入社しないほうがいい会社とは?労働環境の悪いブラック企業の特徴7選

geralt / Pixabay

  • 仕事探しで失敗したくない!

  • 入社しないほうが会社を知りたい!

  • 絶対にブラック企業は避けたい!

とお悩みの、入社しないほうがいい会社の特徴を知りたいと考えている方のためのページです。

最近は従業員を使い潰すという、信じられない会社が増えています。

あなたのように考えてしまうのも、無理はないのかもしれません。

会社選びを間違ってしまうとうつ病になってしまったり、病気になってしまったり、死んでしまったりする可能性もありますからね。

何とか仕事を探す段階で、入社しないほうがいい会社を見極めたいところです。

しかし「会社なんて入ってみないとわからない」と言う人が多いように、なかなか入社前に見分けることは難しいんですよね…。

ですがなんとか見極めるために、入社しないほうがいい会社の特徴をまとめてみました。

⇒転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ネットでブラック業界と言われている会社

基本的なところですが、これが基本です。

その会社が所属する業界を、〇〇業界などのキーワードで検索してみましょう。

検索候補に「ブラック」などとでてくる業界は、一般的にブラック業界と言われているものです。

そういった業界はブラック企業どころではなく、業界単位でブラックということです。

経験を積んで同業他社に転職を狙ったところで、似たようなブラック企業にしか行けないでしょう。

つまりは先が無いんですね。

 icon-exclamation-circle 

ただ、あまり厳密にやりすぎると受けられる会社がなくなってきてしまいます。

特に年齢が上の方だと、どうしても受けざるを得なくなってきてしまう傾向にありますし。

特にわが国は労働環境が悪い傾向にありますので、割とみんな「うちの業界はブラック!」と言う傾向にありますし…。

後は、「なぜブラック業界と言われているのか?」を見てみるといいです。

ある程度の妥協は必要になってきますので、「このぐらいなら自分は耐えられそうだ」と思ったのであれば、チャレンジしてみるのもありです。

「日本企業の時点でブラック企業」という人もいますし、大抵の業界は「うちの業界には来ないほうがいいよ」とか言われていますね…。

ブラックと言われている業界を全て弾いてしまうと、受けられる会社がなくなってしまいます。

ただ目安程度にはなりますので、これから仕事を探すなら絶対に調べるようにしましょう。

従業員数が少なすぎる会社

sasint / Pixabay

従業員数が数名とか、少なすぎる会社は避けておいたほうが無難です。

まだ創業してあまり年数が経っていない、売り上げも少ない会社の場合が多いからです。

そういう会社ですと、本当に労働基準法を守っている余裕がなかったりします。

早いうちに入って幹部になれれば、後で成功した時のリターンがでかい可能性もありますけどね。

 icon-exclamation-circle 

ただ一般的には、あまり従業員数が少ない会社は避けたほうが無難です。

一人当たりの責任が重いですからね。

それに一人当たりの仕事量が多いので、おいそれと辞められなかったり、病気や怪我をしても会社を休めない傾向にあります。

あなたが入ってから休んでしまったら、会社の運営に支障を来してしまいますから。

あとはやはり小さい会社ほど、待遇が悪いケースが多いです。

厚生労働省などの調査でも企業規模別に待遇などが調査されていますが、やはり小さい企業の方が待遇が悪いです。

  • 有給休暇も取れない会社が多い

  • 退職金も無い会社が多い

  • ボーナスも無い会社が多い

  • 昇給も無い会社が多い

などなど、待遇が悪い傾向にあります…。

できれば最低でも従業員数は100人以上はいるような会社を選んだ方が賢明です。

会社の事務所に入った瞬間、違和感を感じる会社

事前にある程度調べたら、あとは直接会社に接触して調べていくしかありません。

事前情報だけでは、入社しないほうがいい会社かどうか?を判断する目安程度にしかなりませんからね。

結局最後は足を使って、直接見極める必要があります。

面接の際に、会社の事務所に行くことになると思います。

事務所に入った瞬間に、何か嫌な予感を感じたり、違和感を感じる会社は、ずっと働いてもそのままな可能性が高いです。

人間の直感は案外信用できるんですね。

 icon-exclamation-circle 

直感で

  • 「ここはやばいかも」

  • 「この会社ちょっとおかしい?」

  • 「何でこんなところに○○があるんだろう」

  • 「なんだかみんな不愛想だな…」

こんな違和感を感じた会社は、実際やばかったりします。

わざわざ求職者が来るからと言って、社員全員が態度を変える会社はほとんどありませんからね。

「社員さん元気なさそう」と思ったら、本当に恐怖で支配されていて、社員に元気がなかったりしますし。

逆に社員が元気過ぎても、入社後あなたも無理に元気を装わなければならないということですから、考え物です。

これも場数を踏んで行かないといけないですが、自分の心の声に耳を傾けてください。

それが真実だったりしますから。

清掃が行き届いていない会社もやばい

清掃が行き届いていない会社も、あまり入社しないほうがいい会社かもしれません。

事務所や会社の敷地を大切にしていないということですから。

その姿勢は、社員への姿勢にも現れます。

つまりは、社員をぞんざいに扱っている会社の可能性もあるわけです

 icon-exclamation-circle 

ただ、いい意味のいい加減さであれば、案外なあなあで働きやすい可能性もあります。

あんまり規律が厳し過ぎても働きにくいですからね。

自分に甘い代わりに、他人にも甘い可能性があるのです。

まぁ、そんな会社が長続きするとはあまり思えないですが…。

ただ、単に激務だから清掃する暇もない可能性もあります。

大きいビルなどに入っている企業は専属で清掃員を雇っていたりしますが、中小企業では従業員がやらされていることが多いですし。

小さい会社はトイレ掃除当番とかがあって、持ち回りで掃除したりしますからね…。

忙しい会社だと、当然掃除も適当になるのです。

そういったところも考えて、見ていくと良いでしょう。

社員に覇気がない、他の人間の顔色を伺っている

入社しないほうがいい会社としては、これも大きい要素かもしれません。

これは明らかに見ればわかる部分ですね。

社員に覇気がない場合、

  • 長時間労働で消耗している

  • 経営陣が恐怖で社員を支配している

  • 人間関係が著しく悪い

  • 休みも仕事で潰れ、夢も希望もない

等々。

そういった、ネガティブなことを伺うことができるのです。

 icon-exclamation-circle 

こんなのが垣間見えた時点で、ろくな会社じゃないと思いますよ…。

デメリットこそあれ、メリットはありません。

そんな会社に入社してしまったら、あなたもそうなる可能性が極めて高いですからね。

覇気や元気がなさそうに見える社員たちは、入社後のあなたの姿です。

人間は環境に左右される生き物ですから、そんな環境にいるとあなたもそうなってしまう可能性が高いのです。

そういう職場ですと、明るい人間でも暗くなっていくことも多いですね…。

会社案内や面接の際に、よく見たほうが良いでしょう。

同族経営の会社もできれば避けるべき

White77 / Pixabay

入社しない方がいい会社となると、同族経営の会社も避けたほうが無難です。

  • 役員の名字がほぼ同じ

  • 会社名に社長の苗字が入っている

  • 従業員が100人以下

等々。

つまりは会社の役員を親族で固めている会社は、避けておいた方が無難です。

まぁ日本の9割以上は中小企業ですし、中小企業のほとんどは同族経営ですが…。

ただ、同じ同族経営の会社でも、程度がありますからね。

 icon-exclamation-circle 

従業員数が多くなればなるほど、経営陣の影響力も弱まりますからね。

一口に同族経営と言っても、そういった面で大分変ってきたりするのです。

大きい会社ですと、脱同族経営している会社も多いですし。

できれば、極力社員数が多い会社を探したほうが無難かもしれません。

家の敷地内に会社の事務所があるような会社は明らかにそうなので、避けたほうがいいでしょう。

そもそも従業員が少ない零細企業ってことですし、そういう会社はほぼ同族で家族会社です。

まあ上手くいっているIT系の会社だと、社員数少ないのに利益出ていて、待遇がいい会社もありますが…。

しかしほとんどはそうじゃないです。

ちゃんと会社っぽくそこそこのビルのテナントに入っていたり、自前の社屋があるところなら比較的マシだと思います。

同族経営でも、ちゃんと外の目を気にして会社らしくしよう、という気が感じられるので。

同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

ホワイトな会社に入社したい方の場合…

以上のように、入社しない方がいい会社の要素はたくさんあります。

特に我が国の労働環境はかなり悪い傾向にありますし、ブラック企業も多いですからね…。

あなたはもしかしたら、既に社会人として何年か働いているのではないですか?

その場合、この国の労働環境の悪さに嫌気がさしているかもしれません。

  • 求人票と実際の労働環境が違う

  • 残業が当たり前のように多い

  • 休日出勤も頻繁にある

などなど。

最近は人手不足の影響でなかなか募集をかけても人が来ない会社が多く、「騙してでも入社させよう!」なんて考える悪質な会社も多いです。

会社なんて入社前は良いことしか言いませんので、入社しない方がいい会社を事前に見抜くのはかなり困難です。

でしたら、今度はもっとマシなホワイト企業を探してみるといいかもしれません。

幸い今は有効求人倍率も高く、転職はかなりしやすくなってきていますからね。

今は正社員の有効求人倍率も1倍を超えて久しいですし、帝国データバンクの調査によれば半数以上の企業が「正社員が足りていない」と回答しています。

失業率も低く求職者自体が減っているため、労働環境の良いホワイト企業にも入社しやすくなってきてるんですね。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも今の会社が、こんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

あとは転職サイトなどでも求人が増えてきているため、使えるものは何でも使っていった方が良いでしょう。

⇒あなたの強み、診断します!【リクナビNEXT】

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】

まとめ

入社しないほうがいい会社を、入社する前に見極められれば良いのですが…。

結局のところは、実際に入社してみないとなんとも言えません。

求人票に書かれている内容だけでは限界がありますし、面接で詳しく聞くと落とされる…という酷い状況です。

特に最近は人手不足の会社が多く「とりあえず入社させてしまえばこっちのもの」みたいに考える悪質な会社も増えてきています。

最近はそもそも失業率が低く求職者自体が減っているため、募集をかけてもなかなか人が来ない会社が多いですからね…。

労働環境悪い会社だと、人が来ないのに今いる社員はどんどん辞めていきます。

ある程度絞れるだけ絞ったら、面接で見極める!くらいじゃないと厳しいと思います。

最悪の場合、一旦入ってみて、即効で辞める、くらいやらないと本当のところはわかりません。

すぐ辞めれば社会保険履歴もないし、職歴に書かなくて済むので。

まぁ今なら有効求人倍率も高いですし、仕事はたくさんあります。

正社員の有効求人倍率も1倍を超えていますし、人手不足に陥っている会社がかなり増えてきていますからね。

比較的労働環境の良い会社でも人手不足に陥っているケースも多いです。

仕事が多い今のうちに、動いておいた方が良いでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい!

わが国は労働環境の悪いブラック企業が多いです。

労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。

ですが、今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです!

「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。

いつの間にか相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

労働環境も給料も良いホワイト企業に行く第一歩は、転職エージェント登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


リクルートエージェント

好待遇な非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。

企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。

応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

特に最近は失業率が3%を切って、仕事探しのライバルとなる求職者自体が減っていますから、今は本気でチャンスなんです。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒転職成功実績No.1!高給ホワイト企業探すなら【リクルートエージェント】



シェアする

フォローする