疲れすぎて風呂に入れない!本気でやばい時の対応策8選!

skeeze / Pixabay

  • 疲れすぎて風呂にも入れない!

  • 風呂に入る体力すらない…

  • こんなことが頻繁にある…

とお悩みの、疲れすぎてお風呂に入れないことが頻繁にある方のためのページです。

前の会社で「3日に一度しかお風呂に入らない」とかいう社員はいましたが…。

さすがに疲れすぎてお風呂に入れないってやばいと思います。

そんなを本気でヤバい時の対応策をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

無理して入らないほうがいいかも

そんな状態でも無理して入浴する人はたくさんいると思いますが。

実は入浴中に心筋梗塞などで死んでしまう人はかなりいます。

年間1万4000人ほどいます。

高齢者だけだろうと思いがちですが、乳幼児から青年、中高年まで幅広くいます。

特にお風呂の中でウトウトして眠ってしまって、お風呂で溺死してしまうというパターンがよくあるようです。

 icon-exclamation-circle 

後は飲み会の後に熱いお風呂に入ったら、心筋梗塞で死んだとか。

あまりに疲れていると心臓も弱っていると思います。

そうならない保証はありません。

実際私の実家の近所でも、飲み会の後に風呂に入って、心筋梗塞で死んだという人がいますので。

朝一番でお風呂に入る

そんなに疲れているのであれば、これが一番いいと思います。

家に帰ったら、ダラダラ起きていないで速攻寝てしまいましょう。

そして早朝お風呂に入るパターンです。

朝シャン代わりになっていいでしょう。

一石二鳥です。

 icon-exclamation-circle 

さすがにこれすらできない方は、労働時間が長すぎる可能性がありますね。

毎日終電帰りとかそんな感じですか?

そういった方ですと、家に帰ってすぐ寝ても、ろくに寝れないかもしれません。

しっかり睡眠時間を確保すると、すぐに出勤時間になってしまいお風呂に入る余裕がないかもしれません。

そういった方は、会社を変えたほうがいいと思います。

そんな無理な働き方は長続きしませんからね…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

放置するとヤバいので、転職を検討

さすがにそんな状態が頻繁に続いているというのは、かなりヤバイと思います。

心も体も、どちらかあるいは両方が悲鳴を上げているのではないでしょうか?

心と体はリンクしていますから、どちらかがSOSを出していると、最終的には共倒れしてしまいます。

お風呂入れないほど疲れてるって、メンタルもやられてそうですし。

本気でやばいと思います。

 icon-exclamation-circle 

死にたくなければ、勤め先を変えるという具体的なアクションを起こすべきだと思います。

過労死って意外に身近にあって、私がこれまで勤めてきた会社で三人くらい見たことあります。

働きすぎてると心身ともに弱るので、人間は案外簡単に死にます。

「まだ大丈夫だよ」とか思ってるかもしれませんが、慣れてしまうと鈍感になってるだけで、体には確実に疲労が蓄積してるはずです。

会社を中から変えよう!とか思っても現実にはほぼ無理ですので、勤め先の会社自体を転職して変えてしまったほうがいいかと思われます。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

食事に気を使う

食事に気を使ったりするのもいいかもしれません。

栄養バランスが悪いと疲れやすくなってしまいますし。

体力をつけるために、ニンニクなどを積極的にとるのもアリです。

接客業だと難しいかもしれませんが…。

 icon-exclamation-circle 

ファーストフードばっかり食べて栄養バランスが悪いと、疲れやすくなってしまいます。

ちゃんと三食食べてますか?

というか、さすがに風呂に入れないほど働かされてる人は、昼飯すら食べられない人もいるかもしれません。

⇒仕事忙しくて昼飯すら食えない!激務すぎる毎日を抜け出す7の方法

労働基準法ではちゃんと休憩時間が定められていて、昼飯すら取れないのは違法です。

労働基準監督署に相談するか、体ももたないと思うので本気でその環境から逃げ出すべきです。

適度な運動をする

適度な運動をするのも、疲れ対策には有効です。

運動不足でも当然、疲れやすくなってしまいますし。

何より、体力をつけないとやばいと思います。

 icon-exclamation-circle 

今の会社で、いつまで働き続けるのか分かりませんが。

これからも今の会社で働き続けるつもりであれば、体力がないと絶対もたないと思います。

まあ、そんな気力もないと思いますが…。

これすらやる体力がないなら、もう今の会社で働き続けるのは不可能じゃないですか?

そもそもブラックな会社なんだと思いますよ…。

睡眠の質を向上させる

そんなことが頻繁に起こるのであれば、

寝ても疲れが取れずに、翌朝に疲れが持ち越されているのではありませんか?

週末はもうぐったりでしょう。

寝るだけで休日が終わるとか。

⇒【遊びに行けない】休日はほぼ寝て終わる!?具体的な対処法7選!

 icon-exclamation-circle 

であれば、睡眠の質を向上させることで、とりあえず対応できるかもしれません。

  • 耳栓をする

  • アイマスクをする

  • 安眠枕を使う

などなど。

ちょっと睡眠の際の環境を整えることで、ぐっすり眠ることができます。

そして短時間の睡眠でも回復できるようにして、朝風呂に入りましょう。

労働時間が長くてこれ以上睡眠時間を増やせないのであれば、こうするしかありません。

検査したほうがいいかも

さすがにお風呂に入る体力すらないというのは、相当やばいと思います。

一度血液検査などした方がいいかもしれません。

貧血など何らかの異常な症状が出ているかもしれませんし。

 icon-exclamation-circle 

というか、多分検査したら何らかの値で引っかかると思います。

そんな生活をしていたら。

体を壊してまでやらないといけない仕事なんて、存在しません。

もし検査して引っかかったら、仕事を変える方がいいかもしれません。

でないと、本気でそう遠くないうちにあなたは死んでしまうと思います。

這ってでも風呂に入る

そこまで疲れている時は、無理に入らないほうがいいんですが。

接客業だったり、次の日外で人に会う予定があるのであれば、這ってでもお風呂に入った方が良いでしょう。

やっぱり臭いがすると嫌われますし、疲れてても入らざるを得ないと思います。。

私はむしろ疲れを取るために、どんなに疲れていても風呂には必ず入りますけどね…。

シャワーだと疲れとれないです。

 icon-exclamation-circle 

そもそもが、風呂に入る体力すらないほど働かされているのがおかしいのです。

他人より少しばかり高い給料が貰えたところで、さすがに風呂にすら満足に入れない生活というのは…。

それで年収1000万とかくれると言われても、そんな生活になるくらいなら私ならフリーターでもしてたほうがマシです。

疲れすぎて、頭もあまり働かなくなっているのではありませんか?

ちょっと本気で、「自分は何のために生きているのか?」考え直したほうがいいと思います。

まとめ

私も結構、ブラックな会社で働いたことありますけど、

さすがに風呂に入れないほど疲れたことはないですね…。

会社の労働環境が悪すぎるか、はたまたあなたに健康上の問題があるか。

どちらかあるいは両方だと思います。

このままの生活を何の対策も取らずに続けていたら、さすがにやばいんじゃないかと思います。

本気で死ぬ可能性がありますので。

何らかの対策をすぐに取った方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【@type転職診断】
あなたの転職可能性を診断してくれる転職サイト。
「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

⇒あなたの転職力、 診断します!【@type】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする