職場で空気読めない人5つの特徴!空気をぶち壊すKY野郎への対応策はこれだ!

  • 職場に空気読めない人がいる!
  • 対応策が知りたい!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は発達障害系の人が増えていることもあってか、空気を読めない人というのも珍しくありません。

まぁ本人の性格の問題などもあると思いますが…。

空気が読めない人がいると協調性がないということですから、職場の雰囲気をぶち壊したりして働きにくくなってしまう傾向にあります。

この記事では職場で空気が読めない人の特徴と対応策についてまとめてみました。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

職場で空気読めない人の特徴は?

そういった空気が読めない人というのも珍しくありません。

本人の性格の問題もあるのかもしれませんが、あまり人のことを考えないような人も増えてきていますし。

個人主義の浸透で自分さえ良ければいいなんていう人は珍しくありませんからね。

職場で空気が読めない人の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

みんなに嫌われている

そんなに空気が読めない人というのは、まずみんなに嫌われている傾向にあります。

空気が読めず雰囲気もぶち壊し、人の話を聞かないような人が好かれるわけがありませんからね。

影ではみんなに色々言われていたりする傾向にあります。

ただ空気を読まないということは鈍感力があるということですから、みんなに嫌われていようがあまり気にしなかったり、そもそも気づいていない可能性もありますね。

仕事ができない

そんなに空気が読めない人ですと、仕事ができない傾向にあります。

仕事ができる人というのは、人の人情の機微や顔色を伺って最適な行動を選択して仕事をしていく傾向にあります。

空気が読めない人というのは、そういった細かいことに神経を全く使えません。

当然ながら仕事もできない傾向にあるんです。

まあメンタルは強いとも言えますので、仕事によっては才能を発揮して仕事ができるようになる可能性もありますが…。

自分の話をしたがる

空気が読めない人と言えば、やたら自分の話をしたがる傾向にあります。

相手の話なんて全く聞かずに俺が俺がということで自分の話ばっかりしたがる傾向にあります。

人間というのは、人の話を聞くよりも自分の話をしたがる生き物ですからね。

こんな風に自分の話しかしないような人というのは、まず嫌われますよ。

黙って人の話を聞くべきところでも自分の話しかしない為、猛烈に嫌われてしまう傾向にありますし、仕事もできません。

頭が悪い

空気が読めない人というのは、当たり前ですが頭が悪い傾向にあるのは事実だと思います。

というか頭が良ければ空気を読みます。

空気を読むべきところで読まずにみんなに嫌われているのであれば、あまりいい行動とは思えません。

単に空気を読まないだけであれば良いですが、本当に頭が悪く仕事を覚えるのも遅いというケースも珍しくありません。

いくら仕事を教えたところで、習得も遅く何度も同じミスを繰り返してしまう傾向にあります。

発達障害の可能性も

空気が読めない人というのは、やはり発達障害の可能性も高いのではないでしょうか?

最近は高齢出産や家庭環境に恵まれない人も多く、発達障害になってしまう方も珍しくありません。

発達障害ですと、空気が読めなかったりずっとしていることができなかったりして社会生活を送るのがかなり支障が出たりします。

ただ発達障害の診断ができる医療機関というのはまだまだ少ないのが現状ですので、本人は気づいていない可能性も高いです。

空気読めない人への対応策は?

そんな空気読めない人が職場に居るとたまったものではないと思います。

雰囲気をぶち壊しにしてしまうと思いますし。

客商売であれば、クレームに繋がる可能性が高いです。

何とか対策をとっていきたいところですが…。

空気読めない人がいる場合の対応策についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

空気読めよ!と強く言う

空気が読めない人というのは、自分がどう思われているのか全く考えない傾向にあります。

空気が読めないとまず嫌われる傾向にありますが、それにすら気づいていないというケースも珍しくありません。

やはり言わないとわからないこともありますので、本人に堂々と言った方がいいのではないでしょうか?

空気読めよ!と強く本人に言ってみるのも手段の一つです。

 

日本人なんて優しい人が多いので、面と向かって言わない傾向にありますが、だからダメなんだと思います。

本人も文句があるなら直接言ってよと思っているかもしれませんし。

結構こうやって直接的な手段に出ることで状況が変わるというのもよくあるパターンです。

まぁそんなに空気が読めない人ですと、あなたかわ強く言っても周りの人はあなたに味方してくれる可能性が高いと思います。

いっそこのぐらいやってしまうのも良いかもしれませんね。

極力関わらないようにする

あとは大人な対応としては極力関わらないようにするというのも手段の一つです。

職場でのことですから、何も仲良しごっこをするために職場に来ているわけではありませんからね。

仕事の間だけ問題なくコミュニケーションを取れればそれで十分なのではないでしょうか?

空気を読めなければ困るのは本人ですからね。

 

何とか治そうと努力するのも良いかもしれませんが、恐らく難しいと思います。

極力関わらずに無視した方がいいと思います。

向こうが空気を読まないのですから、こちらも相手のことを察してあげたりする必要はありません。

孤立させて辞めさせるよう仕向ける

あまりに空気が読めなくて職場の害にしかならないような人の場合は、辞めさせるように仕向けるというのも手段の一つです。

孤立すれば逃げるように辞めていくケースも多いですし。

そんな空気が読めない人ですと、周りの同僚にも嫌われているでしょう。

陰口を言ったり孤立させるように仕向けたりしていけばもしかしたら辞めていくかもしれません。

居心地が悪ければこの転職しやすいご時世辞めていく可能性も高いですからね。

⇒会社で嫌いな人がいる!?辞めさせるよう仕向ける16の方法

早めに転職を検討する

あとはそんな空気が読めない人がいる職場というのは、あまり良い会社ではないのではないでしょうか?

労働環境は悪いブラック気味な会社が多いと思います。

空気が読めない人はその人を1人だけであればいいですが、他にもいるようであれば、ちょっと考えものですね。

そもそもそんな人がいる時点で人間関係もあんまり良くないような気がしますし。

 

職場全体に問題がある場合は、早めに転職を検討するというのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にありますし。

今ならば失業率も低迷しており比較的良い会社にも行きやすい傾向にありますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

空気の悪い会社に勤めてるなら早めに転職を検討

空気が読めない人は珍しくないと思うんですが、そもそも職場の環境が悪いということも考えられます。

ブラックな労働環境で働かされていたら、長時間労働で頭も働きませんし。

それまでまともだった人もおかしくなってきてしまう傾向にあります。

そもそもそんな空気が読めない人がいるという時点であまりいい環境ではないと思いますが…。

 

環境が悪い場合は転職をすることで改善する可能性もあります。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事もたくさんある傾向にありますし。

いっそのこと環境を変える方向で考えていくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

 

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。