ニート脱出には求人はどこで探せばいい?お勧め媒体と求人の探し方など

422737 / Pixabay

  • ニートを脱出したい!

  • でもどこで求人を探せばいいんだ…

そういった悩みをお持ちのニートの方は珍しくもないかもしれません。

ニートなんてやってると世間体も悪すぎますし、お金がなくて何もできませんからね…。

「ニートは楽でいいな!」なんて言われることもありますが、全く働かないというのもきついですよ。

基本家にこもってる方が多いと思いますが、毎日家でダラダラしてたら気分も沈んできますし。

ですがそういったニート生活を脱出するには、自分が働けそうな求人を見つける必要がありますよね。

この記事ではニート脱出のための求人媒体と、無理のない求人の探し方をご紹介します。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ハローワークで求人を探す

ニート脱出のために使うことが多いのが、ハローワークで仕事を探す方法です。

転職サイトやエージェントを使った方が質の高い求人が多い傾向にありますが、全国転勤アリだったり、東京などの都会の求人が多い傾向にあります。

地方在住の方ですと、なかなか大手転職サイトなどでは求人を探せない傾向にあるんですね。

地方なんて規模の小さい中小企業が多いので、必然的にハローワークにしか求人を出せない傾向にありますし。

なので地方在住ニートにとっては、ハローワークを使わざるを得ない感じになります。

ただ私もハローワークで見つけた会社で何年も働いたことありますし、見極めは必要ですがいい会社もありますよ。

ネットでは「ブラックしかない!」と言われることが多いですが、それはさすがに言い過ぎです。

都会ならもっと様々な求人媒体が使えますが、地方在住の方ですと必然的にハローワークをメインに使っていくことになるでしょう。

⇒ハローワークインターネットサービス

大手転職サイトで求人を探す

質の高い求人が多い傾向にあるのが、大手転職サイトで求人を探す方法です。

中小の転職サイトも全国にはたくさんあるのですが、大抵求人数が少なくて更新頻度が低かったり、派遣の求人しかなかったりします。

必然的に大手の転職サイトを使った方が、求人数が多くて探しやすい傾向にあるんですね。

 icon-exclamation-circle 

ただ上でも述べたとおり全国転勤ありだったり、都会の求人が多かったりします。

ただ今は人手不足で人材募集に苦戦している会社が多く、様々な企業が求人を出してたりします。

大手転職サイトほど掲載に安くはないお金がかかりますので、資金力のある良い会社の求人が多い傾向にあるのです。

「ニートだと大手転職サイトの求人で、応募条件を満たせないことが多い!」って意見もありますが、最近は本当に人手不足の会社が増えてます。

「ニートだから」なんてあんまり選り好みしてると、企業側も採用なんてできない傾向にあるんですよ。

今は失業率も2%近くまで落ち込み、求職者が相当減ってますからね…。

お勧めの転職サイトについてはこちらで紹介していますので、参考にしてください。

⇒「仕事やめたい」と考えたらすぐ登録すべき転職サイト

転職エージェントで求人を探す

Free-Photos / Pixabay

ニートの方でも質の高い求人を探せる傾向にあるのが、転職エージェントで求人を探す方法です。

「ニートでもエージェント使えるの?」って不安な方も多いと思いますが、20代30代くらいの比較的若い層なら今はニートの方でも問題なく使えます。

そもそも今は少子高齢化で若者の絶対数自体が減ってますから、ブランクが何年もある方でなければ仕事の紹介自体は可能です。

エージェントで探すと企業側は結構お金がかかりますので、質の高い求人が多い傾向にあります。

エージェントの扱ってる求人は多くが非公開求人ですが、そうすることで条件を満たした人材だけ面接に進ませることができます。

そうやって人事担当者の労力を省いて、ホワイトな労働環境を維持する傾向にあるんですね。

ニートとなると「ブラック企業に就職したらどうしよう」と不安な方も多いかもしれません。

それなら尚更こういった媒体を使うといいと思います。

 icon-exclamation-circle 

ただ年齢が結構行ってたり、ブランクが何年もあるようですとさすがに「あなたに仕事の紹介はできません」と言われる可能性もあります。

まぁ今なら失業率低くて仕事探しのライバルも減ってるし、ダメ元で使ってみるのもいいと思います。

まぁ30代くらいで比較的若いなら、こちらのほうがいい求人を探せる傾向にあるのでお勧めです。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

年齢的にきついなら、ブラック業界の求人も狙う

こんなページを見ているニートの方ですと、年齢的にきつい方も多いかもしれません。

40代とか、アラフォーとか、それ以上の年代の方とか。

そのくらいの年齢になると、さすがに普通の企業にはかなり敬遠される傾向にあります。

まぁ非正規の求人なら今は40までひきこもってたような方でも受かってたりしますが、正社員となるとなかなか厳しくなってきます。

 icon-exclamation-circle 

そういう場合は、ブラック業界と言われている会社の求人も狙っていく必要があるかもしれません。

単純に若者をはじめとする求職者に敬遠されているため、年齢的に不利な方でも受かりやすいです。

そういった業界ですと、有効求人倍率が5倍とか10倍近くあるものもありますので…。

具体的には、

  • 運送業
  • 介護職
  • 飲食業
  • 警備業
  • 宿泊業
  • 土木業
  • タクシー業

などなど。

こういった業界は離職率も高く、若者から敬遠されるので多少歳がいったニートの方でも採用されやすい傾向にあります。

介護、飲食、宿泊業あたりは、私の知り合いのアラフォーニートやフリーターの方々でも、正社員採用されてました。

そのくらい人手が不足してるので、そういった業界の求人を狙っていくのもありです。

「正社員登用あり」の求人には注意!

ニートで求人を探している方ですと、自信がないので

  • 「ニートからいきなり正社員ってきついよなあ」
  • 「とりあえずバイトでリハビリするか」
  • 「正社員登用ありのバイトとかどうかな?」

みたいに考えがちです。

ですが正社員登用ありって、本当に正社員になれるかは運次第です。

というか会社の人員状況によりますし、私の周りでは何年も正社員になれず、結局退職したような人も多いです。

企業としてはできるだけ安く非正規で使った方がトクですし、従業員の人生なんて考えてはくれません。

 icon-exclamation-circle 

まぁ今は人手不足の会社も多いので、中小企業などでは割と正社員登用してくれる会社も割とあると思います。

ですが大企業などですと非正規も待遇いい割に、正社員登用はなかなかしない傾向にありますね。

大企業なら、人手不足の今でも募集かければいくらでもきますからね。

運任せで人の仏心に頼る感じになるので、正社員登用ありの非正規求人はやめておいたほうがいいです。

求人を探す際は、企業なんて基本信用しないほうがよいでしょう。

騙されても今は「自己責任!」の一言で片づけられてしまいます。

求人詐欺に遭ったら、即辞める覚悟も必要

3dman_eu / Pixabay

ニートから求人を探して、社会復帰を目指すのもいいのですが…。

中には求人にウソを書く悪質な会社も多いですし、今は人手不足でなかなか募集をかけても人が来ず、そういったことに手を染める企業も増えてきている気がします。

国はたびたび「求人詐欺を取り締まる!」とか言ってますが、まだまだ抑止力となる罰則もないし、現状企業側のやり得です。

現状では、「求人を出した時と状況が変わった」とか適当なことを言えば、お咎めはなしなのです。

 icon-exclamation-circle 

なので、ニートで求人を探して社会復帰するのも重要なのですが、ウソの条件で求人詐欺に遭ってしまった場合は即刻辞める覚悟も必要だと思います。

試用期間中にすぐ辞めてしまえば、職歴に書かなくても済みますからね。

⇒試用期間だけどもう辞めたい!研修期間で向かない会社を退職する際の注意点

まぁ目を潰れる程度のことであればいいですが、明らかに条件が違う場合は強引にでも辞めるべきです。

  • 社会保険ありのはずが無し
  • 正社員なのにバイトだった
  • 試用期間が半年とか一年もある
  • ボーナスありのはずが無し
  • 仕事内容が最初の説明と違いすぎる

こういったことはよくあるパターンですし、いくつかは私も経験しました。

正社員のはずがバイトだった時は、さすがに即日でバックレて辞めましたが…。

今はニートの方とはいえ仕事はたくさんありますし、非正規でもいいなら本当に大量にあります。

有効求人倍率は1.5倍を越え、正社員の有効求人倍率も1倍を越えてきていますからね。

求人なんて大なり小なり誇大広告気味になるのは確かにわかるので、多少は目を瞑ることも必要だとは思います。

ですがあまりに話が違いすぎる場合は将来への不利益のほうが大きいので、さっさと辞めるべきでしょう。

求人探しの前に職業訓練で社会復帰のリハビリもアリ

ニートで求人を探しているあなたに言うのもなんですが、いきなり社会復帰してやっていけますか?

ニートとなると生活がだらけてしまい、能力が落ちている方が多いのです。

  • 生活リズムが崩れ昼夜逆転
  • 最近家族以外の誰とも話してない
  • 基本家にこもってるので体力もない
  • 睡眠時間が長いので、すぐ働ける自信がない

こういった方も多いと思います。

ニートで求人を探してるならその勢いで就職してしまったほうがいいのですが、そんな感じで能力が落ちてると、どうせ長続きせずすぐ辞めることになる可能性が高いと思います。

 icon-exclamation-circle 

なので職業訓練校にでも通って、社会復帰のリハビリをするのもいいかもしれません。

職業訓練に通えば、条件を満たせば月10万円ほどの生活給付金が貰えますし。

訓練校は大抵朝8時30~16時くらいまでなので、規則正しい生活リズムも身につきます。

まぁ就職に繋がる訓練かは見極める必要がありますが、あまりにだらけた生活してる方ですと、まずこうしたほうがいいかもしれません。

仕事が多い今のうちに仕事を探した方がいいのも確かにそうなのですが、せっかくやる気を出して仕事を見つけても、体がついていかなかったらすぐ辞めることになります。

ちょっと回り道して、確実な手段をとるのもアリだと思います。

→ハロートレーニング 厚生労働省

広く求人を探したいなら、上京がお勧め!

ニートで求人を探すとはいっても、都会か地方かで全然状況は変わってきます。

東京なら今や最低賃金が1000円近いですから、最悪フリーターでもやってフルタイムで働けば結構稼げます。

今は条件満たせばバイトでも社会保険入れますし。

ですが地方やド田舎ですと、そもそも仕事自体が少ないです。

最低賃金も低いですし、地方だと正社員になっても手取り15万円以下ってケースもザラです。

東京なら薄給と言われてる介護職員すら、月給30万近く稼いでるケースも結構あるんですが…。

 icon-exclamation-circle 

今地方に住んでてあまりにろくな仕事がないようなら、一念発起して上京してしまったほうがいいかもしれません。

これから先地方は更に衰退することは確定ですし、夕張市のような財政破綻予備軍は更にこれから増えていきますよ。

家賃の高さが不安かもしれませんが、多摩市とかの郊外なら、学生用ワンルームとかなら月2万円台からありますからね。

都心まで40分くらいで行けますし。

⇒3万円以下で探す多摩市の賃貸住宅 検索結果|SUUMO(外部サイト)

もはや地方に住むメリットってあまりないような気がします。

物価が安いわけでもないし…。

東京なら単発や短期バイトも豊富にあって最低賃金も高く、正社員の求人も様々な種類があって、ニートの方でも向いてる仕事を探しやすいですし。

単純に人の数で潤っていて波に乗れるので、社会不適合者的な人でも生きやすいのです。

ニートで求人を探すと地方だとそもそも選択肢があまり無いケースが多いので、いっそ上京してしまうのもいいかもしれません。

いまならニート脱出のチャンス!

ですがそうは言いましても、今は仕事が多いです。

有効求人倍率はバブル期を越える水準にまで回復してきていますからね。

人口動態的にこれから更に労働人口が減っていくことは確実なので、しばらくは仕事探しには困らないかもしれません。

ですがまたリーマンショック級の大不況がくることも考えられますし、そうなるとまた就職難がやってきます。

そうなるとニートの方が受けられる求人を探しても、応募の段階で切られてしまい面接にすら進めないことになる可能性もあります。

実際就職氷河期やリーマンショック直後あたりは、そういったことはよくあったものですし、あなたも知っていると思いますが…。

できるだけいい会社に行きたいなら、今のうちに動いておいたほうがいいかもしれません。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

ニートの方が求人を探そうとするなんて、社会復帰の意欲があっていいと思います。

幸い今は仕事も多いので、社会復帰はかなりやりやすくなっていると思います。

ネットを見てても、「長期ニートだったけど、○○の仕事決まった」みたいな話はよく見ますね。

ただあまりブランクが長い方ですとまずリハビリから始めた方がいいような気がしますし、いきなり採用されても長続きしないかもしれません。

今は人手不足の会社多くて、一人当たりの業務量も増えてるし。

しかしそうは言っても今なら仕事がかなり多く、このチャンスを逃さないようにしたほうがいい、ってのも確かにそうなんです。

自分の状況をよく見て、今後の進路を考えていったほうがいいでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする