仕事の疲労がもう限界!死ぬほど疲れが溜まる毎日を変えるには?

mikegi / Pixabay

  • 仕事の疲労がもう限界!
  • 毎日毎晩残業させられてる…
  • はぁ、仕事しかしてないよ。ホント疲れた…

最近はそういった仕事だけで限界まで疲労が蓄積されてしまう人というのも珍しくありません。

特に最近は人手不足の会社が多く、ギリギリの人員で会社を回さざるを得なくなっている人も多いですからね。

一人当たりの仕事量も増えていて、限界まで働かされている方も多いのではないでしょうか?

そんな状態ですと仕事だけに人生が埋め尽くされ、他のことをやる気力なんて一ミリも沸いてこない傾向にあります。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

慢性的な疲労を抱える社会人は7割も!

2017年6月に「養命酒製造株式会社」が行った調査によりますと、東京勤務の会社員の約七割は慢性疲労状態に陥っている…という結果が出たようです。

特に丸の内で働くOLですとその割合はなんと八割にも及ぶそうです。

更に東京勤務の会社員の約六割は「リラックスしたくてもできない」と回答しており、疲労感が限界になっている人が多い傾向が伺えます。

特に最近はギリギリの人員で回してる職場も多いですからね…。

一人当たりの業務量が増加していて、休む暇もあまりない方も多いのではないでしょうか?

若いうちならまだいいですが、加齢と共に体力の回復も遅くなってきますし。

なかなか厳しい状況におかれているのかもしれません。

たまには強引に早めに帰る日を作る!

疲労が限界になるほど働かされてる人ですと、もっとプライべートな時間を確保していく必要があると思います。

毎日毎晩仕事仕事で、仕事だけの人生になってしまっている方も多いでしょう。

そんな状況では趣味を楽しむことはおろか、体を休めることすらままなりません。

なので、たまには強引に早めに帰る日を作ってしまったらどうでしょうか?

真面目に働いているあなたのような方であれば、たまにはそうしても罰は当たらないと思いますが…。

定時で帰れなくても、少しは早めに帰るようにするとか。

ただこういうの、職場の雰囲気にもよるんですよね。

帰れない雰囲気とかあると最悪です。

さっさと帰ればいいものを、先輩や役職者が居残っていて帰れないパターンです。

その場合は無駄に残業しても何の意味もないにも関わらず、疲労だけが無駄に溜まっていってしまいます。

たまには有給休暇を取得してリフレッシュする手も

あとは、たまには休む日も作っていったほうがいいでしょうね。

あなたのような方ですと有給休暇も溜まっている方が多いと思います。

たまには有給をとって、リフレッシュしてもいいのではないでしょうか?

これも自己管理の一環ですよ。

本来であれば有給を使ってどこかに遊びに行く!とかしたいところですが…。

疲労が限界な方ですと、家で寝てた方がいいでしょうね…。

普通に申請出したらとれなさそうであれば、一ヶ月先とか二ヶ月先とかの予定で申請を出してみるという手もあります。

大抵の人は目先の予定しか見てませんから、結構先の予定で申請出せば通りやすいかもしれません。

会社も先の予定なら、穴埋めの対策がとれますし。

⇒【仮病】会社に行きたくない!ズル休みしたい時に使える言い訳8選!

もっとゆとりをもって働ける会社に転職も手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

仕事の疲労が限界な方ですと、そもそも仕事が忙しすぎるんだと思います。

  • ギリギリの人員で仕事を回している
  • 業務量が多すぎる
  • 人は減る一方で増やしてくれない

こういったことはよくあるパターンです。

ただ、こういうのは会社の体質が変わることを期待していても難しいでしょうね…。

対策がとれるならとっくにやってるでしょうし、あなたの会社の上司や経営陣は、今の状態でも問題なく業務が回っていると考えているのだと思います。

働く方は限界なのに、無理に滞りなく業務を回してしまうから、いいように使われているとも言えます。

でしたらもういっそのこと、もっとゆとりをもって働ける会社に転職してしまうのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高止まりしており、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

自律神経が乱れている恐れも!

そんな疲労感が限界に陥っている方ですと、仕事量が多すぎる問題もあるでしょうが、自立神経が乱れている方が多いのではないでしょうか?

自律神経が乱れると様々な症状がでますし、慢性的に疲れがとれにくくなってしまいます。

最近あまりに疲れが溜まっていて、毎週疲れが翌週に持ち越されてしまっているのではないでしょうか?

そういったことはよくあるパターンです。

自律神経の働きを整えるには、

  • 自律神経法を行う
  • 適度な運動をする
  • サウナや温泉で体を温める

などの手段があります。

 icon-exclamation-circle 

中でもサウナや温泉はリフレッシュできるのでお勧めですね。

特にサウナと水風呂を行き来する「交互浴」というのは、血行も促進されて脳内麻薬も出るのでお勧めです。

私も週2くらいで行きますが、悩みも吹き飛ぶのでお勧めです。

まああまり疲労が限界な方ですと、倒れるリスクがあるので体調と相談してからのほうがいいですが…。

一旦会社を辞めてみるという手もあるが…

或いはそこまで疲労感が限界であれば、一旦会社を辞めてみるという手もありますが…。

あまりお勧めできる方法ではありませんが、身軽な独身だったり、貯金が一定以上ある方であれば、とりあえず辞めてもなんとかなります。

雇用保険から失業給付も出ますしね。

 icon-exclamation-circle 

特に職業訓練校に通い始めれば、失業給付の期間が訓練中は延長されるのでお勧めです。

自己都合退職ですと三ヶ月経たないと給付が出ませんが、訓練に通い始めればすぐ貰えますし。

長い訓練なら半年とか一年とかのものもあるので、しばらくは貰えるかもしれません。

まぁ年収600万とか700万とか貰ってる方なら、再就職すると年収下がる可能性高いのでお勧めできませんが…。

年収300万とか400万の方であれば、そのくらいの会社は今かなりあるので一旦レールから外れてみるのもいいかもしれません。

時給高い東京とかだと、契約社員や派遣でも年収300万400万くらいは稼いでるケース多いですし。

年収それほど高くないなら同程度のポジションのリカバリもしやすいので、しがみつく理由も薄いかもしれません。

過労死は案外身近にあるので…

或いは、本当に疲労感が限界で、死にそうな状態に陥っている方も今は珍しくありません。

最近は若者の過労死や過労自殺などが問題になっていますからね。

実際、私の知り合いにも過労死してしまったような人はいますし。

過労死って案外身近にあるんですよ。

 icon-exclamation-circle 

推計では、企業規模問わず過労死は年間一万件以上あるのではないか?と言われていますね…。

証拠がなかったりで過労死認定される数は年間数百件くらいしかありませんが…。

私の知り合いも単に心筋梗塞とかそんな感じで突然死扱いで、過労死認定はされてませんからね。

仕事が原因で病気になったり、死んだり、事故ったりなんてたくさんあると思います。

既に仕事で疲労が限界のあなたも、気をつけたほうがいいでしょう。

「どう気をつけるんだよ!」って思う方が多いでしょうが、そこはもう転職したり休みを強引にでもとったりして、自己管理していくしかありません。

最近の会社は本当におかしいところが多いので、唯々諾々と業務命令に従ってると死ぬ可能性もあります。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

仕事の疲労が限界!という方は今もたくさんいると思います。

だましだまし今はなんとかなってるかもしれませんが、こういうのは後でガタがくるケースも多いですね…。

というか夜勤者や激務な職業だと明らかに平均寿命が短かったり、心疾患などのリスクも上がるみたいな研究結果もあります。

果たして今の仕事はそこまで命かける価値があるのか?はよく考えた方がいいかもしれません…。

まぁ幸い、今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんある傾向にあります。

あまりにきついようであれば、早めに見切りをつけて転職も手段のひとつです。

というかこれから先定年延長やらでまだまだ働いて行かなくてはいけませんし、今は「人生100年時代」なんて恐ろしいことも言われています。

できるだけ若いうちなら軌道修正も容易なので、健康のためにも今のうちに動いておいた方がいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする