【人手不足】まともな人から辞めていく4つの理由!と引き留めるための打開策

mohamed_hassan / Pixabay

 

  • まともな人から辞めていく!
  • ダメな人しか残らない!

そういった悩みはお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

特に最近は人手不足に陥っている会社が多いですからね。

ただでさえ人が少ない会社が多いのにまともな人からどんどん辞めていってしまっては、あなたに更にしわ寄せが来てしまっているのではないでしょうか?

特に最近はブラックな会社も多いですからね。

 

この記事ではまともな人から辞めていってしまう理由と引き止めるための方法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

まともな人から辞めていき悪循環に陥る会社は多い

あなたが勤めている会社のように、まともな人から辞めていってしまう会社は最近珍しくありません。

特に最近は転職がしやすい御時世ということもあり、ブラックな会社からはどんどん人材が流出してしまう傾向にありますからね。

今はブラックな会社にしがみつかなくても他にも仕事なんていくらでもあるんです。

 

ネットやSNSなどを見てみても、

うちの会社まともな人からどんどん辞めていってるよ…。

若くて仕事ができる人ほど喉から手が出るほどどの会社も欲しがるからね。

残るのは中高年や無能な転職出来ない連中ばかりだよ。

 

またベテランが3人辞めるらしい。

仕事がたくさんあるのはいいけど、こうやってまともな人から辞めていくのは残される方はたまったもんじゃないな。

私も転職しようかなぁ。

 

どこの会社もそうだと思うけど、他の会社にいけるまともな人からいなくなるよね。

どこの会社も欲しがらないようなみそっかすみたいな奴しか残らない。

まぁ私もその1人なのかもしれないけどw

逃げ遅れると本当にしわ寄せがきて悲惨なことになるね。

こういった意見が散見されます。

 

まともな人からどんどん辞めていってしまうと、残るのはダメな人材ばかりで悪循環に陥ってしまうというケースも珍しくありません。

 

まともな人から辞めていく理由

ですがそのままの状況を放置しておいては、まだ残っているまともな人すら辞めていってしまいます。

そうなると更に人手不足が加速し業務が回らなくなってしまいますからね。

なんとかまともな人が辞めていく理由を突き止めて人材の流出を食い止めたいところだと思います。

まともな人から辞めていってしまう理由についてまとめてみました。

 

まともな人はもっと良い会社に行ってしまう

まともな人から辞めていってしまう理由としては、まともな人は仕事ができるということです。

そんな仕事ができる優秀な人は今はどの会社も喉から手が出るほど欲しいですからね。

 

今本当に人手不足に陥っている会社が多く、帝国データバンクロ2018年の調査によれば半数以上の企業が正社員が足りていないと回答しています。

有効求人倍率も1.6倍を超えていますし、正社員の有効求人倍率も1倍を超えてきていますからね。

あなたが勤めているようなブラックな会社にしがみつかなくてもまともな人はもっといい会社がいくらでもあるんです。

 

まともなので、ブラックな労働環境に耐えられない

まともで優秀な人ほどブラックな労働環境に耐えられない傾向にあります。

これが仕事ができずに視野狭窄に陥っているあまり頭の良くない人ですと、ブラック企業に洗脳されて耐えられる傾向にありますが、まともな人ほど気付いてしまうんです。

  • この会社は普通じゃない…
  • 明らかにここはブラック企業じゃないか!
  • ここで頑張っても待遇が良くなる見込みはないだろう…
  • むしろ逃げ遅れると大変なことになる!

こういった風に気付いてしまいさっさとやめてしまう傾向にあるんです。

 

正直ブラック企業で長続きしている人というのは、ちょっとまともじゃないというか思い込みが強すぎたり洗脳されているケースが多いです。

まともな人はそういった状況に耐えられないのでさっさと辞めていきます。

 

まともじゃない上司と衝突しやすい

そういったまともな人というのは、まともではない上司と衝突しやすい傾向にあります。

ブラックな会社ほどまともではない人材が多い傾向にありますが、仕事ができるまともな人ほど理不尽なブラック上司の言うことは聞き流せない傾向にあります。

まぁ仕事ができるまともな人だったら上司との衝突は避けるとは思いますが…。

 

ブラックなまともではない会社の上司ですと、本当に理不尽な要求をしてきたり、言うことを聞くと本当に過重労働に巻き込まれ過労死しかねない状況に陥ってしまうケースも珍しくありません。

まともな人ほどあくまでも自衛の手段として上司に意見したり衝突する傾向にあります。

そこで居づらくなって辞めてしまうケースが多いですね。

 

まともな人は給料を時給換算して割に合わないと辞める

まともな人は自分が働くことでどのぐらいの金額を稼げるのか?ということに非常に敏感です。

例えば自分の給料を時給換算して一時間あたりどのぐらいの金額を稼ぐことができているのかという計算は常に怠らない傾向にあります。

まともではない会社ですとサービス残業が多い傾向にありますので、時給換算すると正社員でも悲惨なことになるというケースも珍しくありません。

最悪の場合フリーター以下の時間単価になったり、最低賃金を下回ってしまうなんていうケースも珍しくありません。

 

正社員で責任ある仕事をやるのであれば、最低でも時給換算1500円以上、できれば2000円3000円以上は欲しいところですね。

正社員なのにボーナスが出ても、年収を労働時間で割って時給換算1000円前後とかですと、正直割に合いません。

気楽なフリーターの方がマシかもしれません。

そういった正社員なのに給料が低いまともな会社からは辞めていってしまう傾向にありますね。

 

引き留めるには待遇改善は必須

やはり今のご時勢、まともで仕事ができる人ほど他の会社にさっさと行ってしまう傾向にあります。

そんな状況をなんとか食い止めるためには、待遇を改善することは絶対に必要だと思います。

今はそもそも失業率の低迷していて求職者数も減ってきているため、募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いです。

待遇を改善して給料アップして募集をかけている会社も多いんですね。

 

結局人が働くのはお金のためという面が大きいですから、割に合わない給料の低さの会社からはまともな人はさっさと辞めていってしまう傾向にあります。

まぁダイレクトに給料を上げることは必要だと思います。

給料を上げずに小手先のテクニックで、従業員のやる気を出すためにセミナーを開いたりしている会社もありますが、そんなことでまともな人を騙せるわけがありません。

根本的に待遇を改善しないと結局どんどん人が辞めていってしまうと思いますね。

 

労働環境を改善し誠意を見せる手も

後はまともな人を引き止めるためには、労働環境を改善することは絶対に必要です。

最近は特にブラック企業という言葉が世間に浸透してきたこともあって、まともな人ほどブラックな労働環境にとても敏感です。

自分の勤めている会社はブラック企業だと判断されてしまうと、当然ながらさっさと辞めていてしまう傾向にあります。

 

まぁ本人の気持ちになってみればわかりますが、そんなブラック企業に勤めていたら

  • こんな会社で長く働けるのか…?
  • 転職できない年齢になったら足元を見られるんじゃないか?
  • 若いうちはいいが体力的についていかないのではないか?

まともな人ほどこういった風に考える傾向にあります。

 

なので、とどまってほしいのであれば、労働環境を改善していくことは必要だと思いますね。

今は人手不足の会社が多いと言われていますが、結局こういった抜本的な解決策を取らずに小手先のテクニックでなんとかしようとするからどんどん人が辞めていってしまうんです。

こういったことをやれば会社側も従業員に対して誠意を見せることができますので、長続きしてもらいやすい傾向にあります。

まぁこんなの一平社員のあなたにはできないとは思いますが…。

 

まともな人が残らない会社からは転職を検討

今は本当に転職がしやすいので、まともで仕事ができる人からどんどん辞めていってしまう傾向にあります。

特にこれから先人口動態的に生産年齢人口は更に減っていくことが確定しています。

移民はいくらか来てくれるかもしれませんが、最近は中国や東南アジアも経済発展してきて給料が上がってきていますし、人手不足に陥ってきています。

少子化で減っていく生産年齢人口カバーするほどの移民はとてもではないですが来てはくれないでしょう。

そうなるとまともな人が残らない会社からは更に人が辞めていき、更に人手不足が加速していきます。

 

幸い今は仕事はたくさんありますので、今のうちにもっとまともな会社に転職しておいた方が良いかもしれません。

こんなページを見ているということは、あなたはまともで仕事ができる人だと思います。

そういった人材であれば、今は本当に引く手数多ですので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

 

ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

 

まとめ

やはりまともで仕事ができる人材はどの会社も欲しがる傾向にあります。

今は本当に一斉に従業員が退職してしまい、すぐに来てほしいと考える会社も多いです。

そんな中ブラックな会社からは、まともな人はどんどん辞めていってしまうんですね。

しがみつく理由がありませんからね。

 

まぁそんな会社は仕事ができる人がどんどん辞めていき無能しか残らず、更に人手不足が加速していきます。

正直沈みゆく船状態だと思いますので、今のうちに動いておくと良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

人手不足
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。