【ぼっち】会社に居場所がない!?居心地良くする10の方法

cdu445 / Pixabay

  • 会社に居場所がない!

  • 同僚にはハブられている…

  • 気楽に話せる同僚すらいない…

という悩みをお持ちの、会社に居場所がなくて悩んでいる方のためのページです。

最近はあなたのような人も珍しくはありません。

大企業が専用の追い出し部屋なんてのを作っているくらいですから。

毎日通うことになる会社に居場所がないというのは、かなり辛いですよね…。

毎日不安で胃が痛い毎日を送っていることと思います。

何とか居場所を確保するための方法をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

積極的に居場所を作れるよう頑張る

多分、「仲のいい同僚もいない」っていう感じだと思いますが。

こちらから積極的に行かないと、居場所を作ることは難しいと思います。

社会人じゃなくても学生でもそうです。

人間関係がリセットされる高校や大学進学を機に、友達がいなくなって居場所がなくなってしまう学生も多いですし。

やはりこちらから積極的に行かなければいけないのではないかと思います。

 icon-exclamation-circle 

「私はそんなキャラじゃないから」なんて言うかもしれませんが、こういうのはノリと勢いです。

バカになって、子供の時みたいに無邪気になっていったほうが成功すると思います。

というか、その位の社交能力はあなたはこれまでに発揮してきていたはずです。

小学校の時とかなんて、友達作ってたじゃないですか。

忘れてるだけです。

既にこんな能力はあなたの中にあります。

自信を持ちましょう。

親しみやすい人間になる

こちらから行かなくても、話しかけやすい親しみやすい人間だったらむこうから話しかけてくると思います。

あなたは常に仏頂面をしていて、周りの人間をシャットアウトしているのではありませんか?

隙を見せない人間っていうのはやっぱり怖いです。

話しかけにくいです。

間抜けな姿を見せるぐらい親しみを出したい所です。

どこに行ってもすぐに友達を作れる人間もいますが、大抵こういうタイプです。

プライドを捨てる

親しみやすい人間になるというのに近いのですが、無駄にプライドが高い人って絡みづらいです。

こういうのって、年齢を重ねるごとに無意識にプライドが高くなっていったりするんですよ。

本人は気づいてなかったりしますから、タチが悪いんですけど。

 icon-exclamation-circle 

具体的に、どうやってプライドを捨てるかですが。

やはり自分の弱みを積極的にさらけ出すことではないかと。

心をガードしていて心を開いてくれない人は、プライドが高く見えます。

傷つきたくないんでしょうけど。

しかし、程度の差があるというだけでみんな同じです。

無駄なプライドを持っていても1円にもなりません。

そんなものは捨ててしまいましょう。

仕事が終わった後の事を考えて乗り切る

居場所がないということは、会社にいる時間はかなり辛い時間だと思います。

全く楽しくないでしょう。

だったら、仕事が終わった後、どう楽しい時間を過ごすかを考えて乗り切りましょう。

 icon-exclamation-circle 

まあみんな同じだと思います。

居場所がある人でも、みんな仕事なんてイヤイヤやってますから。

週末遊びに行く事とかを楽しみにして毎日乗り切ってます。

帰宅してからの晩酌を楽しみに仕事を乗り切るとか。

そういう感じです。

会社はお金をもらうための場所だと割り切る

そもそも、なんでみんな働くかと言うと生活のため、お金を稼ぐためですね。

なので、会社は仕事をしてお金をもらうためだけの場所だと割り切ればいいのではないでしょうか。

そう考えれば、別に良い同僚と仲良しごっこをしなくても済みます。

仕事の会話だけしとけば。

どうせ、仲良くしたところで、退職したらほとんど会わなくなります。

寂しいですけど所詮その程度の関係です。

あまり気にせずに、割り切ってしまっていいのではないでしょうか。

さっさと他の会社に行く

人間関係で居場所がないのであれば。

とっとと辞めてしまって次の会社に行きましょう。

できるだけ若いうちであれば、転職も比較的簡単です。

特に今は人手不足の会社も多いのですから。

あなたの事を、両手を挙げて歓迎してくれる会社はたくさんありますよ、マジで。

会社にはあなたの居場所がないかもしれませんが、他の会社になら居場所はあります。

会社なんてほぼ毎日通わなくてはいけないんです。

居場所がなかったら本当に毎日地獄です。

多少給料が下がってでも、もう少し居心地の良い職場を探した方が良いのではないでしょうか。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

自分しかできない仕事を見つける

何でもいいのですが、「このことだったら、あなたが無茶苦茶詳しい!」みたいな武器を持っていると強いですね。

社内で一目置かれますから。

何かにつけて困った時に「じゃああの人に聞こう」みたいな感じで頼りにされます。

当然居場所もできます。

 icon-exclamation-circle 

何かありませんか?

社内で詳しい人間が少ないけど、あなたは結構詳しいみたいな分野が。

取り柄があるのであれば、そこを伸ばして行った方がいいかもしれません。

⇒今の仕事は向いてない!仕事が合わないと思った時の6つのヒント

死ぬ気で頑張って存在感をアピール

多分職場で居場所がなくなるっていうのは、今の職場に貢献できていないということなのではないかと思います。

あるいは、貢献はできているけれども周りの人間にその成果と頑張りが認知されていないか。

 icon-exclamation-circle 

すごく仕事ができる人であれば、相当性格が悪い人でも一目置かれはします。

なので、死ぬ気で仕事を頑張ってみたらどうでしょうか?

それでも駄目だったら、もう会社辞めるぐらいの勢いです。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

周りの人はあなたのやる気のなさに呆れているのかもしれません。

であれば、死ぬ気で頑張れば同僚もあなたのことを見直すかもしれません。

あなただけではないので諦める

正直、会社内に居場所がないって人は、今のご時勢結構いると思います。

最近は社内ニート状態になっている人は数百万人いると言われていますし。

⇒【社内ニート】会社に行っても仕事がない!?現状を変える11の方法

特に2対8の法則というのがあります。

集団は2割の働き者と、8割の怠け者でできているという法則です。

 icon-exclamation-circle 

法則に当てはめれば、2割の人が会社を居心地がいいと思っていて、8割の人は居心地が悪いと感じていると思います。

もちろん程度の差はあるでしょう。

あなたはその8割の中で、かなり居場所がないと思っているクラスタというだけです。

一応働けているのですから、居場所はあるんです。

クビになったというわけでもないんですから。

他人の目は無視して居座る

いくら居場所がないと言っても。

今の会社を辞めたら生活していくことができないでしょう。

なので、他人の目を気にせず、クビになるまで居座るくらいの覚悟を持って堂々としていましょう。

別にあなたに悪気があって、今のような状況になっているわけでもないでしょうから。

あまり気にすることではないと思います。

会社員は一度雇ってしまうと、なかなかクビにできないんですから。

堂々としましょう。

 icon-exclamation-circle 

まあそんなに嫌であれば、「クビになるのを待つ」というスタンスでいてもいいと思います。

今は地獄の毎日で閉塞感を感じているでしょうから、「いつクビになってもいいや」くらいに考えていたほうが、毎日楽に過ごせると思います。

⇒会社をクビになりたい!辞めるに辞められない会社を辞める8の方法

とは言っても今は人手不足の会社が多いですから、居場所が無いあなたのような人でも、なかなかクビにはならないでしょうけどね…。

どうせクビにならないんなら、もっと好き放題やっちまっていいと思います。

まとめ

孤立するのは確かにまずいです。

居場所がないというのは毎日辛いと思います。

あまりに辛いのであれば、ちょっと今後の身の振り方を考えた方がいいかもしれません。

精神的に辛いのに放置しておいたら、参っちゃいますよ。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする