【イケる?】履歴書は嘘書いてもバレない?職歴詐称がバレない7つの方法

geralt / Pixabay

 

  • 履歴書って嘘書いてもバレないよね?
  • 職歴ボロボロだから嘘書きたい!

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないと思います。

 

特に空白期間が空いてしまっている方などですと、履歴書に嘘でも書かないとなかなか採用されなくなってきますからね。

そこで嘘を書かずに採用されるのであればいいですが、空白期間があったりすると書類の段階で落ちてしまうことが多く、履歴書に嘘を書いちゃおうなんて考える方も珍しくありません。

私もちょっと職歴を見栄え良くしたりして採用されて働いたことはありますし。

その程度であれば、結構色々な方がやっていたりはします。

 

ただ明らかに嘘と言えるレベルだと果たして書いてバレないのでしょうか?

この記事では履歴書で嘘を書いてもバレにくくするための方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

履歴書に嘘を書こうとする方も珍しくない

最近はあなたのように履歴書は嘘を書いてもバレないだろうと考えて履歴書に嘘を書く方も珍しくありません。

私もちょっとした空白期間でバイトをしてたことにして乗り切ったことなどもありますし。

その程度であれば、結構色々な方がやっています。

 

こういったことを言うと「嘘がバレたら後でどうなっても知りませんよ!」なんてしたり顔で言ってくる奴がいますが…。

本当に企業は空白期間に対して厳しすぎますからね。

そういったことがなければ別に正直に書いてもいいんですがね…。

 

実際ネットやSNSなどを見てみても、

俺何年もニートしてたけど履歴書に嘘書いて採用されたよw

普通に正社員だよ。

無職やフリーターの奴はバカ正直に書くんじゃなく、要領よくやることも必要だと思うよ。

 

「履歴書に嘘書いた人がその後解雇された!」なんて記事が話題になってたけどそれっていい会社の話だろ?

人手不足の中小零細企業なんてそんなことしてる余裕ねぇよ。

空白期間あるニートはやった方が期待値高いぞ。

 

いい会社なら別だけど、人手不足なブラック企業なんて募集かけても今は全然人が来ないからね。

嘘を書いてでも誰か来てくれて働いてくれるならそれでもいいんじゃないの?

こんな意見が散見されますからね。

 

今は人手不足のブラック企業などであれば、今はそもそも人が来ないケースが多いので、嘘をつく人材でもちゃんと働いてくれるならそれでいいような気がしますけどね…。

日本はいちいちうるさいことにこだわりすぎだと思います。

こういうこと言うと大手のクソメディアとかが「履歴書にウソ書くのは絶対ダメ!」なんて言いますが、だったら空白期間あるニートを雇ってあげたらいかがですかね…?

企業がワガママ言って採用しないから、社会保障費がどんどん上がって我々の負担も増えてるわけですからね。

 

履歴書の嘘がバレる可能性があるのは、社会保険履歴が原因

履歴書に嘘を書いてもバレないようにする方法はあります。

というか履歴書で嘘を書いてバレる可能性があるのは,社会保険履歴が原因のことがほとんどです。

後述しますが、マイナンバーで副業がバレる!なんていうことも言う人がいますが、マイナンバーなんて納税記録しか見れませんし、企業はそんなもの見れません。

なので、通常ばれる心配はありません。

ですが社会保険履歴が残っていると、企業側にバレる可能性があるんです。

 

 icon-exclamation-circle 

具体的にバレる可能性があるのが、

  • 厚生年金
  • 雇用保険

この二つの履歴です。

 

この二つの履歴は企業側が場合によっては参照することも可能であり、ここでの辻褄が合わないとバレる可能性が出てくる訳です。

厚生年金は入社の際に年金手帳を提示する時にこれまで勤めた会社の記録が印字されているケースが多いですからね。

そこで履歴書と辻褄が合わず嘘をついていた場合バレる可能性が出てきます。

雇用保険も入社前に雇用保険被保険者証を渡すケースが多いです。

ここに前職の会社などが書いてありますから、バレる可能性も出てきます。

ただ逆に言えばこの二つさえ対策することができればバレる可能性はかなり下げることができます。

 

履歴書の嘘をバレないようにするため厚生年金記録の対策をする

上でも述べたように履歴書の嘘がバレる可能性があるのは、厚生年金と雇用保険の記録が原因のことが多いです。

厚生年金については年金手帳に印字されているケースが多いですからね。

ですが年金手帳なんて無くしたって言えば年金事務所で再発行することが可能です。

 

 icon-exclamation-circle 

ただ、最近は再発行の際にもこれまでの記録を全部印字するケースが多いようですが…。

私は短期で辞めた履歴が残ってしまっていたことがあったので、職員に印字しないでください!と頼み込んで真っ白な年金手帳を手に入れることができたことはあります。

ただそこの年金事務所は自治体の方針にもよるようなので、滅多なことは言えませんが…。

 

ただ後述しますが、厚生年金なんて最近は法律が変わりましたので、条件を満たせばバイトやパートでも入れるんですよ。

そこまで気にしなくてもごまかす方法はありますね。

 

雇用保険の嘘をバレないようにするには結構簡単

あとは履歴書の嘘がバレる可能性があるのは、雇用保険の履歴です。

会社に採用されたら、入社の際に雇用保険被保険者証というものを渡すのですが…。

そこで前職の会社名が書いてありますので、履歴書の嘘によってはバレる可能性が出てきます。

 

 icon-exclamation-circle 

ただこれについては雇用保険被保険者証は二枚綴りになっており、被保険者番号が書いてある方だけ渡せば構いません。

つまりは企業名が書いてある方は渡さなくてもいいんです。

というか雇用保険被保険者証なんて存在すらよく知らない人も多いですからね。

なくしました!と言えば普通に会社の担当者がハローワークで再発行しますので、別に問題ないと思います。

私も何回か転職していますが、毎回無くしてしまい再発行してますし。

 

ただ雇用保険の管轄はハローワークですが、ハローワークの担当者はその人の雇用保険の加入履歴を見ることができます。

普通そんな個人情報は企業の担当者になんて見せないんですけど、ハローワークの担当者なんてほとんど臨時職員ですからね。

何があるかはわかりません。

ただ普通はこういった対策をしておけば履歴書に嘘をついてもバレる可能性は低いでしょう。

 

ただ社会保険なんて今時バイトでも入れるのであまり気にしなくてもいい

履歴書に嘘を書くと、雇用保険と厚生年金の履歴で嘘がバレる可能性があるというのは、上で述べた通りですが…。

ですが最近は法律が変わりましたからね。

厚生年金と雇用保険は社会保険というくくりに入りますが、社会保険なんて今時条件を満たせば、バイトやパートでも入れるようになってきているんですよ。

  • 従業員五百一人以上
  • 月給八万八千円以上
  • 週二十時間以上の勤務
  • 雇用期間一年以上
  • 学生以外

の方は社会保険加入義務ができたんです。

これは2016年10月から施行されています。

 

 icon-exclamation-circle 

というか法律が改正される前から、その会社でフルタイムで働く正社員の三分の二以上働く従業員については、社会保険加入義務があったんですが…。

国が加入を徹底してこなかったので見過ごされていただけです。

まともな会社なら、以前からフルタイムで働くバイトやパートでも社会保険入れてくれましたからね。

 

フリーターは社会保険入れない!なんてこれまでも言われてきましたが、法的には加入する義務自体はあったんですよ。

企業側がお目こぼしをもらっていただけです。

正直バイトでも入れるようになってきた社会保険なんて、嘘をついても辻褄が合わせやすいです。

短期の職歴については「社会保険ありのバイトだったが就職が決まったのですぐ辞めた」とか言えばバレにくいですからね。

こういった事実を把握しておけば、履歴書に嘘を書く際も辻褄が合うバレにくい職歴を作りやすくなります。

 

そもそも社会保険なしの会社で働いてたことにすれば、履歴がないので嘘はバレにくい

あとはそもそも、社会保険なしの会社で働いていたことにすれば履歴は残りませんね。

「正社員は全員社会保険入ってる!」なんて勘違いしてる人も多いですが、そうとも限りません。

厚生労働省の調査によると、わが国には社会保険加入義務があるにも関わらず加入していない違法な事業所が約80万社もありますからね。

我が国の企業数は約400万社ですから、五社に一社は社会保険ありません…。

⇒正社員なのに社会保険なし!何の保証も無く将来ヤバい時の対応策

 

こういった会社で働いていたことにすれば、そもそも社会保険履歴が何も残っていませんので嘘がバレる心配はかなり低いです。

というかむしろそこで働いていたことを証明するほうが難しいでしょう。

当時の同僚にでも証人になってもらうくらいしかありません。

 

マイナンバーで履歴書のウソがバレる可能性はほとんどない

あとは履歴書の嘘がばれる原因として、マイナンバーを挙げてくる人もいます。

これ専門家を名乗っている方や、ネット上で自信満々にイキっている連中も「マイナンバーでバレるぞ!」なんてしたり顔で言ったりするのでタチが悪いんですけど…。

結論を言えばマイナンバーで履歴書の嘘がバレる可能性はほとんどないと言っていいでしょう。

マイナンバーでは納税記録しか見れませんし、見れるのは役所の職員や税務署の担当者だけです。

企業の担当者がこの人のマイナンバーの納税記録を見せてください!なんて言っても見られませんし。

そこからこれまでの職歴がバレる可能性はほぼないと言っていいでしょう。

 

まぁ役所の担当者なんて最近はほとんど非正規でいい加減ですし、しょっちゅう情報漏えい事件とかも起こってますので、ゼロとは言えないのが怖いところではありますが…。

ただ納税記録が見れたところで、沢山納税していたとしても個人事業や株などで儲かっていた可能性もありますし。

その職歴を確かに証明できる記録とは言えないでしょう。

まぁあんまり気にする必要はないと思います。

 

前職の会社を詐称するとバレる可能性がある

あとは履歴書に嘘を書いてもバレないようにしていくことはできるんですが、直近の前職の会社を詐称するとバレる可能性が上がってしまいます。

今は前職調査は個人情報保護法で違法になりましたが、そうは言いましてもまだまだ行なう企業も多いです。

特に信用が重視される金融業や警備業大企業などの堅い仕事ですと、前職調査に同意させられる書類にサインさせられることもありますからね。

 

そういった手続きを踏むのであればまだいいですが、隠れて前職調査をするような悪質な会社も多いです。

こういったことは調べようと思えば調べられますので、特に前職の会社となると履歴上でも目についたらまず調べようと思いますからね。

まあ最近は人手不足の会社が増えてきていることもあり、あまり現実にはやってる余裕はないと思いますけど。

 

その年に仕事を探す場合は年末調整でバレる可能性も

あとは納税の都合で履歴書の嘘がバレる可能性もあります。

通常年末になるとその年の所得を確定させるために会社で年末調整というものを行ないます。

副業や資産運用などをしている会社員や個人事業主などは、三月十五日までに確定申告を行うのですが…。

会社員となると年末までにそれまでの一年間の給与合算して年末調整をすることになります。

 

 icon-exclamation-circle 

その会社に入る同じ年に前職で働いていた場合、事務や経理の人などに「年末調整するから、前の会社の源泉徴収票を出して」と言われることがあります。

履歴書に嘘を書く場合、年度またいだ方がこういった都合上でもバレる可能性は低いですね。

 

ただこれはどういった嘘をつく日にもよります。

それに年末調整をしなくても自分で確定申告すれば問題ありません。

国税庁のホームページから簡単に入力項目に記入していくだけで確定申告の書類が作れるようになっていますし。

私も副業の確定申告などで何年もやっていますが、たいして難しくありません。

ただこういった事でばれる可能性があるので、頭の片隅には入れておいた方がいいでしょう。

 

今は人手不足の会社が多いのであまり気にしてられない会社も多い

やはり空白期間などがあると、履歴書に嘘を書いてもバレないだろうと考えてしまいがちなんですが…。

正直今は少子高齢化による生産年齢人口の減少によって、人手不足に陥っている会社が多いですからね。

 

ただ

  • 人手不足は嘘!とか
  • 労働人口は増えている!とか
  • 外国人労働者がたくさん来る!とか
  • 人工知能が普及して人が入らなくなる!

なんてことも言われていますが…。

正直労働人口が増えたことについても高齢者などが増えただけですし。

若者が減ってますので、フルタイムで働いてくれる人材が減っていますから、人手不足は本当ですからね。

移民やAIなどもそんなにまだまだ期待できませんし。

 

依然として特に中小企業や零細企業などは、募集をかけても人が来ないケースが多いです。

今はそういった待遇の悪い会社ですと、正社員で募集をかけてもなかなか人が来なかったりしますからね。

正直履歴書に多少嘘が書いてあったとしても、そんなことでいちいち落としてたら人材確保なんて出来ませんからね。

あんまり気にする必要もないと思います。

まあいい会社や金融業警備業とかのうるさい業界ですと、難しいとは思いますが…。

普通のハローワークに出てるような、受ける人が少ない待遇の悪い会社であれば、担当者の質も低いのでバレる可能性は低いと言えるでしょう。

 

今は仕事はたくさんあるので…

履歴書に嘘を書いてもバレないようにする方法はあります。

というかこういったことは受ける会社次第なんですよ。

大企業だったり堅い業界ですと、ちゃんと調べる傾向にありますけど…。

これが中小零細企業ですと、そもそも正社員で募集をかけてもなかなか人が来ませんので、そんなことでいちいち落としてたら採用なんてできません。

そういった会社はほぼほぼブラックな可能性が高いので入ってくる人よりも辞めていく人の方が多いですからね。

 

まぁブラックな会社を狙っていくのもどうかと思いますが…。

履歴書に嘘を書かなくてはいけない時点であまりいい会社には入れずブラックな業界しか狙えない方も多いでしょう。

そういった方であれば、どうせ履歴書に嘘を書いてもバレる可能性は結構低いので自己責任でやってしまうもいいと思います。

というかそうしないと、空白期間ある人材なんて書類の段階で落ちるから採用されず生活保護になってしまいます!

 

まぁ幸い今は仕事はたくさんありますので、今のうちに動いておくといいと思います。

今ならば比較的良い会社にも入りやすくなってきていますので…。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

履歴書に嘘を書いてもバレないようにする方法はありますが、やはりその後バレた場合のことが心配ですね。

こういうのはネットで検索すると

  • 履歴書の職歴詐称がバレた人のその後w
  • 詐称して正社員になったニートの末路w
  • 職歴詐称がバレたら解雇されるぞ!
  • クビになったらどうするんです!?

こんなクソみたいなことが言われる傾向にありますが…。

 

じゃあ履歴書にウソを書かないと採用されないような人はどうしたらいいのか、代案を示してなんてくれませんよね。

正直人手不足も中小零細企業はそんなことしてる余裕なんてありませんよ。

今は正社員で募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いですし。

転職がしやすい御時世ですから、募集をかけて人が来てもそれ以上に辞めていく会社が多いですからね。

 

まぁバレても会社にかばってもらえるぐらいに人1倍仕事を頑張ればいいのではないでしょうか?

正直日本企業は空白期間や経歴についてうるさすぎますよ。

それ相応に報いてくれたり給料くれるのであればいいですが、そうでありませんからね。

まぁあんまり気にせずに嘘を書かないと採用されない経歴なのであれば、自己責任でやっていくのがいいと思います。

幸い今は仕事はたくさんありますので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

転職活動
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。