【短期離職】一ヶ月で退職した職歴がある!履歴書には書くべきか?

JuralMin / Pixabay

  • 前職を一ヶ月で退職してしまった!
  • でもこれって履歴書に書かなきゃいけないの?
  • 書いたら落ちそうだから書きたくない!

そういった悩みをお持ちの、一ヶ月で退職したので履歴書に書きたくないと考えている方のためのページです。

確かに一ヶ月で退職した経歴なんて履歴書に書いたら、落とされる確率は飛躍的に上がるでしょうね…。

それまでは立派な経歴を持つ人でも、一ヶ月で退職した経歴が一つでもあれば、「こいつは社会不適合者だ!」という扱いをされる傾向にあります。

立派な人は一ヶ月なんて短期間で辞めない!って人もいますが、最近はブラック企業も多いので…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

一ヶ月などの短期離職リスクは上がっている

今は、あなたのように一ヶ月で退職してしまうような方も珍しくはありません。

本人の問題もあるでしょうが、最近は企業側に問題があるケースのほうが目立ちます。

特に最近は少子高齢化や団塊世代の大量退職により、人手不足に陥っている会社がかなり多くなってきています。

若者も減ってますから、求人票に嘘を書いてまで求職者を集めようという悪質な会社も増えているのです。

それに、長引く不景気や人手不足により、仕事がきついブラック企業が多いですし。

順調に学校を卒業して順調にいい会社に行った人には、わからない悩みでしょうけど。

そういった背景がありますから、あなたのように1ヶ月で退職してしまう人というのは、増えることはあっても割合的には減ることはないでしょう。

私も試用期間で一週間とか一ヶ月くらいで正社員の仕事辞めたことありますからね。

求人票と話が違ったからですが…。

⇒【向いてない】もう辞めたい!試用期間で退職する際の注意点12個

ちなみに求人票と条件が違う場合、労働者側は即時に労働契約の解除を言い出すことができますので、法的にはすぐに辞めて問題ありません(労働基準法 第15条2項)。

悪質なブラック企業の場合は、一ヶ月と言わずすぐ辞めても構いません。

短期職歴は、馬鹿正直に書くべきではない!

結論を言いますが、一ヶ月で辞めた職歴なんて馬鹿正直に書くべきではありません。

私は三ヶ月以内とかの短い職歴なんて全く書いたことがありませんし、転職何回かしてますがそれで何か言われたとかもないです。

そもそも、不利な経歴を書かないのは本人の勝手です。

こんなの書いたら確実に落とされますよ。

 icon-exclamation-circle 

まあ中には馬鹿正直に書く人もいますし、ブラック企業に当たったことがない世間知らずの人は、「正直に書かなきゃだめだよ!」って言いますけど。

そんなこと言ってたら生きていけませんし、そんなこと言ってるから高齢ニートや高齢フリーターが問題になってるんじゃないですかね?

これであなたが正直に一ヶ月で退職した職歴を書いたら、まず採用されませんからニートで生活保護でも受けるか、選考なしの派遣でもやるしかなくなってしまいます。

そうなると結局社会保障費が将来的に上がってしまい、誰も得をしないのです。

世の中、少しくらい要領よくやっていかないと生きていけませんよ。

社会保険履歴がないなら、問題なし

geralt / Pixabay

そもそもですが、我が国で職歴を辿れる手段は、社会保険履歴くらいしかありません。

ぶっちゃけて言えば、社会保険履歴がない職歴については、むしろ証明するほうが難しいです。

その会社に直接問い合わせるか、当時の同僚にでも証人になってもらうしかないでしょう。

 icon-exclamation-circle 

一ヶ月となるとまだ試用期間中で、正社員でも社会保険に入っていなかった人が多いでしょう。

まあ「試用期間中はバイト」みたいな会社も多いですし、「バイトは無職扱いだから履歴書にかけない!」なんていう、フリーターをいじめるような論調の話もまだまだ聞きますからね。

そもそも中小企業だと雇用契約書すら交わしていないケースも多いですから、一ヶ月間の職歴がどうだったか?なんて曖昧ですよ。

社会保険に入ってなかったなら全く問題はありません。

一ヶ月の職歴なんて無かったことにしましょう。

社会保険履歴があっても、そこまで問題ではない

ですがちゃんとした会社ですと、入社すぐに社会保険に加入させている会社も多いです。

そういう会社の場合は、一ヶ月の短期職歴の履歴が残ってしまっていますね。

社会保険はいくつかありますが、履歴が残って問題になる可能性があるのは、

  • 厚生年金
  • 雇用保険

この2つです。

 icon-exclamation-circle 

雇用保険については、次の会社で入社するときに「雇用保険被保険者証」というのを提出します。

そこに前職の会社名が書かれてるんですが、二枚綴りになってるので、番号が書いてあるほうだけ渡せば大丈夫です。

もっと言えば、別に「なくした」って言えば担当者がハローワークであなたの名前などの情報をもとに手続きしますし、バレる可能性は低いです。

厚生年金履歴も、年金手帳に印字されてなければバレる可能性はほぼないです。

入社時に年金手帳を提出する会社が多いですが、その時に中身を見られて履歴が印字されてると、疑われるリスクがあります。

まあ中には「まっさらな手帳を提出したのに、印字されて戻ってきた!」ってケースもあるみたいですが。

社会保険なんていまどきバイトでも入れる

そもそも、今はバイトでも社会保険に入れる時代です。

2016年に法律が変わって、社会保険加入範囲が拡大されましたので。

なので社会保険履歴が残っていても、「一ヶ月社会保険ありのバイトをしていたが、今の会社に就職決まったので辞めた」って体にすれば問題ありません。

もともと試用期間中なんて、バイト扱いのとこも多いし、どういう扱いか?明示してない会社も多いです。

正社員をすぐに辞めたなんて言ったら落ちますが、バイトなんてすぐ辞めても何も言われませんし、むしろフリーターなんて長く続けてるほうが不利です。

空白期間の説明のほうが問題

kulinetto / Pixabay

むしろ気にするところはここでしょう。

一ヶ月の短期職歴があるということは、今はそれ以上に空白期間が空いてしまっているということではないですか?

一ヶ月の勤務歴をなかったことにすると、そこがまるまる空白期間になってしまいますので…。

まあこれについては、適当にもっともらしい理由をつけるしかないですね。

  • とりあえず短期バイトでもしてた
  • 親が入院してたので、看病してた
  • 就職活動に専念していた
  • 職業訓練を受けていた
  • 海外就職するために海外に滞在してた

とか、なんかそれっぽいこと言うしか無いです。

まあ、何かしら説明できればいいと思います。

「単にダラダラニートしてました」ってのが一番やばいです。

もっと労働環境のいい会社を探すべき

そもそも一ヶ月で辞めることになるなんて、結構ひどいブラック企業勤めてたんじゃないですか?

労働環境のいいホワイト企業なら一ヶ月で辞めることになんてなりませんし。

最近は求人票に堂々と嘘を書いたり、労働環境の悪いブラック企業が増えていますからね…。

「一ヶ月でやめた」なんて言うと社会不適合者扱いされますが、なぜ企業側は責められないのでしょうかね…?

なので、今度はもっと労働環境のいい、長続きしそうなホワイト企業を探したほうがいいと思います。

そうすれば一ヶ月で退職なんてことにはなりませんし、もう短期離職の履歴書の心配なんてしなくても済みます。

幸い今は仕事なんてたくさんありますから、いい会社に就職したいなら今がチャンスです。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒9割が非公開求人!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

一ヶ月で辞めるなんて状況には、ならないに越したことはないのですが…。

最近はブラック企業も多いですし、堂々と求人票に嘘書く会社も増えてます。

そうしないと人が集まらないからです。

そうなるとすぐに辞めざるを得ない状況も多くなってくるのですが、こんなの周りの人に相談したら絶対「嘘は駄目だよ!」と言われるに決まっています。

そんなこと言ってたら絶対仕事なんて見つからないんですが、運良く順調に生きてきた人ほど、そういうこと言います。

そういう連中は、ブラック企業なんて対岸の火事くらいに思ってますし、「一ヶ月で辞めた」なんて言ったら社会不適合者扱いされますよ。

なのであんまり周りの人に相談しないほうがいいと思います。

まあ幸い今は仕事なんてたくさんありますから、いい会社に行くなら今がチャンスです。

行動し続けてればいい会社なんて見つかりますから、めげずに仕事を探し続けていきましょう。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒9割が非公開求人!良い会社探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする