【許せない】職場でキレてしまった!その後取るべき行動13選!

lauramba / Pixabay

  • 職場でついキレてしまった…

  • 明日は会社に行くのが憂鬱…

  • どうしよう…キレなきゃよかったかな…?

  • でも謝る気はない!

とお悩みの、会社でキレてしまい会社に行きづらくなっている方のためのページです。

私も会社でキレたことがありますので気持ちはわかります。

切れたことない人でも同僚がキレているシーンは見たことがある人が多いのではないでしょうか?

翌朝、会社に行くのが気まずいという風に悩んでいるのではありませんか?

会社でキレてしまった後、その後取るべき行動についてまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

たまにはキレてもいい!

ぶっちゃけ、たまにはキレてもいいと思いますよ。

っていうか、常識的な日本人であればそんなにキレないと思いますし。

そこであなたが切れてしまったということはよほどのことがあったんでしょう。

 icon-exclamation-circle 

キレるべきところでキレないとナメられてしまいますから。

たまにはキレないと駄目だと思います。

状況によっては、ですが。

「怒れない人は馬鹿、怒らない人は利口」という格言もあります。

しかし、度々連続で切れているとまたかと呆れられますので、まあ1回ですね。

1回ぐらいならいいです。

一度キレれば、相手も学習して変なこと言わなくなりますよ。

あなたが悪いなら、素直に謝るべき

gaborfejes / Pixabay

もしあなたが悪かったのであれば、大人しく謝った方がいいかもしれません。

というか普通は謝りますよね…。小学生でもそうします。

しかし、あなたが悪くないのであれば謝る必要はありません。

むしろ謝ると相手がつけあがる可能性もあります。

であれば、謝らない方がいいかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ちょっと冷静に頭を冷めさせて、客観的に考えて果たしてどっちが悪かったのか?考えてみた方がいいでしょうね。

それでよくよく考えてみればこっちにも落ち度があったというのであれば、その点については相手に謝るべきでしょう。

こちらから謝れば、たぶん向こうも非を認めて謝ってくると思います。

まあそうやって喧嘩したり謝ったりで絆が深まっていくんです。

あまり深刻に考えなくてもいいと思いますよ。

愛想が尽きた!転職活動をはじめる!

或いは、以前からあなたは腹に据えかねていたのかもしれません。

日ごろから、今の職場に鬱憤が貯まっていたのではないでしょうか?

でしたら、この機会に転職活動をはじめるというのも手段の一つです。

キレて一時的にストレス発散はできたでしょうが、またしばらくしたらストレスが溜まってくると思いますからね…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

酒飲んで忘れる!

Pexels / Pixabay

イライラして寝れないのであれば、酒を飲むというのも効果的です。

『酒を飲んで寝る』このコンボが、嫌なことを忘れるには一番効果的かもしれません。

古来から伝わる、ウサ晴らしの鉄板の手法です。

お酒には脳の一部を麻痺させる効果があります。

不安やイライラなどを司る部分が麻痺しますので、忘れることができます。

 icon-exclamation-circle 

いつも飲むお酒よりも極力度数が強めのお酒を買ってきましょう。

プラス、美味しいつまみでも買ってきて豪遊するといいでしょう。

あんまり嫌な思い出を覚えていても、いいことないですよ。

酒でも飲んで忘れましょう。

寝て忘れる!

イライラして悶々としているのであれば、さっさと寝てしまうのが一番です。

まあ向こうも「寝れば翌日には忘れてるだろう」ぐらいに思ってる可能性もありますし。

睡眠には記憶を最適化をする効果があります。

なので翌朝になれば、昨日のことを冷静に考えることができるようになっていると思いますよ。

嫌なことは寝てしまって忘れるのが一番です。

どうせ、よくよく考えてみれば大したことじゃないでしょうし。

友達に愚痴って忘れる

友達に電話して、愚痴を聞いてもらうというのも効果的です。

一人で悶々としているよりは他人に吐き出した方がスッキリしますね。

友達を飲みに誘って一緒に酒を飲むというのもいいかもしれません。

一人で飲むよりはそっちの方が楽しいでしょう。

一人で抱え込んで相談できる人がいないと結構苦しいです。

こういった事を相談できない、気軽に相談できる友達がいない方は、交友関係を見直した方がいいでしょう。

翌日何食わぬ顔で出勤する

普通に行ったらこれでいいと思いますけど。

別に相手もそんなに気にしてないでしょうし。

普通に何食わぬ顔で出勤すればいいんじゃないでしょうか?

普通に出勤して普通に挨拶すればいいんじゃないでしょうか?

後はもう成り行き任せでいいと思いますよ。

2週間もすれば元通りになってるでしょう。

みんな忘れますよ。

あなたが思っているほど、他人はそんなにあなたのことを気にしていないものです。

ちょっと自意識過剰なのではないでしょうか?

その人達とは距離を置く

キレた相手がどうしようもない人たちであれば、もうその人たちとは距離を置いた方がいいかもしれません。

ずっと距離を置いてもいいですし、しばらくしたらいつも通り接してもいいです。

寂しいことを言えば、所詮職場の人間関係なので表面上の付き合いだけしとけばいいじゃないでしょうか?

ちょっと寂しいですけど。

相手が反省してるんだったら別ですけどね。

反省してないようだったら、もうあまり関わってもロクなことにならないと思います。

またキレるような場面も出てくると思いますし。

まあほどほどに付き合っておけばいいのではないでしょうか?

できることを一生懸命やる

lukasbieri / Pixabay

とにかく、もう後は仕事に集中してできることを一生懸命やるしかないと思いますよ。

何しに会社行ってるかって言ったら、仕事しに行ってるんですから。

もっと仕事に集中しましょう。

結局、できることをやっていくしかないわけです。

気にしても無駄です。

というか、向こうもそこまで気にしてないと思いますし。

自意識過剰ですよ、たぶん。

仲間をつくる

社内、社外問わず仲間を作っておくといいと思います。

社内の仲間を作っておけば、あなたの味方をしてくれる人も増えますし。

社外の仲間を作っておけば、気軽に愚痴を聞いてもらうこともできます。

やっぱり孤立してしまうのが一番良くないので。

嫌なことがあったら、仲間を飲みに誘ってパーっと騒いで忘れましょう。

上司に相談する

Tumisu / Pixabay

キレた理由が仕事の流れに関することであれば、上司に相談したほうがいいかもしれません。

キレた相手に原因があるんであれば、相手に何らかの罰則を貸した方がいいような気もしますし。

 icon-exclamation-circle 

とにかく切れた事は社内で話題になっているでしょうから、朝上司の方から何か言ってくる可能性もありますけど。

トラブルを上司が知らない…というのは上司のメンツにも関わります。

後でもめる可能性もあります。

結構大事件になったのであれば、一度何か言っておいた方がいいかもしれません。

仕事の割り振りを変えてもらう

キレるパターンとして、あなたに特定の仕事が集中してしまった場合も考えられます。

その場合は、上司に相談して仕事の割り振りを変えてもらった方がいいでしょうね。

あなたに仕事が集中しているということはあなたが優秀であるという証拠でもありますが…。

あなたに負担が集中しますので、不公平ですよね。

 icon-exclamation-circle 

相談しても一向に改善されない、あなたの業務量が残業してもとても終わらない…というのであれば、転職すべき時期かもしれません。

その場合はキレて当然です。

むしろキレないと状況は改善しないので、あなたがつぶれます。

優秀なあなたは会社でも頼られ、転職活動の時間も取れないかもしれませんが。

ガチでキツイなら、無理にでも転職考えたほうがいいかもしれません。

もっと人間関係が良い会社に転職すべき

正直、職場でキレるって相当ですよ。

社会人ですから周りに配慮して抑えるのが普通ですし、温厚なあなたがキレてしまったのは、よほど腹に据えかねていたのでしょう。

「人間関係が悪い」ことは退職理由のナンバーワンですから、今のうちにもっと人間関係が良い会社に転職しておいた方がいいかもしれません。

今回キレたということは、どうせまたキレるような理不尽な状況が怒るに決まっています。会社や人はなかなか変わりませんからね。

幸い、今なら求人がたくさんありますし、人間関係がいい会社も見つけやすくなっています。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒9割が非公開求人!良い会社探すなら【リクルートエージェント】

まとめ 基本はキレる前に解決すること

今回はもう切れてしまったので仕方ないです。

もう忘れましょう。

再発防止策だけ立てて、後は忘れることですね。

今度からは切れる前に何とかするようにしたほうがいいでしょう。

あんまり何度も切れていると、周りに呆れられてしまう可能性が高いですし。

あまり気にする人は、こういったことが原因でずっと引きずって遅かれ早かれ退職の原因になってしまうこともあります。

メンタルが弱い人ですとそうなる可能性が高いですね。なので忘れることです。

あとはその会社への不満があまりに多いのであれば、もう転職を検討したほうがいいかもしれません。

まあ大抵はこちらが諦める羽目になって、理不尽なことは何も変わらない…ってパターンが多いですからね…。

幸い、最近は仕事がかなり多くて、転職もしやすくなってるので。

■無料で登録できる転職サイト
もっと労働環境のいいホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境の良いホワイト企業に行く第一歩は転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする