【早出残業】30分前出勤を強要されてる!早出を強制される時の対処法

PIRO4D / Pixabay

 

  • 30分前に出勤しろと言われている…
  • 当然早出残業代なんて出ない!
  • これって違法じゃないの!?

とお悩みの、30分前出勤を強要されている方のためのページです。

 

最近は特に労働環境の悪いブラック企業が増えているため、30分前出勤を強要されてしまう方も多いと思います。

毎日30分前に出勤するって地味にきついですし、かなり消耗しているのかもしれません。

30分前に出勤すれば30分早く帰れるならいいですが、そういう会社は残業も多かったりしますからね…。

 

しかし、そんな会社で働いていたら自分の時間もなかなか取れなくなってしまいます。

30分前出勤を強要されて消耗している時の対処法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

在宅ワーク通信講座 たのまな

早出出勤を強制される人は多い!

最近は労働環境の悪いブラック企業が多いので、あなたのように早出残業を強制されている方も珍しくはありません。

そのぶんの残業代がきっちり出ているのであれば良いですが、そうではない会社も多いですね…。

サービスで早出をさせられている方ですと、そのぶんまるまる時間が無駄になってしまいますからね。

 

実際ネットやSNSなどを見てみても、

「今の会社30分前に来いとか言われてる。

しかもタイムカードは出勤時間にならないと押しちゃいけない決まりで、まるまる残業代出てない。

人手不足だけど引継ぎせず来週で辞めます。」

 

「早出を強制してくる会社ってやばくない?

ただでさえ残業多くて家に帰るのは10時とか11時なのに…。

30分前に来いとか言うから、朝5時起きだよ!

今の生活には恋愛や趣味なんて入れられるスペースがない」

 

「この前始業ギリギリに出勤したら上司に怒られた!

何でも30分前に来ないとだめなんだと。

はあ~!だったらそのぶんの手当て出るんですかぁ!?

でねーのに早出なんてするわけねーだろバーカ!

老害は地獄に落ちろ!」

こんな意見が散見されますね…。

 

残念ですが想像以上にそう言った早出残業を強制される会社は多いと思います。

私も何回か転職していますが、そういった会社は多かったですね…。

まあ10分とか15分だったら分かるんですけど、30分前とか1時間前までに来い!とかいうありえない会社もありますからね…。

 

まあそのぶんきっちり割増の残業代で出てくれればいいんですが、そうではない会社も多いですね。

この点に関しては大企業などでも信用できたものではありません。

労働基準監督署などもあまり仕事をしてくれませんし。

こういった些細な所についてはあまり目くじら立てて怒る人もいませんからね…。

仲間を作って、一緒に早出の強要を破る手も

最近は労働環境の悪いブラック企業が多いので、あなたのように早出を強要される方も珍しくはないと思いますが…。

そもそも、30分前出勤などの早出を強要してくるなんておかしいです。

終業時間は別に定められているはずですし、従う法的な義務などありません。

 

 icon-exclamation-circle 

ですが、一人で反抗したら、気まずくなってしまいますよね。

  • やる気がないならやめろ
  • みんなちゃんと30分前に来てるよ!?

なんて、ウザイことを言われるに決まっています。

 

なので、仲間を作って、一緒に30分前出勤を破るのがいいかもしれません

「赤信号みんなで渡れば怖くない」理論です。

こうすればモラルハザードが起こって、30分前出勤みたいな早出の強要はなくなるかもしれません。

まぁ最初にやる人が一番大変な思いをしますが、それは仕方ないのでは…。

やってしまうのも良いかもしれません。

在宅ワーク通信講座 たのまな

早出を強制されても、微妙に時間を破るのも手

Free-Photos / Pixabay

 

早出を強制されている方ですと、「30分前に来い!」などと時間を言われている方が多いかもしれません。

ですが30分前出勤というのがきついのでしたら、厳密に守る必要などありません。

もともと早出自体、強制する権利など会社にありませんからね。

なので20分前出勤とか15分前出勤とか、微妙に破るのもアリです。

律儀に30分前出勤なんてしなくていいです。

 

そのぐらい微妙な感じであれば、同僚も上司もそこまで言いにくいですから。

特に労働時間が長かったり残業が多い会社ですと、

  • すみません寝坊しちゃいました
  • 昨日遅かったんです

とか言えば、ちょっと怒られるだけで済むかもしれません。

 

そういった早出を強制される会社は、普通の残業も多かったりしますからね…。

こうやって要領よくやっていかないと、とてもではないですが自分の時間なんて確保できません。

早出強制なんて無視!断固としてギリギリ出勤する手も

あるいはもう、

  • 「絶対に30分前出勤なんてしねー!」
  • 「絶対にギリギリ出勤してやるぜ!」

と考えて、断固としてギリギリ出勤するという手段もあります。

会社としても、ずっとやっていれば諦めるでしょうし。

私はやったことはありませんが、以前勤めていた会社では何人か見たことがあります。

 

 icon-exclamation-circle 

まあ反抗的な奴だと思われますから、デメリットは当然あります。

  • リストラ候補に名前が上がる
  • ボーナスの査定が悪くなる
  • 試用期間中でクビになる

なんていう可能性もあるかもしれません。

そういう覚悟ができているのであればアリです。

 

まあその会社がどのぐらい30分前出勤を強要してくるかによりますけど。

暗黙の了解的な感じであれば、堂々とやってもそれほど言われないかもしれません。

あなたが破ることで、他の同僚も破りやすくなって働きやすい職場になるかもしれませんから。

日本人はおとなしい人が多いので、なかなかこういうのする人がいませんからね…。

あなたの勇気ある行動が、悪い習慣をなくすきっかけになるかもしれません。

在宅ワーク通信講座 たのまな

労働基準監督署に相談するという手も

johnhain / Pixabay

 

もし早出残業代が出ていないサービス残業扱いであれば、労働基準監督署に相談するのもアリです。

残業代を払わないのは明らかな労働基準法違反ですからね。

 

その場合は、ちゃんと証拠をとっておきましょう。

  • タイムカードのコピーを取っておく

  • 出勤時間を毎日メモしておく

などなど。

給料明細は当然、全部取っておいて下さい。

あとはスマホのアプリなどでも労働時間の記録をつけられるものもあります。

 

 icon-exclamation-circle 

労働基準監督署はなかなか仕事をしてくれないと思われがちですが。

ちゃんと証拠を揃えて本人が直接行けば、優先的に動いてくれます。

みんな匿名で相談するから、何とも動きにくいだけで。

証拠があればあとは指導をするだけですから、向こうとしても楽なんです。

 

ただ最近はあまりにブラック企業が増えたからか、人員が足りていないようですね…。

「適当な労働基準監督官で、話を聞いてくれなかった!」なんてケースも多いようですし。

アテになるんだかならないんだか分からないことも多いようですね…。

その場合は、未払い残業代を請求する方向で、弁護士に頼んだりする方向で攻めたほうが良いかもしれません。

早出を強制されてるなら、未払い残業代がある可能性も

そういった早出を強制される会社ですと、かなりのブラック企業な可能性が高いです。

そういったブラック企業の場合、サービス残業がたくさんある可能性が高いです。

早出も残業と同じ扱いですし、その分はちゃんと割増しでキッチリ払う必要がありますからね。

本来残業代というのは一分単位で支払う義務がありますからね。

 

なので、後で未払い残業代を後で一括で請求してやるのも手段の一つです。

労働時間の記録をつけておけば、後で退職時などに一括で請求できますからね。

中には、慰謝料と口止め料込みで1000万円以上の金額をふんだくれた、というケースも結構あるようです。

早出を強制するようなブラック企業への仕返しにもなりますので、積極的にやっていくと良いかもしれません。

在宅ワーク通信講座 たのまな

早出なんて強制されない会社に転職するのも手

そもそもですが、そんな30分前出勤を強要してくるような会社なんて、ろくな会社ではありません。

多分「社員の代わりなんていくらでもいる」とでも思っているんでしょう。

時間を拘束するってのは、その分社員の人生を拘束するってことです。

つまりは、社員の人生をその程度にしか考えていない会社と判断することができます。

 

そんな会社にこれから何十年も働くことができますか?

結構きついと思います。

でしたらもう、そんなにうるさくない会社に移ってしまうのもアリです。

 

幸い最近は転職も一般的になってきていますし、昔に比べて仕事も見つかりやすくなってきています。

一日でも若いほうが良い会社に行ける可能性がありますので、早めに動いておくと良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトは、自分の転職市場価値を診断してくれたり、リモートワークに特化していたりするので、「今の働き方でいいのかな…?」と考えたら気楽に登録してみるといいかもしれません。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

毎日遅くまで残業して、早出を逃れる手も

stuart_roger_miles / Pixabay

 

あるいは早く出勤したくないのであれば、毎日遅くまで残業するという方法もあります。

そうすれば、朝間に合わなくても「残業してたから」ということで免罪符ができます。

結局同じ時間働いているのであれば、文句を言われる筋合いもないでしょう。

 

 icon-exclamation-circle 

まあ、トータルでは同じことですが、朝が苦手な人にとってはこちらの方が良いかもしれません。

朝起きるのが苦手な人と言うのはいますし。

そういう人は遅くまで残業したほうが、仕事も捗るでしょう。

 

それに早出の分の残業代は出なくても、残っていった分の残業代はもらえるかもしれませんし。

朝頑張るか?夕方~夜頑張るか?の違いでしかありませんが。

自分の都合のいい時間帯を選んだ方が良いでしょう。

在宅ワーク通信講座 たのまな

苦労してない人が許せない人は多い!代わりに残業で苦労しておくと理解も得られやすい

こういった面は確実にあると思います。

世間の人たちは苦労を美徳だと考えている人が多いのか、単に道連れ根性があるのか、苦労していない人が許せない傾向にあります。

あなた一人だけ早出していなかったら「あいつだけ楽をしている!けしからん!」となってしまうのです。

しかし早出をしない代わりに、誰より遅くまで残業しているのであれば、理解も得られやすくなります。

まぁそうは言っても色々言われる可能性もありますので、一応上司に相談しておくなどの根回しもしておいたほうが良いでしょう。

早出を強制される会社は、社員をこき使う会社が多いので…

最近は労働環境の悪いブラック企業も多いので、そういった早出を強制される会社というのも珍しくはありませんが…。

それで残業代がそのぶん出ているのであればいいですが、サービスで早出をさせられている人も多いと思います。

その分はまるまる無駄になっている方も多いと思いますね…。

 

でしたら今のうちに、早出なんてさせられない会社に転職してしまうのも手段のひとつです。

幸い最近は転職も一般的になってきており、そんなひどい会社ばかりでもありませんからね。

1日2日だったらいいですが、そんな早出残業を毎日させられていたら、1年ではものすごい時間になりますからね。

勤め続けただけ、お金にもならない無駄な時間を消耗してしまうのです。

一日でも若いうちに、動いておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

在宅ワーク通信講座 たのまな

まとめ

あなたのように、早出を強制される会社と言うのは未だに後を絶ちません。

「できれば30分位前に来てね」と言うお願いという形であればいいですが…。

強引に強要してくるというのはちょっとおかしいかもしれません。

 

それだけならまだしも、その分の早出残業代が出ていないというのはやばいです。

30分分の給料を、会社が万引きしているということです。

サービス残業なんて、人生のムダ以外の何物でもありませんからね…。

あまりそんな酷い会社にしがみついても損をするだけですから、早めに動いておくといいかもしれません。

 

深刻な人手不足!転職で人生を変えるなら今がチャンス

最近は人手不足の会社が増えているため、良い会社に転職して人生を変えたいなら今がチャンスです。

帝国データバンクの2022年4月の調査によると、45.9%の企業が「正社員が足りていない!」と回答しており、前年同月から8.7%の大幅増加となっています。

日本は少子高齢化による人口減少局面に入っているため、働き手が急速に減り深刻な人手不足に陥っているのです。

最近は中国や東南アジアも経済発展し人手不足に陥ってきているため、世界的な人材争奪戦が起きつつあります。

日本だけ30年間給料が上がらず外国人労働者にも人気が無くなってきているため、日本人が仕事を見つけやすくなってきています。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職アプリ。

「転職したいけど、何からやったらいいかわからない」と思っているなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【LIBZ(リブズ)】

フレックスやリモートワークなど、新しい働き方に取り組む企業の求人を扱っている転職サイト。

「家で働けたらなぁ」という夢を持っている人にお勧めの転職サイトです。

⇒リモートワーク求人多数!新しい働き方を提案する転職サイト【LIBZ】

 

●【ヒューマンアカデミー通信講座 たのまな】

通信講座で様々なスキルが学べるため、スキルアップしたい社会人に最適です。

特に「在宅ワーク通信講座」は需要の多いWebライターや動画クリエイターなどのスキルが学べるため、「家で働けたらなぁ」と考えるテレワークに憧れる社会人の方にお勧めです。

⇒副業で月10万円稼ぐ!在宅ワーク通信講座でフリーランスを目指そう【たのまな】

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。