毎日13時間労働!長時間残業を乗り切るサバイバル術はこれだ!

geralt / Pixabay

 

  • 毎日13時間労働させられてる!
  • 1日の半分以上仕事で消耗している!
  • 仕事だけで人生があっという間に過ぎていく!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないかもしれません。

 

私も以前ブラックな会社に勤めていた時、毎日13時間近く働かされていたことがありました。

当時は本当に1週間が過ぎ去るのがあっという間で、「俺は一体何のために生きているんだろう?」という気がしてましたね…。

ネットでは「8時間労働は長すぎ!」なんてことも言われていますが、8時間で済むなら楽だと思いますね…。

毎日13時間も働いていたら、本当に人生=仕事になってしまい、他に何かする体力も気力もありませんからね。

 

ですがそんな会社に勤めていたら本当に仕事だけに人生を捧げることになってしまいます。

この記事では、毎日13時間労働をさせられている時の対処法について解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

日本の労働時間は長め!毎日13時間労働の人も珍しくない

最近はあなたのように、毎日13時間労働という方も珍しくありません。

基本的に日本の労働時間は長い傾向にありますからね…。

 

ネットやSNSを見てみても、

こんな意見が散見されます。

検索すると結構いらっしゃったので、少なくない数の人たちが毎日13時間労働をさせられていると思われます。

最近は人手不足の企業も増えていますから、代わりがいなくて帰れないのかもしれません。

ただ毎日13時間労働だと、明らかに過労死ラインを超えるかも…

あなたのように毎日13時間働かされている方も珍しくないと思うんですが…。

やはり毎日13時間労働ですと、明らかに過労死ラインを超えていると思います。

きちんと休めているのであればいいですが、そんなに働かされている方ですと、休日出勤も頻繁にさせられている方が多いでしょうし。

 

 icon-exclamation-circle 

そんな状態ですと、月の労働時間は300時間を優に超えて、400時間近く働かされている方もいるかもしれません。

恐ろしいことに、そういった方というのもブラック企業で働かされている人では結構いたりするんですよ。

ネットのブラック企業の情報などを見ていると、本当に会社に住んでいるレベルで長時間働かされている人の話とかがあったりします。

 

さすがに私はそこそこまでの会社には勤めたことはありませんが、知り合いで連日徹夜させられて働かされている人というのはいますね。

ちなみに月80時間以上の労働ですと過労死ラインですが、月80時間以上の労働を超えると突然死のリスクが増したり、心疾患や脳血管疾患のリスクが上がってしまいます。

うつ病などの精神疾患になるリスクも有意に上がると言われています。

そのままの働き方を続けていいことなど一つもないと思います。

毎日13時間労働は人生が破壊されるので、早めに転職を検討すべき

最近は本当にブラックな会社も多いので、そういった13日間毎日働かされている方も珍しくないと思いますが…。

やはり毎日13時間労働というのは、人生が破壊されてしまいます。

 

私も毎日13時間近く働かされていた会社に勤めていたことはありますが、結局数年で持たずに転職しました…。

まぁ残業代が稼げなくなったのでその分給料減りましたが、自分の時間が取れて全く後悔はしていません。

当時は健康診断でも悪い数値が出たりしていましたが、転職したら良好になりましたし。

やはり体を壊したり人生をかけてまでやる価値のある仕事なんてありませんよ。

 

今ならば仕事も多く比較的労働環境の良い会社にも行きやすいので、今のうちに転職しておいた方がいいと思います。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

もしものために一応労働時間の証拠を残しておくべき

毎日13時間も働かされていると、やはり健康リスクが出てきます。

過労死ラインも優に超えているでしょうし、正直いつ倒れてもおかしくないと思います。

最近出た統計結果によると、月四十時間とか五十時間の残業を超えると感覚が麻痺してきて、むしろ主観的な疲労は軽減されてやる気が出てくる…なんていう統計結果も出てニュースになっていましたが…。

そのぐらい脳がバグっておかしくなってくるんです。

 

実際に過労死ラインを超えると、うつ病などの精神疾患などにもなりやすくなりますし。

心疾患や脳血管疾患などで突然死になったり倒れたりすることも増えますので、毎日13時間も働かされていたらいいつ倒れるかわからないと思います。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、とりあえず労働時間の記録をつけておいた方がいいと思います。

そうなってしまった場合、労働時間が記録があれば、労災を申請したり会社に補償を求めることもできますし。

タイムカードなどですと会社に改竄される恐れがありますから、自分で記録をつけて行った方が良いかもしれません。

 

幸い今はスマホのアプリでGPSで記録をつけられたりしますし、こういったものを使って記録していくと良いかもしれません。

私の周りでもそういった長時間労働の方で突然死してしまった方はいらっしゃいますし。

本当に他人事ではありませんので、絶対にやっておいた方がいいと思います。

残業代を請求するなら残業証明アプリ

あなたは働き続けるつもりでも、13時間労働に嫌気がさし同僚は次々辞めていくかも…

そういった13時間労働を毎日させられている会社ですと、やはり労働環境が悪すぎると思います。

あなたはなんとかはまだ耐えられているかもしれませんが、他の同僚は分かりません。

上でも述べたように今は本当に仕事はたくさんありますから、そんなに長時間こき使われる会社にしがみつく必要など一つもありませんからね。

 

 icon-exclamation-circle 

あなたがそこで長く働き続けるつもりでも、同僚はさっさと辞めていってしまうと思います。

そうなるとどんどん労働環境が悪化していってしまう傾向にありますね…。

そういった沈みゆく船からはどんどん人が抜け入っていってしまいます。

「長時間労働に耐えきれず退職ラッシュに!」なんてのは珍しくもない話です。

退職ラッシュで崩壊した職場で生き残るには?焦土と化した職場で生き残るにはこうしろ!
退職ラッシュで崩壊してしまう職場は珍しくありません。退職ラッシュ後に焦土と化した職場で生き残る方法を教えます。

 

人手不足に更に拍車がかかってしまい、新人が来てもキツすぎて定着しないということになってしまいます。

正直ジリ貧だと思いますね…。

本当にもっと人を増やして負担を減らす方向で考えていくか、そこで働き続けることはよく考え直した方がいいと思います。

一日の半分以上を仕事に捧げる生活から抜け出したいなら、貯金はしといたほうが良いかも…

あなたのように毎日13時間働かされる方も珍しくないと思いますが…。

そんなに1日の半分以上を労働に捧げる人生は、早く抜け出したいと考えている人が多いのではないでしょうか?

まぁ家族を養っている身ですと、なかなか会社を辞めたくてもやめられない方も多いかもしれませんが…。

そのままですと、本当にいつ倒れないとも限りませんし。

 

 icon-exclamation-circle 

そういった生活から抜け出したいのであれば、とにかく貯金はしておいた方がいいと思います。

そんなに働かされていたら転職活動を在職中にすることも難しいかもしれませんが、貯金がある程度以上にあれば、会社を辞めてからも仕事を探せますし。

会社を辞めると住民税や健康保険料なども自分で払わなくてはいけませんからね。

失業保険はもらえますが、ある程度貯金がないとおいそれと会社も辞められませんし。

 

まあ最近はネットで手紙にできる副業などもありますので、そういった手段でも貯金を増やしていくといいと思います。

年間数十万円ぐらいであれば、ちゃんと申告しておけば住民税の金額も大して上がりませんので、副業がバレる可能性は低いですし。

バレても適当に「投資で儲かった」とか言っとけばそれ以上何も聞かれないでしょうし。

今の生活から抜け出したいのであれば、そうやって少しでも貯金を増やしていくといいと思います。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

今はもっとゆとりをもって働ける会社はたくさんあるので…

あなたのように毎日13時間も働かされている方も珍しくないと思いますが…。

やはりそのままの生活を続けていたら、遅かれ早かれ倒れかねません。

本当にやばいことになると思います。

 

 icon-exclamation-circle 

私の周りでも、そのぐらい働かされていた人が突然倒れて死んでしまった…というケースはあります

そこまで行かなくても、うつ病などになってしばらく働けなくなってしまったと言う方もいらっしゃいます。

今はまだ体が丈夫なのでなんとかついていけてるかもしれませんが、これからも働き続けられるとは思えません。

今は仕事に慣れた同僚などもいてくれるかもしれませんが、この転職のしやすい御時世ではどんどん一人また一人といなくなってしまったり、潰れていってしまう可能性が高いですし。

そのぐらい人間に負担を強いる働き方が毎日の十三時間労働なんです。

 

悪いことは言いませんから、早めにもっとゆとりをもって働ける会社に転職しておいた方がいいと思います。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

そのままですと本当に死にかねませんので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

あなたのような毎日13時間も働かされている方も珍しくないと思いますが…。

やはりそんな働き方は持たないと思います。

私もそのぐらい働かされるブラック企業で勤めていたことはありますが、結局持たずに転職してしまいましたし。

結局体にガタがきますので、健康診断などの数値も有意に悪化していったりします。

正直今はよくても後でガタがきたりしますから、あまりオススメはできませんね…。

命を削って働いているとも言えますし。

 

まぁ今は本当に仕事はたくさんありますので、今のうちにもっとマシな会社に移ってしまうのもいいと思います。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。