【社会不適合者】会社員が向いてない!?会社員以外の生き方9選

Leroy_Skalstad / Pixabay

  •  俺には会社員が向いていない…

  •  社会不適応者だわ…

  •  こんなので生きていけるのかな?

とお悩みの、会社員が向いていないことを痛感した方のためのページです。

 最近は集団行動が苦手だったり、コミュニケーションが苦手な人も増えています。

なので、「会社員のような生き方に向いていない」と考える人が増えているのも事実かもしれません。

 ですが、今の世の中で普通に生きようと思ったら、会社員になることが必須です。

果たして会社員以外で、生きることができるものなのでしょうか?

 会社員以外の生き方についてまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

フリーターになる

 会社員が向いていない人は、たいていフリーターになりますね。

最近は新卒で就職先が見つからず、学生時代のバイト先でそのままフリーターになる人が増えています。

私の知り合いにも何人かいます。

フリーターであれば、労働時間も正社員に比べて比較的短い傾向にあります。

会社員が向いていない人だとしても、なんとかこなせると思います。

 icon-exclamation-circle 

正社員に比べて、仕事の幅が広いのが特徴ですね。

例えばバイトやパートだったら、色々な種類のものがありますからね。

「正社員を雇うほどではないが、バイト程度の給料だったら出せるから任せたい」ぐらいの仕事がたくさんありますから。

ですが、最近はフリーターといっても暇な会社の正社員以上に働かされる人も増えてきています。

昔正社員がやっていたような仕事をフリーターにやらせるようになってきていますからね。

フリーターだからといって、気楽というわけでは全くありません。

フリーターなのに過労死する人とかもいるみたいですからね…。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント7つ

ニートになる

AdinaVoicu / Pixabay

会社員が向いていないという人は、ニートになってしまう傾向があります。

 フリーターも最近は厳しいですからね…。

最近はフリーターがいないと社会が回らなくなってきてもいますし。

そんな生活に嫌気がさしてしまった人は、ニートになってしまう可能性が高いです。

 icon-exclamation-circle 

まあニートが続けられるような環境にいる人は、そのまま続ければいいとも思いますけどね…。

 それだけ恵まれた人生送ってるって事ですから。

 ただまあ、最近は純粋なニートというのも減ってきている気がしますけどね。

 最近はネットを駆使すればお金を稼ぐことができる時代ですから。

 普通に月数万くらい稼いでるニートもいますよ。

 稼いでるなら、もはやニートではありませんけどね…。

→仕事辞めてニートになりたい!?働きたくないと思った時行う11項目

海外で働く

 正直、日本の労働環境は先進国で最低レベルの労働環境です。

なので、一念発起して海外で働くのも手段の1つです。

 人生に行き詰まったニートやフリーターの人が、一念発起して海外で働く…みたいなパターンも最近は珍しいものではなくなってきました。

 労働環境が先進国中最低と言われている日本で働けていた人であれば。

海外に出て思いのほか楽に働けている…という人も少なくありません。

 icon-exclamation-circle 

それだけ日本の労働環境が群を抜いてひどいということですが…。

だいたい、過労死とか出すのは日本だけですからね。

日本のサラリーマンは、江戸時代の農奴よりも酷いと言われていますし…。

ローマ時代の奴隷のほうがまだマシな生活をしていたという説もあるようです。

「日本で通用しない人が、海外で通用するわけがない」というのはかなり暴論です。

こんなのやってみないとわかんないですからね。

フリーランスになる

 会社員に向いていない人がフリーランスを目指す…というのはよくあるパターンです。

フリーランスというのは、要は自営業です。

最近はネットで稼いでフリーランスになる人が多いですね。

あるいは稼げるフリーランスの代表格としては、システムエンジニアやプログラマーなどが挙げられます。

これらの仕事に共通するのは、パソコンとネット環境さえあればどこでもし場所を選ばずに仕事ができるということです。

 icon-exclamation-circle 

まあそうは言いましても、全部一人でやらなくてはいけません。

そうそう甘い道でもありませんけどね。

まぁなれるのであれば、全て自分で決めることができます。

会社員が向いていない人には都合がいいかもしれません。

まあ「自制心がない人は向かない」とも言えますが…。

ですが本気で「会社員はもうたくさんだ!」と思っている方であれば、全人生をかけてでもチャレンジしてみるのもありですね。

そうすれば文字通り人生が変わると思いますから。

 →サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

出家する

 あるいは、俗世間を離れて出家するというのも手段の1つです。

これまでどおりの人生は送れなくなってしまいますが…。

出家というのは、何も仏教だけにあるわけではありません。

新興宗教などでも、出家信者を受け入れているところもあるようです。

身近なところでは、かつてのオウム真理教などがありますね。

出家信者にパソコンショップや弁当屋をやらせて、荒稼ぎしていました。

なにしろ人件費がタダですので、格安でサービスを提供できたようです。

もうこのクソな社会に嫌気がさしたというのであれば、そういう道を選ぶのもありです。

ホームレスになる

 全く働きたくない!というのであれば、あなたはじきにホームレスになってしまうかもしれません。

これも、会社員が向いていない人の行き着く先の道の1つです。

まあそうは言いましても、日本は恵まれています。

ホームレスになっても何とか生きていけるような国だからです。

 icon-exclamation-circle 

今の世の中、ホームレスでも結構お金を稼いでいたりするケースもあるみたいですからね…。

というか普通に、日雇いの仕事とかしてたりしますし。

最近は普通にパリッとスーツを着た、小ぎれいなホームレスも増えているようですし…。

昔のホームレスのイメージが、通用しなくなってきているのです。

まぁ都心であれば、残飯なども豊富にあるようですからあまり苦労しないみたいですけどね。

最悪の場合そういう道があるかもしれません。

専業主婦になる

 男性はまだまだ難しいですが、女性であれば専業主婦を狙うのはよくあるパターンです。

今のご時世、「働きたくないから専業主婦になりたい」という女性はかなり多いみたいですね…。

そうは言いましても、専業主婦を養えるぐらいの稼ぎがある男性も減っているのですが…。

 icon-exclamation-circle 

男性の主夫の数は圧倒的に少ないですね。

専業主婦は数百万人いますが、専業主夫は約6万人しかいません。(2010年国勢調査)

男女平等とか言われているのに、未だに男性に養ってもらおうとするのもどうかと思いますが…。

…とか言うと反発喰らいますけど、今は時代の過渡期だと思います。

これからは女性が男性を養うケースも増えていくでしょう。

それが真の男女平等ですからね。

実家の商売を継ぐ

StockSnap / Pixabay

 実家が何か商売をやっているのであれば、それを継ぐのもありです。

実家が田舎のほうにある人ですと、農業用の土地ぐらいは持っているのではないでしょうか?

親ではなくても、親戚まで広げれば、結構何かしらやっている人もいるのではないでしょうか?

あなたが気づいていないだけで、実は結構いたりします。

 icon-exclamation-circle 

その人はもしかしたら、その代で潰すつもりかもしれません。

ですがそこであなたが「頑張るから私に継がせてください!」とアピールすれば、継がせてくれるかもしれません。

チャンスはどこにあるかわかりませんから、言うだけ言ってみるのもアリです。

まぁ収入はといえば、サラリーマンに比べてだいぶ下がるとは思いますけどね。

将来の保証も何もありませんが…。

ただまあ、会社員が向いていないのであれば、そんな形でも働いていたほうが絶対にいいですよね。

政治家になる

 会社員が向いていないのであれば、政治家を目指すというのも手段の1つです。

実際、親が政治家だから政治家を継いだ…みたいな人が多いですからね。

最近の国会議員なんて、かなりの割合が世襲政治家ではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

 あと、政治家には一時期ニート期間があったとかそういう人もいますよ。

 今の総理大臣だって、ニート経験があるみたいですからね…。

まぁ市議会議員レベルだったら、地盤が緩い地区であれば結構食い込めると思うんですが。

「毎回絶対にこの人に入れてる!」みたいな候補は、市議会議員レベルだとかなり少なかったりもしますし。

私の住んでいる自治体でも、しょっちゅう新人候補が当選したりしてますからね。

単に今の会社が向いていないだけな可能性も

geralt / Pixabay

というか、「会社員に向いていない」というよりも、ただ単に今の会社が向いていないだけではないでしょうか?

私も何回か転職していますが、仕事ができなくて無能扱いされた会社もあれば、誰よりも仕事をこなせてエース扱いされた会社もありました。

人間関係に合う合わないがあるように、人で構成されている会社も同じです。

なので、いっそのこと他の会社に移ってしまうというのも手段の一つです。

合わない仕事を続けていたら、正直きついですからね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

 まとめ

 昔は農家や自営業などの手段も、ポピュラーだったのですが。

今は「サラリーマンでなければ人にあらず」みたいな感じですね…。

正直あなたのような人にとってはかなり生きづらい時代です。

やっぱり会社員に向いていない人というのもいると思いますよ。

イコール、集団生活に向いていない…ということですけど。

特に男性は、会社で正社員として働いていないと結婚すらできない…みたいに言われています。

こんなの男性差別以外の何者でもないと思うんですけどね…。

ただ、仕事の大変さはそれこそ会社によってもぜんぜん変わってきます。

労働環境のいい会社であれば伸び伸びと働けたりしますので、そういった良い会社を探すのもいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする