【給料分】給料以上の仕事はしない!を実践するための5つのポイント

nattanan23 / Pixabay

 

  • 給料以上の仕事はしたくない!
  • だって割に合わないし…

そういった悩みをお持ちの方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

最近は本当に給料が上がらない会社も増えてきていますし。

ワーキングプアの方も増えてきていますからね。

サービス残業などをさせられる会社も増えてきていますし。

そんな中労働意欲がかなり落ちてしまって、給料以上の仕事はしたくない!と考えるあなたのような方も珍しくないんです。

会社としては従業員を給料以上に働かせてその分搾取するのが一番儲かりますからね。

なんとか給料以上の仕事をさせようと、あれこれ試行錯誤してくるんです。

 

この記事ではそういった給料以上の仕事はしないを実践するためのポイントをまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

頑張っても給料上がらず給料以上の仕事はしない!と決める人も多い…

最近はあなたのように給料以上の仕事はしたくないという方も増えてきています。

最近は本当に頑張っても給料は上がらない会社が増えてきていますからね。

というか税金や社会保険料も値上がりしてきていますからね。

頑張って多少給料が上がったところで、手取りはほぼ横ばいかむしろ減っている方も多いのではないでしょうか?

そんな中そんな給料以上の仕事をしたところで、割に合わないんですね。

正直無駄だと思ってる方が多いと思います。

 

最近の会社は本当に従業員が頑張っても還元しない会社が多いですからね。

特に我が国は「上が無能で下が有能!」という風に昔から言われていますし。

そんな中あなたが給料以上の仕事をしたところで、社長などの経営陣の懐が潤うだけであなたにはまったく還元されないでしょう。

我が国の会社員の労働意欲は先進国中最低!というデータもありますし…。

 

給料以上の仕事をしないために極力残業せずに帰るべき

あなたのように給料以上の仕事をしたくないと考える方も多いと思いますが…。

給料以上の仕事をしないためには極力残業をせずに帰るべきだと思います。

残業すると残業代は稼げるかもしれませんが、そうなると自分の時間がなくなってしまいますし。

給料分だけ働ければいいと考えているのであれば、定時でさっさと帰ってしまいましょう。

 

 icon-exclamation-circle 

まあ最近は人手不足の会社が多いのでなかなか残業せずに帰るというのも難しいかもしれませんが…。

その場合は質を落としてでも、スピード優先で何とかやっていくしかないですね。

一応契約上は定時までいれば給料分の働きはしたということになりますし。

そこで「残業を断ると業務命令違反!」だなんていうことを言われたりもしますが、労働基準法では月45時間以上の残業は禁止されていますからね。

36協定というものを結べばそれ以上に残業させることができるのですが、厚生労働省の調査によれば半数以上の中小企業はそんなもの結んでいないということが分かっていますし。

 

まぁ残業するにしてもそのぐらいの程度にとどめて、さっさと帰ってしまいましょう。

そこで頑張って残業したらしただけ仕事をどんどん任されて、損な役回りになってしまいますからね。

 

仕事量が多すぎるなら給料以上働かないために質を落としてスピードを優先する

あなたのように給料以上の仕事はしたくないと考える方も多いと思いますが…。

そういった方ですと、そもそもの仕事量が多すぎるのではないでしょうか?

仕事量の割に給料が低いと、あなたのように「給料以上働きたくない!」と考えてしまうケースも多いです。

最近は本当にそうやって搾取してこようとする会社が多いですからね。

 

 icon-exclamation-circle 

そういった方の場合は給料以上働かないために質を落としてスピードを優先しましょう。

そして極力残業せずに早く帰ってしまいましょう。

特に日本は過剰サービスだったりかなり真面目な人が多いですからね。

安い給料しかくれないのに高いクオリティーで仕事をしてしまう方が多いんです。

 

ですがそれですと、一向に給料も上がりませんからね。

「この安い給料ではこの程度の質のものしかできない」と言う事を、会社側に分からせてやる必要があるんです。

まぁ本当に定時内に終わらないような仕事量を押し付けるのは会社側の甘えだと思いますよ。

このぐらいやって意識低く働くのも良いかもしれません。

 

給料に見合っていない仕事なら早めに転職を検討するべき

あなたのように給料以上の仕事はしたくないと考える方も珍しくありませんが…。

そういった方の場合は給料に見合っていない仕事のキツさや仕事の量だったりするのではないでしょうか?

最近は本当にそう言ったブラックな会社も増えてきていますし。

最近は人手不足の会社もかなり増えてきていますからね。

そう言った割に合わない労働を強いられている方も珍しくないんです。

 

そんな割に合わない仕事をさせられているのであれば、早めに転職を検討するのも手段の1つです。

幸い今は有効求人倍率も高く仕事はたくさんありますし。

そんな給料以上の仕事を求められるような割に合わない会社にしがみつく必要などひとつもないのです。

まぁ今なら本当に仕事はたくさんありますので、今のうちにもっと報われる会社に転職しておくのもいいと思います。

やはり給料以上に頑張ればその分報われて給料が上がっていく会社で働いた方がいいと思いますし。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

有給休暇は労働者の当然の権利なので、給料以上に働かないために積極的に取得する

あなたのように給料以上の仕事はしたくないという方も珍しくありませんが…。

そういった方の場合はとにかくもっと積極的に休みを取って行った方が良いかもしれません。

幸い我々労働者には有給休暇と言う権利がありますからね。

これは我々労働者の当然の権利ですので、積極的に取得していきましょう。

給料以上に働かないためにはこういった休みを積極的に取っていく必要がありますからね。

 

まぁ最近は人手不足に陥ってる会社が多いので、色々と文句を言われる可能性もありますが…。

まぁ適当な理由をつけて休んでしまいましょう。

給料以上に働きたくないのであれば、こういった休みを取っていくことは絶対に必要ですからね。

 

給料以上に頑張りすぎている社員がいたら、いかに馬鹿らしいか説得するという手も

あなたのように給料以上に仕事をしたくないと考える方も多いと思いますが…。

そこであなただけが給料以上に頑張らないようにすると色々と言われてしまう可能性が高いです。

やはり目立ちますからね。

同僚も同じように給料以上に仕事をさせないようにしていく必要があると思います。

 

 icon-exclamation-circle 

そう言った場合は、給料以上に頑張り過ぎている社員が周りにいたら、いかにそれがバカらしいことなのか説得すると言うのも手段の1つです。

まぁあなたの代わりに頑張ってくれている社員がいるから、あなたがさっさと帰れたりするんですけど…。

そこで他の同僚が頑張ってしまったらあなたにもそのレベルを求められてしまいますからね。

痛し痒しですが、説得してみるというのも良いかもしれません。

 

  • そんなに頑張っても給料上がらないよ!
  • 給料分だけ働けばいいじゃん!
  • あなたが頑張った分社長や経営陣が儲かるだけだよ!
  • あんまり頑張るとこっちの要求水準まで上がっちゃうからやめてよ!

これぐらい言ってしまうのが良いかもしれません。

まぁ実際そういった職場ですと、頑張っても給料は上がらないでしょうし。

その同僚の目を覚まさせるためにも、こういったことを言ってみるのも良いかもしれません。

 

ただ給料以上の仕事はしないと決めると、色々と言われてしまう恐れも…

あなたのように給料以上の仕事はしたくないと考える方も多いと思いますが…。

そこで給料以上の仕事はしないと決めて意識低く働いていると、色々と言われてしまう恐れもあります。

特に日本人なんて真面目な方が多いですし。

ブラック企業に洗脳されている人も多いですからね…。

 

  • もっと真面目に働いてよ!
  • お金もらってるんだからもっと頑張ろうよ!
  • そこはもっと意識を高くしていこうよ!

こんな感じで色々と言われてしまう傾向にあるかもしれませんが…。

給料以上の仕事はしたくないのであれば、無視していくしかないですね。

というかそこで色々と言われてしまうような会社であれば、本当に早めに他の会社に移ってしまった方がいいと思います。

これからも給料以上の仕事をしてないと色々と文句を言われるかもしれませんし。

 

あまりにそういった会社で無理して働くとこれから先きついので…

あなたのように給料以上の仕事はしたくないと考える人も珍しくありませんが…。

そうは言いましてもやはり給料分以上の仕事の働きを求めてくる傾向にありますからね。

会社なんてそうやって労働者をいかに働かせて搾取するかしか考えていませんし。

ただそこで給料以上の仕事をしないと決めて働こうとしても色々と言われてしまう可能性が高いんですよ。

 

まぁそういった会社は結構労働環境の悪いブラック企業が多いと思います。

最近は本当にそう言った会社が増えてきているんですが…。

あまりにそう言った会社で無理して働くとこれから先かなりキツイかもしれません。

そういった会社ほどどんどん人が辞めていきさらに人手が不足していきますからね。

 

幸い今は有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんある傾向にありますからね。

今のうちにもっと働きやすい会社に移ってしまった方が良いかもしれません。

やはり給料以上に頑張ればその分報われて給料が上がる会社に行った方がいいと思いますからね。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

まとめ

あなたのように給料以上の仕事はしたくないと考える人も多いと思いますが…。

やはりそういった風に考えていても、同僚が邪魔をしてくる可能性も高いですね。

特に日本人なんて真面目な人が多いですからね。

あなたが給料以上の仕事をしないつもりでも、あれこれと同僚や上司などが面倒なこと言ってくる可能性が高いです。

そこであなたのように給料以上は働かないということにしていけばもっと日本の労働環境も良くなっていくとは思うんですが…。

やはりそう言ったブラック企業に洗脳されているような人も多いですからね。

そういった人たちのお陰で社会が回っているのは確かですが、あんまり安い給料で頑張っても一向に給料は上がらないですし。

 

まぁ今は本当に仕事がたくさんありますので、もう少し労働環境のいいような会社に転職してしまうのがいいと思いますけど。

その方が給料以上に頑張れば報われる可能性が高いかもしれませんし。

今は比較的良い会社にも行きやすくなってきていますので、今のうちに動いておくのも良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



きつい会社員生活
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?