エア出勤で時間を潰したい!経験者が語る、居場所が無い時に行く10のスポット

comuirgheasa / Pixabay

  • 会社辞めたことを家族に言えず、エア出勤してる‥

  • 平日昼間時間を潰せる場所が知りたい!

  • できれば一日いれる居場所が知りたい!

とお悩みの、色々な事情があってエア出勤することを余儀なくされている方のためのページです。

私も以前無職期間があった時にエア出勤していましたので、気持ちはとてもよくわかります。

仕事を辞めて無職になってしまうと、家以外に居場所が無くなってしまいますからね…。

平日昼間から家にいると、近所の目もあって気が滅入ってきますし。

ハローワークも毎日行くわけにもいかないですし、毎日家にいても気分が滅入ってきます。

どこかしら時間を潰せる居場所的スポットがあれば…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実際に私も色々な場所にエア出勤していましたので、説得力があると思います。

エア出勤に最適な場所についてまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ネットカフェでエア出勤する

FirmBee / Pixabay

エア出勤となると、 メインの居場所の一つになるのがネットカフェです。

多少お金はかかってしまいますが、かなり快適に過ごせる空間です。

少し遠出し、ネットカフェを探せば、知り合いに遭遇することもありません。

ネットカフェのメリットは、

  • プライベートが確保されている
  • 漫画が読み放題
  • ジュースも飲み放題
  • wifiも使い放題
  • お値段手ごろ
  • 格安で宿泊も可能
  • 最近はVRが体験できるブースも
  • 適度に孤独感が解消される

などのメリットがあります。

 icon-exclamation-circle 

仕切りがあってプライベートが確保されている上、ブースを出てトイレに行ったり漫画を取りにいけば、似たような境遇の人が誰かしらいます。

なので孤独感を感じることも少ないでしょう。

以前私も入り浸っていました。

最近はパック料金で結構安いです。

昼間8時間いても1,500円ぐらいで滞在できたりします。

それでいて、ドリンク飲み放題です。

長距離ドライブでエア出勤する

エア出勤というか、マジで遠くに行ってしまう方法です。

車がある方であれば、長距離ドライブに出かけるというのもアリな手段です。

ガソリン代はかかりますが。

ネットカフェに行ったり、お金を使ってしまうのであれば、それほど変わらないような気もします。

どうせ無職で暇であれば、ドライブがてら遠くに旅行に行くのも手段の一つです。

車中泊をしたり、ネットカフェに泊まっても良いですし。

その方が気分転換になるかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

何よりも、仕事がもし見つかった場合、時間なんてなくなってしまいます。

今のうちに行きたい場所に行っておくのもアリだと思いますよ。

今以上に、自由な時間を確保できる時もなかなかないでしょうから。

普通に社会人やっていたら、そんなに頻繁に長距離ドライブに出かける機会なんてありません。

まぁどうせ無職なら、家にいる必要もありませんからね…。

家族がいる方だと難しいですが、気楽な独身ならフラッと遠くに旅行に行ってみるのも良いと思います。

まぁこれだけ安く移動できる時代、今住んでいる周辺で仕事を探す必要もありませんからね。

気楽に遠くに行って、遠くで仕事を探すのも良いかもしれません。

ハローワークにエア出勤する

エア出勤というか、無職であればハローワークに行くのが一番健全な時間の使い方だと思います。

もう行っているかもしれませんが、ハローワークに行って職探しをするといいと思います。

失業中ということは、仕事を探すのが今のあなたの本業ですからね。

エア出勤なんて言って、遊んでいるわけにもいかないでしょうしね。

ハローワークに通っていれば、「今は仕事を探すことに集中しなければならないんだ」ということを行くたびに思い出させられますから。

それに何より、同じハローワークに来ている人というのは、負のオーラが半端ないです。

「すぐに仕事見つけなければ!」という思いを抱えた人がたくさんいます。

なので、焦りももらうことができます。

ハローワーク以外にも、転職サイトなどにも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

アンテナは広げておいた方がいいですからね。

いい仕事が見つかるかどうかなんて、ほとんど運次第な面もありますし。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はたくさんありますからね。

エア出勤も良いですが、今のうちに仕事探しのために動いておいた方が良いでしょう。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。

 

こちらの転職サイトなら、自分の強みを診断してマッチする会社を探しやすいので、「自分に転職なんてできるのかな…?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

 

 icon-exclamation-circle 

あとは、給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。

有名な大手のエージェントなら、一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。

今は失業率も低く人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。

ガチで良い会社に行きたいなら、こちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

 

図書館にエア出勤する

jarmoluk / Pixabay

エア出勤のメインの場所となるのが、図書館だと思います。

何よりもタダで使えますし、長時間滞在しても何も言われません。

しかも、最近はWi-Fiが使えたり、小ぎれいな図書館も増えてきています。

自営業のフリーランスの方も、毎日図書館に入り浸っている人も多いですよ。

あとはうつ病の方の社会復帰のリハビリにも、「毎日図書館に出勤してみる」ということをしている人もいるようです。

 icon-exclamation-circle 

最近は、年金生活の高齢者が毎日入り浸っているケースが多いみたいですね。

年金を楽しみに真面目に働いてきて、図書館通いというのもどうかと思いますが…。

夏休みなどの長期休暇は、学生が冷房求めて大量に来るので混んでいます。

ただ、平日の昼間なんかは年金暮らしの高齢者か、暇な主婦ぐらいしかいません。

まぁお金もかかりませんし、タダで本も読み放題ですからね。

無職で家でダラダラしているよりは、遥かに健全な時間の使い方だと思います。

カラオケボックスにエア出勤する

あるいは安さを求めるのであれば、カラオケボックスにエア出勤するという手段もあります。

歌を歌うこともできますし、ストレス発散になるかもしれません。

最近は平日安いカラオケボックスが増えています。

平日昼間は1時間100円未満のところとかもあります。

カラオケボックスについては、地域やチェーンによって料金体系が全然違いますので、料金の安いところを探してみてください。

防音ですし、当然ながら大声を出しても迷惑にはなりませんので、ストレス発散にもなります。

 icon-exclamation-circle 

オフィスがわりに使っているフリーランスのノマドワーカーや、学生が勉強するために使っていたりもします。

カフェで勉強することを考えれば、それほど金額が変わらない上に、プライベートも保障されていますからね。

最近はミュージシャンなども、練習に利用したりしているようです。

カラオケボックスは、値段が手ごろな割に利用用途が幅広いので、意外な穴場だと思います。

ただこちらも、学生の長期休暇中は平日でも結構混みます。

それ以外の時期は、平日はマジで空いてますね…。

ヒマな主婦や高齢者、講義が休みの大学生くらいしかいません。

職業訓練校に通うという手も

Devanath / Pixabay

あるいは、無駄にエア出勤なんてやって時間を過ごすよりは、職業訓練でも受けたほうがいいかもしれません。

いつ仕事が見つかるかもわかりませんし。

しばらくまだ仕事が見つからないかもしれませんし。

短いものは3ヶ月のものから、半年や1年を超えるようなものまであります。

 icon-exclamation-circle 

職業訓練受講中はお金がもらえる制度もあります。

失業給付を受給しているのであれば、職業訓練を受講している期間中は期間が延長されます。

休業給付を受ける資格が既になくなってしまった人も、条件を満たすと生活給付金が月10万円ほど支給されます 。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

まだしばらく、仕事を見つけるつもりがないのであれば、訓練校に通うのもいいかもしれません。

何より、毎日通うところがあるというのはとても恵まれていることですよ。

無職や失業者の何かまずいかって、 毎日通うところがないから、生活リズムが乱れがちになってしまうことです 。

なので、世間の生活リズムとどんどんずれていって、結果的に孤立しやすくなってしまいます。

職業訓練校に通えば、同じ境遇の失業者がたくさんいますから、孤独感を感じることもそれほどありません。

居場所ができるというのは無茶苦茶でかいですよ。

長期ニートしてたような人でも、こういう居場所ができた途端思いのほかスムーズに社会復帰できたりしますから。

こういったところに通ってみるのも良いと思います。

→ハロートレーニング 厚生労働省

道の駅の駐車場にエア出勤するという手も

比較的気温が穏やかな時期限定の手段になるかもしれませんが、道の駅の駐車場にエア出勤するというのも手段の一つです。

こちらも、車がある人限定の手段ですが。

普通に、長時間止めていても何も言われません。

駐車場が広いですからね。

 icon-exclamation-circle 

しかも結構日本全国から平日でも、色々な人が車で来ていたりもします。

高速道路や国道近くの道の駅だと、色々な都道府県のナンバーの車が止まっています。

なので長時間止めていても、怪しまれることも少ないです。

キャンピングカーとか、道の駅の駐車場で夜に宿泊していたりもしますし。

私の家の近くの道の駅には、毎晩と言っていいほどキャンピングカーが宿泊していますね。

どうせ無職で暇ならば、上で述べたように長距離ドライブがてら遠くの道の駅に行って、車中泊してみるのも良いかもしれません。

車中泊が好きな有志の方が作成してくれた、「全国車中泊マップ」みたいなのもあります。

どうせ暇ならば、日本一周する勢いで、全国の道の駅にエア出勤してみるのも良いかもしれません。

そこまでやれば、再就職の際にかなり面白いアピールになると思いますし。

⇒みんなで作る 車中泊マップ(外部サイト)

河原、海にエア出勤するという手も

Unsplash / Pixabay

あるいは、河原や海にエア出勤してみるのもアリです。

こちらも道の駅や巨大駐車場などが併設されていることも多く、車中泊などもしやすい傾向にあります。

水場なので、夏などの暑い時期でも涼しくなりやすいというメリットもあります。

なんなら、泳ぎに行ってもいいですし。

 icon-exclamation-circle 

河原や海なら、釣りもできますからね。

釣りは、 かなり時間を潰すことのできる趣味の1つです。

封神演義の太公望のように、釣りをしながら色々これからの人生について考えてみるのもアリかもしれませんね。

特に、 有名な釣りスポットですと結構遠いところから釣りに人が来ていたりもします。

失業中の何が嫌かって、 近くに住んでいる人に「あの人は仕事しているのかしら?」みたいに思われることです。

なので、 家から遠いところに住んでいる人と接した方が気楽だと思います。

パチンコ屋にエア出勤する

お金がかかりますが、パチンコ屋にエア出勤するというのも手段の一つです。

パチンコ屋で時間を潰すというのは、 色々な人が使っている鉄板の手法です。

平日の昼間でも、年金暮らしの高齢者などが多いですね。

できるだけ、1パチや0.2円パチンコなど、お金がかからない店で過ごしましょう。 

 icon-exclamation-circle 

パチンコ屋は空調も利いていますし、トイレも綺麗ですし、漫画本などが置いてある休憩コーナーもあります。

まぁ、近場のパチンコ屋に行くと、近所の人がいたりして気まずい思いをする可能性もありますけど。

パチンコ人口は減ってきたとは言え、それでもまだまだパチンコ屋に毎日のように入り浸っている人たちが多いです。

ただ、ギャンブル好きな人じゃないと厳しいかもしれませんが…。

客のガラも比較的悪い傾向にありますので、人を選ぶ場所かもしれません。

騒音もうるさいですからね…。

温泉やサウナにエア出勤するという手も

あるいは、温泉やスーパー銭湯などにエア出勤するというのも手段の一つです。

できるだけ時間制限がないところがいいですね。

本来ゆっくりしに行くところですので、 ほぼ丸一日でも何も言われません。

安いとこなら平日500円くらいですし、かなり快適に過ごすことができます。

サウナと水風呂を交互に行き来する「交互浴」がお勧めです。

無職中は気分が沈みがちですが、これやると脳内麻薬が出て幸せになれます。

自律神経も整うからか、これでうつ病の症状が緩和された、みたいな話も結構聞きます。

 icon-exclamation-circle 

しかも、平日でも関係なく旅行者なども結構来ている傾向にあります。

近所の人ばかりですと「あの人また来てるわよ 」と思われる可能性が高いです。

なので、旅行者が多い環境は失業者にとってはかなり居心地が良いのではないでしょうか? 

もしそういった人たちと話すことになったとしても、

  • 「今日は夜勤なんです」

  • 「夜勤明けなんですよ」

とかなんとか適当なこと言っておけばいいですから。

どうせ二度と会わないと思いますので、ウソついても大丈夫です。

精神も整い前向きな気分になれるので、週1回は最低でも来たいところです。

いや本当に、自分もサウナのお陰でモチベーション高く保ちながら仕事探しができましたから。

温泉やサウナが好きになれば、全国の温泉やサウナを巡る趣味もできますからね。

まぁ平日なら安いことが多いので、騙されたと思って気楽に行ってみると良いかもしれません。

エア出勤の場所は、複数用意しておくのがコツ

エア出勤をするコツとしましては、行ける場所を複数確保しておくことがコツです。

なぜなら、同じ場所に何度も毎日のように行っていますと、流石に飽きますし。

店員にも「またあの人!?働いてないのかな?」みたいな目で見られてしまいます。

直接店員がそう言っているのを耳にしなくても、 こちらが気になってしまいますからね。

そうすると精神的に落ち込んでしまいますし、足も遠のいてしまいます。

 icon-exclamation-circle 

なので行ける場所の候補はいくつか用意しておき、毎日ローテーションで変えるのが理想です。

東京都内でしたら、図書館だけでも相当な数がありますので、図書館だけでもかなりローテーションできるんですけどね…。

田舎となるとそうもいかないと思います。

無職中は、世間体が異常に気になるガラスのハートになってしまいます。

そういう風に、精神が動揺するリスクは極力減らしておいたほうがいいです。

そういったことを気にしだしてしまうだけで、一日暗い気分で過ごすことにもなってしまいかねませんから。

ましてや無職者は自殺リスクが極めて高いと言われています。

精神が落ち込むようなことは極力回避すべきでしょう。

そして、並行して仕事を探しましょう。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきていますので。

エア出勤するのも良いですが、今なら仕事はかなり見つかりやすいので、今のうちに動いておいたほうが良いと思います。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ 

無職になってしまうと家にこもりがちになってしまうため、エア出勤をする人も多いです。

特に家族がいる方ですと、ずっと家にいると何か言われたりしますからね…。

中には、家族に仕事を辞めたことを言えず、やむなくエア出勤している方もいらっしゃると思います。

私も経験があるのでわかりますが、エア出勤するような状況はとても辛いですからね…。

こんなの親しい人には絶対に相談することができませんし。

まぁ、 エア出勤なんてするなんて、「プライドが高すぎたなぁ」っていうのは思いますよ。

世間体とか無駄なことを気にするから、出勤しているフリ=エア出勤なんてするんですからね。 

プライドなんて低い方が生きやすいに決まっています。

ですが毎日引き込もっているのも、気が滅入ってきますからね。

できるだけ早めに社会復帰できるように頑張りましょう。

幸い今は有効求人倍率も高く、仕事はかなり見つかりやすくなってきています。

今はどこの会社も人手不足で、帝国データバンクが2018年1月に行った調査によると、半数以上の企業が「正社員が足りていない」と回答していますし。

今は本当に仕事は多いので、エア出勤もいいですが早めに仕事を探しましょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする