朝布団から出たくない!仕事に行きたくない時に改善する9の方法

Unsplash / Pixabay

  • 朝布団から出たくない!

  • 仕事に行きたくない!

  • このままずっと寝ていたい!

とお悩みの、朝布団から出たくなくて仕事に行きたくない方のためのページです。

冬だったら良くありますよねそういうの。

ですが本気で会社に行きたくない人というのは、季節関係なく朝布団から出たくないと思います。

しかし、なんとか布団から出ないと会社に行くことができません。

布団から出る方法をまとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

エアコンタイマーをつけておく

時間になればエアコンがつくように、タイマーをセットしておくといいと思います。

冬ならば、これで部屋が温まって、起きやすくなると思います。

それに、早く起きないとエアコンがずっとつけっぱなしになって、電気代が気になってしまいます。

「電気代が気になるから、早く起きなければ」という心理が働くというわけです。

実際、温度などの環境を整えたほうが、頭が働いてくると思いますし。

休日までの日数を指折り数える

Couleur / Pixaba

仕事が嫌であれば有効な方向です。

「あと何日行けば休日だ」と確認をして、やる気を出す方法です。

仕事が辛くて起きたくないのならば、これが有効だと思います。

こうやってなんとか平日を乗り切っているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

あるいは強引に間に有給を設定して、日数を減らしてしまうという荒業もありますが。

あなたはかなり真面目な方でしょうから、有給も溜まっているでしょう。

たまには休んでもいいんじゃないですか?

⇒会社に行きたくないときに使いたい!ズル休みの言いわけ8選!

朝起きれない=仕事行きたくないだったら、さっさと転職してしまったほうがいいと思います。

今そんな感じなのに、これから長く働けるとも思えませんし。

ストレスフルな職場なのでは?

朝仕事行くために布団からも出たくないって、結構やばいと思います。

かなりストレスフルな職場なのでしょうか?

でしたら、転職を考えるのもアリです。

環境を変えれば、喜んで朝布団から出て会社に行きたくなるかもしれませんし。

どこに行っても不満はなくならないかもしれませんが、苦痛の度合いは会社によって全然違います。

あなたの今の職場は本当にきつい職場なのではありませんか?

そうならば職場を変えることで改善できるかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

遅刻したらどうなるか考える

そのまま朝布団に入っていたら遅刻してしまいますよね。

遅刻してしまったらどうなるかを考えれば、朝布団からも出たくなると思います。

遅刻したら上司に怒られるでしょうし。

同僚にも色々言われて面倒だと思います。

 icon-exclamation-circle 

何より、最悪の朝の勤務のスタートを切ります。

その日一日憂鬱な感じになるでしょうし、やる気も出ないと思います。

やっぱりこういうのは1日の最初が肝心ですから。

朝がダメだと一時駄目になってしまうことが多いです。

朝日差しが差し込む部屋で寝る

何気にこれが有効かもしれません。

あなたの部屋はかなり暗いんじゃないんですか?

遮光カーテンを閉めっぱなしにしていたりとか。

寝るときは暗い方が、リラックスできて副交感神経が活発になるのでいいんですけど、

朝起きる時は最悪です。

そんな部屋で生活していたらやる気が出ないのも当然です。

なので、朝日差しが差し込む部屋で寝ると良いでしょう。

 icon-exclamation-circle 

朝になれば自然と日差しがあなたの顔に差し込んで来て、起きられると思います。

やっぱり人間なんて所詮、太陽がなければ生まれなかったわけですし。

太陽の日差しを浴びることで体内時計がリセットされます。

ビタミンDも、日光を浴びないと生成されません。

セロトニンもです。

うつ状態になってしまう人というのは、このセロトニンが足りません。

だからやる気が出ないんです。

日当たりの良い部屋に引っ越す

3dman_eu / Pixabay

あるいはもっと、日当たりのいい部屋に引っ越した方がいいかもしれません。

以前ものすごく日当たりの悪い部屋に住んでいたことがあるんですが、休日は全くやる気も出ませんでした。

朝会社に行くのも憂鬱で、かなり気合を入れないと布団から出られませんでした。

日当たりの悪い部屋は、休むにはいいかもしれません。

ですが活動することを考えると最悪です。

 icon-exclamation-circle 

家政学に詳しい友人がいるんですが、やはり日当たりの悪い家に住んでいる人の方が病気がちだったり、体が弱い人が多いそうです。

あなたが今住んでいる部屋はどうですか?

既にマイホームを購入してしまっていたりすると難しいかもしれませんが。

気楽に引っ越せる独身者であれば、是非検討してもらいたい方法です。

鬱病の兆候かもしれません

多分その症状を心療内科などで相談すると、うつ病と言われると思います。

うつ病の人は朝起きるのが苦手ですからね。

それというのも、脳内伝達物質のセロトニンが欠乏しているからですが。

疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっているとセロトニンは減っていきます。

心当たりありませんか?

疲れているのかもしれませんね。

一度、精神科や心療内科を受診してみるのもアリです。

更年期障害の可能性も

geralt / Pixabay

或いは、あなたの年齢によっては更年期障害という可能性もあります。

更年期障害は女性だけのものと思われがちですが、男性の更年期障害というのもありますし。

やはり人間、ある程度の年齢になってくると体にガタが来たり、体質が変わってきたりするんだと思います。

一度病院で診てもらった方がいいかもしれません。

老いが怖い人とか、加齢を受け入れられない人は、病院に行くのを戸惑いがちですが…。

病院にいけば改善する可能性が高いので、行って見ましょう。

ベッドの横に甘いもの置いておく

目が覚めたらすぐ、甘いものを食べて頭を働かせるという方法もあります。

ベッドの横に甘いものを置いておきましょう。

そうすればベッドから起き上がれなくても食べられます。

 icon-exclamation-circle 

キャンディーやチョコレートなどの甘い物を置いておくとよいでしょう。

脳は甘いものを摂取することで働き出しますからね。

実際この方法私も行ってましたけど、結構起きられます。

とりあえず口に放り込んでしまえば、二度寝するのも気持ち悪いですし。

高確率で起きられます。

まとめ

寒い季節に起きられないというのであればいいのですが。

それなら普通ですけど、それほど寒い季節ではないのに布団から出られないと言うのなら。

相当心と体に疲れが溜まっていると思います。

鬱病の兆候の可能性があります。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする