人が辞める会社8つの特徴!人手不足倒産予備軍な会社の特徴はコレ!

Myriams-Fotos / Pixabay

 

  • 社員が次々に辞めていく!
  • 人が辞めていく会社の特徴が知りたい!

そういった悩みをお持ちの方も今のご時世珍しくないと思います。

最近は特に転職がしやすいご時世ですから、ブラックな会社や人を大切にしない会社からはどんどん人が辞めていってしまう傾向にあります。

そんなダメな会社にしがみつかなくても、今は仕事はたくさんある傾向にありますからね…。

ただそこで残された社員に負担が集中してしまうので、たまったものではないと思いますが…。

この記事では人が辞めていく会社の特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

 

人がどんどん辞めていく会社の特徴は?

人がどんどん辞めていってしまう会社というのは、一定の特徴があると思います。

一言で言えば社員を大切にしないということですが…。

改善の参考になるかもしれませんので、特徴をまとめておきます。

優秀な人ほどさっさと辞めていく

人が辞めていく会社というのは、まず優秀な人から辞めていく傾向にあります。

そういったダメなブラックな会社というのは、特定の人に負担が集中してしまう傾向にありますからね。

特に優秀な人となると、仕事も速くクオリティも高い傾向にあります。

仕事を投げてもすぐに質の高い成果が返ってくるため、どんどん仕事が集中してしまいます。

ですが他の人の二倍三倍働いていても給料がそれに応じて上がるわけでもないため、本気で割に合いません。

結果的に精神的肉体的に潰されたり、割に合わないので優秀な人から辞めていく傾向にあります。

労働環境が悪すぎる

人が辞めていく会社というのは、基本的な労働環境が悪すぎることが挙げられます。

  • 労働時間が長すぎる
  • 人間関係が悪い
  • 労働基準法を守っていない

などなど。

特に今は他にも仕事はあるため、あまりにきつい会社からは人はどんどん辞めていきます。

というかあまりに労働環境が悪いと過労死したり人生そのものが破壊されかねません。

あくまで自衛の手段として、辞めていってしまうのです。

ベテランも辞め新人しかいない

人が辞めていく会社は、勤続年数の長いベテラン社員も辞めていってしまいます。

必然的に残るのは入社間もない新人だけ…という状況に陥りがちです。

私も何回か転職していますが、ブラックな会社はこういった状況に陥っているケースは多いですね…。

必然的に社内でわからないことが多すぎたり、クレームも増大していく傾向にあります。

会社上層部も見て見ぬ振りで、ミスやクレームがあっても現場に責任を投げるだけで何もしません。

入社間もない新人も「この会社はやばい」と絶望し、三年ももたずにさっさと会社を去っていきます。

残った社員に更にしわ寄せがくる

人が辞めていくのは仕方ないですが、その後代わりの人材がくるかどうかが問題です。

大抵人が辞めていく会社というのは、退職者の補充も満足になされない傾向にあります。

必然的に、残された社員にしわ寄せが来てしまうケースが多いです。

そうなると残っても負担が増え、それに耐えかねた社員が更に辞め…という悪循環に陥ってしまいます。

抜本的に労働環境改善に動き出したりしないとどうにもならないのですが、アホな会社上層部は何もしない傾向にあります。

社員は使い捨てと考えている

人が辞めていく会社というのは、

  • 社員は使い捨て
  • 代わりはいくらでもいる
  • 募集をかければいくらでもくる

なんて考えている傾向にあります。

 

団塊世代が現役だった頃などは、人が多かったのでその考えでも成り立ちましたが…。

今は少子高齢化による生産年齢人口の減少で、そんなこと言っている余裕はありません。

最近は中国や東南アジアも経済発展で人手不足に陥ってきており、言われているほど大量の移民も期待できないでしょう。

人材市場の状況を会社上層部がよく把握していないため、未だに使い捨てと考えているのです。

優しいいい人ほど耐えられない

人が辞めていく会社はほぼほぼブラック企業ですが、そんな環境では優しいいい人ほど耐えられない傾向にあります。

残るのは他人に仕事を押しつけサボるのが上手いような、要領だけいい奴です。

人が辞めていく会社というのはろくな人材が残っておらず、新人が来てもいじめられて定着しません。

退職者の補充すらない

人が辞めていっても退職者の補充すらされないのがブラック企業の特徴です。

特に最近は利益を増やすために人件費削減することしか考えていない、悪魔のような会社が多いです。

人が辞めていっても「人件費が減ってラッキー」くらいに考えている会社が多いです。

結果残された社員にしわ寄せが行き、やがては誰も働く社員がいなくなります。

給料も休みも少ない

人がやめていく会社は、給料も休みも少ない傾向にあります。

我々が何のために働くかと言えば、お金のため生活のためです。

頑張って働いてもその生活の糧が少なければ、馬鹿らしくなって辞めていきます。

休みが少なくてもそれ相応のお金が貰えるならいいですが、そうでないなら本気でアホらしいので早々に辞めていきます。

人が辞めていく会社からは早めの転職を

人が辞めていく会社に勤めていると、頼りになる仲間たちはどんどん辞めていきます。

せっかく入ってきた新人も、「こんな会社では長く働けない」と考え、さっさと辞めていきます。

会社上層部が重い腰を上げて労働環境改善に取り組まない以上、状況が悪化することはあっても良くなる可能性は低いでしょう。

 

幸い今は有効求人倍率も高く、転職もしやすい傾向にあります。

そのまま人が辞めていく会社で頑張って働いても割に合わない可能性が高いので、今のうちに転職を検討してしまうのが良いかもしれません。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●【リクナビNEXT】

「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。

企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。

リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。

有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの市場価値、診断します!【MIIDAS】

 

●【リクルートエージェント】

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。