肺炎でも会社休めない!?死なないためにできる8のポイント

kalhh / Pixabay

  •  肺炎なのに会社を休めない!

  •  「肺炎ごときで会社休むな!」と言われた…

  •  そこまでして働かなきゃいけないの!?

 とお悩みの、肺炎なのに会社を休めないという方のためのページです。

 比較的軽めの肺炎でしたら「肺炎でも軽いなら会社出てこい!」とか言われるようなブラック企業もあるかもしれませんが…。

 そんな働き方をしていたらやばいんじゃないでしょうか…?

なんとかあなたの体を守るためのポイントをまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

肺炎はナメていると死ぬ

 あなたは肺炎という病気を、どの程度重く受け止めているのかわかりませんが、

肺炎というのは普通に死にかねない病気です。

というかですね、肺炎というのは日本人の死因第3位です。

そんな死にかねない病気にかかっているにもかかわらず、あなたは会社に行こうとしているのですか?

 icon-exclamation-circle 

もちろん、 最近は高齢化社会の影響で肺炎で死ぬのは高齢者が多いです。

ですが、若者も普通に死んでますよ。

20代とか30代とかの若者も。

風邪と同列に扱われがちなインフルエンザとかだって、若い人も結構死んでますし。

呼吸器系の病気って怖いんですよ。

ちょっとあなたの会社も、肺炎という病気をナメすぎではありませんか?

私も小学生くらいのとき、肺炎にかかってあわや死ぬところでしたからね。

ちょっと、肺炎をナメないほうがいいと思います。

肺炎は合併症を起こすことも

elianemey / Pixabay

或いは、肺炎だけだったら別に問題は無いのかもしれません。

問題はありますが、まだマシです。

ですが、肺炎は 様々な合併症を引き起こすことがあるのです。

  • 敗血症

  • 急性肺損傷

  • 急性呼吸促迫症候群

  • 胸膜炎

などなど。

後者2つについては、急性の呼吸不全を起こします。

なので、人工呼吸器での管理が必要になります。

 icon-exclamation-circle 

これがどういう意味を持つか分かりますか?

肺炎を直さずに会社になんて行ったら、合併症を引き起こして呼吸ができずに死ぬ可能性があるってことです。

すぐに救急車が到着すればいいですが、わかりませんね。

 道が混んでいるかもしれませんし、 特に夜間は医者も看護師もどこの病院も人員が足りないので、 急患で運ばれたとしても助かりにくいといわれています。

 生きていればいいですが、どうなるかわかりませんね…。

肺炎は感染する可能性が

 肺炎は移らないと考えている人が多いですが、移る肺炎もあります。

 肺炎には移る肺炎と移りにくい肺炎があるのです。

 単に風邪から引き起こされた肺炎や、 誤嚥性の肺炎などは、移りにくいとされています。

 ですがインフルエンザ肺炎や、 マイコプラズマ肺炎などは飛沫感染すると言われています。

 つまり、 無理に会社に出社して席をしたら同僚に移る可能性があるということです。

 icon-exclamation-circle 

 あなたは肺炎だということを自覚しているみたいですが、ちゃんとした病院で精密検査をしましたか?

 最近の病院はヤブ医者も多いですから、セカンドオピニオンをしておいたほうがいいかもしれません。

でないと、あなたが感染源になって同僚まで病気にかかってしまうかもしれません。

命に別状のない病気だったら別に構わないのですが、 肺炎は先ほども申し上げました通り死にかねない病気です。

 同僚や同僚の家族にまで感染して、 結果的に死んでしまった場合、あなたや会社は責任が取れますか??

 強引に休む

dagon_ / Pixabay

肺炎というのはそんな危険な病気です。

なので、 会社が休ませてくれないとしても、強引に休んだほうがいいと思います。

命をかけてまでやる価値のある仕事なんてありません。

強引にでも休むべきです。

⇒会社に行きたくないときに使いたい!ズル休みの言いわけ8選!

 icon-exclamation-circle 

 強引に休んだとしたら、あるいは後で上司や同僚に文句を言われたりもするかもしれません。

 ですが運悪く死んでしまったら、文句を言われることすらできなくなってしまうのです。

そのことを理解していますか?

命あっての物種です。

強引に休んで、今は療養に専念しましょう。

 親に電話してもらう

 肺炎でしたら、普通は絶対安静です。

 なので、親に電話してもらうというのも手段の1つです。

 結婚して家庭を築いているのであれば、 配偶者に電話してもらうというのも手段の1つです。

 で、「倒れて意識がない」とかにしておけば。

 もしくは、「咳がひどすぎてとても会話できる状態じゃない」みたいにしておくとか。

 icon-exclamation-circle 

あなた本人が電話してしまうから「なんだ、話ができるほどなら大したことないじゃないか!」みたいに思われてしまうのです。

 会話可能かどうかと、命に別条があるか?は全く関係がないんですけどね…。

休むためには、会社側に「あなたの病状がいかに深刻か?」を伝える必要がありますので、

第三者に電話してもらった方が都合がいいかもしれません。

 何のために働くのか考え直す

というか、 あなたは一体何のために働くのか、もう一度考え直しみたほうがいいかもしれません。

 仕事のためだけに生きているわけではないですよね?

 肺炎という命に関わる病気であるにもかかわらず、ぶりに働き続けたら本当に死にますよ?

 多少給料は下がるかもしれませんが、仕事なんていくらでもあるわけです。

 選ばなければ仕事なんてすぐに見つかりますよ 。

 「なぜそこまでして働くのか?」と自分に問いかけてみてください。

 icon-exclamation-circle 

 もう仕事を変えるべきだと思います。

さすがに、肺炎で会社を休ませてもらえないってのはありえないです。

やばすぎるブラック企業だと思いますね。

もしかしたら、今回は何とか働き続けながら病院に通院して直すこともできるかもしれません。

ですがこれからは?

また似たような事態に起こらないとも限りません。

そんな人間を大切にしないような会社からは、さっさと逃げ出したほうがいいです。

早いうちだったら、若いうちだったら、いくらでもいい会社に薄れる可能性があります。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

診断書を書いてもらう

あるいはもう、医者に診断書書いてもらいましょう。

そしてお医者さんに「どのぐらい休めばいいでしょうか?」と聞いて、その期間分休職願を出しましょう。

休職願というか、どうせあなたは有給も溜まっているでしょう。

肺炎になってまで会社に行こうとする真面目なあなたであれば、今までほとんど休みなく働いてきたことがわかります。

ので、たまった有給を消化するチャンスです。

さすがに診断書を出せば、会社側も飲まざるを得ないと思います。

 icon-exclamation-circle 

これで断られたら、さすがに労働基準監督署に通報してください。

労働観基準監督署は何もしてくれないと思いがちですが、悪質な会社については速攻で指導してくれます。

肺炎で診断書があるにもかかわらず、有給も休職の届出も受け付けてくれないとなったら、これはもう本気で悪質な会社ですから。

何とか強引に休んでください。

休ませない会社は人殺しだと考えましょう

あるいは、会社側に多少の温情があるから「肺炎でも会社で働きたい」と考えているのかもしれません。

ですが、肺炎でも休ませてくれないって、これ人殺しだと思いますよ。

本当に、肺炎は死の可能性がある病気です。

休ませてくれない会社は人殺しだと考えて、強引に休みましょう。

情が移ってしまって、非常になりきれない人が多いと思いますが。

そんな甘いこと言ってたら本気で死にます。

とにかく容赦なく強引に休んでしまうようにしましょう。

まとめ

というか、さすがに肺炎で休ませてもらえないなんて会社はさすがにヤバすぎると思います。

あなたの人生を何だと思っているのでしょうか??

おそらく、たかが従業員1人の命なんてゴミ同然に思っていると思いますよ。

そんな会社で、長く働き続けて行くことができるでしょうか?

そして、そんな会社に尽くす気持ちがまだあなたにありますか?

とにかく強引に休んで、治療に専念してください。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする