【遊びに行けない】休日はほぼ寝て終わる!?具体的な対処法8選!

  • 仕事が激務すぎて休日はほぼ寝て終わる…

  • 休日くらい寝ないと体が持たない!

  • 仕事で疲れて何もする気力がない…

とお悩みの、仕事が激務すぎて休日はほぼ寝て終わってしまう方のためのページです。

最近は長時間労働のブラック企業が増えていますから、あなたのような方もたくさんいると思います。

特に最近は人手不足の会社も多いですから、一人当たりの業務量が増大してきていますし…。

少子化が進んでいますが、長時間労働のせい…という面もかなりあると思いますし。

国は対策しようとしませんが…。

しかしそんな生活をしていては、月日が経つのはあっという間でしょう。

仕事だけの人生を送ったまま一生を終えてしまう可能性があります。

何とかするための方法をまとめました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

インドアの趣味でいいから、休日を楽しむ

あなたのように、休日は疲れて寝て終わる!という方は今のご時世多いと思います。

激務な会社も多いですし、そんなに仕事ばかりしていたら遊びに行く気力も体力もありませんからね…。

外に遊びに行く気力すらないのであれば、インドアの趣味でいいからやるという手段もあります。

そうでもしないと、本当に仕事だけの人生になってしまいます。

インドアの趣味のいいところは、疲れたらその場で寝てしまえることです。

疲れていたら途中で寝てしまってもいいんです。

気が向いた時にちょっとだけやるという方法もあります。

気晴らしになるでしょう。

 icon-exclamation-circle 

映画程度なら、見てるだけで済みます。

ベッドやソファーに寝転んだまま見ることができますからね。

最近はhuluなどで、定額で映画を見放題のサービスもたくさんありますし。

とりあえず新作の映画をチェックしてみたらどうでしょうか?

それだけでも一応趣味映画鑑賞ということで気晴らしにはなります。

もっとゆとりをもって働ける会社に転職する!

FotografieLink / Pixabay

最近は労働時間の長いブラック企業が増えていますので、休日は寝て終わってしまうというのもわかります。

仕事だけで体力も気力も吸い尽くされてしまい、休日遊びに行く体力も残っていない方も多いですからね…。

あなたがそれだけ疲れているということは、働かされすぎているのかもしれません。

であれば、もう少しゆとりを持って働ける職場に転職してしまうというのも手段の一つです。

休日は寝てないとやってけない会社に勤めていても、何のために生きているのかわからないでしょう。

多少給料が高かったとしても、それでは使う暇がありませんから意味がありません。

お金は使うことで初めて効果を発揮しますからね。

単純にお金を持っているだけでは、ただの引換券に過ぎません。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は人手不足の会社も多く、比較的労働環境の良い会社にも転職しやすくなってきているのです。

仕事が多い今のうちに、もっとゆとりをもって働ける会社に転職してしまった方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

休日寝て終わるだけの人は多いので、気にしない

geralt / Pixabay

あなたのように、休日は寝て終わってしまう!という方は今のご時世実際多いと思います。

今のご時世、長時間労働の会社は多いですからね…。

休日は寝て過ごす…という人は思いのほか多いです。

なので、あまり気にする必要はないのではないでしょうか?

あなたの同僚や上司は、「休日○○にいったよー」とか言って自慢話をしてくるかもしれませんけど。

 icon-exclamation-circle 

正直、みんな無理して出かけてるだけだと思いますよ…。

どこにも連れて行かないと、嫁や子供にせっつかれますからね。

無理に休日でかけないと、遊びに行く時間なんて捻出できません。

長時間労働で我慢して働いてるんだから、休日ぐらいゆっくりさせてくれたってバチは当たらないでしょう。

休日出かけてほしいんだったら、勤務時間短くしろよって話です。

ちなみに、国が本気で長時間労働対策に取り組んだ場合、何兆円もの経済効果があるみたいな試算が出てます。

それだけみんな長時間労働で、お金を使う暇がないんです。

それでは何のために働いているのかわかりません。

強引に起きて遊びに行くという手も!

あるいは、疲れた体に鞭打って強引に朝早く起きて出かけるという手段もあります。

出かけてしまえば案外楽しめるものです。

世の中の激務で働くサラリーマンは、休日無理やり出かけている人も多いです。

過労死するんじゃないかと思いますが…。

 icon-exclamation-circle 

起きられないのであれば、アラームを大量につけて、スヌーズ機能を10回ぐらいかけてやれば起きられるでしょう。

そして起きたらすぐにコーヒーなどでカフェインを摂取し、目を覚ましましょう。

あまりに疲れていた場合は、出先で寝てしまう可能性もありますけど…。

まぁ、そんなに疲れていて楽しめるのか?っていう問題はありますけどね…。

みんなfacebookに写真をアップして、リア充アピールしたいから無理やり出かけているのかもしれません。

ただ休日寝て終わるのが嫌であれば、このくらいやるしかないかもしれません。

「休日何かしなければ」とは考えない方が良いかも…

こんなページを見ているということは、あなたは休日寝て過ごして終わってしまっていることに、結構ストレスを感じているのかもしれません。

ストレス貯まってるからこんなページ見てるんでしょうし…。

しかし、そうやって「何かをやらなければ!」なんて考えること自体、ストレスになってしまいます。

そうなると更に疲労感が増します。

なので、あまり考えない方がいいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

そんなことを考えるのであれば、できるだけ早く寝ましょう。

そして少しでも早く体力を回復させることを考えたほうが賢明です。

早く寝て、なんとか昼ぐらいに体力を回復させることができれば、

出かけることもできますからね。

休日寝ないと、体力も回復できず平日もたない人も多いでしょうし…。

大人しく休んでおいた方が良いと思います。

休日、気が向いた時だけ何かするのも手

休日寝て終わる!というのは、かなり危機感があると思いますが…。

趣味、遊びや楽しみというのは、本来余力がある状態で行うものです。

でないと全く楽しめないでしょうし、充実もしないと思います。

無理に趣味や遊びの時間を作っても、疲れていては作業的な感じになってしまうでしょう。

意味がありません。

 icon-exclamation-circle 

なので、気が向いた時だけ趣味に没頭したり楽しんだりすればいいと思います。

心に余裕がない時は、義務のように感じられてしまいます。

そうなると、リフレッシュのための趣味や遊びのはずが、かえってストレスを増やしてしまい平日の仕事にも差し支えるようになってしまいます。

それでは本末転倒です。

気が向かないときは、大人しく寝ていた方が良いでしょうね。

転職活動の時間が無いなら、エージェントを活用!

そんな休日は寝て終わるような人ですと、転職したくても時間がなくてできない方が多いと思います。

そんなに疲れていると、寝るだけで精一杯で、今後のことなんて考えられないでしょうからね。

  

極力サボらずに仕事を探しをするには、誰か他人の目を入れることです。

会社にいる時は人の目があるから頑張れるが、プライベートでは怠け者…って方は多いと思います。

そういう方の場合、一人で仕事探ししてても怠けて進まない可能性が高いです。

転職活動なんて、やらなくても誰も怒ってくれないですからね…。

転職エージェントを使えば、あなたの希望に合った仕事を探してくれます。

定期的に連絡もくれるため、人の目があるからサボれないという状況に自分を追い込むことができます。

逆に言うとこれをやらないと、ダラダラ何もせず時間が過ぎたり、転職が先延ばしになりがちです。

時間がなくても面接日程の交渉もしてくれますので、積極的に使っていきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

週の頭に、先に週末の予定を入れる

週末寝て過ごしてしまうということは、週の頭は比較的リフレッシュしてますよね。

なので、そうやって頭が働いて元気なうちに週末の予定を立ててしまうのもアリです。

仕事に邁進して責任感のあるあなたであれば、先に予定を立ててしまえばちゃんと行くはずです。

 icon-exclamation-circle 

週末になってから「どこ行こうかなあ」なんて考え出すから、どこにも行かずに終わってしまうのです。

そういった頭を使う作業は、できるだけ体力のあるうちにやっておいた方がいいです。

ただ、あまりに疲れている場合は、土日どちらかだけにしたほうがいいでしょうね。

土日両方出かけていては休む暇がありませんから。

平日の仕事に差し支えます。

疲れが取れないまま翌週に突入なんて事になってしまっては、ミスも増えてしまうと思います。

…ただこれでもダメなようなら、もうその会社の仕事がきつすぎるんだと思います。

激務な会社ですとストレスも溜まりますし、体力も消耗してしまいます。

休日は寝ていないと、体がもたないんですね。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、もっとゆとりをもって働ける会社に転職してしまったほうが良いかもしれません。

そうすれば、体力や気力も十分で、休日も遊びに行けるでしょうし。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

あなたみたいに、激務な仕事で忙殺されて遊ぶ気力もなくなっている人はたくさんいると思います。

最近は労働環境の悪いブラック企業も多いですし、人手不足の会社も多く休みも潰れる人も珍しくはありませんからね…。

ですがそんな生活をしていては、っという間に1年、5年、10年が過ぎて、一生を終えます。

「定年になったら何がしたい」とか言いながら、結局できずに死んでしまう人も多いです。

であれば、多少給料が下がろうが、もう少しゆとりを持って働ける職場に移ったほうがいいと思います。

その方がQOL(人生の質)が向上すると思います。

お金のためだけに働いても、使う暇がないんじゃ意味がありませんからね。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職もかなりしやすくなってきていますからね。

人手不足の会社も多く、今は半数以上の企業が「正社員が足りていない!」と答えたというアンケート結果もありますし。

今は本当に仕事が多いので、そんな休日寝て終わるような激務な会社にしがみつかなくても、仕事はいくらでもあります。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする