給料が上がらないからモチベーションが上がらない!労働意欲が出ない時の対処法

Dieter_G / Pixabay

  • 給料があがらない!

  • モチベーションも湧かない…

  • どうやれば給料上がるんだ…

そういった悩みをお持ちの方は、今は珍しくもないかもしれません。

給料が上がらないと、モチベーションを上げろというのも難しい話です。

何のために働いているかと言われたら、お金のためですからね。

いくら頑張っても給料が増えないようでは、やる気も出るわけがありません。

ですがそんな状態で働いていくのは、なかなか厳しいかもしれません。

そんな状態をなんとかするための方法をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

平均では若干上がっているが…

給料が上がらずモチベーションが上がらないとは言いましても、一応全体の平均としては若干上がってきています。

2013年の民間給与実態調査では会社員の平均年収は473万円でしたが、2016年には487万円と上昇しています。

男性の場合は511万円だったのが521万円に上昇していますね。

ただ最近は、税金や社会保険料が値上がりしてきているんですよ。

厚生年金や健康保険の上昇が結構痛いです。

多少給料が上がったところで、税金や社会保険料が上がっているので手取りは減っているんですよ…。

これで給料も上がっていなかったら、更に厳しいことになります…。

あなたのモチベーションが上がらないのも、当たり前と言えます。

既存社員の給料は上げたがらない会社も

ですが最近はどこの会社も人手不足で、なかなか募集をかけても人が集まらない会社も増えています。

なので、給料を釣り上げて募集をかけている会社も増えてきています。

そうしないと、なかなか人材が集まらなくなってきているんですね。

ですが、既存社員の給料は上げたがらない傾向にあるんですよ。

全体の人件費が上がってしまいますからね。

当然ながら、そうなると今働いている社員はモチベーションなんて湧きません。

やる気もなくなり、他に行ける若手からさっさと辞めてしまうケースが多いですね…。

まぁ社員の給料を上げない、経営陣の自業自得ですが…。

最近は給料を上げないと人も来ず、既存社員にもそっぽを向かれて退職されてしまうケースが多いのです。

そのせいか、人手不足が原因の倒産件数は年々右肩上がりで増えてきていますね…。

給料が高めの会社に転職が一番手っ取り早いかも…

給料が上がらないからモチベーションも上がらない!という悩みは実際多いです。

  • 給料が上がらない(安い)
  • 休みが少ない
  • 人間関係が悪い

この3つの理由は、退職理由で一番多い悩みです。

独身ならばまだいいですが、結婚して家族がいると給料が上がらないのは死活問題ですからね…。

最近は家族を養えない給料しか稼げない会社が多いですし…。

 icon-exclamation-circle 

やはりこういうのは、給料が高めの会社に転職してしまうのが一番手っ取り早いかもしれません。

高い給料を払うためには、その分儲けが出ていないといけないのです。

利益が出てないのに給料上げたら、倒産一直線ですからね。

ですが最近は企業間の勝ち負けも明確になってきたこともあって、負け組企業ですとなかなか難しいんですよ。

そういった利益があまり出ていない会社でいくら頑張っても、給料も上がらずモチベーションも湧いてきません。

なので、いっそのこと転職をして、もっと儲かっている企業に転職した方が良いかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

一応、ダメ元で給料アップ交渉してみるのも手

なかなか、給料を上げて貰おうと思っても難しいのですが…。

まだやっていないのでしたら、一応ダメ元で給料アップ交渉をしてみるのも手段の一つです。

もしかしたら、給料を上げてくれるかもしれませんし。

 icon-exclamation-circle 

ただし、条件がつく可能性が高いです。

  • 出世できるのであれば
  • 残業をもっと増やしてもいいのであれば
  • これ以上人を増やさないのであれば

などなど。

大抵、全体の人件費は既に決まっているパターンが多いですからね…。

あなたが他の社員の代わりにもっと働いたり、その分働いてくれるのであれば、給料を上げてくれる可能性はあります。

平社員のまま、何のリスクも取らずに給料を上げて貰おうなんて虫のいい話はありません。

結局この世は等価交換になっているのです。

ただその分大変になったら、多少給料は上がってもモチベーションは下がるかもしれませんが…。

コッソリ副業するのも手段の一つ

あとは、給料が上がらないのであれば副業をするというのも手段の一つですね。

本業の仕事で給料が上がらないのであれば、副業をするしかありません。

でも実際、政府も所得が伸び悩んでいることを憂慮してか、副業を解禁する方向で動いていますよね。

まだ実現には至らないようですが…。

幸い今はネットで手軽に副業を行える時代なので、コッソリ副業をしてみるのも手段の一つです。

まぁ大抵は副業で住民税が上がってしまうことでバレますから、少額だとバレにくいです。

まぁバレたとしても、投資などの資産運用は副業には当たりませんから、「株でちょっと儲かった」とか言っておけばお咎めはないことが多いです。

こちらで色々紹介していますので、参考にしてください。

⇒サラリーマンに最適な副業をご紹介!気楽にできる方法まとめ

極力残業を増やして、残業代を稼ぐのも手

あとは給料が上がらないのであれば、残業を増やすという手もあります。

残業をすれば、残業代を稼ぐことができますからね。

その分給料は増えます。

いわゆる「生活残業」ってやつです。

…ただ、最近はなかなか残業にも厳しい世の中になってきましたが…。

残業しようと思っても、正当な理由がないとできない会社も増えてきました。

電通過労死事件あたりから、厳しくなった企業が多いと思います。

…まぁ副業禁止を忠実に守るとなると、残業代くらいしか給料を上げる手段がないんですよね…。

できる会社であれば、やってみるのも良いかもしれません。

ちょっと残業して給料が上がるのであれば、多少はモチベーションも上がるかもしれません。

やはり利益が増えないと、給料アップはなかなか厳しいので…

いくら給料が上がらずモチベーションも上がらないとは言いましても、会社が100%悪いわけでもないと思います。

やはり利益が増えないことには、給料アップはなかなか難しいので…。

大企業などは内部留保も増えていますが、中小企業はギリギリのところで踏みとどまっている会社も多いですからね。

そういった会社ですと利益が増えるどころかむしろジリ貧のところも多く、給料を上げるのはなかなか難しいでしょう。

まぁそういった会社は、今は人材確保できず淘汰される方向ですが…。

給料を上げないと人も来ませんし、あなたのような既存社員のモチベーションも低下してしまい、人手不足で倒産の憂き目にあってしまうのです。

幸い今は仕事も多いので、そういった会社に勤め続けるかはよく考えた方が良いかもしれませんね…。

資金力のない会社ですと、給料も上げようがありませんので。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

給料が上がらないと、やはりモチベーションも上がりません。

我々が何のために働いているかというと、お金のためですからね。

いくら頑張っても給料が上がらないのであれば、モチベーションも低下してしまうのは当たり前の話です。

そういった会社は、今は社員にそっぽを向かれて、淘汰される方向ですね…。

まぁ今は幸い有効求人倍率も高く、仕事はたくさんあります。

今のうちにもっと給料が上がる会社を探して転職するというのも手段の一つだと思います。

最近は税金や社会保険料も値上がりしていますので、給料が上がらないと年々手取りは減っていってしまいますからね…。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする