまりに人間関係が悪い会社にお勤めであれば、早めに転職を検討するのも良いかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますからね。

あまり怒らせてはいけない人が多い職場というのは、地雷原を歩いているようなものですし。

いつ爆発するかわからないので、気が気ではありません。

それに人間関係が悪いと退職の一番の原因になりますので、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

職場には色々な人がいますので、怒らせてはいけない人と言うのも当然います。

裏表のないわかりやすい人だったらいいんですが、そういった人は普段は温厚なことが多いですね…。

怒った時と普段とのギャップが大きい分、猛烈に怖いことが多いです。

恐らく社内でも、そういった人は苦手だと思われていることも多いと思いますが…。

まぁあまりにそういった人が社内に多く、人間関係も悪いようであれば、

早めに転職を検討するのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますからね。

今の環境に不満があるのであれば、今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする