【受からない】人手不足なのに不採用!活躍出来ない場合の6つの注意点

geralt / Pixabay

  • 人手不足って言ってたのに不採用にされた!

  • 世の中人手不足って言ってるのに嘘なの!?

  • 私活躍できないじゃねーか!日本しね!

とお悩みの、世の中では人手不足と叫ばれているにも関わらず、全く採用されない方のためのページです。

最近は盛んに人手不足と言われており、有効求人倍率も高止まりしています。

あまりに人が足りない企業も多く、外国人労働者を増やす企業も増えてきていますし…。

そんな中、あなたのように不採用が続いてしまう方も珍しくありません。

人手不足と言っている割に、未だに「就職難」と言う人もいますからね…。

矛盾していますよね…。

ですが確かに人手不足に陥っている会社は多いですし、「募集をかけても誰も来ない!」という会社も多いです。

もしかしたら、受からないことには何らかの原因があるのかもしれません。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

大手企業ばかり受けているなら、中小企業も狙う

あなたのように「人手不足って言われてるのに、不採用!」と悩んでいる方は珍しくありません。

ネットやSNSなどを見てみても、「人手不足とかウソだろ!俺落ちたぞ!」みたいな意見は多いですからね…。

しかしもしかしたら、大手企業や、有名企業ばかり狙って受けていませんか?

新卒の就職活動や、若者の就職活動でありがちなのですが。

そんな小学生でも知っているような会社を受けたら、みんな受けるので倍率がものすごいことになります。

いくら有効求人倍率が上がって来ているといっても、そんな有名企業ばかり狙っていては落ちてしまうのも当然です。

中には

  • 「中小企業に未来はない」

  • 「中小企業に入るのは親不孝」

  • 「無名な会社に入るなんて恥ずかしい」

なんて考えて、大企業ばかり狙う人がいます。

ですが、ちょっとプライドが高すぎるのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

有名企業に入れる人は、当然ながら数が限られています。

そもそも、世の中の会社の99.7%以上は中小企業ですし。

中小企業で働いている人のほうが圧倒的に多いんです。

大手や有名企業ばかりになっているのであれば、中小企業にも目を向けてみたほうがいいかもしれません。

人手不足とは言っても、有名大企業は依然として買い手市場、ってのはよく言われていますし。

ただまあ、確かに中小企業だと同族経営のブラック企業率は飛躍的に上がるんですけどね…。

ですがそんなこと言ってたら仕事なんて見つかりませんので、中小企業も受けていった方が良いと思います。

→同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

人手不足は、業種や職種による

或いは、人手不足かどうかは業種や職種にもよります。

有効求人倍率の全国平均は1.6倍ですが、事務職などは0.22倍ですからね…(2018年6月DODAレポートより)。

事務職はみんな人気なので、不採用になる確率も上がってしまいます。

 icon-exclamation-circle 

ですが、あまり人気がない業種や職種については、猛烈な人手不足です。

マジで誰も来ないので、有効求人倍率が数倍~10倍近くある仕事もザラです。

例えば、

  • 介護士
  • 看護師
  • 運送業
  • タクシー業
  • 飲食業
  • 土木、建築
  • エンジニア
  • 警備員

などの仕事は、本当に人が来ないので誰でもウェルカム状態になってる会社も多いです。

介護とか飲食なんかは、私の周りの40代までフリーターしてたような方でも正社員採用されてますからね…。

半面、上で述べたような事務職などはみんなやりたがるので、採用される確率はかなり低いです。

若い女性から優先的に採用されていき、男性ですと絶望的ですね…。

 いまどき事務職なんて志望していたら、 狭き門なのは確実です。

事務職なんて、直接利益を生み出す部門ではありませんからね…。

それでいて、システム化やコンピューターのプログラミングで、自動化もしやすい分野ですし。

そういった人手不足の職種はブラックなことが多いですが、転職はマジでしやすいので、やり方次第でアリな選択肢です。

中高年でもすぐ転職できたりしますし。

採用されやすい人手不足の職種を狙えば、採用される確率はかなり上がるでしょう。

人手不足で採用されやすいかは、会社にもよる

普通は人手不足であれば、人員確保のために採用のハードルを下げる会社が多いのですが…。

人手不足なのにも関わらず、担当者がえり好みして落とすような会社もあります。

現場では「早く誰でもいいから入れてくれ!」と思っていたりもします。

ですが、担当者がえり好みしてしまい、落としてしまって人が入ってこないのです。

なので人手不足でも、会社によっては採用されにくかったりもするのです。

 icon-exclamation-circle 

特に、リーマンショック後の買い手市場を経験していると、なかなか感覚を切り替えることができません。

あの時はバイトすら結構人が殺到していて、仕事を探すのが大変でしたからね。

会社側としては、スペックの高い人でも選び放題でした。

今はそんな殿様商売みたいな感じでやっていたら、人が集まらないんですけどね。

景気なんて常に変動しているんですから、 去年の感覚が今年も通用するとは限りません。

まぁこういった会社は、これから人員が確保できず淘汰されていくでしょう。

これからは更に労働人口も減っていき、人手不足は更に加速していきますからね…。

こういった会社は受けるだけ無駄なことが多いので、落ちても気にしないようにしましょう。

正社員狙いだと、人手不足でも少し大変かも

あなたが正社員を探しているのか、非正規の仕事を探しているのかはわかりませんが。

正社員狙いだと少し大変かもしれません。

厚生労働省の発表によりますと、2018年5月の有効求人倍率は1.60倍です。

そのうち、正社員のみの有効求人倍率は1.10倍となっています。

以前に比べれば正社員にもかなりなりやすくなってきていますが、余りまくっているというほどでもありません。

特に上で述べたような人手不足業種が引き上げている面もありますからね。

ブラック企業が多いことも考えると、まともな求人はもっと少ないかもしれません。

…とはいえ、リーマンショック後なんて有効求人倍率0.4倍とかでしたから、かなり採用されやすくなってきているのは事実ですけどね。

仕事が見つかりやすいのは事実ですから、今のうちに仕事探しをしておいたほうが良いと思います。

今は千載一遇のチャンスですからね。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

人手不足で採用されやすいかは、都道府県にもよる

人手不足なのに不採用!なんてことになっている方ですと、地方であまり仕事がない都道府県の方も多いかもしれません。

仕事がない都道府県ですと、正社員の有効求人倍率は0.5とか0.6とかもザラです。

仕事のない沖縄に限っては、正社員有効求人倍率0.51倍です(2018年5月厚生労働省発表資料より)。

ちなみに一番高いのは福井の1.53倍と、一番低い沖縄の3倍も開きがあります。

 icon-exclamation-circle 

やはり地域差はありますよ。

過疎化が進んでいる地域では、大企業の誘致も期待できませんからね…。

人が減っていくのですから、お金を使う人も労働力も減っていっているわけです。

都市部に人が流れてしまうので、東京の人口だけは増え続けているのです。

景気がいいですからね。

→【地方】ド田舎過ぎて仕事がない!薄給でろくな求人がない時の解決策

まぁそれでも非正規も含めた有効求人倍率は全都道府県で1倍を超えています。

東京に至っては有効求人倍率2倍を超えていますし。

採用されやすいかどうか?なんて、個人の能力よりはどこで仕事探すか?とか、いつ仕事探すか?で決まってきます。

今ほど仕事多い時期はないので、多少不採用になってもめげずに仕事を探していくようにしましょう。

嘘でもいいから、「御社が第一志望です!」と言うべき

あとは、面接でのやりとりにも原因があるケースもあります。

今は確かに人手不足で採用はされやすいのですが、あまりにすぐ辞めそうな人材は敬遠されます。

すぐ辞められてしまったら、また新たに人を雇わなくてはいけませんからね。

多少能力が劣っていても、長く働いてくれそうな方の方が安心して採用できますし。

 icon-exclamation-circle 

なので、とにかく面接で「いかにその会社に入りたいか?」を伝えたほうがいいです。

ウソでもいいからとにかく

  • 「御社が第一志望です!」

  • 「私は絶対に、この会社に入らなきゃいけないんです!」

  • 「落ちても、もう一度受けさせてください!」

ってくらい、多少こじつけでもいいから強い志望理由を用意して、一点集中で行くことですね。

他の会社を受けてくのは当然ですが、受ける時はそのくらい一途になっていきましょう。

そこまで言えば、面接官も「えっ?まぁそこまで言うなら…」と、押されやすいですし。

本人がそこまで言えば、仮に入社後何かあっても「凄い強引に押してきたので…」と、面接官も言い訳がしやすいので、安パイなんです。

私は新卒の就職活動の時からこれやってますが、あんまり落ちたことはないですね…。

…まぁこんな感じで、受かりやすい仕事を狙って熱意をアピールしていけば、どこかしら受かると思います。

まぁ最悪、上で述べたようなガチで人手不足の職種を狙えば、人手不足なのでかなり正社員採用されやすいと思うんですが。

そういった仕事なら、今は長年フリーターやってたような人でも正社員採用されてたりしますからね…。

40までひきこもってたような人でも、非正規の仕事くらいは見つかってたりしますし。

人手不足で仕事が多いのは本当なので、多少不採用になったからといって腐らずに、仕事を探していった方が良いでしょう。

今無理なら、本当に一生無理!ってくらいには、本当にチャンスですので。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

人手不足なのに不採用!なんてことになってしまうのは、やはり何かしら原因があると思います。

大企業ばかり狙ってたり、人気の職種ばかり狙ってたら採用されにくいですし。

あとはやる気のない感じで受けたら、当然採用されにくいです。

そういったことに心当たりがあるのであれば、改善して仕事探しに臨むと良いでしょう。

今は本当に人手不足の会社が多いので、転職するならば今がチャンスなのは本当です。

ネットでは「人手不足じゃなくて奴隷不足!」なんて言われてますが、中小企業は本当に募集かけても応募ない会社多いですよ…。

大企業はきついですが、中小企業で労働環境が良い会社探せば良いだけだと思います。

「いい会社は人が辞めないから募集ない!」って意見もありますが、アピール下手な会社は労働環境良くても本当に人が来ませんので…。

今は失業率も過去最低水準で、求職者自体が減ってますからね。

ライバルも少なく人手不足で、本当に採用されやすいのです。

このチャンスを逃さずに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする