【飛ぶ】飲食店正社員だけどバックレたい!すぐ辞めて転職する7つのヒント

Alexas_Fotos / Pixabay

 

  • 飲食店正社員だけどバックレたい!
  • 休みも無いし給料も安いし最悪!
  • 退職を言い出しても引き留められるからバックレたい!

 

そういった悩みをお持ちの、飲食店正社員だけどバックレてでも辞めたい!と考えている方のためのページです。

 

飲食店なんてキングオブブラックですから、バックレてでも辞めたいと考えるのは仕方ないかもしれません。

飲食店なんてほぼ100%の店舗が人手不足に陥ってますから、退職を言い出しても猛烈に引き留められますからね…。

以前飲食店でバイトしてたことありますが、人が来ないから退職を言い出した社員さんも、一年近くズルズル働いてましたからね…。

 

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

飲食正社員が退職の相談をしても、100%反対される

今はただでさえ人手不足の会社が多いです。

そのうえ、飲食店なんていう誰でも知ってるブラック業界で働きたいなんて考える物好きな方は、今はほとんどいないのです。

 

店長やエリアマネージャーに「辞めたい」と相談しても、確実に引き留められるに決まっています。

あなたが辞めたら、後任の人材なんてなかなか来ませんからね。

来たとしても飲食サービス業は全業種ブッチギリワーストトップの離職率の高さですから、定着なんてしません。厚生労働省統計では3年以内に50%以上辞めますし。

 

 icon-exclamation-circle 

仮に退職の相談をもちかけても、

  • 「まぁもう少し頑張ってみろよ!」
  • 「次は決まっているのか!?」
  • 「そんなんじゃどこに行っても通用しないぞ!」
  • 「お前の年齢で退職しても、仕事なんて無いぞ!」
  • 「安易な退職は危険だぞ!」

なんていうクソみたいなことを言われ、強引に引き留められます。

無駄なことはやめたほうがいいかと思います。

 

民法では二週間あれば合法的に会社を退職できるとされていますが、人手不足で社員をこき使うブラック飲食店には、そんな理屈は通用しません。

必然的にバックレも選択肢の一つに入ってくるわけです。

社会人にあるまじき行為なのは確かですが、それ以上に飲食業界自体が労働基準法を守る気が無いので、常識的なこと言ってると死にます。

強引にでも実行してしまったほうがいいかもしれません。

 

バックレるなら、家にいないように!

3dman_eu / Pixabay

 

バックレなんてことをしでかしてしまうと、会社の人間があなたの家に押し寄せてくる可能性があります。

猛烈に電話もかかってきますし。

というか、私そうなったことありますよw あれは気まずいったらないです。

 

 icon-exclamation-circle 

特に上述したように飲食店で少なからず長続きする、あなたのような社員は安くコキ使える貴重な労働力ですから、会社はなんとしても強引に働かせようとします。

なので、「バックレる!」と決めたのであれば、長期の旅行にでも行くのがいいと思います。

物理的に家や会社と距離を取って連絡も断てば、会社も諦めます。

ほとぼりが冷めた頃に、まあ数週間後とか一か月後に戻ってきましょう。

 

まあ、失踪と間違えられてしまう可能性があるので、書き置きはすべきですが。

まあ、戻ってきた後も選ばなければ仕事なんて見つかりますよ、大丈夫です。

バックレた場合の注意点についてはこちらで経験者の視点で書いていますので、参考にしてください。

⇒出社拒否で退職したい!会社に行かず郵送で退職手続きをする9つのポイント

 

バックレると、離職表を貰う時モメる可能性も!

会社を辞めた後は、離職表を貰うのが正式な流れです。

離職票が無いと失業給付が受けられませんからね。

ですが、「突然会社に行かない」なんて感じで辞めると、当然離職票を貰いづらくなります。

別に離職表なんていらないなら構いませんが、普通はいります。

 

飲食正社員でバックレを画策しているような方ですと、休みもなく給料も安い方が多いと思います。

失業給付を貰いながら次を探そうと考えている方も多いのではないでしょうか?

離職票が無いと失業保険の手続きができませんので、困る可能性が高いです。

 

ただ会社側は、請求されたら離職表を交付する義務があります。

これは源泉徴収票もそうです。

単純にバックレると請求する際に気まずくなるだけで、それを覚悟して受け入れるなら別に構いません。

 

バックレは、最後の給料が貰えない恐れも!

mohamed_hassan / Pixabay

 

当然ですが、バックレなんてしたら最後の給料が貰えない恐れも出てきます。

というか、貰う権利自体はあるんですが、会社側が嫌がらせをして支給しない可能性があるってことです。

こんなのはもう辞める前提ですから、労働基準監督署に相談すればすぐ指導してくれます。

辞める覚悟ならかなり大胆に動けるので、すぐ指導してくれます。

 

 icon-exclamation-circle 

マトモな会社なら黙って振り込んでくれるのですが…。

残念ですがあなたが勤めているのは、ブラック企業が9割以上と言われる飲食業界です。

世間一般の常識が通用しない可能性は高いでしょうね…。

 

振り込まれずに請求しても貰えない場合は、労働基準監督署に相談に行きましょう。

さすがに給料未払いは悪質なので、すぐ動いてくれますよ。

 

まぁ貯金に余裕がない方の場合は、すぐに仕事を探し始めた方がいいですね。

会社を辞めると、貯金が減るペースがあっという間ですし。

 

早めに転職活動をはじめるべき!

飲食正社員をバックレて辞めるのはいいですが、またすぐに次の会社を見つけなくてはいけません。

貯金もあまりない方が多いでしょうし…。

 

大手転職サイトが調べた統計によると、転職活動には平均2~3ヶ月はかかると言われています。

つまり、今すぐ働きたい!と思っても職場を見つけるのに2~3ヶ月はかかるということです。

もう今すぐにでも転職活動をはじめたほうがよいでしょう。

 

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。

これからどう働く?人生設計から転職を支援するキャリアコンサルへまずは無料相談【POSIWILL CAREER】

 

まぁ飲食業界ならすぐ見つかるとは思いますが…業界全体がブラックでやばいので、他の業界に行ったほうがいいかもしれません。

接客系の仕事なら他にもありますし、飲食業界よりはマシな会社はあると思います。

そもそも飲食業界の労働環境が悪すぎるんですよ。

 

バックレでも、懲戒解雇はあまり気にしなくて良い

StartupStockPhotos / Pixabay

 

「バックレなんてすると懲戒解雇になるのではないか?」と気にしている人もいると思います。

しかし、よほどのことがない限り懲戒解雇はないです。

というか懲戒解雇になったところで、「もう二度と仕事見つからない」とか「就職活動が著しく不利になる」というわけでもないです。

 

 icon-exclamation-circle 

懲戒解雇のペナルティは限定的で、自分から言わないとなかなかバレるものでもありません。

せいぜい離職票に「懲戒解雇」と書かれるくらいですね。

不当なら無効を訴えることも可能ですし、飲食業界なんて労働基準法をほとんど守ってないような会社も多いですから、バックレた社員とはいえ訴えれば勝てる可能性も高いです。

 →懲戒解雇された!?その後の転職活動で不利にしない12の注意点

 

個人情報保護法が施行されて、本人の同意なしに前職調査をすることは法律違反になりましたからね。

一部の大企業などは興信所に依頼して調査することもあるようですが、ほとんどの会社はそんな無駄なことしません。

 

社会人生活に疲れたなら、職業訓練校に逃げ込め!

飲食正社員でバックレなんて画策している方は、もう激務な社会人生活に疲れてしまったのではありませんか?

飲食正社員なんて休みも少ないでしょうし、給料も少なく貯金もあまりできないでしょうし。

しょっちゅう休むバイトの尻ぬぐいで嫌気がさしてしまった方も多いでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

とりあえずしばらく、失業給付でも貰って生活したらどうですか?

自己都合退職だと失業給付を貰うまでに三ヶ月間の待機期間がありますが、職業訓練校に通い出せば待機期間が外れ、すぐに貰えるようになりますし。

しかも職業訓練を受けている間は、延長して失業給付が貰えます。

申請すれば週20時間以内の範囲でバイトも可能なので、なんとか生活できると思います。

⇒ハロートレーニング|厚生労働省(外部サイト)

 

今もし転職先が見つけられたとしても、焦って変な会社に入ってしまうと思いますし。

一旦落ち着いてからゆっくり考えてみるのも手段の一つです。

 

 

まとめ

私も正社員の仕事を使用期間中に何度かバックレたことがあります。

ブラックな会社はテコでも辞めさせないようにしてきますので、合法に円満退職を狙うのは難しいと思います。

飲食正社員なんて、経営者からしたら奴隷みたいなもんですからね…。残念ですが。

そんな馬車馬のように休みなく安い給料で働いてくれるあなたのような社員を、辞めさせたくはないのです。

 

まぁ幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

今のうちに転職して、もっとマシな会社に転職してしまったほうがいいでしょう。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年2月の調査によると、47.8%の会社が「正社員が不足している」と回答しています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【退職代行サービス「辞めるんです」】

人手不足の影響で「退職を伝えても辞めさせない」という悪質な企業が増えているため、退職代行サービスのニーズが高まっています。

こちらの退職代行サービスは、退職が完了したら後払いすればいい成果報酬型で、有給休暇消化サポートもついており、お値段も業界最安値なのでお勧めです。

⇒税込27,000円で即日退職可能!有給消化サポート付!後払いできる退職代行なら【辞めるんです】

LINEで友達登録するだけでサービスが利用できるため、一刻も早くブラック企業から脱出したい人におすすめです。

仕事を今すぐやめたい
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。