出社拒否で退職!?退職手続きを郵送で済ませる5つのポイント

geralt / Pixabay

  • もう二度と会社に行かずに退職したい!

  • ぶっちゃけバックレたい!

  • 郵送だけで退職手続きをしたい!

という悩みをお持ちの、出社拒否から郵送で退職手続きを済ませたい方のためのページです。

私も恥ずかしながら、バックレで正社員の仕事を辞めたことがあります。

この記事では、出社拒否して郵送で退職手続きを済ませるための5つのポイントをご紹介します。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まず、これからどうするかの方針を決めるべき

郵送で退職するといっても、まあ辞めること自体は構わないんですが。

「辞めてからどうするか?」が一番問題です。

最悪会社は行かなきゃ解雇されますが、仕事しないと生活していくことができません。

ただ自己都合退職でしょうから、3ヶ月間は失業給付がもらえません。

三ヶ月分の生活費くらいは用意しておかないとマズイです。

まあ、3ヶ月以内に何らかの仕事を見つけるつもりであれば、別に必要はありませんが。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

とりあえずは退職の手続きを何とか済ませて、速攻で転職活動を始めましょう。

できるだけ無職期間が長引かないうちに 次を見つけたほうがいいです。

無職期間が長引いてしまうと、自分の心もダラダラしてきます。

次の仕事が見つかった時もエンジンをかけるのに時間がかかってしまいます。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

郵送で退職を企てるなんて、よほどのブラック企業にお勤めなんでしょうけど…。

「次はいい会社に行きたい!」というなら、今から求人をチェックしないと、いい会社に行けるチャンスを逃してしまいかねません。

いい会社は、割とすぐ募集が終わっちゃいますからね…。

退職届の日付は?

まだ会社に退職の意思を告げていない人も多いと思います。

「もう辞める」とは言っていても、具体的に何月何日に辞めるのか?会社に伝えていない人も多いでしょう。

そういう人は、この「退職届の日付をどうするか?」で悩むと思います。

もう出社拒否するつもりの場合、退職する意思が固まっていますので、退職願ではなく退職届を提出します。

もう相談の余地もなく、「辞めます!」という一方的な通告です。

 icon-exclamation-circle 

ちなみに私も一回、郵送で退職届を送りつけてそのままやめたことがありますが…。

その際送りつけた退職届の日付は、退職届を書く2週間前の日付で書いて送っていました。

なぜなら民法では、「退職の2週間前までに退職の意思を告ればいい」とされているからです。

その時は、実際に2週間前に退職の意思を告げたわけではありません。

しかし会社の人間に電話して聞くのも嫌だったので(電話したとして、何て聞くのだろう…)、勝手にそうしました。

零細企業でけっこういい加減な会社だったので、それで問題なく辞めることが出来ました。

特に連絡が来たということもありません。

 icon-exclamation-circle 
或いは、二週間のルールなんてどうでもいいから、その日の日付で書いてしまうことですね。

バックレだろうが出社拒否で退職だろうが、非道でイレギュラーな行為です。

「とりあえず送っておけばいい」ってんなら日付なんて気にしなくていいと思います。

出社拒否自体非常識なので、日付なんて気にしなくていいでしょう。

まあ、もうどうせ覚悟は決まっているでしょうし。

会社から連絡が来た場合

ただ、ちゃんとした会社の場合はガンガンに連絡がかかってくる可能性が高いです。

「とにかく一回会社に来い!」といわれる可能性はあります。

その場合は、諦めて大人しく一回会社に行くしかないでしょう。

どうせ辞める会社なのですから、淡々とこなしていけばいいと思います。

行きたくはないと思いますが、もう2度と会社の人間に会わない可能性も高いですし。

開き直ってやればいいと思います。

 icon-exclamation-circle 

退職届を送りつけて、もう連絡がこなければそれでよし。

連絡がきたら諦めて、会社に行って手続きをする…という風にやればいいのと思います。

「もう二度と会社に行きたくない」という気持ちは痛いほど分かりますけど。

多分1時間か2時間もあれば終わるでしょうから…。

保険証や社員証なども一緒に返す

私がやった時は試用期間中で、まだ社会保険に入れてくれていなかったので送る必要はありませんでした。

しかし既に社会保険に入れてもらっていて、社員証などもある場合は一緒に送付します。

特に健康保険証は早く送らないと、会社としても社会保険の喪失手続きが出来ません。

いつまでたっても社会保険料を納めなくてはいけなくなってしまいます。

社会保険は会社と社員で折半で払います。

ダラダラと送らずに先伸ばししていると、来月分の請求まで来てしまう可能性があります。

 icon-exclamation-circle 
そうなると当然給料はないのに社会保険料の請求だけ来る可能性もあります。

っていうか、来ます。

喪失手続きが進めば健康保険は国民健康保険に切り替えたり、そのまま任意継続する手続きもすることができます。

出社拒否して辞める時は、会社がイヤガラセで離職票を発行してくれない可能性もあります。

離職票が無いと、国民健康保険の手続きができません。

離職票を貰うのが嫌なら、健康保険は任意継続で

出社拒否のような変な辞め方をする場合、離職票が貰えない可能性があります。

というか、「会社に請求しないと貰えない」場合が多いです。

ちゃんとした会社なら黙ってても送ってきますが、「手続きのために離職票を取りに来い!」とか言われる可能性もあります。

離職票がないと失業給付の手続きが取れないので貰っておくべきですが、

出社拒否するような人は「離職票なんていらないからすぐ辞めたい!」って人もいると思います。

 icon-exclamation-circle 

離職票がなくても退職後の健康保険の手続きをしたいなら、退職前に加入していた健康保険に任意継続するといいかもしれません。

任意継続の場合は、任意継続の申請書類をこれまで加入していた健康保険団体(協会けんぽなど)に送付するだけでOKです。

これまで健康保険団体に加入してたなら、あなたが退職したデータは健康保険団体側にあるわけで、「継続して加入します!」って申請の書類を出すだけでOKなんです。

国保だと市町村が運営してるので、市町村側に離職したことを証明するために、離職票が必要になってしまうんです。

ただ、会社が社会保険脱退手続きをしてから、二週間以内に申請書類を出さないといけません。

⇒任意継続とは 全国健康保険協会(外部サイト)

「どうせすぐ仕事探すから、離職表はいらない!」ってんなら、こっちのほうが手軽かもしれません。

任意継続のほうが、国民健康保険よりも月々の保険料が安い場合が多いので。

退職から二年間は任意継続で加入できます。

退職後の保険料などについてはこちらでも書いていますので、参考にしてください。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

ただ、それまで入っていた保険料は半分は会社が支払ってくれていたので、当然負担額は増えます。

といっても任意継続の場合は限度額があるので、マックス月3万円前後くらいですが。

離職票、源泉徴収表はなんとかして貰おう

しかし可能ならば、離職票を貰っておいたほうが絶対にいいです。

失業給付の手続き、国保への加入手続き、その他失業の証明になりますので。

いい加減な会社ですとこちらから請求しない場合、離職票を送って来ない場合もあります。

源泉徴収票すら送ってこない可能性もあります。

 icon-exclamation-circle 

源泉徴収票は、確定申告や年末調整の際に必ず必要になります。

必ず貰っておかなくてはいけません。

まあ、やらずにそのまま忘れてる人も多いみたいですが…(脱税です)。

離職票については、失業保険を貰わない、国保には加入しない!というなら、無くても困らない場合はありますが…。

失業中であることを証明する際の書類になりますので、貰っておいたほうがいいです。

国民年金は、離職票がなくても年金手帳さえあれば、年金事務所で加入手続きができます(払いたくないかもしれませんが…)。

ただ、国保は離職票や源泉徴収票、社会保険離脱証明書などを求められますね。

イヤなら任意継続のほうが、退職関連の書類がいらないので手軽だと思いますね。

ただ、離職票は会社に何度催促しても発行してもらえない場合は、ハローワークが仕方なく発行してくれます。

「会社に離職票取りに来い!」と言われる覚悟は必要ですね。

労働環境のいいホワイトな会社を探すべき!

郵送で退職をしたいなんて、よほどのブラック企業なんでしょう。

次の会社もブラック企業だった場合、また郵送で退職するような事態に陥ることも十分感が鰓得ます。

なので、もっと労働環境が良いホワイト企業の求人を探すようにしましょう。

多少給料が低めだったとしても、人間関係がよく適正な労働環境で働けた方が長続きします。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒9割が非公開求人!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

まだ会社に入社したてだと、そういう状態になりがちだと思います。

  • 「最初の話と条件が違った」

  • 「思いのほかキツかった」

  • 「とにかくすぐにでも辞めたい!」

みたいな感じでしょう。

ただ問題は、「辞めて生活していけるかどうか?」です。

無職期間が長引いてしまうと、その後の社会復帰もどんどん不利になってきます。

ただまあ、常に行動する人なら別に問題ないと思います。

歩みを止めてしまうからマズイのです。

なんにせよ、とにかく行動!ですね。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする