明日から仕事行かない!バックレを決意した時の6の注意点

RyanMcGuire / Pixabay

  • もう仕事に嫌気がさした!

  • もう明日から仕事いかない!

  • 今日限りで会社とはオサラバだ!

…と思い切った、「明日から仕事行かない!」と決意した方のためのページです。

私もバックレを決行したことがありますので、あなたの気持ちはわかりますよ。

「退職の手続きを踏むのなんて面倒!行かなきゃ済むだろ」って感じですよね。

ですが、強引な方法であるだけに確実ですが、いくつか注意したほうがいい点もあります。

注意点をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

離職表は貰いづらい

会社を辞めた後は、離職表を貰うのが正式な流れです。

ですが、「突然会社に行かない」なんて感じで辞めると、当然離職票を貰いづらくなります。

別に離職表なんていらないなら構いませんが。

失業給付が貰えない、失業の証明書類がない、などのデメリットはありますが。

 icon-exclamation-circle 

まあ、別に後になって請求してもいいですけどね。

まともな会社ならちゃんと送ってくるでしょうが、ダメな会社だとこちらから請求しないと送ってきません。

会社側は、請求されたら離職表を交付する義務があります。

これは厳選徴収票もそうです。

単純に請求する際に気まずくなるだけで、覚悟するなら別に構いません。

退職金が貰えない恐れも

geralt / Pixabay

バックレなんて決行してしまうと、当然ながら退職金が貰えない恐れも出てきます。

外部の退職金共済のようなものをかけていた場合は間にそういった共済機構が入るので、貰える可能性はありますが…。

 icon-exclamation-circle 

中小企業退職金共済を例に出しますと、懲戒解雇でも会社側が退職金の減額申請はできるようですが、支給しないってのはないみたいですね。

→退職金について 中小企業退職金共済事業本部(外部サイト)

減額したところでそれまで企業は掛け金支払ってるわけで、それまで払った分は赤の他人の退職者への財源に振り向けられるようなので、企業側にメリットはありません。

まあ、共済事業団体に「おたくの退職金共済をかけていたみたいだが、会社が退職金をくれない」って言えば、なんとかなるかもしれません。

自社の退職金制度がどうなっているのか、知らない会社員のほうが多いと思います。

会社独自に出しているような退職金の場合は、バックレではまあ貰えないでしょうね。

まあ、今時退職金なんてアテにして人生設計するのは正直どうかと思いますよ。

こんなものは、貰えたらラッキー、貰えないのが普通、くらいに思ってればいいです。

最後の給料が貰えない恐れも

当然ですが、バックレなんてしたら最後の給料が貰えない恐れも出てきます。

というか、貰う権利自体はあるんですが、会社側が嫌がらせをして支給しない可能性があるってことです。

こんなのはもう辞める前提ですから、労働基準監督署に相談すればすぐ指導してくれます。

辞める覚悟ならかなり大胆に動けるので、すぐ指導してくれます。

 icon-exclamation-circle 

ただ、これは給料の支払い方法まで指定はないんですよ。

「会社に取りに来れば支払いますよ」って言われたら、それに従うしかないわけです。

気まずい思いをして取りに行く羽目になりますが、まあ貰えないより全然いいでしょう。

貯金に余裕がない方の場合は、すぐに仕事を探し始めた方がいいですね。

会社を辞めると、貯金が減るペースがあっという間ですし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

電話の電源は切っておこう

AlexVan / Pixabay

「明日から会社に行かない」なんてのを実行してしまいますと、当然ですが電話はガンガンにかかってきます。

なので、電話は切っておいた方がいいとおもいますね。

別に切らなくてもいいですけど、かなり鬱陶しいと思います。

可能であれば、電話は切って家に置いて、どこか遠くに旅行にでも行くといいと思います。

そのほうが吹っ切れますし、新しい環境に行く心構えもできると思いますし。

家にいないほうがいい

「明日から会社に行かない」なんてことをしでかしてしまうと、会社の人間があなたの家に押し寄せてくる可能性があります。

というか、私そうなったことありますよw

あれは気まずいったらないです。

なので、「明日から会社に行かない!」と決めたのであれば、長期の旅行にでも行くのがいいと思います。

できれば一週間以上の長期旅行のほうがいいですね。

 icon-exclamation-circle 

今の会社できっと、あなたは疲れてしまったんだと思います。

であれば、リフレッシュも兼ねて長期で旅行に行けばいいんですよ。

まあ、失踪と間違えられてしまう可能性があるので、書き置きはすべきですが。

⇒仕事が嫌すぎて失踪したい方へ!失踪経験者が語る6つのアドバイス

まあ、戻ってきた後も選ばなければ仕事なんて見つかりますよ、
大丈夫です。

一応、退職届を書いて郵送した方がいい

pixel2013 / Pixabay

「会社に行かない」というのを実行したところで、ちゃんとあなたは辞めるつもりなのか?会社に伝わっていない可能性もあります。

ですので、退職届の郵送でもいいですから、「もう辞めます!会社行きません!」ってのを伝えた方がよいのです。

電話するのも気まずいでしょうし。

⇒出社拒否で退職!?退職手続きを郵送で済ませる5つのポイント

 icon-exclamation-circle 

退職の意志さえ何らかの形で伝えれば、会社としても退職の手続きに入ります。

それをしないと、「しばらくしたら来るかも知れない」みたいに、一向に退職の手続きに入らない可能性もあります。

会社が退職の手続きをしないと、給料がないのに社会保険料だけは引き落とされ続け、あなたに会社から請求がきます。

私の知り合いがそういう状態になってましたので…。

ああそうそう、保険証もちゃんと返さないとダメですよ。

でないと健康保険の脱退手続きができませんので。

まとめ

「明日から会社に行かない」というのは、かなり嫌なことが会社であったのだと思います。

正直もう会社には行きたくないのだと思います。

まあ、正規の手続きを踏んで退職したほうがいいのは言うまでもありませんが…。

そうできないほど追いつめられているのであれば、もういいです。

やっちゃいましょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする