出社拒否したい!?どうしても会社に行きたくない時の対処法

geralt / Pixabay

  • 出社拒否したい!

  • 会社行きたくないよ…

  • もう今日は無理!行きたくない!

そういった悩みを抱える会社員の方も、今は珍しくないかもしれません。

特に最近は人手不足や業績不振でピリピリしてる会社も多いですから、あまり進んで出社したい!なんて人も少ないでしょうね…。

特にまだ会社に入ったばかりとか、慣れていない状況ですとそうなりがちです。

しかし流石に出社拒否というのは…社会人としてあるまじき行為です。

一体どうしたらいいのでしょうか?

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

休んでも良いが、連絡だけはすべき!

出社拒否とはいえ、まだ辞めることまでは考えていないかもしれません。

  • 「とりあえず今日は会社行きたくない!」

  • 「疲れてだるいから寝てたい!」

こんな感じではないでしょうか?

だったらとりあえず、会社を休んでしまうのもアリだと思います。

休む権利はありますし、一日くらいなら「風邪をひいた」とかなんとか適当なことを言えば休めると思います。

 icon-exclamation-circle 

ただ無断欠勤してしまうとやばいですね。

もう明日から会社行きにくくなりますし、そのまま辞めてしまう人も多いです。

クビになる可能性もありますし…。

とりあえず今日は休むなら休むでいいですが、欠席の連絡だけはちゃんとするようにしましょう。

でないと本当に無断欠勤=退職、となりかねません。

まぁそうしたいなら別に構いませんが…。

キツすぎるなら休職もアリだが…

ですがいきなり退職しても、「辞めてからどうするんだ?」って問題もあります。

あんまり勢いで無鉄砲に退職しても、後悔するかもしれませんし。

なので一旦、休職をするというのも手段の一つです。

ちょっと休んでまた復帰できるなら、それに越したことはありません。

もしまだ会社に入ったばかりなら、「風邪ひいたので2、3日休みます」とか言っておくとか。

少し休めば、今後のことも冷静に考えられるようになるかもしれません。

…ただ出社拒否したいって相当追いつめられてる状態だと思いますが…。

普通はそこまで思い詰めませんからね。

あまりにつらいなら、別の環境に行くことも検討したほうがいいかもしれません。

無理しても遅かれ早かれ辞めることになる可能性も高いので。

あまりにつらいなら転職も検討

FotografieLink / Pixabay

出社拒否をするほど会社がつらい状況ですと、もうあまり長続きしそうにないかもしれません。

仕事が原因で精神を病んだり、死ぬ人も多いので…。

あまりにつらいようであれば、転職も検討したほうがいいかもしれません。

幸い今なら有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますし。

もっと余裕を持って働ける会社に転職したいなら、今がチャンスなんですね。

今はなんとか乗り切れても、また出社拒否したくなる状況というのもこれから先起こってくると思いますし。

順調にいけばいいですが、今の職場でミスしたり気まずいことが起こると、また会社に行きたくなくなる気がします。

多分人間関係が著しく悪かったり、性格の悪い同僚がいたりして会いたくないんだと思いますが…。

損切りするなら早い方がいいので、よく考えた方がいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

こちらの転職サイトなら、転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

疲れたなら、しばらく失業保険で暮らす手も

出社拒否したい!なんてほど追いつめられてるのは、もう働くことに疲れてしまったのではないでしょうか?

しばらく働きたくない!ということでしたら、退職してしばらく失業保険で暮らすというのも手段の一つです。

雇用保険をかけているなら、会社をやめても失業保険が出ますので。

 icon-exclamation-circle 

お勧めは職業訓練校にでも通うことですね。

職業訓練校に通い出せばすぐに失業給付が出ますし、訓練期間中は失業給付も延長して貰えます。

雇用保険が無い方でも、条件を満たせば月10万円ほどの生活給付金が支給されます。

長い訓練なら半年とか一年くらいのものもありますので、しばらく収入は確保できるかもしれません。

→ハロートレーニング 厚生労働省

出社拒否したいくらいですと、もう今の会社では長く働けないのでは…。

出社拒否なんてせず、普通に休めばいい話ですからね。

そうできない職場ってことは、もうついていけないから辞めたいってことなんでしょう。

ただ生活費の不安があると思いますので、こういった手段でとりあえず生活費を確保するのもアリだと思います。

会社員に嫌気がさしたなら、独立や在宅ワークも検討

或いは出社拒否なんてしたがる人ですと、もはや会社員に嫌気がさした方も多いかもしれません。

  • 「もう同僚に会いたくない」
  • 「ノルマに追われたくない」
  • 「休みもない生活に嫌気がさした」

こういった方は珍しくもありません。

 icon-exclamation-circle 

でしたら、いっそ独立や在宅ワークで生きる道を模索するのもいいかもしれません。

まぁ月何十万も何百万も稼ぐとなるときつくなってきますが、月10万とか20万くらいなら、本人次第で到達可能です。

別にそれ一本でやらなくても、副業でバイトしてもいいですし。

それでも会社員で会社にしがみついて生きるよりは、生きやすくなる人も多いと思います。

会社員よりも自営業者のほうが幸福度が高い、なんてデータもありますので。ただ不安定ですが…。

独立となるとなんか凄いイメージがありますけど、今はネットのおかげで色々な稼ぐ手段が増えてますので、月数万くらいは割と誰でも稼げますよ。

出社拒否したいほど会社員がイヤなら、頑張って稼いで副業でバイトでもして、生活切り詰めれば別に普通に暮らせると思います。

今くらいの給料は稼げないかもしれませんが、稼ぎが減れば税金や年金などの支払いも免除になったり負担が減ったりしますし。

こちらで独立や在宅ワークについて紹介していますので、参考にしてください。

→サラリーマンが脱サラしたい!?起業で失敗しない5ポイント

まだあと何十年も働く必要があるので…

geralt / Pixabay

残念ですが、まだまだ我々現役世代は、あと何十年も働く必要があります。

年金支給開始年齢を遅らすとか言ってますし、定年延長とかも言われてます。

恐ろしいことに「人生100年時代」なんてことも言われており、まだまだ労働から逃げることは許されない状況にあると思います。

そんな中、既に出社拒否したいなんて考えているのは、ちょっとまずいかもしれません。

致命的に今の会社や仕事があなたに向いていない可能性が高いです。

これから先は、本当に自分に合った天職を見つける重要性がかなり高くなっていくと思います。

死ぬまで働くことになる可能性も高いですので…。

今のうちに、もっと労働環境のいい、自分に合った会社に転職しておいたほうがいいかもしれません。

そうすれば出社拒否したいなんて気持ちも出てこず、むしろ仕事が好きになるかもしれませんし。

  

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

出社拒否したいなんて考えるのは、さすがに病みすぎです。

まぁ私もやったことありますので、気持ちは分かりますが…。

私は結局気まずくなって辞めることになりましたし、同じような方は何人か見てきました。

うつ病とかになってしまうと、空白期間もできてしまい再就職が厳しくなってしまいます。

合わない環境からは、今のうちに抜け出した方がいいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率が高く、仕事はかなり多いです。

遅かれ早かれ辞めそうな状況なら、早めに転職を検討するのも手段の一つです。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】





……しかし「すぐは転職しないけど、最近の求人をちょっと見てみたい」という方も多いと思います。

そういう方は、手軽に求人利用ができる転職サイトがお勧めです!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「もっと良い会社に転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
転職決定数No.1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

⇒転職決定数No.1!ホワイト企業に転職なら【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【MIIDAS】
あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒転職市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!



特に就職氷河期のような就職難の時期に就職活動をした人は、あまりやりたくもない不本意な仕事に就いている方も多いでしょう。

そういった方ほど、このチャンスを逃さずに、人生を変えるべきだと思います。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする