仕事でミスすると罰金を取られる!ペナルティがある糞会社への対処法

mohamed1982eg / Pixabay

  • 会社でミスをすると罰金を取られる!

  • 3日分の給料が消えた!

  • 納得いかない!これって違法じゃないの?

とお悩みの、会社でミスをすると罰金が取られる会社に勤めている方のためのページです。

最近は本当に労働環境の悪いブラック企業も多いので、そういった方も珍しくないかもしれません。

ちょっと前に、大手引越し会社で「事故のペナルティで給料マイナスになった!」なんて言ってた人もいましたが…。

やはりそんな会社ありえないと思います。

そもそも罰金制度を敷くのは違法ですからね…。

ですが、なかなか声を上げられない方も多いかもしれません。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

罰金を取るのは違法!労働基準監督署に相談を!

最近は本当に酷いブラック企業が多いので、そういった罰金制度がある会社も珍しくないかなとは思うのですが…。

いくら会社に損害を与えたからって、罰金なんて取るのは違法です。

これは労働基準法第16条に違反しています。

会社には使用者責任がありますからね。

労働基準法第16条  

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

だからこそ、会社は人を雇う時に慎重になっているんですが…。

損害を与えられたら困りますからね。

 icon-exclamation-circle 

罰金をとられた証拠を提示して、労働基準監督署に相談しましょう。

証拠があるのであれば、労働基準監督署が動いてくれますよ。

罰金をとられた給料明細を持っていくとか。

「罰金引いとくからな!」とか言っている事を録音するとか。

労働基準監督署も、あまりに悪質な会社については相当強気に出ます。

罰金を取るなんて相当悪質ですからね。

罰金制度がある証拠を揃えておく

ですが「労働基準監督署は仕事しない!」なんて話も根強くあります。

まぁだからこそ、罰金制度なんてあるブラック企業がのさばっているのですが…。

それで泣き寝入りしてしまう人も多いですね…。

 icon-exclamation-circle 

ですが労働基準監督署も、証拠があればかなり動きやすくなります。

明らかな証拠さえあれば、あとは指導しに行くだけですので。

むこうとしてもラクですし、仕事が早いです。

なので証拠をそろえておきましょう。

  • 罰金が引かれている給与明細

  • 罰金制度が書かれてる紙や就業規則のコピー

  • 罰金について社長が語った録音

などなど。

証拠が揃っていなかったり、匿名で相談したりするから後回しにされてしまうんです。

労働基準監督署は仕事をしないと言われていますけど。

これは多くの人が匿名でしか相談していないからです。

ちゃんと実名で相談すれば動いてくれますよ。

同僚も全員で訴える方が効果的な可能性も

最近は本当に酷いブラック企業が多いので、そういった罰金制度がある会社も珍しくないのですが…。

やはりこの国は企業の味方的な面もありますし、あなた一人の力ではなかなか難しいかもしれません。

しかしあなただけが罰金をとられているわけではないでしょう。

会社全体で特定のミスをしたら、罰金を取るようにしているはずです。

 icon-exclamation-circle 

でしたら同僚も巻き込んで全員で労働基準監督署に相談に行くのもアリです。

集団告発となれば、仕事しない労働基準監督署もビビるでしょうからね。

優先的に処理してもらいやすくなります。

この方が大事ですので労働基準監督署を速攻で動いてくれると思います。

証拠も沢山で揃うでしょうからね。

こうやってクソ会社には、一泡吹かせてやったほうがいいと思います。

外部の労働組合に、罰金のことを相談するのも手

最近はあなたのように、仕事でミスをすると罰金を取られるような悪質な会社に勤めている方も多いとは思うのですが…。

最近は本当に労働環境の悪い、人を人とも思わないような違法なブラック企業も多いですからね。

ですがそのまま泣き寝入りしていては、いつまでも搾取されることになってしまいます。

 icon-exclamation-circle 

なので労働組合などに相談してみるのも良いかもしれません。

ただ今は労働組合なんて、アテにもならないことが多いです。

パワハラ上司が労働組合の組合長をやっている!なんてケースもザラにありますし…。

なので、社外の誰でも入れる外部の労働組合の方が頼りになるかもしれません。

有名なブラック企業の裁判で力になってくれているのもこういった労働組合ですし。

特にユニオン系の労働組合などはかなり精力的に活動している印象です。

こちらの組合などに相談してみると良いかもしれません。

ブラック企業ユニオン|相談受付

そんなミスしたぐらいで罰金を取られるなんて、明らかに違法ですからね。

こういった組合に相談すれば未払残業代を取れたり罰金を取り返せたりしますし。

あまりに会社がやりたい放題で腹に据えかねているのであれば、このぐらいやってしまったほうがいいと思います。

こうすればそんな違法な罰金制度はなくなるかもしれませんし、同僚も救われる可能性があります。

罰金なんてある会社は、未払い残業代が大量にある可能性も!

そういった違法な罰金制度がある会社ですと、かなりのブラック企業な可能性が高いです。

そういったブラック企業の場合、サービス残業がたくさんある可能性が高いです。

残業代がきっちり満額なんて、とてもではないですが出ていないのではないでしょうか?

そんなの払うつもりがないから罰金制度なんてあるんでしょうし。

本来残業代というのは一分単位で支払う義務がありますからね。

 icon-exclamation-circle 

なので、未払い残業代を後で一括で請求してやるのも手段の一つです。

労働時間の記録をつけておけば、後で退職時などに一括で請求できますからね。

中には、慰謝料と口止め料込みで1000万円以上の金額をふんだくれた、というケースも結構あるようです。

未払い残業代請求の時効は二年ですので、心当たりがあるのであればやってみるといいかもしれません。

ただ労働時間の記録は、メモ程度ですと証拠能力的に微妙なことも多いです。

最近は、弁護士が監修したGPSで労働時間の記録をつけられるアプリなどもありますので、こういったものを使っていくと良いかもしれません。

まとまった金をふんだくることができれば、これまでの罰金も取り返せるでしょうし。

後でそうやって弁護士に頼めば、慰謝料なども含めてかなり大金を取れる可能性もあります。

⇒残業証拠レコーダー(外部サイト)

罰金を取られると、最低賃金を下回る可能性も!

あなたのように、会社でミスして罰金を取られるような酷い会社に勤めている方も珍しくはないと思うのですが…。

百歩譲って数千円程度の少額であればまだマシですが、数万円単位で罰金をむしり取られている方もいるでしょう。

特にそういった職場ほどブラックなことも多く、サービス残業も平気でさせられていると思いますからね…。

 icon-exclamation-circle 

そんな罰金制度があったりサービス残業などをさせられていると、時給換算で最低賃金を下回ってしまう可能性もあります。

あなたは今の自分の給料を時給換算したことがありますか?

最近は本当にブラックな会社が多いので、驚くべきことに最低賃金を下回るような正社員の方も珍しくありません。

まあ普通の会社でも時給換算で1000円とか1500円ぐらいになってしまう方も多いですね…。

それで正社員なんて全く旨味はありませんし、むしろフリーターのほうが責任が無くてマシかもしれません。

最近はフリーターなどの非正規雇用の方でも、条件を満たせば社会保険ぐらいは入れますからね。

あまりに割に合わないようであれば、早めに辞めてしまった方がいいかもしれません。

そんなに頻繁に罰金なんて取られていたら、本当にフリーター以下の時給になったり、最低賃金を下回る可能性も考えられますからね…。

何のために働いているのか考え直した方がいい

そういった罰金制度なんてある会社も、今のご時世珍しくはないかもしれませんが…。

そんな会社で働くのは、一体何のために働くのかを一度考え直した方がいいと思います。

生活のために、お金を稼ぐために働いているわけですよね?

 icon-exclamation-circle 

ですが罰金を取られるって、最悪給料がマイナスになる可能性もあるって事ですよね。

少なくともミスが多い月は、1日とか2日分の給料がなくなってしまうこともあるかもしれません。

生活のために、お金のために働いているのに、マイナスになる可能性があるなんて意味不明です。

それともその仕事が好きだから、罰金を取られるような会社でも大人しく働いているのでしょうか?

でしたらまだ理解ができるんですが…。

そんな会社は、どうせ大した給料も出ないでしょう。

であれば、さっさと他の会社に移ってしまった方が良いかもしれません。

幸い今は仕事なんてたくさんありますし。

罰金制度がある糞会社からは一刻も早く脱出を!

最近は本当に酷いブラック企業が多いので、そんな罰金制度がある会社も珍しくはないと思うのですが…。

しかしそんな会社に勤めていても、とても未来があるとは思えません。

一刻も早く脱出しないと人生の損失だと思います。

マイナスされる給料が1か月分だけだったら、それほどの金額ではないかもしれませんが。

これが何ヶ月分、何年分となっていくと相当な金額になります。

つまりは、勤め続けるほど損失が増えていくということです。

そんな会社に勤め続ける価値は全くないと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、仕事はたくさんありますからね。

仕事が多い今のうちに、そんな酷い会社からは抜け出しておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

残念ですが、我が国はそういった罰金制度なんてあるブラック企業を野放しにしてきた面があります。

なのであなたのように、罰金制度がある会社で消耗してしまっている方と言うのも珍しくはないと思うのですが…。

そんな会社に勤め続けていても未来はないと思いますし、これからは更にジリ貧になると思います。

今はどこの会社も人手不足に陥っていることが多いですからね。

今時、そんな労働者を奴隷扱いしている会社には人が集まるわけありません。

いい加減な事してると、みんなやめていってしまうと思いますね…。

あなたが長く勤め続けるつもりでも、同僚はどんどん辞めていくでしょう。

今はただでさえ仕事はたくさんありますからね。

なのであなたも、そんなクソ会社からは早く脱出してしまった方が良いでしょう。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、仕事はたくさんあるのです。

仕事が多い今のうちに、そんな酷い会社からは抜け出しておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする