職場でベストな相づちの方法は?うまく相槌をして同僚と打ち解けていく方法

sasint / Pixabay

  • 職場の関係で相づちはどうやるのがベストなの?
  • さすがに「うん」とか言うのはまずいと思うけど…

そういった悩みをお持ちの方多いかもしれません。

やはり職場ですと、関係が微妙だったり距離感がある人達と接することになりますからね。

相槌をするとなるとやはり「はい」がベストかもしれませんが…。

言うタイミングやどのぐらい相槌をしたらいいのか?話の長い相手にはどう相槌をしたらいいのか?などで悩んでしまう人も多いです。

相づちをするかどうかでも、全く周りの人が印象が変わってきますからね。

この記事では職場でベストな相づちの方法などをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

相槌をうまくやるには「はい」だけでなく、「ええ」「へえ」「ほお」なども使う

やはり職場ですと、会話などにも気を使うかもしれません。

特に相手が話している時の相槌などにも気を使うかもしれませんね。

同じ立場の同僚であれば、そこまで気を使う必要はないかもしれませんが…。

上司などの管理職や取引先の人などとも接する機会などもあるでしょうし。

 icon-exclamation-circle 

相槌をうまくやるには単に「はい」と言うだけではなく、

  • ええ
  • へえ
  • ほお

など様々なバリエーションの相づちを使っていくといいかもしれません。

単にはいはいとだけ言っていると、眠くなってきますし。

相手の話している内容によっても臨機応変にリアクションした方が相手も喜びますし。

単にはいはいと同じ相づちだけしていると、「聞いているのかおい!」なんて言ってくる可能性もあります。

相づちも重要だが、相手の目を見ながらちゃんと聞くべき

職場で相槌をする場合はそうやって「はい」以外にも色々なバリエーションで相槌をしていくといいかもしれません。

ですがそういった相づちも重要なのですが、相槌で一番重要なのは「私はあなたの話をちゃんと聞いていますよ」という、誠意を持って話を聞くことです。

相槌でなんというかも重要ですが、そう言ったハートの部分が一番重要です。

 icon-exclamation-circle 

なので、相手の目を見ながらちゃんと話を聞くようにしましょう。

これができていなければいくら相づちのタイミングや声色が完璧だったとしても台無しです。

結局心が入っていなければどうしようもありませんからね。

逆にちゃんと話しているのに相手の目を見ない人というのは、確実に嫌われますからね。

誠意がありませんし。

何かやましいことがあるんじゃないかとか騙そうとしてるんじゃないかとか勘ぐってしまいますし。

失礼ですから、ちゃんと相手の目を見ながら相槌を打って聞くようにしましょう。

相づちを打ちながら会話の端々で同調する

職場で相槌をうまく打つには、相づちを打ちながら会話の端々で同調するといいかもしれません。

やはり人々は色々な人と共感して心の交流をしたいと考えていますからね。

つまりはそうやって同調したり共感することで、打ち解けたりいい印象を与えることができるんです。

 icon-exclamation-circle 

例えば相手が話していたら、

  • 私もそう思います。
  • 確かにそうですよね。
  • 私も前からそう思ってたんですよ。
  • それは素晴らしいアイデアだと思います。

などなど。

とにかく会話の端々で共感したり同調するようにしましょう。

ただあまりに同調したり肯定しすぎると信用できない奴だと思われる傾向にありますからね。

ただのイエスマンになってしまっては信用を失ってしまいますから、たまには同調するのではなく

  • それについては私はそうは思いません。
  • そこはちょっと見解が異なるようですね。
  • それもいいとは思うんですが…

などなど。

8割イエスで2割ノーぐらいの割合がいいかもしれません。

100%イエスになってしまうと、こいつは適当に同調してるだけだと思われて信用を失いますからね。

相づちも重要だが、話が終わった後に質問をしてあげるとちゃんと聞いていたことが分かって好感触

職場の相づちではやはり上で述べたように目を見たり、色々な相槌のパターンを行っていくことが重要だと思いますが…。

やはり職場の相づちを気にするのは、相手にいい印象を持たれたいからだと思います。

それにはちゃんと「あなたの話を聞いていましたよ」と言う印象を与えることが重要です。

 icon-exclamation-circle 

それには話が終わった後にちゃんと適切に質問をしてあげると良いかもしれません。

ちゃんと相手の話を聞いていなければ質問なんてできませんからね。

つまりは質問ができるということは、「あなたの話をちゃんと聞きました」と言うメッセージになるんです。

  • 先程話していたこれについてなんですが…
  • さっき言っていたこれはどういうことですか?
  • 今の話で気になった点があるのですが…

こんな風に質問をしていくようにしましょう。

講演会やセミナーなどでも、講師の方が後で質疑応答の時間があったりしますが…。

そこで質問が全くないとがっくりして帰っていくことが多いですからね。

やはり質問があると言うことは「私の話をちゃんと聞いてくれたんだ」と言うことで嬉しくなりますし。

誰しも自分の話をちゃんと聞いてくれる人に対しては好印象を持つものですからね。

なので、一つや二つでもいいので質問をすると、相づち以上に職場でいい印象を与えられるかもしれません。

相づちが上手い人は「つまりこういうことですか?」と繰り返すことも

そういった相づちがうまい人というのは、相手の発言を繰り返す傾向にあります。

  • つまりはこういうことですか?
  • こういったことでよろしいでしょうか?
  • 要はこういったことなんでしょうか?

などなど。

これも、あなたの話をちゃんと聞いていますよ!というメッセージになりますからね。

ただはいはいと聞いているだけでは、「おいお前ちゃんと聞いているのか!?」ってことになりますし。

 icon-exclamation-circle 

単にオウム返しで繰り返すだけでも、ちゃんと聞いているというメッセージになりますからね。

しかもちゃんとその会話内でこちらも理解しやすくなりますし。

記憶の定着が図られますからね。

よく聞いていなかった時でも、「つまりはこうゆうことですか?」と繰り返すだけでも効果的です。

なのでちょっと寝ていていたりボーッとしていて聞いていなかった時でも、ちゃんと相手の話を聞いていたとアピールする時に効果的です。

相づちだけしてればいいやと考えていると、上の空になって話を聞いておらず信用を失うことも

職場の相づちなどを気にするのもいいのですが…。

そういったことを調べている方ですと、

  • 相槌だけしてればいいや
  • 相手の目を見て聞けばいいんだろ
  • 適当に相槌うっときゃいいんだろ

こんな風な考え方になってしまいがちです。

 icon-exclamation-circle 

こういったテクニックに走ってしまう人というのは、相手の人間をおろそかにする傾向にあります。

つまりは相手の話に適当に相槌を打つだけで、上の空になって話を聞かない傾向にあるんです。

そんな簡単な浅はかな考えなど、相手も馬鹿ではありませんから簡単に見破りますからね。

つまりは信用を失ってしまう傾向にあるんです。

やはり多少無愛想だったり能力が低い人でも、自分に対して一対一で膝を付き合わせて向き合ってくれる人の方が信用されますし。

職場はやはり人と人との付き合いなので、そういったハートの部分が重要だと思います。

なので相槌だけしてればいいやなんて不誠実な考えになるのではなく、ちゃんと相手と膝を付き合わせて面と向かって心の交流を図るようにしましょう。

それが一番職場で打ち解けたりするのに効果的です。

職場の相づちで気になることがあり人間関係が悪いなら、今のうちに転職も検討

あなたのように職場の相づちをうまくやるにはどうしたらいいのかなど考えている方も多いと思いますが…。

そんなことを気にしているというのは、職場の人間関係や環境が悪い傾向にあるのではないでしょうか?

特に職場の相槌でハイなどの敬語を使わずにうんなんていう風にタメ口を使ってくる人もいますし。

先輩や上司などの年上の人がそう言った相づちをするのであればいいですが、後輩や同僚年下の同僚などがタメ口で相槌を使ってくると本当にむかつきますからね。

特にそういった会社ほど人間関係が悪い傾向にありますし。

今の会社の環境が悪いのであれば、早めに転職も検討しておいた方がいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く転職はかなりしやすくなってきていますし。

そう言った人間関係の悪い会社にしがみつかなくても今は仕事はいくらでもありますからね。

職場の相づちなどのことで気になる点があって環境が悪いのであれば、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

最近はあなたのように職場の相づちが気になる方も多いと思いますが…。

やはり相づちはハイなどの敬語を使ってちゃんと相手の目を見て誠意を持って相手に接するべきだと思います。

そうすれば多少の無礼があったとしてもそこまで悪い印象を与えませんし。

あるいはそんな相槌を気にしているということは、職場の人の言葉遣いが悪かったり人間関係が悪い傾向にあるのかもしれません。

そう言った会社はあまり長続きはしませんし。

人間関係が悪い会社と言うのは退職の一番の原因になることが多いですからね。

早めに転職を検討してしまうのがいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く転職がしやすくなってきていますし。

仕事が多い今のうちに動いておくのもいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする