求人出しても人が集まらない!応募ゼロで人手不足がヤバい時の対処法

MikeRenpening / Pixabay

 

  • 求人をかけても人が集まらない!
  • 人手不足でやばい!

そういった悩みをお持ちの方は、今のご時勢多いかもしれません。

 

少子高齢化による生産年齢人口の減少により、深刻な人手不足に陥る会社が増えています。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

大企業や有名企業となると依然として買い手市場ですが、中小零細企業は人気も知名度もありませんので、求人をかけてもなかなか応募なんて来ません。

最近は中国や東南アジアも経済発展により人手不足になってきているため、外国人労働者は落ち目の日本よりも他国に出稼ぎに行ってしまう傾向にあります。

 

しかし求人を出しても応募ゼロとなると本当にヤバいですし、これから先会社は大丈夫なのか?本当に不安だと思います。

この記事では、求人を出しても応募ゼロな時の対処方法について解説します。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

今は空前の人手不足!中小零細企業に人なんて集まらない!

最近はあなたのように求人をかけても人が集まらずに困っている会社は多いです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

少子高齢化による労働人口の減少と段階世代の大量退職が重なりましたから、有効求人倍率も1.5倍を超えて正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし。

特に人手不足の業種に関しては、有効求人倍率5倍から10倍近いものもあります。

最近はその影響か、自動化したり外国人労働者を活用する会社も増えてきていますね。

 

ただ大企業や有名企業に関しては依然として買い手市場で、人手不足とは無縁な傾向にありますが…。

これが中小零細企業となると本当に人が来ませんね。

正社員で募集をかけても全然応募がない会社も増えてきています。

あなたのように求人をかけても人が集まらないと言う会社は増えてきているんです。

給料を吊り上げ人を集めるのも手

あなたのように求人をかけても人が集まらない会社に勤めている方というのも今のご時世珍しくないと思いますが…。

それでもなんとか人を集めている会社は多いですよ。

大抵は給料を吊り上げて募集している会社が多いですね。

 

 icon-exclamation-circle 

特に最近はバイトやパートなどの非正規雇用の仕事なんて全く人が集まらなくなってきていますからね。

時給を釣り上げて募集している会社が増えてきています。

この人手不足のご時世で時給800円とか900円しか出せないような会社は、人が集まらずに淘汰されていくでしょう。

 

なので、求人をかけても人が集まらないのであれば、他の会社に比べて給料が低いことが原因だと考えられます。

なので、給料や時給を釣り上げて求人をかけてみるのもいいかもしれません。

結局はこういった感じで働くメリットを分かりやすくお金で伝えることがいいと思いますけど…。

まぁそんなに人件費が出せないという会社が多いと思いますが…。

そうやってケチって人を集められない会社から、人手不足倒産して淘汰されていくでしょうね…。

その会社で働くとどんなメリットがあるか?わかりやすく求職者目線で提示すべき

あなたのように求人をかけても人が集まらない会社で勤めている方も多いと思いますが…。

そういった会社というのは、求職者側にその会社で働くメリットを示せていないのだと思います。

これはまでは良かったんです。

これまでは団塊世代が大量にいましたので、求人をかければアホほど人が来ましたが…。

その頃は企業側も上から目線でいられましたけどね。

 

これからは若者もどんどん減っていきますし、日本の人口自体が減っていきます。

きちんと求職者に寄り添って考えていかないと求人をかけても人なんて来ません。

 

特に今は簡単に会社のブラック事情がシェアされて、「あの会社はやめとけ!」と情報が共有されてしまいますからね。

そんな中求人をかけて人を集めていくには、その会社で働くとどんなメリットがあるのか求職者にちゃんと示すことが必要だと思います。

この辺りネットビジネスを行っている会社などは、伝えるのが非常にうまく成功している印象にありますね。

しかし旧態然としたハローワークや求人誌にしか求人を出さないような会社は、なかなかこういった目線を持てていない傾向にあります。

やはり今の時代の情報過多で、いちいち求人広告に目を通している余裕もありませんからね。

分かりやすさが重要だと思います。

具体的なメリット例

例えば、この会社で働けば

  • コミュニケーション能力が身につきます!
  • 就職活動でアピールしやすい!
  • 資格取得支援制度あり!
  • 独立支援制度あり!
  • 気に入らなければ試用期間中でやめることも可能!
  • 辞めたくなったら即日退職OK!

などなど。

そういった風にわかりやすいメリットを示していくことで求職者も安心します。

安心して応募しやすくなってくるんです。

というか今は求職者自体が減ってきていますから、少ない求職者にそうやって適切にアピールできないとなかなか人が来ないと思いますが…。

これを見て「仕事なんだから甘えるな!」なんて寝言を言うような会社には、今は若者なんて絶対来ません。

ネットで自社の露出を増やし人を集めてみるのも手

あなたのように求人をかけてもなかなか人が集まらない会社に勤めている方も多いとは思いますが…。

まぁ今はそもそも有効求人倍率が高く失業率も低迷していますので、そういった会社は非常に多いんです。

ただそんな中人が殺到している会社というのもたくさんありますからね。

大企業や有名企業ではなくても人が殺到している会社というのもあります。

そういう会社というのは、ネットで露出を増やして求職者にアピールできている会社です。

まあ有名企業と言えるかもしれませんが。

 

 icon-exclamation-circle 

例えばYouTubeなどで作業の様子を動画投稿したりしている会社もありますよね。

そういった会社はYouTubeのチャンネル登録者数やツイッターのフォロワーなども増えて勝手に拡散されていきますから、

Twitterで人材募集しますと、呟くだけで速攻で応募がたくさん来たりします。

やはり今はネット社会ですからね。

そういった風に伝えていく必要があるかもしれません。

 

特にYouTubeで作業や仕事の様子をある程度配信していると、こんな感じで働いてるんだというのがわかりやすいですからね。

最近の会社は本当にブラック企業が多く、入社してみないと分からなかったり騙して入社させてこようとする会社も多いですからね。

そうやって露出を増やしつつ求職者を安心させる仕組みも必要だと思います。

結局そうやって求職者の目線で応募したい会社かどうか?ということを考えていく必要があると思います。

転職口コミサイトなどで会社のブラック情報が共有されてる可能性も

やはり最近は少子高齢化などの影響もあって求人をかけてもなかなか人が集まらない会社も多いのですが…。

今はネット社会ですからね。

もしかしたらあなたの会社のこれまでの振る舞いに原因があるのかもしれません。

特に最近はブラック企業の情報などは、すぐに転職口コミサイトなどで共有される傾向にありますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

特に最近の若者は、

  • ブラック企業は全部つぶれろ!
  • ブラック企業の製品なんて買わない!
  • ブラック企業に労働力を提供しない!

こんな風にブラック企業を憎んでいる人が本当に多いですからね。

あまりにブラック企業が増えすぎたため、自身も被害にあっていたり、家族や友人が被害にあっていて憤りを感じてたりします。

 

そういった人はブラック企業に当たってしまった場合に第2第3の被害者を出さないために、転職口コミサイトに書き込む傾向にあります。

まあそんな恨まれるようなことをしている時点で企業側の自業自得ですけどw

大抵の転職口コミサイトは公平性を担保するために、真実だと思われる書き込みに関しては企業側のクレームに屈することなくそのまま掲載する会社が多いですし。

最近は求職者もバカではありませんから、そういったところをちゃんと見て応募してくる傾向にあります。

もし自社がブラックだと感じているのであれば、もうブラック情報が知れ渡っている可能性もありますね。

この場合は小手先のテクニックで人を集めようとしても無駄ですし。

入ってきても続かずに辞めていくでしょう。

求職者はブラック企業の浅はかな考えなどすぐ見抜く!本気で労働環境改善に取り組むべき

あなたのように求人をかけても人が集まらない会社に勤めている方も今のご時世多いと思いますが…。

そういった会社の場合、小手先のテクニックに走ろうとするんですよね。

  • ネットで露出を増やせば人は来るだろ
  • SNSを使えばいいんだろ
  • CMをよくやっている求人サイトに求人出せばいいんだろ

などなど。

そうやって小手先のテクニックやその場しのぎの方法で求人をかけて人を集めようとする傾向にあります。

 

ただそもそも求人をかけても人が集まらないというのは、あなたの会社に魅力がないからですからね。

そもそも労働環境がよかったり働きやすい会社であれば、おいそれと人はやめませんので、そんなに求人をかけて人を集める必要もないんですよ。

労働環境の悪いブラックな会社だからこそ、求人をどんどんかけて集めていかないと回らないわけですね。

これからはそんな自転車操業していたら人が集まらずに倒産していってしまうでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、できれば会社全体で話し合って労働環境改善に真剣に取り組むべきですね。

  • 給料を上げる
  • 休みを取りやすくする
  • 人間関係を改善する

などなど。

 

この3つが退職の際の1番の原因になりますし。

逆に言えばこの3つの労働環境が良ければ、従業員も自然と友達や知人などに声をかけてコネで入社してくる傾向にありますし。

そういったことがないのであれば、あまりおすすめできない会社ということですよね。

求職者もバカではありませんので、人が集まらないということは悪い原因が確実にあるということです。

根本から変えていった方がいいかと思われます。

まぁ多くの会社はそこまで人手不足を深刻に捉えていないので、油断して人手不足倒産とかが増えてるんですが…。

求人かけても集まらないのはまずい!今いる従業員を大事に

あなたのように求人をかけてもなかなか人が集まらない会社に勤めている会社も多いと思いますが…。

やはり求人をかけても人が集まらないと言うのはまずいと思います。

そもそも求人をかけなければならない状況に陥っているという時点で、結構離職率が高い会社なのかもしれませんし。

そういった会社と言うのは人材を使い潰しつつ人を新たに入れていかないと回らない会社ということです。

つまりは人材の自転車操業に陥っているということですが…。

 

そういった会社の場合は、今いる従業員も辞めていってしまう可能性が高いです。

ブラックな会社ほど離職率が高いですからね。

今いる従業員まで辞めてしまったら、また更に人を募集しなければいけませんからね。

今の段階でも人は来ないのに、さらに辞められてしまったら更に大変になってしまいますからね。

 

 icon-exclamation-circle 

なので、今いる従業員を大事にして行った方がいいでしょう。

最近の会社は本当に人手不足で、既存従業員の労働環境を良くするために営業時間を短縮したり休みを増やして対応している会社も増えてきていますからね。

そのくらいしないと人手不足で既存従業員の労働環境を確保していくことは難しいと思います。

なので、思い切って営業時間を短縮したり休業日を増やしたりする工夫も必要だと思いますね。

 

まあそんなことできない!なんていう横着する会社が多いですけどね…。

だからこそバンバン転職していってしまうんですよ。

そんな従業員のことを考えない会社はこれから先淘汰されていくでしょうね。

人が集まらず消耗してるならあなたも長くないかも…

あなたのように求人をかけてもなかなか人が集まらない会社に勤めている方も多いと思いますが…。

人が集まらないということは、あなたの労働環境もかなり悪くなってきているのではないでしょうか?

  • 毎日毎晩残業しないと仕事が終わらない
  • というか休日出勤もしないと終わらない
  • 連休も潰される
  • 人手不足でピリピリして人間関係も悪化

こんなことになっている方も多いのではないでしょうか?

人手不足になるとそう言ったことに陥ってしまうのはよくあるパターンですからね。

 

あなたも会社がブラック化してきていて人手不足でやばいのであれば、転職も検討した方がいいかもしれません。

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も多い傾向にあります。

今はそんな求人をかけても人が集まらない会社にしがみつかなくても、仕事はいくらでもありますからね。

今は中高年でも未経験の業界などにも行きやすくなってきています。

逃げ遅れるとさらに転職しにくくなったり辞められなくなったりしますからね。

今のうちに動いておくのもいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

まとめ

あなたのように求人をかけては人が集まらない人手不足の会社に勤めている方は今の御時世多いと思います。

最近本当に少子高齢化によって労働人口が減少してきていますし、団塊世代の大量退職で人が足らない会社が多いです。

 

ですがそこで働く方としてはたまったものではありません。

たいていの経営者は「またすぐに人手不足なんて解消されるだろう」なんて甘い見通しで見てますけど…。

これから人口動態的に労働人口はさらに減っていきますからね。

外国人労働者も発展途上国の経済発展によって、母国も人手不足で仕事なんてたくさんありますし。

これから更に人が集まらない会社はダメになっていくでしょうから、あなたも沈みゆく船からは早く脱出しておくのもいいかもしれません。

一日でも若いほうが転職には有利ですから、早めに動いておくと良いでしょう。

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年10月の調査によると、51.1%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、特に情報サービス業を含む8業種では60%以上と深刻な人手不足となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥っており、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず、猛烈な円安で外国人が出稼ぎに来るメリットが消滅しつつあるため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。