礼儀知らずな後輩への8つの対処法!これでクソ生意気な後輩に一泡吹かせよう

Gellinger / Pixabay

 

  • 後輩が礼儀知らずすぎる!
  • 後輩のくせにマジでムカつく!

そんな悩みをお持ちの方は今のご時世珍しくないと思います。

 

そういった礼儀知らずな人というのもいますからね。

礼儀がなっていない後輩ですと、タメ口を使ってきたりやたらと馴れ馴れしかったりしますし。

まぁあなたにだけ礼儀知らずであればそれほど実害はないかもしれませんが、営業職などの社外の人と接する職種で礼儀知らずというのは致命的ですね。

最悪の場合取引先を怒らせて会社に甚大な損害を与える可能性もありますし。

この記事では礼儀知らずな後輩への対処法についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

礼儀知らずな後輩への対処法は?

私も何回か転職していますが、礼儀知らずな後輩というのは結構いる傾向にあります。

年長者を敬わずに先輩にも無礼な振る舞いをする傾向にあります。

何とか一泡吹かせてやりたいところですが…。

対処法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

しつこく注意する

そんな礼儀知らずな後輩ですと、自分の振る舞いが相手にいかに不快な思いをさせているか?ということを考えたことすらないケースも珍しくありません。

最近は発達障害系の人も増えてきていますし、自分を客観的に見れない方も多いですからね。

やはり言わないとわからないこともありますので、しつこく注意していくしかないのではないでしょうか?

  • お前礼儀がなってないぞ!
  • そんな無礼な振る舞いしてるとこの仕事やっていけないぞ!
  • みんなお前のことムカつくって言ってるぞ!
  • 自分の振る舞いを客観的に考えてみた方がいいんじゃないか!?

このぐらいはっきりと堂々と言った方がいいと思います。

ただそんな礼儀知らずなヤツというのは、油断するとすぐ客観的な視点を欠いてしまう傾向にありますので、しつこく何度も注意していくことが必要だと思います。

生意気なんだよこの野郎!とキレる

あとはいっそのこと生意気なんだよこの野郎!とキレてみるというのも手段の一つです。

その礼儀知らずでどれだけあなたが憤りを感じているか?をストレートにぶつけてやるのが一番良いかもしれません。

特にそんな礼儀知らずな人というのは、他人からどう思われているのか考えない傾向にありますからね。

回りくどく本人に気づいてもらえるように注意したとしても、絶望的に察しも悪い傾向にありますので、なかなか行動を振り返らないことも多いです。

やはりはっきり強く言わないとわからないのではないでしょうか?

 

まぁそこで叱っておかないとずっとその後輩も礼儀知らずな振る舞いを続けるでしょうし、本人のためにもなりません。

この位言ってみるのも良いかもしれません。

上司に相談して左遷してもらう

そんな礼儀知らずな後輩ですと、同じ部署で働いていてかなり目障りなのではないでしょうか?

仕事に支障をきたしているケースも多いでしょうからね。

いっそのこと上司に相談して別の部署に左遷してもらうというのも手段の一つです。

 

あまりに礼儀知らずで職場にとっていらないような人間であれば、きつい部署に左遷して辞めさせるように仕向けてもいいですし。

内勤の部署であれば、いっそ荒療治として営業系の部署に飛ばして経験を積ませるという手もありますし。

そんな礼儀知らずなヤツでも営業のような仕事に行けば責任感が芽生えて、自分の振る舞いを見直すきっかけになるかもしれませんし。

まぁ逆に取引先に無礼な振る舞いをして大変な事になるリスクもありますが…。

何かは変わるかもしれませんので、やってみるのも良いかもしれません。

仕事を頑張って見返す

あとはそんなに礼儀知らずな振る舞いをしてくるということは、単にあなたが舐められているだけという可能性もあります。

やたらとマウンティングしてきたり人を見下してくる人というのはいますし。

そういう人間が後輩にいると、先輩だろうが年上だろうが気にせず見下してきてくれーな振る舞いをしてくる傾向にあります。

 

その場合は仕事を頑張って後輩を見返していくしかないでしょうね。

仕事でバカにされている場合は仕事頑張って俺はこんなにすごいんだということを見せつけていくしかありません。

体に礼儀を叩き込んでやる ※非推奨

あまりオススメできる方法ではありませんが、あまりに礼儀知らずでわからずやの後輩の場合は体に礼儀を叩き込んでやるというのも手段な一つです。

一言で言えば禁断の暴力に訴えるということですが…。

本気で頭が悪く客観的に自分を見れないタイプですと、このぐらいやらないと礼儀が身につかない可能性もありますからね。

 

まぁちょっと小突くとか、押すとかそのぐらいだったらお咎めもないと思うんですが…。

大抵の場合はちょっとしたケンカぐらいだったら喧嘩両成敗で内々に処理されることが多いような気がしますし。

仕事で最低限だけ関わる

そんな礼儀がなっていない後輩ですと、やはり距離を置いた方がいいと思います。

親密に付き合っていると、こちらまでトラブルに巻き込まれたり不愉快な思いをすることになるでしょうし。

社内でも社外でも礼儀がなっていないと相手を不快にして絶対トラブルを引き起こしますからね。

そこで仲良くしていると、あんた仲いいんだから何とかしてよとか言われて面倒なことになりますからね。

 

なので、仕事で最低限だけ関わっていくと良いかもしれません。

特にお金をもらうために仕事している訳ですから、そんな礼儀知らずな後輩と仲良しごっこをするために職場に行っているわけではありませんからね。

まあ仕事中だけ最低限、仕事の進行に支障が出ない範囲で付き合っていけばいいのではないでしょうか?

別の部署に異動して逃げる

あるいはあなたが別の部署に移動して逃げてしまうという手もあります。

そんな礼儀知らずな後輩と一緒に働いていたらトラブルも多いでしょうし、不愉快な思いをする機会も多いと思います。

後輩ということはあなたは先輩としても責任を求められることも多いでしょうし。

そんな面倒なことから逃げたいのであれば、環境を変えるしかありません。

 

まぁ幸い最近は人手不足の会社が多いので別の部署も人手不足に陥っていることも多いでしょうし。

異動願いをだせば、もしかしたら割とスムーズに移動することができるかもしれません。

人間関係悪いなら転職も検討

そんなに礼儀知らずな後輩がいる会社というのは、そもそもの人間関係が悪いのではないでしょうか?

少なくとも労働環境はあまり良い会社ではなさそうですね。

まともな会社であれば、そんな礼儀知らずな人間というのは、誰かが注意して矯正してくれたりしますし。

そもそも入社試験をパスできずに正社員として働いていない傾向にあります。

そんな礼儀知らずなヤツでも使わざるを得ないほど人手不足の会社なのかもしれません。

 

会社の環境が悪い場合は早めに転職を検討するのも手段の一つです。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事もたくさんある傾向にありますし。

そんな礼儀知らずな後輩と一緒に働いていてもトラブルの元ですので、今のうちに環境を変えてみるというのも手段の一つです。

礼儀知らずな後輩がのさばる環境からは逃げるのも手

そんな礼儀知らずな人というのもいる傾向にありますが…。

上司だったり同僚だったりであれば、礼儀知らずで不利益を被っても本人の勝手なので、距離を置いていればいいのですが…。

後輩となると先輩としてあなたに責任を求められることも多いでしょうし、かなり働きにくいことが多いと思います。

 

まぁそういった礼儀知らずな後輩がいる会社というのは、あまり良い会社ではないかもしれませんね。

まともな会社ですと、そんな人間はそもそも入社してこれなかったりしますし。

環境に問題がある場合は環境を変えてみるというのも手段の一つです。

 

労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

 

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

 

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行ける転職サイトはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

●【MIIDAS(ミイダス)】

適性検査LP

あなたの転職市場価値を診断してくれる転職サイト。

「転職したいなぁ。でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

●【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

 

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

きつい会社員生活
いつもシェアありがとうございます!お気軽にどうぞ
sigotoyameをフォローする
仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?
テキストのコピーはできません。