吃音で仕事がつらい!辞めたいほど悩む毎日を抜け出す7つのコツ

lukasbieri / Pixabay

  •  吃音で仕事がつらい! 

  •  職場の人間に馬鹿にされる!

  •  仕事で人前に出るのが嫌!

 とお悩みの、 吃音がひどくて仕事がつらい方のためのページです。

 私の友人にも吃音の人が何人かいましたので、辛さは見てきました。

 大抵赤面症や、社会不安障害なども併発している気がします。

 ですがそのままにしておくわけにもいかないですよね。

 そんな辛い毎日を抜け出すためのコツをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

もっとリラックスする

 吃音というのは精神的な面が大きいと思います。

私の友人でも、吃音の真似をしていたら移ってしまった人がいますし…。

少し緊張しすぎなのではないでしょうか?

もっとリラックスするといいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

例えば、

  • 腹式呼吸を身に付ける

  • 些細なことは気にしないようにする

とか。

あるいは、自意識過剰なのかもしれません。

みんなそんなに他人のことなんて気にしてませんから、あまり気にしすぎるのもよくないと思います。

もっと肩の力抜いてリラックスすれば改善されていくかもしれません。

NLPを使う

geralt / Pixabay

自分の内面をコントロールできる精神的な技術が、NLPです。

 具体的に何ができるかといいますと、

  • 思い込みを変える

  • 気分を変える

  • ある物事についての印象を変える

 など。

 実際、海外などでは恐怖症やトラウマの治療に使われています。

 精神的な理由の吃音であれば、NLPを使うことで改善の役に大いに立つかもしれません。

 詳細に説明し出すと何ページあっても足りないので、本などで自分で学んでください。

 書籍で充分学べますので、図書館や本屋で探してみるとよいでしょう。

こちらの本がわかりやすいです。

単純作業的な仕事に変える

 あなたはもしかしたら、今接客業や営業の仕事などについているのかもしれません。

 あえて克服するためにそういった人と接する仕事に就く人がいますが、 かえってトラウマがひどくなってしまう可能性もあります。

 でしたらもう諦めて、あまり人と接しなくてもこなせるような単純作業的な仕事に変えるのも手段の1つです。

 以前工場に勤めていた時にも吃音の人がいましたが、普通に働いてましたよ。

 ただ、コミュニケーションが不得意なので、人を使うのは苦手でしたが。

 ただ、その分文句も言わずに働くので、その人は評価はまあまあ良かったです。

 短所を伸ばすにはものすごいエネルギーが要りますが、それよりは長所を伸ばすようにしたほうが楽だと思います。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

あえて営業や接客の仕事に挑戦する

Free-Photos / Pixabay

あるいは、あえて営業や接客の仕事に挑戦して克服を目指すのもアリです。

まあ、下手したら悪化してしまう可能性もありますが…。

もしかしたら、自信がついて乗り越えられる可能性もあります。

少なくとも度胸は身に付くでしょう。

私の学生時代の友人も吃音でしたが、克服のために営業職についていました。

数年営業職をやった後、転職してシステムエンジニアになっていましたが。

「営業もやったことない奴らには負けられない」みたいな謎の自信がついたらしく、多少改善したようです。

 ある意味賭けですが、克服するために飛び込んでみるのもアリですね。

音読する

 あるいは、話ベタの改善に、音読するのは有効だとよく言われます。

 私は人前で話すのが苦手でしたが、音読トレーニングを行うことによって話ベタを直すことができました。

 吃音に効くかはわかりませんが…。

 ですが、1人の時に吃音にならずに発言できるようにしておけば、 あとリラックスして他人の前で話すようにするだけですから、いけると思うんですよね。

 1人の時にどもってたら、誰かがいたら余計できないと思いますし。

 1人の時にちゃんと発言できるようにトレーニングしておく、という意味では有効だと思います。

話が上手くなるトレーニングや、面接対策にもなります。

さらに大勢の前で恥をかく

吃音の人って、以前人前で話すときに恥をかいた経験がトラウマになっていたりしませんか?

 そういったトラウマが緊張を読んで、さらに吃音が酷くなっているような気がします。

 でしたら、もっと酷い恥をかけば、トラウマが上書きされるかもしれません。

 そうすれば、「あんな大きい恥をかいたんだから、仕事ぐらい余裕だよ」みたいな自信がつくと思います。

 例えば、

  • ネットで生放送する

  • ライブを主催してみる

  • 選挙に出馬してみる

とか。

 とにかく多くの人を巻き込んで大勢の前で恥をかけば、 恥ずかしいかもしれませんがそれはものすごい恥のかき方ですよね。

 普通の人にはできませんし。

 自信はつくと思います。

諦めてそのまま働く

 あるいは、諦めてそのまま働くというのも選択の1つです。

 吃音でも、そのまま働いている人もたくさんいるんですし。

 … というふうに、諦めて方の力を抜くと、かえって良くなったりする可能性もあります。

 「直そう直そう」と 自分にプレッシャーをかけているから、さらに吃音が酷くなっているのではないでしょうか?

 そうやって緊張してしまうから、更に悪化してしまうんだと思いますし。

 あんまり拘ったり、避けようとすると更に付きまとわれるのが世の中の常です。

まとめ

geralt / Pixabay

吃音というのは、かなり辛いと思います。

 吃音ではない人にはわからないと思いますが、 本人は死にそうほどの悩みです。

 実際、私の学生時代の吃音の友人も、 自殺を何度か考えたと言っていましたし…。

 おそらく吃音の人というのは「ちゃんとやらなきゃ」みたいな責任感が強すぎるのではないでしょうか?

 真面目なのはいいことだと思いますが、真面目過ぎる、責任感が強すぎるのも考えものです。

 もう少し気楽にいい加減に考えて、おいおい直していけばいいのではないでしょうか?

案外、力を抜いてこの問題を手放せば、 かえってその方が早めに改善されるかもしれませんよ。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒9割が非公開求人!良い会社探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする