週5日も働きたくない!週2、3日労働でゆっくり生きる7つのヒント

tigerlily713 / Pixabay

  • 週5日も働きたくない!
  • 1日10時間前後の労働週五日なんて無理!
  • 日本人は働きすぎだよ!

とお考えの、「週5日も働きたくない」 と考えている方のためのページです。

まあ5日で済めばいいんですけどね…。

実際は休日出勤させられたり、1日12時間以上働かされる会社も多いですからね…。

よくよく考えたら、確かに週5日って多いかもしれません。

ですが、そんなに嫌な労働することを考えたら、死にたくなってしまいますよね。

なんとか週2、3日程度の労働でも生きていくための方法をまとめてみました。

⇒仕事が死ぬほどつらい!?地獄の人生を抜け出す8つのポイント

生活費は月10万以内に抑える

なぜ、われわれはそれほどまでに働かなければいけないのか?

それは、生活していくためにお金がかかってしまうからです。

ということは、とにかく生活にお金さえかからないようにすれば、それほど稼がなくても生きていけます。

 icon-exclamation-circle 

できるだけ、生活費は月10万年以内に抑えましょう。

もしですが、仮に月5万円で生活することができれば、月10万円稼げば5万円も貯金することができます。

貯金もできる生活水準まで下げれば、完璧ですね。

  • 格安物件に引っ越す
  • 格安SIMに帰る
  • 無駄なものは買わない
  • 可能ならば実家に帰る

等々。

生活費を減らす方法は色々あります。

とにかく最低限ほどほどに稼いで、ほどほどに生きていけるようにしましょう。 

自分でできることはやって、出費を減らす

極力自分で出来ることは自分でやり、出費を極限まで減らしましょう。

誰かにやってもらうと人件費が掛かりますし、それが高いのです。

お金をそれほど使いたくないのであれば、自分で出来ることは自分でやりましょう。

 icon-exclamation-circle 

それには、知識や技術を身に付ける必要があります。

ですが今の恵まれたことに、あなたが今手に持っているデバイスで検索すれば、どんな知識も技術も調べることができます。

 あなたが今生活していくために使っているモノやサービスは、自分で作ったり、自分でなんとかしたり結構できるんですよ。

田舎で安いぼろい家を買って、自力でリフォームするとか。

畑をやって食費を浮かすとか。

田舎に行けば、湧水で水道費がタダだったり申します。

何も考えずに暮らしていると、 黙ってお金を払ってしまいがちですが。

自分でやろうと思えば、かなりの出費が削減できるかもしれません。

正社員は諦める

「週5日も働きたくない!」と思った時点で、正社員は諦める必要があります。

今時、正社員になると死ぬほど働かされますからね。

会社としては「正社員として雇ってやってんだから、色々会社に都合のいいように働けよ!」ということです。

 icon-exclamation-circle 

というか、正社員になってしまうと自動的に週5日+休日出勤になります。

凄い稼いでる正社員の人でも、休みがほとんどなかったりしますよ…。

で使う暇がなかったりもするので、単純にお金をたくさん稼いでいるからといって幸せとは限りません。

というか、人生のほとんどを仕事のために費やしていますから、幸せとか考える時間も無いですよそういう人は。

なので、 週5日も働きたくない、それほど働きたくないのであれば、正社員は諦めるしかありません。

ただそうなると、世間体が悪くなってしまうんですよね。

そこはなんとか自分次第で、色々がんばっていくしかありません。

世間体を良くしたいなら自営業に

stephiejo / Pixabay

週2、3日の労働となると、フリーターになってしまいます。

フリーターですと、世間体が悪いです。

世間体をよくしたいのであれば、フリーランスとか、自営業ってことにしとけばいいと思います。

最近は、ネットで稼ぐ手段も増えてきていますし。

 icon-exclamation-circle 

実際、外に働きに出るのは2,3日でもいいでしょう。

ですが、プラスで自分で何か自営業的なことして稼いだほうがいいと思います。

そっちはそれほど儲からなくても、自分のやりたいことをやれば。

あまり儲からないことって参入してくる人が少ないので、 結構簡単に話題に登ったりします。

そうすると、世間体もよくなりますよね。

結構、食えない自営業だからって副業でバイトしてる人いますよ。

別に、1つの仕事で専業でたくさん稼ぐ必要もないと思います。

収入の柱はたくさんあったほうが安定しますからね。

給与収入なんて、収入の1つに過ぎません。

時給単価が高めの仕事する

労働時間を減らすとなると、時給のいい、割のいい仕事をしたほうがいいと思います。

仮に週3日、1日8時間働くとなると、1ヶ月で100時間ぐらいしか働かないってことです。

まぁ最低時給1,000円は欲しいですね。

時給千円ならば、それでも月に10万は稼げます。

それで空いた時間にほかのやりたい仕事をやれば、まあまあ稼げると思うんですけど。

 少ない時間で効率的に稼ぐには、そういった割のいい仕事をしていく必要があります。

 割の悪い仕事をしていると、その分働かなくてはいけなくなってしまうのです。

 少しぐらいキツくても、労働効率の高い、時給の高いバイト選びましょう。

貯金と老後の蓄えまでやれば完璧

そういった生活をした上で、後は貯金と老後の蓄えの年金さえなんとかすれば、完璧だと思います。

まぁ、それほど稼がなければ年金は一部免除になったり、 収入によっては全額免除できたりします。

それでも良いんですが、後でもらえる年金額は少なくなります。

まぁ我々の世代は年金なんてもらえるかわかりませんから、 「一応滞納はまずいので何とかしておく」ぐらいの認識でイイかもしれませんけど。

できれば、国民年金基金でプラスして払っておけば完璧です。

後は、生活費を減らした分だけ貯金に回しましょう。

子供諦めるなら結婚も可能

Alexas_Fotos / Pixabay

こんなのは本人次第だと思いますが…。

少ない収入で生活していくとなると、世間体がやはり悪いです。

あなたが男性の場合、婚活なんてしている女性は、まず相手にしてくれないでしょうね。

まず、年収の時点ではじかれますから。

まあそもそも価値観は合わないでしょうし、仮に一緒になったとしても長続きしないと思いますけどね。

これについては、自分で似たような価値観の女性を見つけるしかないですね。

それで子供作らずに共働きするのであれば、生活費が圧縮されますのでむしろ生活は楽になります。

住む場所は固まって住んだ方が割安になりますし、 食事もまとめて作れるのでその分安くなります。

まあ最近は高収入同士のカップルほど子供作らなかったりもするみたいですし。

別にになんとか生きてけるのであれば、考えようによっては構わないと思いますよ。 

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする