【過労】7時出社23時退社!?きつすぎる場合に試したい7つの対策

AnnaER / Pixabay

 

  • 7時に出社して退社するのが23時! 
  • 正直きつすぎる!
  • 過労死するんじゃねーかな俺…

 

とお悩みの、7時に出社して23時に退社している、激務すぎるサラリーマンのためのページです。

 

7時出社21時退社なら、結構経験したことがありますが…。

さすがに7時に出社して、23時に退社するというのは経験したことはないですね。

 

本当に激務で、こんなページを見ている時間すら惜しいかもしれません。

何とかするための方法をまとめてみました。

 

⇒仕事が死ぬほどつらい!?地獄の人生を抜け出す8つのポイント

 

さすがに毎日ですと…

その勤務時間が、たまにでしたら良いのですが…。

さすがに毎日となると、かなりきついと思いますよ…。

 

 icon-exclamation-circle 

というか、過労死するレベルだと思います。

過労死ラインは確実に越えていますね。

 

月80時間以上の残業で過労死ラインと言われていますから。

仮にあなたが今心筋梗塞か何かで倒れたり、亡くなってしまった場合、 過労死認定される可能性が高いですね。

 

一時的に繁忙期でそうなっているのであれば仕方ないですが…。

さすがに毎日その勤務時間ですと、本当にきついと思います。

死にたくなければ、他の会社に移ることを考えた方がいいかもしません。

 

多少やっつけでも早く仕事終わらす

Concord90 / Pixabay

 

というか、そんな労働時間で働かせること自体がおかしいと思います。

ですが仕事をこなさなければいけないのであれば、多少やっつけでもいいから早く終わらせた方がいいと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

これも、あなたの体の為です。

やっつけでもいいので、さっさと仕事終わらせて帰りましょう。

 

こんなの、正直会社が悪いと思います。

正直、いつあなた倒れてもおかしくないと思いますよ?

 

死にたくなければ、さっさとやっつけでもいいので終わらせましょう。

何か言われても、「こんなに働かせてまだ働かせるんですか!?」と言い返すぐらいの勢いが欲しいですね。

まぁ、そんな気力もないかもしれませんが…。

 

休日は無理せず休む

平日それだけ働いていると、

  • 「休日くらいは遊ばなきゃ!」
  • 「休日なんだから出かけなきゃ!」

という気持ちもあるかもしれません。

 

ですが、さすがにそんなに働いていて、休日も出かけて行ったら死んでしまうと思います。

なので、休日は無理せず家でゆっくりしたほうがいいと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

子供がいる人ですと、無理矢理外出させられてしまう人もいるかもしれませんが。

無理はしないほうがいいと思います。

本気で死んでしまいますよ…。

 

無駄な出費は徹底排除して貯金する

お金を使ってしまうと、その分働かなくてはいけなくなってしまいます。

なので、無駄な出費は極力排除して貯金しましょう。

 

金さえあれば、今会社を辞めても何とかなります。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

 

 

 icon-exclamation-circle 

比較的ストレスフリーで、お金が稼げるのであればいいのですが。

あなたが稼いだお金は、文字通り死ぬ気で稼いだお金ですよね?

 

  そこまで大変な思いをして稼いだお金は、1円たりとも無駄に使わないほうがいいと思います。

 

大抵のモノやサービスは、そこまで死に物狂いで働いて釣り合うほど、価値があるものではありません。

でしたら、しばらくゆっくりするための時間を買うために、貯金しておいたほうがいいと思います。

 

お金は、時間そのものだと思いますよ。

 

在職中に次を見つけるのは無理では…?

転職するとなると、在職中に次を見つけるのが理想なのですが…。

さすがに、7時出社23時退社の生活では無理だと思います。

 

その生活ですと、平日は寝る時間を確保するだけで精一杯だと思いますし。

休日は疲れて気を失っていることと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、在職中に転職活動するのは無謀かもしれません。

別にやっても構いませんが、焦るとろくなことにならないと思います。

 

貯金を貯めて、しばらく無職でも大丈夫なようにしたり、失業給付を極力長くもらう方向で考えたほうがいいかもしれません。

辞めてから次を探すと不利にはなりますが、今のあなたの状況ですといつ死んでもおかしくないと思いますので…。

 

タイムカードのコピーをとっておく

ivke32 / Pixabay

 

念のため、タイムカードのコピーをとっておいたほうがいいと思います。

 

月45時間以上の残業を3ヶ月以上続けた場合、特定失業者扱いになります。

その場合は、失業給付がすぐにもらえるのです。

 

あなたの勤務時間の場合は、余裕でこんなの超えているはずです。

証拠になるように、タイムカードコピーしておきましょう。

 

このままですと、いつ過労死してもおかしくありませんし。

そうなった場合、会社側に隠ぺいされる恐れもあります。

なので、今のうちにコピーしておいた方が良いのです。

 

このままだと本気で過労死しかねない

その状態ですと、なかなか転職活動もできないでしょうし、アレですけど。

 このままですと、本気で過労死しかねません。

 

 icon-exclamation-circle 

もう本気で、さっさと辞めるつもりで動き出した方がいいと思いますよ…。

 

今から仕事を探しても、あまり給料の高い会社には入れないかもしれません。

ですが、このまま働き続けて過労死するよりは遥かにマシだと思うんですが、どうでしょうか?

 

今は働きづめで、頭が働かないかもしれませんが。

会社を辞めてしばらくゆっくりできる環境を整えれば、冷静に考えることができるようになると思います。

 

とにかく今は、逃げることを考えたほうが賢明です。

生きていればいいこともあると思うので、 なんとか生き延びる方法を考えましょう。 

 

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

未分類
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。