【瞬間湯沸かし器】上司が短気すぎ!突然怒る人と上手くやる8の方法

  •  上司が短気すぎる!

  •  すぐ怒られるから付き合いたくない!

  •  ささいなことで怒られる!ほんと理不尽!

 とお悩みの、短気な上司との付き合い方に悩んでいる方のためのページです。

 まぁすぐ怒る上司というのもいますよね。

上司じゃなければ絶対に付き合わないようなタイプだと思いますが…。

 上司となると仕事で付き合わないわけにはいきませんし、ささいなことですぐに起こるので、何とも付き合いに困っているのかもしれません。

 ですが、そんな短気な上司と付き合っていたら神経使って疲れてしまいますよ。

なんとか上手にやっていくための付き合い方をまとめました。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

 極力こちらから話題を降らない

 そういった短気な上司というのは、いつキレるかわかりません。

ほんのささいなことで、理不尽に怒られたりもしますし。

なので、用事がない限りは、極力こちらから話題を振らないようにしましょう。

口は災いのもと、君子危うきに近寄らず…です。

 icon-exclamation-circle 

たまたま機嫌が悪いところにかかわりに行ってしまったら、これ幸いと八つ当たりされるに決まっています。

それでいて短気な上司というのは、機嫌が悪くなっている頻度が高いです。

いちいち細かいことに腹を立てるのですから当たり前ですが…。

仕事と割り切って、極力こちらからは話題を振らないように、関わらないようにしましょう。

 変な冗談や洒落は言わない

Pezibear / Pixabay

そういうよくわからない、短気な上司というのは、いったいどこが地雷で怒るかわかりません。

そういう人は、冗談がわからない人も多いと思いますし。

 icon-exclamation-circle 

なので、あまり変な冗談や洒落は言わないようにしましょう。

下手なことを言ってしまうと「全然面白くねえよ!俺のことを馬鹿にしているのか?」とか因縁をつけてくる可能性もありますし。

とにかく、腫れ物に触るような扱いを心がけましょう。

機嫌の悪いところで笑わせに行くと、何を言われるかわかりませんから。

機嫌のよさそうなタイミングで話しかける

 そういう短気な上司に機嫌の悪い時に話しかけてしまうと、ひどい目にあいます。

なので、極力機嫌のよさそうなタイミングで話かけるようにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

お腹が減っている昼前などは、血糖値が下がっています。

なので、どんな人でもイライラしやすかったり、怒りっぽくなっています。

短気な人であればなおさらだと思います。

そういった、明らかに地雷なタイミングは避けた方が無難です。

できるだけほかの人と談笑しているような、機嫌が良さそうな場面を見計らって話かけましょう。

タイミングを誤ると、あなたにまで八つ当たりされてとばっちりが来る可能性があります。

 面倒なのでほかの人と平等に接する

というかいくら上司とはいえ、そんなに気を遣わなくてはいけないというのは面倒くさすぎます。

 もういっそのことを、ほかの人と平等に、同じように扱ってしまえばいいのではないでしょうか?

 短気な上司って言ったって、どうせただのしょぼくれたおっさんですよね?

そんなに特別扱いしてやる義理もないですし。

 icon-exclamation-circle 

 あまり特別扱いしていても、それすら上司の逆鱗に触れる可能性もありますからね…。

 「おい!俺だけ扱いが違うんじゃないか!?」みたいな。

 短気な上司って、どこでおこりだすか分からないので…。

 そもそも、人によって態度を変える人は嫌われてしまいますからね。

 怒らせないように仕事は速かに正確にこなす

 そういう上司の場合、部下のちょっとしたミスでもすぐに怒り出します。

ちょっとミスしたぐらいで、烈火のごとく怒られた経験もあるのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

なので、極力仕事はミスをしないように心がけましょう。

それでいて迅速に素早く、正確に仕事をこなしましょう。

特に短気な上司の場合は、仕事が遅いと 気に入らないので起こってきます。

  •  「おい!一体いつ終わるんだよ!」

  •  「まだ終わらねえのか!こののろまが!」

  •  「そんな仕事ごときに一体何年かけるつもりだ!ああ!?」 

みたいな。

 それでいてミスがあっても怒られますので、とにかく優秀になるしかないのです…。

 優柔不断にならないよう即断即決する

そういう短気な人って、優柔不断な人を一番嫌います。

 多少判断が間違っていようが、決断が早い人に対して良い評価を下す傾向にあります。

 なので、判断を求められたら極力、直感で即断即決するようにしましょう。

 そういう上司の座右の銘は「巧緻は拙速に如かず」というケースが多いです。

 つまりは、甘くて遅いよりも、下手でも早い方がいい…ということです。

 icon-exclamation-circle 

 「短気」というのは、よく言えば「決断力がある」とも言えますからね。

 判断が合っているか間違っているかはわかりませんが、ほかの人が行動を起こせないタイミングで速攻で行動を起こしますから。

ある意味決断力があるとも言えるのです。

 多少判断が間違っていても即断即決する人は、その上司にとっては「こいつは決断力があるやつだな!」というふうに映る可能性が高いです。

 その上司に気に入られれば、仕事も格段にやりやすくなってくるのではないでしょうか?

 みんなで陰口を言って精神的ダメージを与える

 そういう上司って、案外メンタルが強いというわけでもありません。

 なので、みんなで陰口を言って、精神的なダメージを与えてやるというのも手段の1つです。

 まあ短気というのは言ってみれば、「よくわからない状態が許せない」ということもできます。

つまりはこらえ性がないとか、耐性がない…見たいに解釈できます。

 icon-exclamation-circle 

 なので、みんなで結託してその上司の陰口を言いまくれば、結構簡単に潰れるかもしれません。

 まぁ潰すというのもかわいそうなので、ちょっと叩いて懲らしめる…ぐらいの感覚でやりましょう。

あまりやりすぎると本当にイジメに発展してしまいますので、ほどほどにするようにしてください。

 その上司のお気に入りの人に仲介役になってもらう 

bosmanerwin / Pixabay

そういった短気な人というのは、結構人の好き嫌いも激しかったりします。

 というかぶっちゃけ、好きな人に対しては、身内に対しては結構甘いです。

こんなページを見てるということは、あなたもしかしたらその上司に結構嫌われている部類なのかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、その上司に好かれている人に頼んで、仲介役をしてもらうというのも手段の1つですね。

まぁそのほうが、スムーズにいくとは思うんですが。

 ただ、仲介役にする人は嫌がると思いますけどね…。

 その短気な上司に一方的に好かれているだけで、その人はそんなに上司のことを好きではなかったりもしますし…。

 ただまー、頼み込めばなんとかなるかもしれません。

 まとめ

 短気な上司に、機嫌が悪い時に関わってしまうと最悪です。

おそらくとばっちりがこちらまで来る可能性が高いですね…。

 極力機嫌がいいときに、刺激しないようにしましょう。

 後は極力関わらないようにしたほうがいいかもしれません。

 ただ、まだまだその 上司とは長い付き合いになりそうであれば。

 なんとか仲良くなるべくうまく付き合っていったほうがいいのかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする