仕事が遅すぎる人の特徴!と仕事の遅さを克服する対応策など

Pexels / Pixabay

  • 仕事が遅すぎて困っている!
  • 同僚の仕事が遅すぎて困っている!

そういった悩みをお持ちの方も、今の御時世珍しくないかもしれません。

特に最近は人手不足に陥っている会社が多く、一人あたりの業務量が増えているケースが多いですからね。

仕事を早くこなしていけないとどんどん新しい仕事が溜まっていきます。

あなただけが遅いだけであればいいですが、同僚も仕事が遅いとしわ寄せが来たりしますからね…。

そんな風に働いていると、いくら仕事をしても終わらず、過大な残業をしないと仕事が片付かなかったりするでしょう。

特に最近は募集をかけてもなかなか人が来ない会社も多いですからね…。

この記事では、仕事が遅すぎる人の特徴特徴と、そんな時の対処法についてまとめてみました 。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仕事が遅すぎて悩んでる人は多い!

最近はあなたのように、仕事が遅すぎて悩んでいる方や同僚の仕事が遅すぎて悩んでいる方も多いです。

昔であれば豊富な人員がいたので、少しぐらい仕事が遅い人がいても何とかなったんですが…。

今は本当に人件費削減で、ギリギリの人員で回さざるを得なくなっている会社が多いですからね。

実際ネットSNSなどを見てみても、

同僚の仕事が遅すぎてこっちにしわ寄せが来てるんだけど…。

給料同じなのになんでこっちだけしわ寄せが来るの?

やってられない!

最近転職したんだけど、要領が悪すぎて仕事が遅いってよく言われる…。

同僚に尻拭いさせてほんと申し訳ないんだけど、まだ入って1週間だし、

そんなにすぐ覚えられるわけないじゃん!

最近の会社って本当にギリギリの人員で回そうとするよね。

全員がベテランでスター選手じゃないと回らないようになってるんだよ

人手不足倒産が多いって言われてるけど、当たり前だよね

一人でも仕事が遅い人がいると回らなくなっちゃうし

そんな待遇も悪い会社で働こうとは思わないもん

こんな意見が散見されますからね…。

やはりなかなか仕事が遅すぎるというのはかなり深刻な悩みです。

本当に最近はギリギリの人員で回す会社が多いので、多少やっつけでも早くこなせる人の方が重宝される気がします。

特にサービス単価が安い商品やサービスであるほど、客もこのぐらいの値段だからいいかと納得する傾向にありますからね。

仕事が遅くて質が高い人は敬遠される傾向にあります。

それならまだいいです。

が、クオリティーが低いのに仕事が遅いのは最悪ですね…。

仕事が遅い人は、マイペース過ぎることも

そういった仕事が遅すぎる人というのは、やはりマイペース過ぎる傾向にあります。

緊張感がなく危機感も薄いのです。

とにかく自分のマイペースで仕事を進めていく傾向にあります。

まぁマイペースなのは悪いことではないんですけど。

あんまり焦ってもミスが増えるだけですし。

ただこういった人は仕事が忙しくてもスピードを上げることがないんですよ。

焦るのは良くないですが、スピードを上げてもらわないと困りますからね。

特に最近はギリギリの人員で回している会社が多いのですから、そんなマイペースでやられてしまうと仕事が遅すぎて回りません。

結果的にあなたやその同僚などにしわ寄せが行ってしまう傾向にあるのです。

もしものことを心配し過ぎて、遅くなることも

仕事が遅すぎる人というのはこういった傾向にもあります。

つまりイレギュラーやミスやもしものことなどを心配しすぎてしまう傾向にあるのです。

そんなことばっかり心配してもしもに備えていたらなかなか仕事は速くなりませんからね。

 icon-exclamation-circle 

確かにそういったことに備えていくことも必要なのですが、トラブル対応などはまた後で考えればいい話です。

あまり起きないようなトラブルを心配するよりは早めに仕事を片付けた方がいいです。

早めに仕事を終わらせればトラブル対応もすぐできますからね。

速さは全てを解決するのです。

こういった心配性すぎる人は、いちいちマニュアルを見ないと仕事がこなせなかったりします。

そういったことが原因でさらに仕事が遅くなってしまう傾向にあるんです。

こだわりが強すぎて遅いことも

そういった仕事が遅すぎる人というのはこだわりが強すぎるケースも多いです。

そんなにこだわらなくてもいい細部の部分にこだわってしまい、余計な時間をかけてしまうのです。

クオリティーをあげるのは悪いことではないのです。

が、あまり商品やサービスの質に貢献しない仕様末節の部分にこだわりすぎる傾向にあります。

 icon-exclamation-circle 

こういった人の場合は、はっきり言ってあげた方がいいかもしれませんね。

  • そこに時間かけても無駄だよ!
  • もっと時間かけるとこあるでしょう!?
  • もうちょっと全体を見た方がいいんじゃないの!?

などなど。

こういった細部にこだわりすぎる人は自分の目の前しか見えていない傾向にあります。

まぁ直接そういった指摘をするのははばかられるかもしれませんが、言わないとわからないこともあります。

直接言ってあげた方がその人のためです。

おしゃべりが多く、仕事が遅いことも

あとはそういった仕事が遅すぎる人というのはおしゃべりが多過ぎる傾向にもあります。

無駄なおしゃべりをしているのですから、仕事が遅いのです。

確かにコミュニケーションを取ることは重要なのです。

が、あまりに関係ないおしゃべりをしていたら仕事に支障が出ますからね。

 icon-exclamation-circle 

この場合はちゃんと面と向かって指摘してあげた方がいいです。

  • そんなにくっちゃべってるから仕事が遅いんじゃないの?
  • 口動かすより手動かせよ!
  • もっと早くして!
  • よく喋ってる余裕なんてあるね!

こんな風に面と向かって言ってあげた方がいいかもしれません。

おしゃべりな人というのはコミュニケーション能力はあるということです。

から、ちゃんと指摘してあげれば改善する可能性は高いです。

休憩時間などでおしゃべりしてもいい訳ですから、仕事中だけは口を慎んでもらいましょう。

そうすれば仕事が遅すぎるということはなく、今より早くなるはずです。

仕事を早くしたいなら、できる社員の真似をする手も

仕事が遅すぎるのがあなたなのか、同僚なのかは分かりませんが…。

仕事が遅すぎるのを克服して仕事を早くしたいのであれば、やれることは限られてきます。

一番手っ取り早いのは、仕事が早くてできる優秀な社員を真似することです。

やはり最初は真似から入るというのは有効な手段です。

まぁあまりに離職率が高い会社ですと、なかなかそういった優秀な社員というのもあんまりいない傾向にありますが…。

いるのであればお手本があるのですから、凄い人をよく見て真似しましょう。

 icon-exclamation-circle 

一番いいのは、その人に乗り移ったつもりで、

  • どういった動きをしているのか?
  • 何を考えながら動いているのか?
  • 重心はどこで動いているのか?

などを、その人に乗り移ったつもりで真似すると良いでしょう。

単に見てるだけってのは全く意味が無く、相手に乗り移ったつもりで、「自分ごと」化して考えて見て真似ると、習熟度が段違いです。

そういった想像力がある人は仕事を覚えるのが早いです。

ここまでやればさすがに今よりは仕事が早くなると思うんですが。

仕事を早くするには、準備や段取りをちゃんとやる

あとは仕事が遅すぎる人というのは準備や段取りがちゃんとできていない傾向にあります。

仕事は事前の根回しや下準備である程度決まってしまいますからね。

試合はやる前の準備がすべてという人もいますし、仕事においてもそれは同じです。

 icon-exclamation-circle 

なので仕事が長すぎるのを克服して仕事を早くこなしていきたいのであれば、もっと準備や段取りに気を使うようにしましょう。

  • 最初に何をやるか決めておく
  • 順序を考えておく
  • 使うものは全部準備しておく
  • 手伝ってもらえそうなら人に事前に相談しておく

などなど。

そういった段取りや準備をしておけば、それほど仕事が遅すぎるということは無くなると思います。

多少トラブルがあったり仕事が多すぎたとしても、段取りがしっかりしていればリカバリーも早いですからね。

こういった所には準備を怠らないようにしましょう。

向いてない仕事で遅いなら、転職も検討

そういった仕事が遅すぎる方というのも今のご時世珍しくはないと思うのですが…。

そもそもその仕事に向いていない可能性もありますよね。

興味もないつまらない仕事に就いていては、仕事のクオリティも下がってしまいます。

仕事への取り組みの姿勢もいい加減なものになってしまいがちです。

つまりは仕事も遅すぎる感じになってしまう可能性が極めて高いんです。

 icon-exclamation-circle 

あまりにその仕事に向いていないのであれば、今のうちに転職を検討するのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く転職はかなりしやすくなってきていますし。

やはり人間向き不向きもありますからね…。

あまり向かない仕事で頑張ったところで、長くやっていけば上達はするかもしれませんが、

一向にスピードが上がらず遅すぎて同僚に尻拭いをさせることになってしまう可能性もあります。

まぁ今は仕事は多いので今の仕事にしがみつく必要もないかもしれませんし。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

最近はあなたのように仕事が遅すぎることで悩んでいる方も多いとは思いますが…。

やはりそのまま放置しておくと同僚に迷惑がかかりますし、こういったことからいじめなどに発展していく可能性もありますからね…。

そのままその問題を放置したところでメリットはありません。

まぁあまりに向いていない仕事であれば、早めに転職を検討した方が良いかもしれません。

幸い今は仕事は多いですし、有効求人倍率も高止まりしています。

あまり向いていない仕事を続けたところでクオリティも低いですし、仕事のスピードも上がりませんからね。

仕事が多い今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする