会社で嫌いな人がいる!?辞めさせるよう仕向ける15の方法

geralt / Pixabay

  • 会社でとても嫌いな人がいる!

  • 何とかして辞めさせられないだろうか?

  • 正直、もう二度と顔すら見たくない!

とお考えの、会社にとても嫌いな人がいて「アイツ、なんとか辞めさせられないだろうか?」と考えている方のためのページです。

会社なんてどこに行っても合わない人はいます。

あなたの考えもよく分かりますが…。

辞めさせる方法なんて、非人道的ですから調べても出てこないと思います。

しかしまあ、そういう情報を求めている人もいると思うので、一応参考までに。

何とかして嫌いな人を辞めさせる方法をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

小さいミスを大事件のように言いふらす

相手が会社を辞めるように仕向けるには、

「これ以上この会社で働きたくない」と思わせるのがセオリーです。

つまりは、あなたが頑張ってその人に嫌がらせをすればいいのです。

小姑のような意地悪さで、ネチネチ相手を責めていきましょう。

 icon-exclamation-circle 

基本は、相手の小さなミスを大事かのように言いふらすことです。

これが基本戦法です。

  • ほんの一瞬さぼっていた

  • ちょっとしたルール違反をした

  • ノルマに少し届かなかった

などなど。

普通であれば見逃すような些細なことを、殺人事件でも起こしたかのようにおおごとに騒ぎましょう。

相手への嫌がらせになります。

頑張って出世してパワハラする

rebbeccadevitt0 / Pixabay

どこまでその人を辞めさせたいかにもよりますが…。

あなたに頑張る覚悟があれば、あなたが仕事を頑張って出世して、

その人の上司になってしまえばいいのです。

そうすれば堂々とパワハラができます。

 icon-exclamation-circle 

今はパワハラに五月蝿い世の中なので、仕返しされる恐れもありますが…。

パワハラにならないギリギリのラインを攻めて嫌がらせをしたり、色々できることが増えます。

実際性格の悪い上司が、気に入らない部下にパワハラをしてうつ病に追い込むケースはよく見られます。

人間関係が悪い会社からは逃げ出す

そもそもですが、そんな辞めさせたいほど嫌な奴がいる会社は、さっさと抜け出したほうがいい気がします。

「人間関係が悪い」のは退職理由の第一位ですし。

今はいいかもしれませんが、今後更に悪化していく可能性もあります。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

他人に何かしらの行動をさせるように仕向けるよりも、自分が動いたほうが早いと思いますよ。

あんまりバカなこと考えないほうがいいと思います。

煽りまくってミスさせる

Mandyme27 / Pixabay

相手の性格にもよるんですが、動揺しやすい性格だったりテンパりやすい性格の人は、

煽りまくってると勝手にミスしてくれます。

相手がミスしてくれれば、「些細なミスを大事に言いふらす」のコンボにつなげることができます。

相手への結構な嫌がらせになります。

  • 相手が集中してるところへ大声で煽る

  • 気をそらすようにマシンガントークで雑談をする

  • 机をバンバン叩いて威圧する

など。

相手を煽ってミスを誘発しましょう。

 icon-exclamation-circle 

ただ、相手の性格によっては全く効かないですけど。

気が強い相手だと「黙ってて下さい」とか言って、反撃される可能性が高いです。

マイペースの相手は無視する術を身につけていますから、いかに煽っても効かないです。

陰口を叩きまくる

性格が捻じ曲がってしまった中年女性がよく使う鉄板の手法です。

少しでも悪いことがあれば、100倍ぐらいに盛りまくって陰口を流しましょう。

信憑性の高い陰口を流すことが出来れば、その嫌いな相手の信用を失墜させることができます。

その嫌いな相手は気づかない間に孤立しているでしょう。

 icon-exclamation-circle 

ただ、これについてはデメリットもあります。

陰口を嫌うタイプの人に陰口をすると、嫌われてしまう可能性が高いです。

陰口を叩くなんていう中年女性独特のノリが大嫌いな人は、男女問わず結構います。

私も大っ嫌いですし。

一応表面的には口を利くし合わせてくれるかもしれませんが…。

実は貴方も陰口を叩かれる立場になってる可能性もあります。

「あの人陰口ばっかり!性格悪くね!?」みたいな。

諸刃の剣です。

あなたが辞める

geralt / Pixabay

そんなに嫌ならば、別にその人を辞めさせる必要はないと思います。

あなたが辞めればいい話です。

あなたはその人に不満を持っているでしょうが、むこうはそうではないかもしれません。

不満があるのであれば、他の環境に移ってしまうというのも手段の一つです。

「なんとなくあの人嫌だなあ」程度であればいいのですが。

これが本気で嫌で、毎日胃が痛い!ってくらいであれば、さっさとこちらから辞めたほうがいいと思います。

 icon-exclamation-circle 

ちなみにですが、別に退職というのは悪いことばかりでもありません。

雇用保険をかけていたのなら失業保険が貰えますし。

職業訓練校にでも通えば、一年くらいは失業給付の期間を延ばせます。

学生気分を味わいながら、新たな分野のスキルや資格を手にすることもできるのです。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

相談して味方を作る

MemoryCatcher / Pixabay

「私あの人に嫌われてるみたい。どうしよう」とか同僚に相談して、味方を作る方法です。

極力善人ぶって、善意の第三者ヅラした方がいいです。

「私は何もやってないのに、あの人があんなにひどい事してくるんだよ」くらいな感じでいいましょう。

騙されやすい人はすぐに味方になってくれます。

 icon-exclamation-circle 

夫婦仲が険悪になった妻が、旦那を孤立させる古典的な手法です。

友人や親戚にしかけて、いつの間にか旦那を孤立させる方法です。

ウチの親はこれで離婚してました…。

いつのまにか嫌いな人は孤立して行きます。

ただこれをやる場合、あなたに信用がなかったり、嘘をついているのがばれると、信用を無くしてしまう可能性があります。

使う人を選ぶ手法かもしれません。

正攻法で行く

直接その嫌いな人に、「なんなのあんた!?」みたいに喧嘩をふっかける方法です。

要はあなたが、自ら職場で事件を引き起こす方法です。

あなたに非がなくて向こうが悪いのであれば、周りのみんなはあなたに味方してくれると思います。

あなたの普段の行いや事前の根回しが成功率をあげます。

 icon-exclamation-circle 

しかし逆に、あなたが悪い場合あなたが叩かれる可能性が高いです。

つまりは、オフィシャルな場で裁判を起こすみたいな感じですね。

仮になんとなくでも勝敗がついた場合、みんなに叩かれた方は会社に居づらくなって辞めてしまう可能性がかなり高いです。

「私は職場で信頼あるし大丈夫!」という絶対的な自信があるのであれば、正々堂々と仕掛けて見るのもアリだと思います。

日頃の行いを良くしておく

Comfreak / Pixabay

極力日頃の行いを良くして、みんなに好かれておいた方がいいです。

でないと、なかなかみんな味方になってくれません。

特に女性の場合、嫉妬や僻みで嫌われたり、いじめられたりする事が多いです。

だからこそ誰に対しても恥ずかしくない行動をとって、相手に付け入る隙を与えないことが重要です。

自分が間違ったことをしていたら、相手のことを責められないですから。

こちらに落ち度がなければ、何かにつけて庇ってもらえます。

 icon-exclamation-circle 

特に仕事ができる人になって、同僚に貸しを作っておくと良いですね。

『あなたを敵に回すと仕事に支障が出る』という状況を作れれば最強です。

そこまで行けば意のままに職場をコントロールできます。

孤立させて辛い思いをさせる

一対一の喧嘩が原因で辞める人は少ないです。

大抵は、数人と対峙する状況に精神的に参ってしまい、止めて行きます。

つまりは、『こちらは複数で、相手は一人だけ』という状況を作ればいいのです。
そういう環境を作れば、相手は居心地が悪くなりますので自然とやめて行きます。

味方がいれば辞めませんが、味方がいないと逃げるように辞める人がほとんどです。

 icon-exclamation-circle 

まあ、相手にもよります。

相手が男性で、妻子ありでそこそこの企業の正社員となると、会社にしがみつこうとしますから結構しぶといと思います。

パート程度であれば仕事なんていくらでも見つかりますから、結構すぐやめちゃいます。

上司を味方につけてコントロール

DarkStarzs / Pixabay

人事権を持つ上司をコントロールできるくらい仲良くなっておきましょう。

そうすればあなたのミスはその上司に見逃してもらえます。

贔屓してもらえます。

そして逆に、あなたが嫌いな人は上司も嫌ってくれます。

その人に対する扱いはひどくなります。

上司をうまく籠絡するテクニックが必要ですけどね。

上司を味方につければ何かと便利です。

仲良くしつつ相手の失敗を待つ

嫌な人とは極力仲良くしておきましょう。

嫌かもしれませんが、仲良くしておけば相手の情報を仕入れることができます。

現代社会は情報戦です。

  • その情報をいかに料理するか?

  • その情報でいかに相手を追い詰めるか?

が重要なのです。

情報を制する者が世界を制します。

 icon-exclamation-circle 

上司の愚痴を言っていたら、上司にチクってしまうとか。

「私は彼(彼女)と仲がいいですが、今回は庇いきれません」とかなんとか言って、善人アピールすると効果的です。

「仲のいいあの人がそんなことを言うんだから、どうしようもない」という印象をみんなに植え付けられます。

結構ダメージでかいはずです。

まあ、途中で相手の信用を得られなくなってしまったらそこで終わりですけどね。

普段は仲良くして情報を抜き、ここぞという時に刺すというスタンスでいきましょう。

あなたが致命的なミスをして道連れにする

skeeze / Pixabay

意図的にやるのは難しいですが。

仮にあなたが何か致命的なミスをしたときに、その人にも責任をなすりつけて道連れにするということは結構世の中で行われています。

嫌いなのがあなたの上司だったら、これ使いやすいんですけどね。

致命的なミスをしたら「上司が確認しなかったからこうなったんだ」と難癖をつけて、上の人間に責任を持って行くことができます。

意図的にやるんであれば、かなり巧妙にやらないと難しいですね。

ただ、あなたも辞めることになるかもしれませんけど。

匿名でクレームを入れまくる

匿名でクレームを入れまくり、職場で「できない奴」というレッテルを貼られるよう仕向ける方法です。

上司にも怒られるでしょうから、精神的に参ると思います。

これ、実際に前にバイトしていた職場でやられてた人がいました。

と言っても客からのクレームですけど。

常連の客に睨まれたバイトの子が、やめさせられてました。

 icon-exclamation-circle 

親の仇のように苦情を入れましょう。

サービス業なったらやりやすいと思います。

協力者がいるとやりやすいですね。

当然、デメリットもあります。

あなたがクレームを入れているとバレたら、当然あなたはどうなるか分かりません。

バレないようにコッソリやりましょう。

人間関係がいい会社を探す

中には、めんどくさい職場の人間関係に疲れ果てた人もいるでしょう。

「嫌いな人を辞めさせる方法」なんて検索してる時点で健全ではないですし、こういうのでキレて殺してしまった…なんて事件も珍しくはありません。

でしたら、もっと人間関係がいい会社を探したほうがいいと思います。

人間関係がいいのは、お金には換えがたいものがありますからね。

あまりに人間関係が悪いと、そもそも長続きしません。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初のイメージと全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなに人間関係が悪い会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

人間関係が悪い会社は離職率も高いですから、「離職率の低い会社を紹介してください!」と言えば、その通りにしてもらえます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

まとめ

ここまで書いておいてなんですけど、人を辞めさせるなんてバカバカしいからやめておいた方がいいと思います。

変な工作をしても、人にしたことは回り回って返ってきます。

上手くいけば、もしかしたらその人を辞めさせることができるかもしれませんが。

世間って案外狭いです。

あなたもずっと今の職場にいるとも限らないでしょうし。

転職したら、やめさせた人が転職先の会社にいて復讐されるというパターンもあります。

昔恨みを買った人間に、後々再開して復讐されるなんていうのはよくあるパターンです。

世間ではそれを因果応報って言うんですけどね。

馬鹿なことはやめておいた方が無難です。

そんなに嫌ならあなたが転職した方が良いような気がしますし…。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする