一ヶ月で退職した会社がある!短期離職した職歴は履歴書に書くべきか?

JuralMin / Pixabay

  • 前職を一ヶ月で退職してしまった!

  • 入社したらブラック企業だったからすぐ辞めてしまった!
  • でもこれって履歴書に書かなきゃいけないの?

  • 書いたら落ちそうだから書きたくない!

そういった悩みをお持ちの、一ヶ月で退職したので履歴書に書きたくないと考えている方のためのページです。

確かに一ヶ月で退職した経歴なんて履歴書に書いたら、落とされる確率は飛躍的に上がるでしょうね…。

それまでは立派な経歴を持つ人でも、一ヶ月で退職した経歴が一つでもあれば、「こいつは社会不適合者だ!」という扱いをされる傾向にあります。

立派な人は一ヶ月なんて短期間で辞めない!って人もいますが、最近はブラック企業も多いので…。

最近は求人票にウソを書くという信じられない会社も多いですし、そういった状況に陥る人は増えてきていると思います。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

一ヶ月などの短期離職リスクは上がっている

今は、あなたのように一ヶ月で退職してしまうような方も珍しくはありません。

本人の問題もあるでしょうが、最近は企業側に問題があるケースのほうが目立ちます。

ブラック企業が社会問題になってきていますし。

特に最近は少子高齢化や団塊世代の大量退職により、人手不足に陥っている会社がかなり多くなってきています。

若者も減ってますから、求人票に嘘を書いてまで求職者を集めようという悪質な会社も増えているのです。

それに、長引く不景気や人手不足により、仕事がきついブラック企業が多いですし。

順調に学校を卒業して順調にいい会社に行った人には、わからない悩みでしょうけど。

そういった背景がありますから、あなたのように1ヶ月で退職してしまう人というのは、増えることはあっても割合的には減ることはないでしょう。

私も試用期間で一週間とか一ヶ月くらいで正社員の仕事辞めたことありますからね。

求人票と話が違ったからですが…。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

ちなみに求人票と条件が違う場合、労働者側は即時に労働契約の解除を言い出すことができますので、法的にはすぐに辞めて問題ありません(労働基準法 第15条2項)。

悪質なブラック企業の場合は、一ヶ月と言わずすぐ辞めても構いません。

というか果たして求人票にウソを書くなんて、会社組織として誠実な対応と言えるのでしょうか?

「一ヶ月でも履歴書に書くべき!」なんてしたり顔で言う連中には、先に企業側に文句言えよ!と言いたいですね…。

短期職歴は、正直に書くべきではないかも…

結論を言いますが、一ヶ月で辞めた職歴なんて馬鹿正直に書くべきではありません。

私は三ヶ月以内とかの短い職歴なんて全く書いたことがありませんし、転職何回かしてますがそれで何か言われたとかもないです。

ただバレる可能性は当然ありますから、あくまでも自己責任で、ということになりますが…。

そもそも、不利な経歴を書かないのは本人の勝手です。

こんなの書いたら確実に落とされますよ。

ただ不利な職歴を書かないのは本人の勝手ですが、空白期間について聞かれてウソをつくと職歴詐称になります。

まぁ「転職活動していた」っていえばウソにはならないと思いますから、そうやって説明するのも良いと思います。

 icon-exclamation-circle 

まあ中には正直に書く人もいますし、ブラック企業に当たったことがない世間知らずの人は、「正直に書かなきゃだめだよ!」って言いますけど。

そんなこと言ってたら生きていけませんし、そんなこと言ってるから高齢ニートや高齢フリーターが問題になってるんじゃないですかね?

もちろん誠実に行くならちゃんと書いた方がいいのは確かですが、確実に書類通過率が下がりますね…。

というか誠実さを求めるなら、企業側にも入社前に実態をちゃんと教える義務があるでしょう。

一ヶ月で辞めるなんて、求人票に大なり小なりウソや誇張が書いてあった会社なのではないでしょうか?

ただあくまでも自己責任で、ということになります。

ですが一ヶ月くらいなら試用期間中でまだ社会保険入って無かった人も多いでしょうし、それならまずバレません。

あなたの中では「短期のバイトしてた」みたいなことにすれば、記録的にもバイトと変わりませんし。

何か言われても、「三か月未満の職歴は履歴書に書けないと聞いたので…」とか言っておけばよいでしょう。

社会保険履歴がないなら、問題なし

geralt / Pixabay

そもそもですが、我が国で職歴を辿れる手段は、社会保険履歴くらいしかありません。

ぶっちゃけて言えば、社会保険履歴がない職歴については、むしろ証明するほうが難しいです。

その会社に直接問い合わせるか、当時の同僚にでも証人になってもらうしかないでしょう。

マイナンバーは税金しかわかりませんし、そもそも企業側はマイナンバーから情報なんて取れませんし。

 icon-exclamation-circle 

一ヶ月となるとまだ試用期間中で、正社員でも社会保険に入っていなかった人が多いでしょう。

まあ「試用期間中はバイト」みたいな会社も多いですし、「バイトは無職扱いだから履歴書にかけない!」なんていう、フリーターをいじめるような論調の話もまだまだ聞きますからね。

そもそも中小企業だと雇用契約書すら交わしていないケースも多いですから、一ヶ月間の職歴がどうだったか?なんて曖昧ですよ。

社会保険に入ってなかったなら全く問題はありません。

一ヶ月の職歴なんて無かったことにするのも手段の一つです。

そもそも公的な記録が何も残っていませんからね。

…というか厳密に言うなら、試用期間中でも会社は社会保険に入れないといけないんですよ。

「試用期間中だから…」ってことでお目こぼしを貰ってる企業が多いですけど…。

年々社会保険料も上がってますし、会社は社会保険料を折半で半分負担しないといけませんからね。

このへん突っ込みだすと企業側も不利になりますから、あんまり強く言えないと思います。

そもそも企業側が不誠実なのに、労働者側にだけ誠実さを求めるのは辞めろって話でしょ。

まず労働基準法を徹底遵守してから文句言えよって話ですし。

このページを見てる方は、新卒で入った会社を辞めたばかりの方が多いかもしれませんが…。

残念ですが、案外社会や企業はいい加減でも、世の中は回ってしまっているんです…。

コンプラとかドヤ顔で語ってる大企業も、正直口だけのことが多いですよ…。

社会保険履歴があっても、そこまで問題ではない

ですがちゃんとした会社ですと、入社すぐに社会保険に加入させている会社も多いです。

そういう会社の場合は、一ヶ月の短期職歴の履歴が残ってしまっていますね。

ですが社会保険履歴が残っているからといって、そこまで致命的な問題というわけでもありません。

社会保険はいくつかありますが、履歴が残って問題になる可能性があるのは、

  • 厚生年金
  • 雇用保険

この2つの履歴です。

 icon-exclamation-circle 

雇用保険については、次の会社で入社するときに「雇用保険被保険者証」というのを提出します。

そこに前職の会社名が書かれてるんですが、二枚綴りになってるので、番号が書いてあるほうだけ渡せば大丈夫です。

もっと言えば、別に「なくした」って言えば担当者がハローワークであなたの名前などの情報をもとに手続きしますし、バレる可能性は低いです。

厚生年金履歴も、年金手帳に印字されてなければバレる可能性はほぼないです。

入社時に年金手帳を提出する会社が多いですが、その時に中身を見られて履歴が印字されてると、疑われるリスクがあります。

まあ中には「まっさらな手帳を提出したのに、印字されて戻ってきた!」ってケースもあるみたいですが。

社会保険なんて最近はバイトでも入れる

そもそも、今はバイトでも社会保険に入れる時代です。

2016年に法律が変わって、社会保険加入範囲が拡大されましたので。

今は501人以上の事業所で、フルタイムで働いてればバイトでもほぼ社会保険加入義務があります。

なので社会保険履歴が残っていても、「一ヶ月社会保険ありのバイトをしていたが、今の会社に就職決まったので辞めた」って体にすれば問題ありません。

一年以上の雇用が見込まれる場合はバイトでも入社してすぐ社会保険入れる会社も多いですし、特に不自然ということもありません(経験済み)。

もともと試用期間中なんてバイト扱いのとこも多いし、どういう扱いか?明示してない会社も多いです。

正社員をすぐに辞めたなんて言ったら落ちますが、バイトなんてすぐ辞めても何も言われませんし、むしろフリーターなんて長く続けてるほうが不利です。

空白期間の説明のほうが問題!

kulinetto / Pixabay

むしろ気にするところはここでしょう。

一ヶ月の短期職歴があるということは、今はそれ以上に空白期間が空いてしまっているということではないですか?

一ヶ月の勤務歴をなかったことにすると、そこがまるまる空白期間になってしまいますので…。

まあこれについては、適当にもっともらしい理由をつけるしかないですね。

  • とりあえず短期バイトでもしてた
  • 親が入院してたので、看病してた
  • 就職活動に専念していた
  • 職業訓練を受けていた
  • 海外就職するために海外に滞在してた

とか、なんかそれっぽいこと言うしか無いです。

まあ、何かしら説明できればいいと思います。

「単にダラダラニートしてました」ってのが一番やばいです。

もっと労働環境のいい会社を探すべき

そもそも一ヶ月で辞めることになるなんて、結構ひどいブラック企業勤めてたんじゃないですか?

労働環境のいいホワイト企業なら一ヶ月で辞めることになんてなりませんし。

最近は求人票に堂々と嘘を書いたり、労働環境の悪いブラック企業が増えていますからね…。

「一ヶ月でやめた」なんて言うと社会不適合者扱いされますが、なぜ企業側は責められないのでしょうかね…?

なので、今度はもっと労働環境のいい、長続きしそうなホワイト企業を探したほうがいいと思います。

そうすれば一ヶ月で退職なんてことにはなりませんし、もう短期離職の履歴書の心配なんてしなくても済みます。

幸い今は仕事なんてたくさんありますから、いい会社に就職したいなら今がチャンスです。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定などもあるため、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

一ヶ月で辞めるなんて状況には、ならないに越したことはないのですが…。

最近はブラック企業も多いですし、堂々と求人票に嘘書く会社も増えてます。

そうしないと人が集まらないからです。

そうなるとすぐに辞めざるを得ない状況も多くなってくるのですが、こんなの周りの人に相談したら絶対「嘘は駄目だよ!」と言われるに決まっています。

もちろん誠実に行くならちゃんと書くべきですが、「だったらおまえら企業だって、求人票にウソや誇張書くの辞めろよ!」って感じじゃないですか。

労働者にだけ企業への誠意が求められることが多いですが、求人票にウソを書くのは誠実な対応と言えるのでしょうか?

社会的責任がある法人であるにも関わらず、そういった意識が低い会社が多すぎます。

そういった悪質な企業にひっかかってしまったのであれば、一ヶ月で辞めるのも止む無しだと思いますけどね…。

まあ幸い今は仕事なんてたくさんありますから、いい会社に行くなら今がチャンスです。

行動し続けてればいい会社なんて見つかりますから、めげずに仕事を探し続けていきましょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする