試用期間中の退職の切り出し方は?辞めると言いづらい場合の対処法

Tumisu / Pixabay

  • 試用期間中に退職したいけど、言い出しづらい!

  • どうやって退職を切り出せばいいんだ!

  • なんか色々嫌なこと言われそうだし…

そういった悩みをお持ちの、試用期間中に辞めたいけど退職を切り出せない方のためのページです。

やはり仕事に合う合わないはありますから、試用期間中に辞めるのも仕方ないとは思います。

私も試用期間中で辞めた会社は何社かありますし…。

長く働いても遅かれ早かれ辞めることになりそうであれば、できるだけ早いほうがいいですね。

ただ、どうやって切り出すかですが…。

言いづらい場合、一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

試用期間退職は恥じなくていい!堂々とすべき

こんなページを見ている方ですと、試用期間で退職することに恥ずかしさというか、後ろめたさを感じている方も多いかもしれません。

  • 「こんなすぐに会社を辞めたら、これから先生きていけない」
  • 「これではどこに行っても通用しない」
  • 「自分は社会に必要ない人間なのではないか?」

なんて考え、思いつめてしまう人もいます。

 icon-exclamation-circle 

ですが、試用期間退職なんて別に恥ずかしがる必要はありません。

堂々としていましょう。

下手にビクビクしてしまうと、強引に引き留められる可能性が高いですからね。

今はどの会社も人手不足に陥っていますので…。

失敗すれば経験を積めますし、次はもっと会社を見極める目が養われてます。

前よりいい会社を見つけやすくなるはずです。

「次の仕事が決まった」と言ってすぐ辞める

geralt / Pixabay

本来、次の仕事が見つかってから辞めるのがセオリーなのですが、そんな悠長なことを言っていたら、いつまで経っても辞められないでしょう。

でしたら、一刻も早く会社を辞めることです。

引留めにあわないためには、「次の仕事が決まったから」と言って辞めるとスムーズです。

 icon-exclamation-circle 

試用期間中ということはまだ入社したばかりでしょうから、「入社してからもまだ並行して転職活動をしていた」みたいな体でいきましょう。

とりあえず入社したが、もっといい会社に転職が決まった、みたいな。

これならば「辞めてどうするんだ?」と引き留められずに済みます。

まぁこれは方便ですけど、次の仕事はできるだけ早くみつけたほうがいいです。

すぐに転職活動を始めましょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

上司に「話があるんですが」とだけ言う

試用期間中に退職を切り出せないのは、なんだかきっかけが無いからだと思います。

試用期間中でなくても、退職なんてなかなか言い出しづらいですからね…。

言い出せないと言うか、最初の第一声だけ決めておけば言い出せると思います。

それは「ちょっとお話があるんですが」これでいいです。

そうすれば、向こうもある程度察すると思います。

とりあえず今日でも明日でも上司にあったら、そうやって切り出しましょう。

あんまり考えていても時間の無駄です。

とにかくトリガーとなる第一声を決めて、何も考えず行動できるようにしてください。

一言言えばいいだけなのですから、いけるはずです。

辞めるに辞められないなら、強引に辞める手も

geralt / Pixabay

或いは、「もう既に辞める気持ちは固まっているが、なかなか言い出せない」という方もいると思います。

でしたら、強硬手段としてバックレるという手もありますね。

試用期間中なら会社もすぐ諦めると思いますし、それほど気にしなくてもいいと思います。

というか私、正社員の試用期間でバックレたことありますし…。

強引に引き留めてきてなかなか辞められない会社も多いので、このくらいしないと無理かもしれません。

私は何社か経験してますが、こういう人普通に結構見たことありますよ。

まあ正攻法で辞めるに越したことはありませんが、最近のブラック企業は「辞めると言ってきても辞めさせない」という荒技を使ってくるようなので…。

このくらいしないとダメな会社もあります。

まぁ人としてどうかと思いますが、一応最終手段的な感じで覚えておくのもいいかもしれません。

入院したことにして強引に退職する

或いは、こういう人も以前の職場で見たことがあります。

入ったばかりのパートさんでしたが、入社して一週間後くらいに「病気で入院したので働けない」みたいに電話してきて、そのまま退職してました…。

まぁこんなの会社には嘘だと確実にバレますけど、何かしら理由があったほうが切り出しやすいのであればこういうのもいいと思います。

自分で電話しづらいなら、家族に電話してもらう方法もあります。

そちらのほうがリアリティがあるかもしれませんし。

ただ「お見舞いに行きますよ」みたいに言われてしまう可能性もありますが…。

適当にはぐらかして、退職の意志だけ告げて電話を切ったほうがいいでしょうね。

或いは手紙や郵送だけで退職を進めるのもいいかもしれません。

どうせ試用期間中ですし。

⇒出社拒否で退職!?退職手続きを郵送で済ませる5つのポイント

職歴を辿れる手段は、社会保険履歴のみ

voltamax / Pixabay

まぁそうやってなんとか、退職を切り出す方法はあります。

ですが中には「試用期間で退職したら、短期離職だから職歴が汚れる」なんて心配している人もいるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ですが我が国で職歴を辿れる手段は、社会保険くらいしかありません。

具体的には、

  • 厚生年金
  • 雇用保険

この2つの履歴です。

試用期間中でまだ社会保険に加入していないのであれば、別に退職しても履歴なんて残らないので大丈夫です。

ですが、社会保険なんて今どきバイトでも入れる会社が増えてるので、聞かれたら「社会保険ありのバイトをしてたが、今の会社に受かったので辞めた」って体にするという方法もあります。

社会保険入ってなかった職場なら、履歴書に書かなくてもバレる心配はほとんどないです。

まぁ空白期間の説明のほうが問題になるので、考える必要がありますが…。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

自然と長続きする、労働環境の良いホワイト企業を探すべき!

そもそもの話ですが、試用期間中に退職を切り出す羽目になるなんて、あなたが勤めている会社はよほどのブラック企業なんでしょう。

普通は試用期間中に退職を考える状況にはあまりなりませんからね…。

まぁ最近はブラック企業が本当に増えているので、仕方ない面はありますが…。

なので、もっと労働環境が良いホワイト企業の求人を探すようにしましょう。

多少給料が低めだったとしても、人間関係がよく適正な労働環境で働けた方が長続きします。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定などもあるため、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

一見給料が良さそうな会社に入れたところで、合わない会社やきつい会社ですと今回のように試用期間中に退職を考えることになります。

仕事が多い今のうちに、マシな会社を探すべきでしょうね。

まとめ

試用期間中に退職を切り出すのは、なかなか勇気がいると思います。

  • 「試用期間中に辞めるなんておかしい」
  • 「そんなんじゃどこ行っても通用しないぞ」
  • 「社会不適合者だな!」

こんなことを言われ、強引に引き留められるケースも多いですからね。

ですがまぁ試用期間中なので、別に強引に変な辞め方してもそれほどダメージはありません。

できるだけ早く辞めて若いうちなら、労働環境の良いホワイトな会社にも入れる可能性があります。

多少強引にでもさっさと辞めてしまい、次の会社を探しましょう。

ダラダラ勤め続けても時間の無駄になるだけですからね…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする