【殺されそう】ブラック企業で徹夜が多い!突然死を防ぐ8のサバイバル術

mohamed_hassan / Pixabay

 

  • ブラック企業に勤めてるけど頻繁に徹夜させられる!
  • 正直身体がもたない!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当にそういった長時間労働のブラック企業が増えてきていますからね。

さらにその上最近は人手不足の会社が増えてきていることもあり、1人あたりの業務量が増えてきていますからね。

必然的に仕事が終わらないと、会社に泊まり込んで徹夜!なんていうことに陥っている人も珍しくないかもしれません。

まぁ前からIT系のエンジニアなどは、徹夜などは、頻繁にありましたからね。

私は以前IT系の会社に勤めていた時は、納期前に徹夜させられたことありました。

 

ですがそんな状況で働いていると、本気で体がもたないと思います。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

ブラック企業で頻繁に徹夜させられるケースは珍しくないが…(経験済み)

最近はあなたのようにブラック企業で頻繁に徹夜させられるケースは珍しくないと思います。

特に徹夜なんてあるのはIT系の企業が多いかもしれませんね。

まあ少なくともホワイトカラー系の仕事だとオフィスに泊まり込んで作業をすると言うのは結構よくありがちです。

私も以前IT系の会社に勤めていた時に納期に間に合わずに徹夜させられたことがありましたし。

 

ただ若いうちであればいいですが、これが中高年になってくると本気できつくなってきますし。

あなたは耐えられても頼りになるベテランの仲間たちが次々に倒れていってしまう可能性もあります。

そうなるとさらにきつくなっていって新たにしわ寄せが来るんですよね。

なかなか厳しいかもしれません。

 

あまりにブラックで徹夜が多いと過労死の危険性も!

あなたのようにブラック企業で徹夜させられている方も珍しくないと思いますが…。

ブラック企業で徹夜させられていると、やはり過労死の危険性が出てきてしまいますからね。

まだまだ日本は過労死が全然減っていきませんからね。

特に未だに大企業などでも過労死や過労自殺のニュースが絶えませんからね。

私も以前勤めていた会社で徹夜させられていた時に、一緒のチームだった先輩がメニエール病になってしばらく休んでましたし。

結局そのまま辞めてしまいしばらくニートをしていたそうですが…。

 

過労死までいかなくてもそうやって精神的に参ってしまったり働けなくなってしまうリスクがあるんです。

命を賭けてまでやる必要のある仕事なんてありませんからね。

ちょっと本当に今後の身を振り方考えた方がいいと思います。

20代の若いうちであればいいですが、それでもきついですし、後からガタがきますからね。

 

あまりに頻繁に徹夜があるなら会社都合退職で辞めてしまう手も

あなたのように頻繁にブラック企業で徹夜させられるという方も珍しくありませんが…。

やはりあまりに頻繁に徹夜があるようですと、過労死の危険性もありますからね。

体ももちませんし、会社を辞めてしまうのもいいと思いますよ。

 

 icon-exclamation-circle 

徹夜させられる程残業が多いのであれば、会社都合退職にすることもできて有利に失業保険がもらえますし。

概ね会社を辞める直近6ヶ月で月45時間以上の残業を3ヶ月連続でしていた場合は、特定受給資格者となり会社都合退職にすることができます。

そうなるとすぐに失業保険が出ますし、もらえる時間も自己都合退職に比べて長めです。

 

ただ労働時間の証明をしなくちゃいけませんので、労働時間の記録はつけておいた方がいいですが…。

あとは職業訓練を受けることでもすぐに失業保険が出て訓練期間中は失業保険が延長してもらえますね。

とりあえず会社を辞めてもこういった風に収入を確保していくことはできますので、あまりに徹夜が多くて体力的にきついのであれば、辞めてしまうのも手段の一つです。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

 

長時間労働で徹夜させられてると心疾患などの突然死のリスクが!

やはりブラック企業ですと、仕事量が多すぎて徹夜させられてしまうというのは、よくあるパターンですが…。

そんなに徹夜させられていると、心疾患などのリスクも上がってしまいます。

 

 icon-exclamation-circle 

というかもしかしたらそんなに徹夜させられていたら、月80時間以上の長時間残業させられている可能性が高いと思いますが…。

月80時間以上の残業となると過労死ラインと言われていまして、心疾患や脳血管疾患などの突然死などが起こりやすいといわれています。

それ以外にもうつ病などの精神疾患になりやすいとも言われていますし。

 

だからこそ月80時間以上残業していたら過労死が認められやすいということで過労死ラインと言われているんですが…。

そんなに頻繁に徹夜させられている方ですと、恐らく確実に80時間以上は残業していると思います。

命を賭けてまでやる価値のある仕事なんてありませんので、早めにやめておいた方がいいと思います。

 

どうしても徹夜が避けられないなら、少しでも体の負担を減らすためリラックスグッズを持ち込む

あなたのようにブラック企業で徹夜させられている方も珍しくないと思いますが…。

そうは言いましてもなかなか徹夜が避けられない人も多いかもしれません。

最近はそもそも人手不足でそんなブラック企業は他に人がおらず、なかなか厳しい状況に追い込まれている方も多いでしょうし。

 

 icon-exclamation-circle 

そのまま徹夜して働かざるを得ない場合は、何とか少しでもリラックスできるように道具を持ち込んだりしていくしかないですね。

アイマスクとか耳栓とか、最近はあったかい目を休めるアイマスクなどもありますし。

どうしても徹夜が避けられない場合は、そういったリラックスグッズを会社に持ち込んで少しでも心と身体の負担を減らしていくしかないかもしれません。

でないと本当に死んでしまいますからね。

 

正直戦場にいるようなものだと思いますので、いくらかでもお金を払えば体力の消耗が緩和されるのであれば、少しでも多く落ち込んで使った方が良いかもしれません。

まぁそんなことせずに、さっさと家に帰ってリラックスして寝れるならそれに越したことはないのですが…。

 

あなたは徹夜に耐えられても、頼りになる同僚達は次々に倒れていく可能性も徹夜

やはりブラック企業ですと、徹夜させられるというのはよくあるパターンなんですが…。

あなたは体力があって若くて徹夜ぐらいは耐えられるかもしれませんが、同僚は分かりませんよ。

あなたはなんとか耐えられても、ベテランや他の頼りになる同僚はついていけずに脱落していく可能性もあります。

 

 icon-exclamation-circle 

特にそんな徹夜なんてさせられる会社は新人が来ても定着せずすぐに辞めてしまうことも多いでしょうし。

つまりそんな状況で働き続けていても、じり貧だということです。

状況が悪くなることはあっても良くなることはないでしょうし。

 

まぁ正直沈みゆく船みたいな状態だと思いますよ…。

まだ大丈夫そうな同僚も、水面下で転職活動をしていたりしてさっさと辞めていってしまうというよくあるパターンですし。

今後の身の振り方はよく考えた方が良いかもしれません。

 

徹夜は過労死の危険があるので残業時間は記録しておくべき

ブラック企業で徹夜させられるというのは、よくあるパターンですが…。

やはり過労死の危険性がありますので、残業時間は記録しておいた方がいいと思います。

そんなブラック企業ですと、タイムカードをなど労働時間を改ざんされてしまう可能性がありますからね。

そうなるともし過労死してしまった場合でも、労災の認定が難しくなりますからね。

 

あなたの方でもなんとか労働時間の記録はつけておいた方がいいと思います。

幸い最近はGPSで労働時間の記録が付けられるスマホアプリなども出てきていますからね。

こういったものを使って労働時間の証拠を残していくと良いかもしれません。

そういったものが決め手になって労災認定されたというパターンもよくあるようですし。

⇒残業証拠レコーダー(外部サイト)

 

今は徹夜が常態化してる会社なんかにしがみつかなくても仕事はたくさんあるので…

あなたのようにブラック企業で徹夜させられている人は今のご時世珍しくないと思いますが…。

やはりそのまま働いていると、過労死や過労自殺をしてしまいかねませんし、失っているものはでかいと思います。

今は若いのでなんとか耐えられているかもしれませんが、こういった不節制のツケは後になってきますからね。

 

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんありますからね。

そんな会社にしがみつかなくてももっとゆとりをもって働ける会社はたくさんあります。

今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

でないと本当に死にかねませんからね…。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのようにブラック企業で徹夜させられている方も珍しくありませんが…。

やはり心と体が持ちませんし、あまり頻繁に徹夜なんてさせられているとは本当に倒れかねません。

私の周りにも過労死が疑われるような方はいらっしゃいましたし、過労死って案外身近にあるんですよ。

 

最近の調査によると、月60時間以上の残業を超えると感覚が麻痺してきて、仕事にやりがいを感じ出すと言う恐ろしい研究結果がありましたし。

やはり長時間の残業したり徹夜をしていると、人間の脳がバグってきますので、どこまでも働けるような気がしてきてしまうんです。

ただ体には確実にダメージが蓄積されていますし、寿命も削っているでしょうね。

 

命を賭けてやる価値のある仕事なんてありませんので、仕事が多い今のうちに転職を検討しておいた方がいいと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く転職もしやすくなってきていますし。

今のうちに動いていった方が良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。