【いない方がマシ】会社に不要なクソ人材4つの特徴!と無能が生き残る3つの秘策

geralt / Pixabay

  • 会社にとって不要な人材にはなりたくない!
  • リストラだけはされたくない!
  • 会社に、社会に必要な人材になりたい!

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくもないかもしれません。

 

今は大企業でも早期退職やリストラを行う時代ですので、あなたのような悩みを持つ方は多いかもしれません。

特に年功序列で給料だけは高い、会社にとって不要な人材は、リストラされていってしまう運命にありますからね…。

特に中高年ほど給料が高い傾向にありますが、それはつまり会社にとってはコストが高すぎるということであり、それに見合った利益を会社に提供できなければ、不要な人材と判断されてしまいます。

最近の企業は「いかに安くコキ使って利益を出すか?」という合理的なことしか考えない傾向にあるため、多少仕事ができてもコストの高い人材は切られる傾向にあります。

 

この記事では、会社にとって不要な人材の特徴と、そうならないための対処法などについてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

会社にとって不要な人材なのでは?と思う人は多い…

最近は大企業でも、早期退職やリストラが一年中行われる傾向にあります。

特に、家族にお金がかかる40代以上の早期退職が世間を騒がせることが多いです。

  • 「自分は会社にとって不要な人材なのではないか?」
  • 「リストラされるのではないか?」

とビクビクしている方は多いでしょう。

 

ネットやSNSなどを見てみても、

「まだ入ったばかりだけど、新人で放置されてる。

仕事があまりにもできないから、不要な人材なのか?

辞めちゃおうかな…」

 

「自分だけノルマこなせなかったし、この仕事向いてないかも…。

俺なんてこの会社に不要かもしれない。

転職するか…」

こんな意見が散見されますね…。

 

まぁ本当に不要かはわかりませんが、会社に貢献できていないという意識があるのでしょう。

そういった風に感じていると、会社にとって不要な人材なのではないか?という気がしてきてしまうのも頷けます。

給料とプライドだけは高い中高年社員

会社にとって不要な社員というのは、こういった方が多いかも知れません。

中高年社員ほど、年功序列で給料が上がっていっている傾向にあります。

能力や会社への貢献度が、それに伴っていればいいのですが、そうでもない人も多いですよね…。

というか、多少仕事ができたところで、給料が高いとコスパが悪いと言うことですから、よほど会社に利益をもたらしていなければ切られる傾向にあります。

 

そしてそういった方ほど、プライドも高い傾向にあります。

  • 若者を見下していたり
  • 頑固だったり
  • 新しい考えを受け入れなかったり

そういったプライドの高い会社員は、会社にとってかなり使いにくいです。

その上給料も高いとなったら、これは会社にとって不要な人材以外の何者でもありません。

実際、中高年社員がリストラで切られるのはよくあるパターンです。

 

会社に反抗的で、マイナスにしかならないダメ社員

会社にとって不要な社員となると、やはり会社にとって反抗的な社員が挙げられます。

能力は低くても、会社の言うことに従う素直な社員であれば、会社としても使いやすいですからね。

会社としても「大事に使ってやろう」みたいな気も起きてくるのです。

 

しかし反抗的な社員となると、いちいち会社の言うことに文句を言ってきますからね。

使いにくいったらないのです。

それでも能力がある優秀な社員ならば良いですが、仕事もできない人だと最悪です。

会社にとってはマイナスにしかならないので、会社にとって正に不必要な人材と言えます。

遠からずクビになるか、リストラ候補に名前が挙がってしまうかもしれません…。

優秀でも、協調性がない自分勝手な社員

会社にとって不要な人材となると、やはり能力がない社員です。

しかし、いくら優秀な社員だったとしても、協調性がない自分勝手な社員ですと嫌われる傾向にあります。

会社としても使いにくいので、会社にとって不要な人材になってしまう傾向にあります…。

 

反抗的とは言えないまでも、

  • 会社の行事に参加しない
  • 勉強会などに参加しない
  • つきあいが悪い

こういった協調性に乏しい社員ですと、会社にとって不要と判断されやすいですね。

まぁ今は個人主義の人が多いですから、協調性のない社員というのも増えてきているような気がしますが…。

給料の割に会社に貢献できていない赤字社員

会社にとって不要な人材となると、やはり給料の割に会社に貢献できていない赤字社員が挙げられます。

いくら能力が低くて成果が乏しくても、給料が安ければ会社にとってはコスパが良いのです。

黒字になっている社員であれば、会社としても切る理由はあまりありません。

 

ですが雇っているだけで赤字になる社員となると、これは明らかに不要な人材です。

これが顕著なのは、営業や販売の仕事ですね。

完全歩合制なら別ですが、固定給がある仕事ならノルマを達成しないと会社にとっては赤字になってしまいます。

わかりやすく目立つ実績があると良い

会社にとって不要な人材と判断されないためには、やはりわかりやすく目立つ実績があると良いかもしれません。

たとえば、

  • 売り上げをいくら上げた
  • 部署の業績をV字回復させた
  • コストカットして、原価を下げた
  • 主要な取引先を開拓した

などなど。

 

何かしら目立つ実績があれば、たとえそれがそこまで会社の利益に貢献していなくとも、不要な人材とは判断されにくいです。

「あいつは過去こういう実績があったから、あいつならやってくれるだろう」みたいに期待されますからね。

あんまり地味な実績しかないと、上の目にも留まりませんからね…。

やはりわかりやすい実績を作ってアピールすることも必要かも知れません。

目立たない人ですと、優秀でも会社にとって不要な人材と判断されてしまう可能性もありますし…。

できるだけ、残業して頑張ってますアピールが有効な会社も…

会社にとって不要な人材と判断されやすいのは、やはり会社に反抗的な不真面目な社員です。

あまり能力がなくても、会社のために頑張ろうとする社員は、不要とは判断されにくいです。

「結果がすべて」とは言いますが、やはりそこは人と人とのやりとりですので…。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、会社にとって不要な人材と判断されたくなければ、残業して「頑張ってますアピール」をすることも有効な場合があります。

場合があります、というのは、最近は残業に厳しい会社も増えてきているからです。

大手企業とかは、残業削減に取り組んでいる会社も増えてきていますね…。

 

ただ中小企業とかですと、まだまだ「残業たくさんしてる奴が偉い」みたいな風潮はあります。

そういった会社であれば、会社にとって不要な人材と判断されたくなければ、残業を多めにしていったほうが良いかもしれません…。

できるだけ若いうちに、給料以上に活躍できる仕事に転職を

これからは、昔よりも自分の適正に合った、活躍できる仕事を選ぶ必要があると思います。

でないと給料以上に会社に貢献することができず、会社にとって不要な人材になってしまうかもしれません。

ましてやこれからは、人工知能の台頭や外国人労働者の流入などもあります。

世間では「年収いくら以上ないとダメだ」とかなんとか言われてますが、それそのぶん会社に貢献しないといけないってことですからね…。

多分結構な割合の高年収社員は、身の丈に合わない給料を貰っていると思います。

たまたまいい会社に入れただけ、っていう人が多いでしょう。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔よりも良い会社に行きやすい傾向にあります。

向いてない仕事なら、早めに転職を検討するのも良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

 

まとめ

最近は、会社もお荷物の社員を抱える余裕がなくなってきています。

グローバル化によって、企業間の競争も熾烈になってきていますからね…。

会社にとって不要な人材になってしまうと、クビを切られてしまうリスクが高くなってきているのです…。

そうならないように、怯えながら働いている方も多いと思います。

 

まぁ幸い最近は転職も一般的になってきていますし、他にも仕事はたくさんある傾向にあります。

今の仕事に向いていない、会社にとって不要な人材になってしまっているのであれば、今のうちに転職も検討したほうが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

そんな考えを持ちながら働いている方は多いと思います。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど、酷い労働環境で働かされている方は多いでしょう。

 

しかし仕事を変えたいのであれば、一日でも若い方が有利です。

理不尽な環境で無理に耐えてしまうと転職に絶望的な年齢になってしまい、今の環境で一生働くことになりかねません。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【マイナビエージェント】

労働環境も給料も良い優良企業の求人を多く扱っている、転職エージェント最大手の会社。

非公開求人の多さが全国最大級に多く、様々な業界に対応した専門のエージェントが常駐しているため、待遇のいいホワイト企業に入社したいなら必須の転職サービスです。

相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。

本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒80%が非公開求人!優良企業転職なら【マイナビエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。