肉体労働で慣れるまできつい!体壊す前に辞めたい場合の対応策

MarkoLovric / Pixabay

  •  肉体労働してるけどきつい!
  •  疲れがなかなか取れない!
  •  できれば体壊す前に辞めたい…

とお悩みの、肉体労働していて毎日辛い日々を送っている方のためのページです 。

 

私も経験がありますが、肉体労働はキツイですよね…。

慣れるまでは毎日筋肉痛が取れないと思います。

というか体壊す人も多いですし、その前に辞めて足を洗いたいと考えている人もいるかもしれません…。

特に腰を壊してしまう人とかもザラにいますからね…。

 

ですが、そんな毎日を送っていたら、正直仕事がイヤになってくると思います。

できるだけ肉体労働の疲労を楽にする方法まとめました。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

慣れるしかない

結局はこれに尽きると思います。

慣れるしかありません。

 

今の仕事についてどのくらいですか?

私も以前、工場で肉体労働をしていたことがあります。

慣れるまでに1ヶ月から2ヶ月ぐらいはかかりましたね。

人間は、どんな事にも慣れていくことができます。

肉体労働とはいえ、例外ではありません。

 

ただ肉体的には慣れても、肉体労働特有の人間関係は合わない人には合わないかもしれませんね…。

酒とパチンコと風俗の話しかしないような職場も多いですからね…。

間違って大卒の人とかが入ってしまうと、人間関係についていけないケースもザラにあります。

ある意味肉体的な面以外の要素できついかもしれません。

その場合はあまり慣れない傾向にありますね…。

腰を守るためにコルセットつける

肉体労働ですと、腰を壊してしまう人が多いです。

なので、腰を守るためにコルセットや腰痛ベルトなどを装備した方が良いでしょう。

 

以前私が肉体労働やっていたとき、 10代から30代くらいの若者が腰を痛めてしまっている場面を見ました。

腰を痛めてしまうと、そのままその会社で働き続けることができなくなったり、できる仕事が限られてきます。

⇒【地獄】仕事で体を壊しそう!?死ぬ前にすぐに辞めるべき9の理由

 

 icon-exclamation-circle 

現場仕事だと腰を痛めると仕事ができなくなってしまいます。

その結果、営業に回されたりする可能性があります。

以前いた会社の先輩はそうなってました。

 

腕や足の骨を折ったくらいならすぐくっつきますけど、 腰をやってしまうとなかなか治りません。

しかも、すぐに再発してしまいます。

とにかく、腰だけは絶対に守るようにしましょう。 

タンパク質を摂って筋肉をつける

 その肉体労働の仕事では、かなりの運動量があるのかもしれません。

 タンパク質を多めに取るようにしていますか?

 

 筋肉痛になっているのであれば、 トレーニングになっているといえますが。

 筋肉をつけるためには、意識的にタンパク質を多めに取る必要があります。

 だから体を鍛えている人は、プロテインを飲むのです。

 まぁプロテインって言っても、ただのタンパク質ですけどね…。

 わざわざプロテイン買って飲まなくても、 肉や魚類等でたんぱく質をとっても良いです。

 

 そうすれば徐々に筋肉がついてきますので、少しずつ仕事が楽になっていくと思います。

 筋肉が付けば、あなたが使える力が増えるということですからね。

プライベートでもトレーニングする

あるいは、 仕事だけではなくプライベートでもトレーニングをして体を鍛えるのもいいかもしれません。

 トレーニングの方が肉体的にキツければ、 肉体労働の仕事なんて軽く思えてきます。

 ジョギングなどの有酸素運動をしたり、 腕立て伏せやベンチプレス持ち上げたり。

 

 こちらの方が何も考えずにできますし、ストレス発散にもなります。

 心身ともにリフレッシュできるかもしれません。 

バンテリンを塗る

 筋肉痛があまりのひどいのであれば、 バンテリンなどの痛み止めを塗るといいかもしれません。

 これ、効く人にはものすごい効くみたいですね。

 私も、これ塗るとかなり効きます 。 

 

 普通の湿布ぐらいだとあまり効かないので。

 やっぱり高いだけありますよ。

あまりにきついなら転職する

FotografieLink / Pixabay

 

あるいは、あまりにきつすぎるようであれば転職してしまった方がいいかもしれません。

結構、肉体労働で体を壊して仕事を辞めざるを得なくなる人多いので…。

 

 あと、「肉体労働ってきついから、そのぶん給料がいいか?」と聞かれると、別にそういうわけでもないんですよね…。

 土方とかは、バブルの頃はかなり稼げたみたいですけど。

というか、そんなに稼げるんならみんなやってますし。

 

 中高年になるとさらにきつくなってくるでしょうし。

 年をとってからついていけなくなる人も多いです。

それならば、今のうちにもう少し肉体的に楽な仕事に転職してしまうのがいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の転職市場価値を診断してくれるので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

⇒残業20時間未満!年収500万以上!高給ホワイト企業に行くなら【dodaエージェント】

 

お風呂でマッサージする

 筋肉痛がひどいのであれば、お風呂の湯船につかって、 筋肉痛になりそうなところをマッサージするといいと思います。

 湯船につかることで体が温まって、 筋肉がほぐれます。

 

 もし今シャワーを使っているのであれば、湯船につかるようにしましょう。

 節約のためにシャワーにしている人も多いですが 、 それだと疲れがとれないと思います。

 

 私も以前シャワーだけで済ませていましたが、 疲れが取れないので、無理やり風呂に入るようにしました。

 やっぱりシャワーだけですと、そんなにリラックスできないですよ。

整体に行く

andreas160578 / Pixabay

 

あるいは、整体に行くとリラックスできるかもしれません。

 ちゃんと資格を持っているプロにやってもらえば、かなり体をほぐしてもらえると思います。

 

体の歪みなども矯正してもらえますので、

  • 疲れやすい
  • 肩がコリやすい

などが治ったりする効果もあります。

保険が効く整体の方が、プロなのでいいと思います。

 

最近は、安い「ほぐしや」とか「マッサージ屋」も多いですが、彼らは無資格のバイトやパートです。

ちゃんと資格を持っているプロにやってもらったほうがいいと思います。

 やってもらえれば、かなりスッキリしますよ。

まとめ

色々対策は取れますが、あまりにきついのであれば転職も考えたほうがいいと思います。

体を壊してしまうと、元も子もありませんので。

 

あと、やる気がないままやっていると怪我もしやすいです。

もし心のどこかで「もうこの仕事やめようかな」と思っているのであれば、 仕事に身が入っていないと思います。

 そういう時に限って怪我しますので、 よく考えた方が良いかもしれません。

 

転職したいけど、何からやればいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世かなり多いです。

特に最近は労働環境の悪いブラック企業が多いこともあり、同僚がどんどん転職していっている方も多いのではないでしょうか?

 

「転職したいけど、何からやればいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断するところから始めてみるのがお勧めです!

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。