仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴!絶望を乗り越えるにはこれをやれ

 

  • 仕事に絶望感を感じてしまう…
  • こんな仕事を死ぬまでやっていくのか…?

そんな悩みをお持ちの方は、今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は労働環境が劣悪なブラック企業が急増していることもあり、仕事に絶望感を感じてしまう方は後を絶ちません。

2017年にアメリカ大手調査会社ギャラップが行った調査によると、日本のエンゲージメント(やる気)の高い社員の割合は平均6%で、全139カ国の中で132位でした。

日本人全体であまりやる気がなく、会社に期待せず絶望感を抱いているのかもしれません。

仕事が原因で病んでしまったり、自ら死を選んでしまう方も珍しくありませんからね…。

頑張ればこれから生活が上向いていくのであれば頑張れますが、このまま絶望的な仕事人生が続いていくだけであれば、虚無感や絶望感を感じてしまう傾向にあります。

 

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴と、絶望を乗り越えるための対処法について解説しますので、参考にしてください。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴!

最近は本当に酷いブラック企業が多いため、仕事に絶望感を感じてしまうあなたのような方は多いです。

酷い会社に勤めていると、理不尽なことがあっても全く改善されず、希望が見えませんからね…。

次第に同僚たちも辞めていき、気付けば自分が一番の古株になり絶望…なんて人は珍しくもありません。

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴について解説しますので、参考にしてください。

理想が高く現状とのギャップに苦しんでいる

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴として、理想が高く現状とのギャップに苦しんでいることが挙げられます。

理想が高い人ほど「今のままじゃダメだ!」という向上心が強く、努力していく傾向にあります。

ですがあまり理想が高すぎると、現状の自分が許せなくなってしまい、絶望してしまう傾向にあります。

周りの人は「あの人は仕事もできるしすごい」と高く評価していても、本人は「こんなのじゃ全然ダメだ!」と勝手に絶望していたりします。

 

あまりに理想が高すぎると、理想からほど遠い自分に嫌気がさし、自ら死を選んでしまうケースも珍しくありません。

あまり理想が高すぎるのも考え物ですね。

労働環境が劣悪なブラック企業に勤めている

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴として、労働環境が劣悪なブラック企業に勤めていることも挙げられます。

特に最近は労働者を奴隷か何かと勘違いしているような、大変ひどいブラック企業が急増しています。

 

ブラック企業に勤めていると、

  • 毎日朝から夜まで残業
  • 休日も仕事をさせられ休みがない
  • 給料も上がらずボーナスも乏しい
  • 人間関係は最悪で毎日胃が痛い
  • 入社時にいた同僚や先輩は次々と辞め、後から入ってきた後輩もひとんど辞めた

こんな状況に落ちってしまうことが多いです。

こんな酷い状況で働かされていたら、絶望するなというほうが難しいでしょう。

ただ、絶望感を感じる大元の原因は明らかなわけですから、転職すれば大きく改善する可能性が高いです。

このまま仕事を頑張ってもジリ貧で、状況が悪くなることはあっても良くなる見込みが全くない

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴として、このまま仕事を頑張ってもジリ貧で状況が悪くなることはあっても良くなる見込みが全くないことも挙げられます。

具体的に言えば、

  • いくら頑張っても給料が上がらない
  • それどころか税金と社会保険料値上げで手取りは年々減っていく
  • 業界自体がオワコンで10年後20年後は業界ごと消えている可能性が高い
  • 人がどんどん辞めていき、日に日に状況が悪くなっている

などなど。

 

今日を頑張れば明日はもっと良くなっていくというのであれば、どんな絶望的な状況でも人間は希望を持って頑張っていくことができるでしょう。

ですが頑張ったところで全く良くならない、それどころか状況は悪くなる一方で頑張ってもムダ、ということになってしまうと、絶望感を感じるなというほうが難しいです。

絶望感から酒に逃げてしまい、更に精神状態が悪化している

仕事に絶望感を感じてしまう人の特徴として、絶望感から酒に逃げてしまい更に精神状態が悪化していることも挙げられます。

あなたのような仕事に絶望感を感じている人と言うのは、酒に逃げてしまう人が多いです。

アルコール依存症に陥ってしまう人と言うのは、虚無感や絶望感を抱いているケースが多いからです。

 

しかし酒を飲んで気持ちよくなれるのは一時的なだけで、しばらくするとアルコールが分解されて副作用で頭痛や気分が悪くなり、精神状態はむしろ悪化します。

心身共に酒に溺れてしまえば、仕事や私生活も更に上手く行かなくなり、更なる絶望感を呼んでしまうのです。

もしかしたら漠然とした絶望感を感じているのは酒が原因の可能性もありますので、心当たりがある方は断酒してみるのもいいでしょう。

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法はこれ!

仕事で絶望感を感じてしまう人の特徴についてまとめてきました。

仕事でミスをしたなどの状況で、あくまでも一時的に絶望感を感じているだけであればいいですが、慢性的に続いているようであれば考え物です。

そのまま働かされていたら精神状態は更に悪化し、自ら死を選んでしまうケースも珍しくありませんからね…。

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法について解説しますので、参考にしてください。

絶望的な仕事からはいつでも逃げられるよう、退職の準備をしておく

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法として、絶望的な仕事からはいつでも逃げられるように退職の準備をしておくことが挙げられます。

人間が最も絶望する状況と言うのは、とても酷い環境にいるが逃げることができないという閉塞的な状況です。

逃げ場がない、かといってどうすることもできないという状況では、絶望感を感じるなと言う方が無理です。

 

しかしそんな絶望的な状況にいたとしても、「いつでも逃げられる」と割り切れるのであれば、ギリギリまで頑張ることができます。

仕事で絶望感を感じているのであれば、退職の準備をしておくといいかもしれません。

特に、退職した後に必要な金額や失業保険、税金や社会保険料などの知識をつけておけば、いつでも会社を辞められるように準備しておくことができます。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

生活費を極限まで下げて、あくせく働かなくても生きられるようにする

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法として、生活費を下げてあくせく働かなくても生きられるようにすることも挙げられます。

やはり仕事で絶望感を感じてしまう原因としては、

  • 逃げ場がないしどうしようもない
  • こんな絶望的な仕事を死ぬまでやらなければならない

という絶望的で閉鎖的な環境にいるからです。

しかし、そんなにあくせく働かなくても生活できるとなれば話は別で、開き直って朗らかに働いていくこともできるでしょう。

 

具体的には、ムダな消費は一切やめて、生活費を極限まで下げることですね。

なぜ我々が毎日休まずにあくせく働かなければならないかと言えば、生きるためにお金が必要だからです。

ですが必要な生活費なんて人によって全然違いますし、必要な生活費さえ下げることができれば、さほど働かなくても生きていくことができます。

浪費してしまって生きるための生活費がたくさん必要になると言うことは、仕事をたくさんすることを余儀なくされるということであり、絶望感を感じないはずがありません。

毎月どこにどのくらいお金を支払っているのかをきちんと管理し、ムダな出費は減らすようにしましょう。

生活習慣を正して、まずは体から健康を取り戻す

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法として、生活習慣を正して、まずは体から健康を取り戻すことも挙げられます。

仕事で絶望感を感じてしまうのは労働環境が悪いことが原因の可能性が高いですが、もしかしたら不健康な生活習慣を送っていたり、飲酒などが原因の可能性もあります。

私も以前ブラック企業に勤めていた時は、仕事を忘れたくて酒に逃げていたことがありますが、当時は精神状態は最悪でしたね。

しかし思い立って断酒を決意してからは落ち込むことがだいぶ減りましたし、その後冷静になって転職して絶望感を乗り越えた経験があります。

心と体は切り離して考えられるものではなく、体が不健康であれば心も絶望感を感じたりネガティブになりますので、まずは体の健康を取り戻すことから始めたほうがいいかもしれません。

 

具体的には、

  • 安い炭水化物に偏らず野菜やタンパク質もとる
  • 毎日日光に当たる
  • 定期的な運動を心がける
  • 座り過ぎは体に悪いので適度に立つ

などなど。

こういった単純なことだけで、目に見えて精神状態が変わっていきますので、まずはこれらのことを実践してみるといいでしょう。

もっと希望の持てる仕事に転職する

仕事による絶望感を乗り越えるための対処法として、もっと希望の持てる仕事に転職することも挙げられます。

やはりそんなに絶望感を感じてしまうというのは、環境の原因が大きいと思います。

日本人はやたらと真面目なので「環境のせいにするな!」なんて言う人が多いですが、環境要因をナメ過ぎていますね。

最近の心理学の研究などでは、「人間の意志力などアテにならず、環境や生活習慣に大きく左右される」なんていう身も蓋も無い研究結果が出てきていますし。

 

幸い絶望感を感じる原因が明らかであれば、転職すれば大きく改善する可能性が高いです。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておいた方がいいでしょう。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

仕事で絶望感を感じてしまう人の特徴や、仕事の絶望感を乗り越えるための対処法についてまとめてきました。

そんなにひどい絶望感を感じてしまうという状況は、あまり良くないと思います。

仕事が原因で人生に絶望してしまい、自ら死を選んでしまう…なんていう人は珍しくありませんからね。

 

まぁ環境に問題がありそうな場合は、早めにもっとマシな会社に移っておいた方がいいでしょうね。

早めに動いておかないと、一生そんな絶望的な会社で働くことになりかねませんので、今のうちに動いておくといいかもしれません。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。