「お前は他社では通用しない」は嘘!?無視して転職すべき8の理由

Goumbik / Pixabay

  • お前なんか他の会社では通用しない! 

  • うちで仕方なく使ってやってるんだぞ!?

  • そんな甘い考えじゃどこ行っても通用しないよ! 

と、上司や同僚に言われてしまった方のためのページです。

最近は特に労働環境の悪いブラック企業も多いので、そんな風に言われてしまう人も多いみたいですが…。

特に最近は人手不足に陥っている会社も多いので、そう言ってなんとか引き留めたいというのが本音なのかもしれません。

ですが、こんな発言は嘘だと思うんですよね。

環境を変えてみれば、思いのほかうまくいくケースも多いです。

というか、こういう言葉でこれまでに何人もの人間が追い詰められて死んだと思いますから、憤りを抱かざるを得ません。

今の会社で通用しなくても、他の会社に移れば活躍できる理由をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仕事には向き不向きがある!

「お前は他では通用しない!」なんて言われてしまう人も、今のご時世多いとは思いますが…。

そういった方は、今の会社であまり活躍できていない方も多いのではないでしょうか?

でないとそんな風に無能扱いはされませんからね…。

 icon-exclamation-circle 

ですが、仕事なんて人によって向き不向きがあります。 

単に今の仕事や会社は、あなたに向いていないだけかもしれませんし。

その場合は、仕事を変えれば思いのほかパフォーマンスが向上した!なんてケースはたくさんあります。

前の会社では無能扱いされていたのに、今の会社では不可欠なエース人材に!なんていうのはよくあるパターンです。

私も何回か転職してますが、本当にそういったケースは多いですね…。

人間関係にも合う合わないはありますし、環境を変えれば上手く行くケースは普通にたくさんあります。

よくあるパターンとしては、「営業は苦手だったが、製造に転職したら上手くいった」みたいなケースです。

逆に「製造ラインの単純作業は苦手だったが、営業に回されたら生き生きとしてきた」、なんて人もたくさんいます。

短所を克服しようとするよりも、長所を伸ばすことを考えたほうが賢明です。

そのほうが幸せな社会人生活を送れると思いますね。

そのためには残念ながら今の会社では合わないようですから、

「お前は他社では通用しない!」なんて言われても気にせず転職したほうが良いでしょう。

辞められたら面倒だから言ってるだけ

「お前は他社では通用しない!」なんていうのは、そう言うことであなたに転職や退職を思い留まってほしいのだと思います。

それは何故かというと、単にあなたに辞められたら面倒だからです。

「他に行っても通用しない」ということにしておけば、あなたを引き留められると会社が思っているだけです。

といっても、別にあなたは会社にとって必要不可欠な人材というわけではないと思います。

1人辞めてしまったらもう1人雇ったり、社内で異動させたりして対応しなければいけません。

それが単純に面倒なんです。

 icon-exclamation-circle 

別にあなた1人いなくなったところで会社にとって致命傷になる…なんてことは決してありませんが、単に面倒なんです。

上司も同僚も、今まで通りに仕事をして、今までどおりの給料が貰えればそれでいいと考えているからです。

会社員というのはそういうものです。

大抵の会社は、よほどダメな社員でない限り引き留めようとしてきますからね。

⇒仕事を辞めたいけど引き止められる!?今の会社に留まるべきか?

特に最近は少子高齢化による労働人口の減少で人手不足に陥っている会社も増えています。

あなたに辞められたら新人募集をしてまた新たに雇わなくてはいけませんが、今は募集をかけてもなかなか応募がない会社も多いんですね。

帝国データバンクの2018年の調査によれば、「正社員が足りていない」と感じている企業が、今は半数以上に登るようですし。

「お前はどこに行っても通用しない!」なんて脅してそのまま働いて貰った方が、企業にとっては助かるのです。

「だったら正直に言えよ!」って感じですけどね…。

ブラック企業は、引き留めのためにみんなそう言う!

というか、ブラック企業はみんなそう言うんです。

「お前は他の会社では通用しない!」なんて言って上から目線で引き留めて、いいように扱おうとしてるんです。

いい会社だったら、そんなこと言わずに応援してあげればいいじゃないですか?

自分のところの可愛い社員が、新たな職場でチャレンジしようとしてるんですから。 

 icon-exclamation-circle 

私も今までに、バイトを含めれば結構な数の会社を経験していますが、 ブラック企業ほどそういうことを言います。

そうやって引き留めようとしてくるんですね。

ブラック企業の方が人材の定着が悪いですから、新たに人を採用しようとなると、時間と手間がかかるからでしょうね。

だったらつべこべ言わずに「辞めずに働いてくださいお願いします」と言えばいいんですがね…。

そうすると何を要求されるかわかったものではないので、上から目線なんです。

 というか、引き止めてくる人ってある程度勤務年数の長い、役職者が多いです。

 そういう役職者は、これまでブラックであるにもかかわらず、

  • 「自分は他に行っても通用しない」

  • 「今は就職難だから」

なんて自分に言い聞かせて耐えてきたわけです。

本人がそう思い込んでいるので、あなたにも言っているだけかもしれません。

頭を下げて戻ってくると思ってる

705847 / Pixabay

今はブラック企業が多いので、「お前は他社では通用しない!」なんて言ってくる会社も多いと思います。

もしかしたらそういう会社は、あなたが他社で通用しないことにしておけば、頭を下げて戻ってくると思っているかもしれません。

会社としては、そういう風に上から目線でいたほうが都合が良いんですよ。

 icon-exclamation-circle 

これが「どうか人員が足りないので、働いてくださいお願いします」なんて言えないでしょう。

そんなこと言ったら、労働者側にどんな条件を提示されるか分かったものではありませんから。

「給料アップさせてくれ」とか言ってくるかもしれませんし。

こういうのは、交渉の基本です。

余裕ぶって、相手が頭を下げてくるのを待ったほうが都合がいいんです。

恐らく就職氷河期などで買い手市場の感覚が抜けきれておらず、上から目線の会社が多いんでしょうね。

ですがこれからは人口動態的に、労働人口が急速に減少していくことは確定してますからね。

こんな上から目線の会社は、これからは人材採用ができずに淘汰されていくでしょう。

求人市場の動向なんて年々変動している

「お前は他社では通用しない!」なんて言ってくる人は、昔の買い手市場の感覚で物を言っているのだと思います。

就職氷河期やリーマンショック後辺りは、全然仕事がありませんでしたからね。

あの時は、バイトにも求人の応募が殺到していましたね。

ですが、求人市場の状況なんて年々変わっています。

今は少子高齢化による労働人口減少で、有効求人倍率もバブル期を超える水準にまで回復してきていますからね。

仕事なんて今はいくらでもありますので、あなたが通用する会社など他にもたくさんあるのです。

 icon-exclamation-circle 

その上、今は団塊世代の大量退職などによって、人手不足の会社が多いです。

就職氷河期やリーマンショック後と比べて、かなり売り手市場になってきているのです。

しかも就労人口も年々減ってきていますので、 不景気で下がることはあってもこのトレンドはずっと続くでしょう。

最近はブラック企業も増えてきていますし、人手不足ですと残業なども多かったりします。

となると、すぐ辞めてしまう人も多いのです。

今は本当に仕事などいくらでもありますから、そんな会社にしがみつく必要など一つもありませんからね。

なのですぐ辞めないように、応募してきた人に対して気を使っている会社も多いです。

あなたの今の会社は、そうではないみたいですけどね…。

まぁ今なら仕事なんてたくさんありますから、以前では考えられなかったような良い会社にも入社しやすくなってきています。

今は特に失業率も低く、求職者自体が減ってきていますからね…。

自分でも通用する会社が見つかるか?いい会社が見つかるか?なんて、本人の能力よりもそういった外部要因だけでほぼ決まってしまうのです。

就職氷河期の頃は、一流大学を出てもフリーターにしかなれなかった人もザラにいましたからね…。

会社なんて星の数ほどあるので…

geralt / Pixabay

「お前は他社では通用しない!」なんて言ってる人は、どうせ転職経験も乏しい人でしょう。

せいぜい数社しか経験していない人が、なぜ他社のことが分かるのでしょうか?

会社なんて星の数ほどありますし、あなたが余裕で通用する会社など、今はいくらでもあります。

ちなみに私はバイトも含めれば20社以上は経験してますが、本当に会社によってキツさや仕事内容は全然違います。

それぞれ経営方針も違いますし、人材に対する姿勢も違いますし、仕事のキツさも全然違いますからね。

 icon-exclamation-circle 

今の会社でなんとか通用しているということは、 同じくらいに通用する会社もたくさんあるわけです。

特に今は有効求人倍率も高く、仕事なんていくらでもあるんですから。

もちろん今の会社よりも、遥かに仕事が楽な会社もたくさんあります。

逆に、今の会社より給料が低いのに仕事がきつい会社もたくさんあるでしょう。

「お前は他の会社では通用しない」なんていう人は、果たしてこの国に存在する全ての会社を経験したことがあるのでしょうか?

せいぜい数社しか経験していないはずですし、転職経験がない人ですと1社でしか働いたことがない人も多いでしょう。

そんな人が言う「お前は他社では通用しない!」なんて言う言葉は全く説得力がありません。

無視してしまったほうが良いでしょう。

転職経験の浅い人ほど、そう言う傾向に

というか、転職経験の浅い人ほど「お前は他社では通用しない」なんて言う傾向があるような気もします。

転職経験が豊富で、色々な会社を身をもって経験してきている人が言うのであれば、説得力があるんですけどね …。

他の会社をろくに知らない人が、「お前は他社では通用しない」なんていう資格はないですよね…?

 icon-exclamation-circle 

最低限転職経験が1回や2回あるのであれば、まだわかりますが、

全く転職したことがない人に言われても全く説得力がありません。

少なくとも5回以上はしてから言ってもらいたいものです。

⇒転職回数多すぎ!?5回~10回以上転職している人が内定を得るには

本当に、会社によって全然やりかたも価値観も違いますからね…。

よく「普通の会社は~」なんて言う人がいますが、本当に会社によって内情は全然違うので、「普通の会社」などありません。

私はバイトも含めれば大企業~社員数名の零細企業まで経験してますが、同じ業界でも本当に会社によって社風や仕事の進め方なども違います。

他人に何を言われても、あまり気にしない方が良いでしょう。

転職に口出すなんて大きなお世話!早めの転職を

komposita / Pixabay

というか、転職に口を出すなんて大きなお世話な気がしますが…。

働くことについて真剣に考えて、転職を考えたというのに。

人生の一大決心です。

どうせ他人なんて、誰でも思いつくようなアドバイスしかしてきませんから。

大きなお世話以外の何者でもありません。

あなたがもし真剣に転職を考えているのであれば、そんな上司や同僚の意見は聞く必要はないと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんありますからね。

今はそもそも求職者自体が減っており、かなり労働環境の良いホワイト企業にも入社しやすくなってきているのです。

今は大企業でも、人手不足に喘いでいる会社が多いですからね…。

今の環境に不満があるのであれば、「お前は他社では通用しない!」なんて言葉は気にせず、動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

やはり「お前は他社では通用しない!」なんて言葉は、引き留めるための常套句だと思います。

単に今、あなたに辞められたら面倒だから引き留めてるだけです。

最近は募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いので、多分あなたに辞められたら困るでしょう。

ですが本気で転職する気であれば、躊躇せずにやればいいと思います。

会社なんてやっぱり、入ってみないと分かりませんし。

まぁ若いうちの失敗なんていくらでも挽回できますので、 まだ20代とか30代であれば、挑戦してみればいいと思います 

今なら人手不足で誰も来ない会社が多いので、かなり歳を食っていても正社員転職はしやすくなってきています。

人手不足が深刻な業界については、マジで40代50代未経験とかでも行けますし、50代で若手扱いされてたりしますからね…。

今の環境に不満があるのであれば、仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする