上司がくだらないことですぐ怒る!理不尽なストレスできつい時の解決策

www_slon_pics / Pixabay

  • 上司がくだらないことですぐ怒る!
  • 変なところでいきなり怒られるし…
  • 地雷と仕事してるみたい!きつい!

そういった悩みをお持ちの、くだらないことですぐ怒る上司と仕事をしている方のためのページです。

そういった怒りやすい上司というのはいますね…。

私生活が充実していないのか、仕事のプレッシャーがきついのか何なのかはわからないですが…。

何が地雷になるかわからないので、かなり気をつかいますね…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

上司との人間関係に悩む人は多い!

あなたのように、上司との人間関係に悩む方は多いです。

大手転職サイトの「エンジャパン」が行った調査によりますと、一番職場で多いストレスが「同僚、後輩との人間関係」で、二番目は「上司との人間関係」でした。

同僚や後輩ならまだ対等なのでマシですが、上司は仕事に従わないといけない分きついですね…。

あなたのようにくだらないことで怒ってくる上司や、パワハラをしてくる上司もいますし。

まぁそういった悩みを持っているのはあなただけではありませんから、そこまで落ち込まなくてもいいです。

上司との人間関係がうまくいかず会社を辞める人は多いですし、会社を辞める理由のトップはいつも人間関係の悪さですから。

こちらに非があるなら、大人しく謝るべきだが…

上司がくだらないことで怒るとはいっても、こちらに非がある場合は別です。

その場合はちゃんと謝った方がいいでしょう。

よくよく考えれば、こちらにも非があるケースがあるのではないでしょうか?

人間、理由もなく怒ることはありませんからね。

こちらから見ればくだらないことでも、上司にとってはくだらなくないかもしれませんし。

上司は部下のミスの責任をとる必要がありますからね。

くだらないとか言ってられないのです。

ただ、そんな良い上司は多くはありませんが…。

どうなんですかね、最近はどんどん精神が大人になる年齢が遅れてきていて、「子供が子供を産む時代」なんてことが言われたりもします。

こちらに非がないのに、理不尽に怒られているケースも多いかもしれません。

その場合は、ちょっとその会社で働き続けることは考え直した方がいいかもしれません。

くだらないことで理不尽に怒られ続けていると、やがては精神を病んでしまうでしょう。

病む前に転職するのも手段の一つ

FotografieLink / Pixabay

或いは、そういった会社にしがみついてもあまり良いことは無いかもしれません。

そんなくだらないことですぐ怒ってくる上司と働いていたら、精神を病んでしまうリスクが上がりますし。

これ本当に人事じゃなくて、多いんですよそういうの。

つまるところそれはパワハラのケースが多いですが、私がこれまで勤めてきた会社でもそういったパワハラを受けて精神を病んでしまい、退職に追い込まれた人はいますし。

くだらないことで怒るというか、楽しんでやってるサディスティックな上司だと最悪ですね。

人を貶めることを最上の喜びだと感じて、部下をいじめるパワハラ上司もいますからね。

そういう場合は、精神を病む前にさっさと転職してしまったほうがいいでしょう。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

同僚と結託し、上司の陰口を言いまくる

或いは同僚と結託して、その上司を陥れてやるのも手段の一つです。

同僚と協力して、上司の陰口を言いまくりましょう。

こういうのは本人に聞こえるように言わなくても大抵相手も気付きますから、その上司への嫌がらせになるかもしれません。

  • 「あの人またくだらないことで怒ったよ」
  • 「私生活が上手くいってないんじゃないの?」
  • 「うわぁ、もうあいつと働きたくないわ」

などなど。

小さい声でコッソリ陰で言ってれば、相手も「俺のこと言ってるのかな…」と反省するかもしれません。

くだらないことで怒るのは、ちょっと調子に乗ってるような気がしますからね。

そうやって嫌がらせしてやれば、少しは自分の行動を見返すきっかけになると思うんですがどうでしょうか?

出世して上司になれるよう頑張る

或いはあなたがその会社で仕事を頑張って出世して、その上司の更に上の上司を目指すのも手段の一つです。

そうすればくだらないことですぐ怒る上司を注意することができます。

逆にこちらからパワハラを仕掛けて、辞めさせるように仕向けることも可能かもしれません。

ただ、今の状況から出世するには、そのくだらないことですぐ怒る上司を味方に付けないといけないかもしれませんが…。

あなたの仕事の出来ぶりを、その上司が上に報告するんでしょうし。

そのクソ上司と関わることなしに、出世することは難しいかもしれません。

ですがその会社でずっと働いていきたいのであれば、出世して働きやすい会社にするべく頑張っていくことは必要でしょう。

いっそ頑張ってみるのも手段の一つです。

あまりに理不尽なら録音しておく

Free-Photos / Pixabay

或いは本当にくだらないことですぐ怒られる、パワハラを受けているのであれば。

一部始終を録音しておいて、後で訴えられるように準備しておくのも手段の一つです。

最近はそういったパワハラが急増しており、裁判にまで発展するケースも増えてきています。

まぁ会社側が明らかに悪いですから、証拠があれば大抵会社側が負けます。

それで慰謝料や精神疾患の治療費などを分捕れる可能性があります。

なので、くだらないことですぐ怒ったら一部始終を録音しておきましょう。

スマホで録音機能はありますし、ICレコーダーなどを用意してもいいでしょう。

証拠を用意しておけば会社を辞める時に、会社を脅して退職金を割り増しで貰ったり、会社都合退職にさせたりできる可能性もあります。

とにかく証拠があれば有利に進められますから、ちゃんと録音して証拠を取っておきましょう。

一度思いっきりキレ返すのも手

そもそもそんなくだらないことですぐ怒るというのは、上司は調子に乗ってるんだと思います。

なので、一度思いっきりキレ返してやるのも手段の一つです。

今度くだらないことで怒ったら、ちゃんと言い返してやりましょう。

  • 「そんなことくらいで怒ってんじゃねぇよ!」
  • 「うるせぇんだよクソ野郎!」
  • 「黙れクズが!うぜぇんだよ!」

とか、まぁ勢いが伝わればいいと思います。

そんなくだらないことで怒られていると、ストレスも溜まっているでしょうし。

いっそ言い返して、たまにはストレス解消するといいでしょう。

それで「クビだ」とかなんとか言われたら、本当に会社を辞めて転職するのも手段の一つだと思います。

しがみついたところで、足下を見られるだけで良いことはないでしょうからね…。

→【上司にキレた】職場でキレてしまった!その後取るべき行動13選!

まとめ

理不尽な上司というのも多いですから、そういったくだらないことですぐ怒る上司というのもいます。

本当に些細なろくでもないことで怒ったりするので、何が地雷になるかわかりません。

かなり気を使って働く羽目になり、気が気ではありません。

まあ幸い最近は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

仕事が多い今のうちに、もっとマシな上司がいる会社に転職してしまうのも手段の一つです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】


シェアする

フォローする