【実家へ】地元に帰りたい!Uターン転職を失敗させない7の注意点

12019 / Pixabay

  • 地元に帰りたい!

  • でも地元ってろくな転職先が無いような…

  • 地元に帰っても仕事なんてあるんだろうか?

とお悩みの、地元に帰りたいと考えている転職希望者の方のためのページです。

あなたのような方は最近多いかもしれませんね。

家庭の都合だったり、「ずっと都会で働くのか?」みたいな疑問を持って、地元に帰って転職したいと考えている方は多いでしょう。

ですが、一般的に地元と言うと田舎な方が多いと思います。

田舎ほど仕事は無い傾向にありますね…。

特にこれからは過疎化がさらに進んでいきますので、仕事は減っていくでしょうし。

ですが実家の相続の問題などもありますからね…。

何とか地元へのUターン転職を成功させるためのコツをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

地元に帰るためにUターン転職したい方は多い!

最近はあなたのように、地元に帰りたいからUターン転職をしたい人というのも増えています。

というか実家がある人ですと、後々相続の問題も絡んできますからね…。

財産はいる、実家はいらない!なんていうわがままは通りませんし。

一応ちょっと触れておくと、実家などの不動産は、相続放棄しても管理責任はありますからね。

特に親がそこそこの年齢ですと、「そろそろ近くにいてあげなきゃ」という気持ちが湧いてくるのも分かります。

実際にネットやSNSなどを見てみても、

「今東京にいるんだけど、そろそろ地元に帰らなきゃって思ってるんだけど。

親も心配だしね。

ただもう30代だから転職が不安だけど。

田舎は仕事ないからなー」

「俺一人っ子なんだけど、実家の相続が不安!

今母親一人だけで住んでるし、この前入院したし。

調べたところ、相続放棄しても不動産は管理責任があるらしいんだよね…。

そろそろ地元に帰るために転職した方がいいかな」

「東京の大学に進学したから東京で就職したけど、さすがにここにずっと骨を埋めるかと聞かれたら分からない…。

と言うかこんなあくせくした、地価も高い場所で子供を育てるなんて考えられないしね。

ただ地方はこれからさらに衰退してくからな。

ほんと悩むな」

こんな意見が散見されますからね…。

地元にUターン転職したいという人は、東京などの都会で進学してそのまま就職した人が多いと思います。

都会の方が仕事は多い傾向にありますからね。

ただ仕事が多い関東圏などであればいいですが…。

他の地方の都道府県ですと最低賃金も低いですし、給料も低い傾向にあります。

なかなか地元に戻ってUターン転職するのは勇気がいるかもしれません。

田舎でも、仕事は選ばなければあるが…

あなたの地元がどのくらい発展しているのかわかりませんが…。

選ばなければ、仕事自体はあると思います。

まぁ地方都市レベルだったら、 かなりマシだとは思いますが。

ですが、基本的に田舎ほど仕事は少ないです。

 icon-exclamation-circle 

東京などの大都会には、それこそほぼ全種類の仕事がそろっていると思います。

賃金水準も全国一で断トツで高いです。

ですが田舎ですと、現場作業系の仕事や、介護系の仕事しかなかったりします。

おそらく、ホワイトカラー系の、オフィスで働けるような仕事はかなり少ないです。

それでもいいのであれば、仕事はあります。

ただやはり、田舎の方が最低賃金が低いです。

なので給料も低い傾向にありますね…。

田舎の方ですと、正社員でも給料10万円台前半!なんてケースもザラです。

仕事を見つけてから地元に帰るべき

422737 / Pixabay

あなたのように、転職で地元に帰りたい!と考える人が多いのですが…。

何も考えずに、「地元に帰ってから転職活動しよう!」と考えて帰っても、仕事が見つかる保証はないですね。

まあ、選ばなければ給料の安い仕事は見つかるかもしれませんが…。

なので、仕事を見つけてから帰るべきだと思います。

見つかるまでは、やめておいた方が無難かもしれません。

変な仕事に就いたら給料も安いでしょうし。

 icon-exclamation-circle 

ただ、仕事が見つかったとしても、その会社が良い会社かどうかは、実際に入社して働いてみないとわからないです。

求人票の虚偽記載をしている会社も多いですし。

仕事が見つかったとしても、その会社がダメだった場合のプランBも考えておいたほうがいいですね。

「他に同じぐらいの給与水準の会社はあるだろうか?」みたいな、代替案になるような求人の会社も見ておいたほうがいいと思います。

まぁ幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますけど。

転職して地元に帰りたいなら、仕事が多い今がチャンスだと思います。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、仕事はたくさんありますからね。

仕事が多い今のうちに、地元で良い会社を探しておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

田舎に帰ると、給料は基本的に下がる可能性が高い

あなたのように、転職して地元に帰りたいと考える人も多いのですが…。

基本的に、田舎ほど給料は安いです。

手取り10万円ちょっとで働いている正社員も結構います。

あなたの地元がどのくらい田舎なのかわかりませんが、結構厳しいかもしれませんね…。

基本的に、給料が下がる覚悟は当然ながらしておくべきです。

 icon-exclamation-circle 

これが嫌なので、地元から出て帰ってこない人が多いんですよ。

東京などの大都会に比べて、 別に田舎の物価が安いわけでもないですからね。

土地や家賃が安いぐらいで、物価はほとんど同じです。

仕事のない都道府県のあたりの求人とか、ネットで仕事検索してみればわかりますけど。

総支給13万~14万とかの正社員求人がゴロゴロしてますよ…。

よく調べてからにした方が良いでしょう。

田舎だと、車は必須!

Emslichter / Pixabay

もしかしたらあなたは、今東京などのような大都会に住んでいるのかもしれません。

車なんて持っていなくて、電車やバスで通勤しているのかもしれません。

ですが、田舎は車が必須です。

車がなければおちおち買い物にも行けませんし、仕事の応募すらできません。

 icon-exclamation-circle 

田舎の求人はどれも、応募資格欄に「要普免」と書いてあります。

つまりは、 自動車免許と車が必須だということです。

車がなくても生活できる東京のほうの若者は「車なんて負債!あんなものを持つやつは馬鹿!」なんていう人もいますが。

田舎ではそんな理屈など通用しません。

ペーパードライバーであれば、講習を受けるなどの努力も必要でしょう。

車の購入資金も必要になってきますからね。

独立も視野に入れるのも手段の一つ

田舎の場合は、これまでの経験が活かせない仕事ですと、大した給料がもらえない可能性が高いです。

大都市に隣接している都道府県であれば比較的仕事は多いですが、そうでないと田舎は本当に給与が安いです。

本気で、年収300万いけば御の字!みたいなところもありますからね…。

 icon-exclamation-circle 

ですが、今はインターネットで仕事をとったり、在宅で働くことができる時代です。

ネットのおかげで、田舎だろうが大都市だろうが、場所を選ばずに仕事ができますし。

ただ会社員の場合は、在宅勤務のできる会社に所属する…とかやらないと難しいです。

それならば、ネットで稼いで独立…なども視野に入れてみたらどうでしょうか?

最初は副業から始めてみても構いません。

私もネットで副業して、会社員の給料以上には稼いでいますし。

睡眠時間削る事にはなりますけどね…。

その覚悟があるのであれば、 決して無理ということはありませんよ。

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

田舎ほど、年々景気や人材市場は悪化していく傾向に…

geralt / Pixabay

当然ですが、田舎ほど過疎化で人が消えつつあります。

今はまだ労働人口減少の方が上回っていますが、これからはわかりません。

そもそも人がいなければ、会社も倒産したり撤退してしまいますからね…。

2040年には、約3割の自治体が人口1万人を切って消滅の危機に陥る!という試算も出ていますし…。

2018年の総務省が発表したデータによりますと、今人口が増えているのは、

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 愛知
  • 沖縄

の6都県だけです。

後の都道府県は、全て人口が減っていっています。

 icon-exclamation-circle 

もしかしたら、今はいい仕事が見つかって、地元にUターン転職を成功させられるかもしれません。

ですがこれからは、定年までその会社が存続するか?という保証はどこにもありません。

まあこれは、都会に住んでても言えますが。

仕事が多い都会ならば、再就職も比較的簡単です。

単純に仕事が多いので、中高年の方でも非正規雇用の仕事ならばどこかしら見つかるでしょう。

ですがこれが、あなたの地元だったら?

10年後20年後の田舎は、非正規の仕事すら見つからないかもしれません。

そうなると、非常にリスキーです。

いざというときには、大都市にすぐに移住できるよう、大都市に隣接した都道府県であれば大丈夫だと思いますけどね。

地元へのUターン転職は、よく調べてからにするべき

安易に地元に帰ってしまって、後悔している人も多いです。

引っ越すってなると結構まとまったお金がかかってきますからね…。

地元でお金がなくなってしまったら、「やっぱり戻ろう」というわけにもいかないですから。

というか、仕事がないとか、給料が下がるってかなり致命的だと思いますし。

「給料が下がっても生活していくことができるかどうか?」という試算をしてみてからのほうがいいですね。

 icon-exclamation-circle 

可能ならば、これから生活レベルは上げないでいたほうがいいです。

出費を最低限に済ますことができれば、収入が下がろうが途絶えようが何とか生きていけますからね。

ネットで稼げるスキルがあれば、独立したり副業で収入を維持したりもできるんですけどね。

地元に帰る前に、そういったスキルを身に付けておくと、命を救われることになるかもしれません。

まあ、とりあえず求人見たほうがいいですね。

幸い今は有効求人倍率も高く、比較的転職はかなりしやすくなってきていますし。

仕事が多い今のうちに、いい会社を探しておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

あなたは事情があって、割とすぐにでも地元に帰らなければならないのかもしれませんが。

結構よく考えたほうがいいかもしれません。

家族の世話が…などの理由があるかもしれませんが。

単純にお金の問題であれば、都会で稼いで田舎に仕送りしたほうが効率がいいです。

お金があれば家政婦を雇うこともできますし、色々なサービスを代行してもらうこともできます。

ですがお金がないと、生活していくことすらできないのです。

私だったら、相当悩んで、都会で働き続けるかもしれません…。

本当に、よく考えてみたほうがいいかもしれませんよ。

まぁそうは言いましても、今ならば有効求人倍率も高いので、比較的良い会社は見つかりやすい可能性はあります。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今見つからなかったら一生無理!ぐらいにはチャンスかもしれません。

仕事が多い今のうちに、地元のいい会社を探しておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする