仕事放棄して退職したい!経験者が語る、全てを投げ捨てて新天地に行く逆転策はこれ

geralt / Pixabay

  • 仕事を放棄して退職したい!
  • もう直ちに会社を辞めたい!

そういった悩みをお持ちの方は今の時世珍しくないと思います。

 

最近はあまりに人手不足の企業が多いため、1人当たりの業務量や責任も増大してきています。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

最近は一人いなくなっただけで業務が回らなくなる会社が多く、退職を言い出しても強引に引き止められ辞めさせてもらえないケースも少なくありません。

最近は解雇のトラブルよりも辞めさせないトラブルが増えてきていますからね。

実は私も仕事を放棄して失踪したことがありますので、説得力のある話ができると思います。

仕事が嫌すぎて失踪したい方へ!失踪経験者が語る10のアドバイス
仕事が限界でもう失踪したいほど嫌!という方は、一体どうすればいいのか?

 

この記事では、仕事を放棄して退職したいの対処法について解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

仕事を放棄して退職を考える人は少なくない

最近はあなたのように、仕事を放棄して退職してしまいたいと考える方は少なくありません。

今は人手不足過ぎて、バイトやパートにも責任を押し付けて使い潰す企業が増えていますからね…。

日本は30年間給料が上がっていないのに、昔よりも少ない人員で業務を回さざるを得なくなっているため、割に合わないことになっているのです。

 

実際ネットやSNSなどを見てみても、

仕事放棄したい。このままひっそりと退職したい。

 

もう仕事放棄する!!!自然消滅って言葉があるように自然退職したい

 

会社都合で年内までのなか、有休完全消化拒否られる。使い切る自信はないから、多少諦めてるけど、今日申請したらこれでもう無いよね。って。
いやいや、まだわからんでしょ!どれだけ自分勝手な会社だったんだろう。ともう、今日限りで退職したい(仕事放棄したい)

 

仕事放棄して帰りたいー。実家に戻りたいー。退職したいー。

こんな意見が散見されますからね。

昔は仕事も家庭もすべて放棄して蒸発!なんてケースも少なくありませんでしたから、あなたのような考えを持つ方は珍しいものでもありません。

正攻法でいくなら、放棄より1~2ヶ月前に退職の意志を告げるのがベター

ただやはり仕事を放棄して退職するなんていうのは、社会人としてあるまじき行為なことは確かです。

できればですが、正攻法でやめるに越したことはありません。

一応民法では2週間前に退職の意思を告げればいいとされていますが、さすがに2週間では会社も後任の人材を用意できないでしょうし。

 

なので、仕事を放棄して退職する1ヶ月か2ヶ月ぐらい前には事前に退職の意思を告げておいた方がいいでしょう。

そうすればある程度猶予ができますし、会社もなにかしら対策がとれます。

まぁこれならば合法的な退職ですので、仕事を放棄したなんて責められる言われもありませんからね。

 

一か月から二か月前に言っておけば会社も対策が取れますし、何もできなかったのであれば会社側の自己責任というほかありません。

後は会社のほうでなんとかやるでしょう。

なんとかやらなくてもあなたには関係ありませんので、期日が来たら辞めてしまいましょう。

仕事放棄で退職は良いが、次の会社を早く見つけるべき

仕事放棄してでも退職したいというのは良いですが、退職した後は別の仕事をしなくてはいけません。

そうしないとお金が稼げず生活していくことができませんからね。

なので、早く次の会社を見つけるべきです。

 

次の会社を早く見つけてしまえば「転職するので辞めます」という風に一方的に退職を告げることもできます。

あなたも今の会社を辞める決心がつくでしょう。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて正社員の仕事も多い傾向にあります。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

ギリギリ合法でいくなら二週間前に退職の意志を告げる

あとはやはり仕事を放棄して退職するとなると、そもそも社会人としてあるまじき行為ですし。

ないとは思いますが、損害賠償請求するぞなんて言われる可能性があります。

まあたかが一従業員が仕事を放棄して退職したところで、なかなか損害賠償の請求なんて取れないんですが…。

ですがそういったリスクはないとは言えません。

 

なので、正攻法で行くのであれば、2週間前までには退職の意思を告げておいた方がいいでしょう。

上でも述べたように民法では2週間前に退職の意思を告げれば良いとされています。

2週間経ったら仕事放棄して退職してしまいましょう。

 

これならば合法なので、文句を言われる筋合いもありません。

ただ口で言うだけですと、言った言わないの水掛け論になってしまいますので、出来れば退職届を内容証明で送ったり証拠は確保しておいた方がいいです。

最悪連絡なしでバックレて仕事を放棄する手もあるが… ※経験済み

あとは仕事を放棄して退職したいということは、よほど酷いブラックな会社なのかもしれません。

最近本当にブラックな会社が増えてきていますからね。

 

そういった会社は新人が来ても全く定着せずに、1日で辞めるなんていうケースもザラにありますし。

後任の人材が来るまで我慢して働いていても、公認の人材なんて来ませんし、定着もしません。

全然的に仕事放棄して投げ捨てて退職する形じゃないと会社は辞めることなんてできないんですよ。

 

なので、最悪の場合連絡なしでバックレて放棄して退職をするという手もあります。

あまりオススメできる方法ではありませんが、私も以前ブラックな会社に勤めていた時やったことがあります。

まぁ試用期間中で求人票に嘘が書いてあった会社で揉めたことが原因ですが…。

最近は本当に辞めさせないトラブルが増えてきているので、最悪の場合こういった手段をとることも考えておいた方が良いかもしれません。

⇒出社拒否で退職したい!会社に行かず郵送で退職手続きをする9つのポイント

引き継ぎの手配は会社の自己責任なので、自分を責めなくても良い

そもそもの話ですが、別にあなたが仕事を「放棄」なんて言葉を使って自分を責める必要はないと思います。

大体適正な人員配置をするのは会社の仕事ですし。

あなたが辞めた後の引き継ぎの手配をするのは会社の仕事です。

それができないのは会社の自己責任ですよ。

あなたはただの一従業員に過ぎませんからね。

そんなあなたが辞めた後のことを考える必要なんてありません。

 

引き継ぎもせずに辞めるとなると「仕事を放棄した!無責任だ!」なんて責めてくるブラックな会社も多いですが…。

そもそも1人辞めたぐらいでは何の問題もなく回るようにするのが会社組織ですからね。

気にせずに仕事を放棄してやめてしまいましょう。

後のことは残された人達が考えるでしょう。

退職代行業者を使い、即日仕事放棄して辞める手も

あとは仕事を放棄して退職したいのであれば、退職代行業者を使うというのも手段の一つです。

最近は辞めさせないというトラブルが増えてきていることもあり、こういった退職を代わりに伝えてくれる業者が増えてきているんです。

最短即日で退職も可能で、退職の書類を送ってもらうように伝えてもらうこともできます。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

 

仕事を放棄して退職したいなんて考えている方ですと、結構責任感が強い方が多いのではないでしょうか?

ただ会社が辞めさせてくれないので、放棄せざるを得ないという状況に追い込まれている方が多いと思いますが…。

我々には職業選択の自由がありますので、こういった手段を使ってでもさっさと辞めてしまった方が良いと思います。

仕事放棄して辞めると手続きで揉める恐れもあるが…

今は仕事は多い傾向にありますので、仕事を放棄して退職したとしてもどこかしら転職先は見つかる傾向にあります。

ただ仕事を放棄して辞めてしまうと、手続きでモメてしまう可能性があるんですよ。

会社は退職した社員に対して離職票や源泉徴収票などを発行する義務があるんですが、ブラックな会社ですとそれすらやらなかったりしますし。

ましてや仕事を放棄して辞めてしまうと、手続きで確実に揉める可能性があります。

 

まぁ離職票についてはハローワークに言えば、源泉徴収票については税務署に言えば、発行してくれたり会社に指導してくれたりします。

最悪の場合そうしましょう。

 

後は仕事を放棄してバックれる場合は、保険証をちゃんと返しておかないと会社は社会保険の脱退手続きができません。

そうなると給料はないのに社会保険料だけは発生し続けてあなたに会社から請求が来る可能性があります。

こういった手続きはちゃんとできるようにしておいた方がいいと思います。

今は仕事多い!放棄してでも早めの決断を

仕事を放棄して退職するなんていうのは社会人としてあるまじき行為なのは確かですが…。

そうは言いましても会社側にも大きな問題があると思います。

こういった「仕事を放棄して退職」なんてキーワードで検索すると、

  • 社会人としておかしい!
  • 会社への誠意ある対応とは言えない!
  • 立つ鳥跡を濁さず!
  • 訴えられる可能性があります!

なんてことを言ってくるクソメディアが多いですが…。

大抵そんな仕事を放棄して退職せざるを得ない状況に追い込む時点で会社の責任ですよ。

そもそも人が少ないから引き継ぎなんて全然できずに仕事放棄して辞めざるを得ない状況なんでしょうし。

 

まぁ変な辞め方をしたとしても今仕事はたくさんある傾向にありますからね。

今ならば何かしら転職先は見つかる傾向にありますので、今のうちに動いておいた方が良いかもしれません。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

仕事を放棄して退職なんてしないに越したことはないんですが…。

残念ですがブラックな会社ですと、そうでもしないとやめられない傾向にあります。

退職の意思を告げても今は辞めさせないトラブルも増えてきていますからね。

特に最近は少子高齢化による生産年齢人口の減少によって募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いですし。

そんな中退職を言い出したとしても辞めさせてくれずに、強引に仕事を放棄してても退職しないとやめられないんですね。

 

まあ幸い今は仕事はたくさんある傾向にありますので、今のうちに動いておいた方がいいと思います。

今のうちに動いておかないといい会社に行けるチャンスを逃してしまいますからね。

強引にでも辞めて新天地を探した方がいいでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

仕事を今すぐやめたい
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。