後輩に抜かれて立場がない!後輩に先に出世され嫉妬した時の対応策

geralt / Pixabay

  • 後輩に先に出世されてしまった!

  • 先輩である俺の立場がない…

  • 俺の何が悪いんだ!ふざけんなよ!

とお悩みの、後輩に先に出世されてしまった方のためのページです。

残念ながら、あなたのような方はたくさんいると思います。

特に最近は、徐々に成果主義が導入され始めていますから、 後輩だろうがなんだろうが成果を出した人間が出世していく傾向にあります。

まぁまだ年功序列的に出世させていく会社が多いですが…。

しかしその割に未だに「年上なんだから」みたいな価値観もあって、生きにくいことこの上ありません。

ですが、それではあなたの気が済まないのかもしれません。

後輩に先に出世されたときの対応策をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

大人しく称える!おめでとう!

後輩が先に出世して、憤りを感じている方も多いとは思いますが…。

とりあえず、大人しく後輩の出世を祝ってあげればいいと思います。

その後輩も、楽して出世したわけじゃないんでしょうから。

その後輩が努力してきた結果、今回の出世につながったんだと思います。

 icon-exclamation-circle 

ここで嫉妬バリバリだとみっともないですよ。

これ以上、先輩であるあなたの株を下げるような行動は慎んだほうがいいです。

先輩の余裕を見せてあげましょう。

とりあえず祝っておけば、次にあなたが出世した時にも祝ってくれると思いますよ。

逆にここで祝っておかないと「なんだあいつ。ケツの穴の小さいやつだな」みたいに思われて、舐められますよ。

⇒【ムカつく】仕事で嫌いな後輩が!イライラする毎日を変える9の方法

悔しがる!チクショウ!

ArtsyBee / Pixabay

あるいは、猛烈に悔しがってしまうのもいいと思います。

悔しさはエネルギーになりますから、出世のために頑張るパワーが湧いてくると思います。

こういう時に「まああいつは優秀だから」とか言って、適当に自分を慰めてしまうとよくないです。

自分を慰めてしまうと、せっかくの悔しさというパワーがなくなってしまいます。

「臥薪嘗胆」を座右の銘にして、これからの仕事を頑張りましょう。

 icon-exclamation-circle 

あなたも後輩の後を追って、すぐに出世したいのではないですか?

であれば、この悔しさのエネルギーを使わない手はありません。

後輩としても、あなたが悔しがってくれたほうが安心すると思いますよ。

表向き平静を装ってしまうと「腹の中ではむちゃくちゃ悔しいんだろうなぁ」みたいに気を使われてしまいます。

だったら、笑えるぐらいに後輩の前で悔しがってみたほうがいいです。

そういう裏表の無い態度を会社の人も見てますので、むしろ評価されて出世しやすくなるかもしれません。

先輩はエラいんだ!後輩の足を引っ張る!

あるいは、こういうときに嫉妬に悶え狂って、後輩の足を引っ張ってしまう人もいますね。

人間として最悪だと思いますけど…。

先輩はエラいみたいな価値観もありますから、後輩に先輩の恐ろしさを教えてやるのもいいかもしれません。

まぁ何をするかによりますが…。

そうすることであなたの気がスッキリするのであれば、やってしまうのもいいかもしれません。 

社内での評判はガタ落ちになると思いますが…。

デメリットとしては、こういうことをやってしまうと、いざあなたが出世した時にも同じことをされる可能性が高いです。 

自業自得といいますか、因果応報だと思いますが。

 icon-exclamation-circle 

あまりにその後輩が嫌いであれば、辞めさせるように仕向けるのも手段の一つではあります。

⇒会社で嫌いな人がいる!?辞めさせるよう仕向ける15の方法

あまりお勧めできる方法ではありませんが…。

まぁどうなんですかね。

後輩が凄い嫌な奴で、先に出世されたことでこれから先下を見て生きていかなければならないくらいであれば、何かしらやってみるのもいいかもしれません。

上司に抗議する!「俺を出世させろ!」

Goumbik / Pixabay

後輩が先に出世したことが不満なのであれば、上司に抗議するというのも手段の1つです。

実際にこういったことをする方もいると思います。

「なんであいつの方が先に出世してるんですか!」みたいに抗議する人 。

抗議したところでどうなるものでもないと思いますが、やってみるのもアリだと思います。

考えてみれば、有能なあなたをさしおいて後輩を出世させるなんておかしいですよね。

そんなボンクラな後輩が、有能なあなたよりも先に出世してしまうのはおかしいでしょう。

不服があるのであれば、上司に直接抗議しにいきましょう。

 icon-exclamation-circle 

ですが、そうやって上司に聞くことで、出世の条件というか、「なぜ後輩を先に出世させたのか?」を知ることができます。

あなたが出世を狙う際にも、きっと参考になると思います。

こうしておけば、「出世したいですアピール」になりますし。

やる気はアピールできますよね。

最近は出世したい人も減ってますから、結構こうやって手を上げておくだけでも出世に直結するケースもあります。

特に中小企業なんて、あんまり出世したいやる気のある人材はいませんからね…。

こうやってアピールしておけば「え?お前そんなに出世したかったの?じゃあ次の機会に…」というふうにチャンスが巡ってくる可能性もあります。

今のご時世、やったもん勝ち的な面はありますからね。

頭を下げて、後輩に直接出世した秘訣を聞く

あるいは、あなたもすぐに出世したいのであれば、

後輩に「どうすれば早く出世できるのか?」を聞いてみるのもいいかもしれません。

もしかしたら、出世のコツを聞くことができるかもしれませんし。

それに、年下の後輩にそうやって頭を下げられる人間はかなり少ないです。

後輩も、あなたのことを見直すかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

男性は、無駄にプライドが高い人が多すぎますので。

無駄なプライドなんて持ってても、一円にもなりません。

実際何かアドバイスをもらえるかもしれませんし、ちょっと頭を下げるだけで有益なアドバイスをもらえるのであれば得です。

プライドを捨てて頭を下げたほうが、期待値が高いんですね。

まぁ、お互いにそうやって高めあっていける仲っていうのは貴重ですし。

特にこれからあなたも老いていくでしょうから、下の世代と触れ合ったり助けてもらう機会も増えていくはずです。

今のうちに下の世代と上手くやっていけるようにしておいたほうが有利だと思いますね。

これから年をとっていくと、さらに下の年代と付き合って行く機会も増えますし。

大して歳も離れていない後輩に、嫉妬している場合ではありませんよ。

あなたを正当に評価してくれないなら、転職もアリ

FotografieLink / Pixabay

あなたのように、後輩に先に出世させられてしまう方というのも珍しくはないのですが…。

やはり悔しいと思いますし、もしかしたらあなたは会社に正当に評価されていない可能性もあります。

いっそのこと、そんな職場からはさっさと転職してしまうのもアリです。

優秀なあなたよりも、ボンクラな後輩を先に出世させたということは、その程度の会社なのかもしれません。

つまりは見る目がない会社ということができるかもしれません。

まぁ本当のところはどうだかわかりませんが、もしあなたがそう思っているのであればそうなのかもしれません。

もしかしたら、他の会社に移ればもっと早く出世できるかもしれませんよ。

出世しやすいかどうかなんて、完全に会社によりますからね。

大企業ほど優秀な人材がたくさんいますし、単純に人が多すぎますので、 あなたに出世の白羽の矢が立つ可能性も低いです。

中小企業など小さい会社の方が出世しやすいです。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

有能なあなたを評価せず、後輩を先に出世させてしまう会社から抜け出したいのであれば、今がチャンスです。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、本当に正社員が足りていない会社も増えています。

あなたの力を必要としてくれる会社は、たくさんあるんですね。

今の環境に不満があるのであれば、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

上の人間に嫌われていないかどうか疑う

あるいは、あなたは上の人間に嫌われてしまっている可能性もあります。

成果主義が導入されてきているとは言え、まだまだ年功序列の会社が多いです。

つまり、後輩を先に出世させる会社というのはまだまだ少ないんです。

まぁ年功序列というか、暗黙の了解で「年上の先輩から出世させるべき」みたいな風潮は普通にどこの会社にもあります。

 icon-exclamation-circle 

もしかしたら、あなたは会社の上層部に嫌われているのかもしれません。

だから、出世しにくいようにさせられているのかもしれませんし。

⇒上司に嫌われた!?パワハラで病む前に行うべき7つの対応策

もし何か心当たりがあるのであれば、なんとかしないと永遠に出世できない可能性もあります。

まあそこまで嫌われてたらクビになると思いますが…。

今は人手不足の会社が多いので、疎ましい社員でもなかなかクビになんてできない会社も多いですからね…。

この場合はいくら仕事を頑張っても、出世できることはないでしょう。

特に上の人間に嫌われている場合は致命的です。

人手不足だから使ってやっているが、出世はさせない!なんて思われている可能性もありますし。

あなたのことはあまりよく思っていない会社であれば、転職も手段のひとつです。

汚名を返上するのはなかなか難しいですし、一からやり直したほうが早いこともありますからね。

後輩に先に出世されて肩身が狭いようであれば、今のうちに動いておくのも良いと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

あなたのように後輩に先に出世させられてしまうと、憤りを感じている方も多いかもしれません。

特に日本人は儒教の影響からか、年齢や先輩後輩などを過剰に気にする人が多いですからね…。

ですがとりあえずは、後輩の出世を祝福してあげましょう。

普通に考えれば、会社の上層部はあなたを出世させるよりも、

後輩を先に出世させたほうがいいと判断したということですから。

後輩は、かなり優秀な人間なんでしょう。

変に妬んだりせずに、もっと精進すべく頑張りましょう。

あとは会社側の判断に納得いかないなら、いっそ転職を検討するのもアリです。

後輩に先に出世させられてしまうと、肩身も狭くなるかもしれませんし。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんあります。

もっとあなたのことを評価してくれる、あなたが活躍できる職場は今はたくさんありますからね。

今の環境に不満があるのであれば、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする