職場で自分だけ独身で肩身が狭い!?気楽に生きるための7つの方法!

songjayjay / Pixabay

  • 職場で自分だけ独身!

  • 正直肩身が狭い!

  • このまま働き続けられるのか不安!

とお悩みの、職場で自分だけ独身で肩身が狭いと感じている方のためのページです。

最近は独身者も増えていますので、あなたのような方は珍しくもありません。

その割にまだ既婚者が大多数ですから、独身は肩身が狭くなってしまうのです。

周りが既婚者だらけですと、やっぱり肩身が狭いですよね…。

未だに独身者への差別や偏見は根強いですし。

そんな職場で長く働き続けられるのか?と心配になってしまう気持ちもわかります。

そんな時の対処法についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

独身の多い職場に変えるのも手

最近はあなたのように、独身者の方も増えてはいるのですが…。

あるいは、もういっそのこと転職してしまってもいいと思いますよ。

身軽な独身生活をしているんですから、 フットワークが軽いのが独身の最大のメリットです。

1人分稼ぐだけならば、どんな仕事でも大丈夫だと思います。

 icon-exclamation-circle 

できれば、独身者の多い職場に変えてしまいましょう。

独身者が多い職業というのもありますし。

例えば、

  • 警備員

  • 看護師

  • 運送業

  • 飲食業

などなど。

男女比率がどちらかに極端に偏っている職場は、独身率が高いです。

それでいて、仕事が激務だったりすると、出会いを求める時間もないので独身が多くなります。

周りが既婚者ばかりで、独身があなた1人というのであれば、本気で胃が痛いと思いますから。

転職してしまってもいいと思いますよ。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますし。

今ならば正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますので、仕事はたくさんあるのです。

あまりに肩身が狭いのであれば、早めに動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

独身の多い、若者が多い職場に変えるのも手

最近はあなたのように、独身者で肩身が狭い方も増えてはいるのですが…。

でしたら、若者の方が独身率が高いので、若者の多い職場に変えるのもアリですね。

若者のほうが独身の割合高いですし、上の世代に比べて独身者への偏見も割と少ないです。

まぁ、あなたの年齢によっては別の意味で肩身が狭いかもしれませんが。

最近は若者ほど、結婚願望がなく、交際経験も無く、異性経験もない人の割合が多いです。

なので、そういったあまりモテない人たちが多い職場に移った方が、これからずっと働きやすいと思います。

 icon-exclamation-circle 

やはり、既婚者は既婚者同士で集まりますし、独身者は独身者同士で固まる傾向にあります。

お互いにとってそのほうがいいでしょうし、話も合いますからね。

今のあなたは、ライオンの群れの中にウサギがいるようなものですから。

正直四面楚歌です。

環境を変えてしまえば、あなたの今の悩みはかなり解消されると思います。

あなたの今のストレス源は、既婚者ばかりのその会社の環境そのものですからね…。

環境を変えてしまった方が良いと思います。

独身で肩身狭いなら、頑張って婚活する

ronrichardson / Pixabay

最近はあなたのように、独身者の方も増えてはいるのですが…。

まだまだ既婚者が大多数で、少数派の独身者は肩身が狭いという現実があります。

なので、頑張って結婚できるよう、婚活に精を出すというのも手段の1つです。

結局はこれしかないような気がしますね。

ただ、 女性は無職やフリーターでも結婚できますが、男性は無理です。

もしあなたが男性で、今の職場はそれほど給料が良いわけではないのであれば、難しいかもしれません。

それに、異性が苦手だったり、 コミュ障だったりすると結構難しいかもしれません。

ですが、もしあなたが女性であれば、 全然チャンスはあると思います。

ただ条件が多すぎると無理ですが…。

 icon-exclamation-circle 

男性の場合は、年齢関係なく好みじゃないタイプでも、「気が合うから」みたいな友達みたいな関係から行くようにしたほうがいいかもしれませんね。

「若くてかわいい子がいい!」なんて身の程知らずなワガママを言ってると絶対マッチングしません。

やはり婚活の場に来ている人たちは目が肥えていますので、 スペックが高くないときついと思います。

だからこそ、婚活頑張っているのに男女ともに結婚できない人が増えてるんですけどね…。

やっぱりみんな我侭になってるんだと思いますよ。

まぁ子供を作らないつもりであれば、別に結婚に年齢なんて関係ありませんからね。

みんな子供が欲しいから30歳前後で結婚していきますが、今は60代の婚活!なんてのもあるくらいですし(初婚者は少ないですが)。

後でお金を貯めたりして、養子を貰うなどの手段も一応ありますし。

そういった手段を択ばなければ選択肢は増えますので、諦めずに頑張っていくのも良いでしょう。

独身でも、恋人はせめて作るのも手

最近はあなたのように、独身者の方も増えてはいるのですが…。

やはり恋人もおらずずっと一人ですと、うるさい世間の連中は色々言ってきます。

  • 「異性に興味がないの?」

  • 「寂しくないの?」

  • 「人の心を持ってないんじゃないの?」

などなど。

そりゃもう酷い言われようですし、恐らくこういった偏見が原因でこれまでに何件も殺人事件や自殺などが起こっていると思いますが…。

彼ら彼女らは独身者に対して一方的にマウントをとってくるため、肩身が狭いことこの上ありません。

なので、結婚はしなくても恋人はせめて作っておきましょう。

いい年して恋人がいないと、更に変な目で見られますからね…。

まあ、正直「ほっといてくれよ…」って感じですけどね…。

結婚を考えないのであれば、恋人探しはかなりハードルが下がりますからね。

 icon-exclamation-circle 

あるいは、婚活の所でも言えますが、日本人にこだわらなくてもいいかもしれません。

日本人などの先進国の人間ほど、ワガママな傾向にありますからね…。

日本に来ているフィリピン人ですとか、ブラジル人などの、発展途上国の相手の方がモテるかもしれません。

そういった方々は、日本人と結婚して永住権を取りたいと思っていますし、

母国の人に比べれば、我々日本人はたとえフリーターだったとしても相対的にお金持ちですから。

外国人向けの出会い系サイトなどに登録してもいいですし、 外国人の知り合いに紹介してもらうのもいいかもしれませんね。

最近は、かなり日本在住の外国人の方も増えているので。

独身でも、開き直って働くのも手

Concord90 / Pixabay

最近はあなたのように、独身者の方も増えてはいるのですが…。

ですがこれまで縁が無かったのですから、仕方ないじゃないですか。

こんなの猛烈に婚活してても成功率は低いですし、そもそも結婚制度自体時代に逆行してるんですよ。

今の男性の生涯未婚率は約25%近くと言われていますが、年々右肩上がりなので、今の30代くらいの独身者はそれ以上に多い!と言われていますし。

大体そんなことを気にしても仕方ありませんので、開き直って働くというのも手段の1つです。

このまま今の職場で働きたいと思っているのであれば、気にしても仕方がないでしょう。

その話題については、極力触れないようにしましょう。

 icon-exclamation-circle 

同僚が自分の子供の話をしてきたり、あなたに「結婚しないの?」とか言ってきても、露骨に嫌な顔をするといいと思います。

そうやって結婚や子供の話題があなたにとって「地雷」と認識してもらえれば、あなたにその話を振ってくる人はいなくなると思いますし。

できる範囲で極力働きやすくする工夫をして、開き直って働きましょう。

最悪の場合、今よりも肩身が狭くなってもすぐ辞められるよう、貯金だけはしておきましょう。

独身者ならかなり大胆な節約も可能になってきますので、それでお金を貯めておきましょう。

まぁ老後を考えても、一番金が溜まりやすいのがそういった独身者です。

それで老人ホームにでも入るつもりなら、別に老後が悲惨とかそういったこともありません。

独身の身軽さを活かして辞める

独身者で肩身が狭いとは言いましても、デメリットばかりではありません。

しがらみがありませんので、気楽に会社を辞めることができるのが独身のメリットです 。

結婚して子供がいれば、次の職場を探してからでないとおちおち転職なんてできませんからね。

転職失敗して離婚!転落人生に!なんてのはよくあるパターンです。

ですが、独身ですと貯金もかなりあるでしょうし、今すぐ職場を辞めてしまってもしばらく困らないでしょう。

ましてや、人間1人生きていくだけであれば別にフリーターでも構わないですし。

家族を養ってなっていく責任があったり、世間体が悪かったりで、みんな正社員を目指しますけど。

最近はバイトなどの非正規雇用ですら社会保険程度は入れるようになってきていますし、これからは労働人口も減るので仕事には困らないでしょうし。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント7つ

 icon-exclamation-circle 

あなたは気楽な独身貴族なのですから、さっさと辞めてしまって、ゆっくりと新天地を探すのもアリです。

何なら、身軽さを生かして海外就職などを目指すしてもいいですし。

辞めても幸い失業保険があるのですぐ無収入にはなりませんからね。

職業訓練校などに通えば、訓練期間中は延長して失業保険が貰えるのでお得です。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

で、転職なりなんなりして、次の職場では「バツイチです」とか嘘つくのもいいかもしれません。

どうせ証拠なんてありませんから、わかりませんし。

バツもないと、欠陥人間扱いしてくる信じられない人も多いですからね…。

少なくとも「恋人は最近までいた」くらい言っておかないと、高い確率で差別されます。

そうやってウソついてる独身の方は、割とたくさんいますからね…。

そのくらい独身者は肩身が狭い傾向にあるのです。

未婚率の高い都会に引っ越す

StockSnap / Pixabay

最近はあなたのように、独身者で肩身が狭い方も増えてはいるのですが…。

そういった方は、結構田舎のほうに住んでいるのかもしれません。

田舎ほど結婚は早いですし、娯楽が少ないのでバンバン子供作ります。

しかし対照的に、東京などの都会は独身者の割合がかなり多く、子供も少ないです。

なので独身の身軽さを生かして、都会に引っ越してしまうのもいいと思います。

東京でしたら未婚が多いですし、中高年の独身者も全く珍しいものではありません。

東京だと、30代前半女性の未婚率すら40%超えてますからね。

 icon-exclamation-circle 

あなたはこれからも独身でいるつもりであれば、都会に引っ越した方が生きやすいと思いますよ。

田舎ほど近所付き合いも面倒ですし、「○○さん、まだ結婚しないんですか?」とか言われて、色々な場所で精神ダメージを負うことになる可能性が高いですから。

仲間がいる場所に行った方が、生きやすいと思います。

それに東京のほうが最低賃金も高いですし、都内はバイトすら平均時給が1200円を超えていますからね。

東京となると家賃が高いイメージがあるかもしれませんが、多摩市などの郊外は比較的家賃は安いです。

多摩市あたりのワンルームアパートなら、月2万円代からあります。

独身の身軽さを活かして、引っ越してしまうのも良いかもしれません。

⇒【SUUMO】3万円以下で探す多摩市の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅

まぁとりあえず、都会のほうの求人などを見てみるのも良いと思います。

幸い今は有効求人倍率は高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

特に東京などの都会のほうが給料も高く仕事は多く、独身者多いので理解もありますし。

今のうちに、東京などの都会の求人を探しておいた方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

最近はあなたのように、独身者の方も増えてはいるのですが…。

まだまだ既婚者が大多数なため、独身者は肩身が狭かったり、心ない言葉をかけられる傾向にあります。

結局、このまま我慢して働き続けるか、今の環境を変えることありきになると思います。

今のままですと、肩身が狭いまま年々どんどん悪化していくと思いますからね…。

このまま働いても、同僚の子供が大きくなって結婚したとか彼女ができたとか、そんな感じの心をえぐられるような話を聞かされる機会も増えると思いますし。

後から入ってきた一回りも二回りも年下の後輩が、先に結婚して子供作ってしまう…なんてこともあるでしょうし。

今の環境にいてもろくなことはありません。

私だったら、逃げるようにやめてしまうかもしれませんね…。

それほどきついと思います。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

そんな独身者を差別するような肩身の狭い会社にしがみつかなくても、仕事は他にもいくらでもあるのです。

そのまま肩身が狭いまま働いていたら、精神を病んでうつ病などにもなりかねませんし…。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする